カオニャオ(もち米)の一番うまい店は?

北タイはカオニャオ(もち米)が主食なので、
もち米好きの自分にはうれしい。


レストランでも、ガイヤーン(焙り鶏)や
ゲーン・ノーマイ(たけのこスープ)といった
北タイ料理屋へ行くと、カオニャオが出てくるので
うれしい。



d0159325_21355559.jpg




チェンマイでカオニャオが一番おいしい店は
どこだろう?
もち米の炊き方で、ニャオニャオ(ぐにゃぐにゃ)過ぎたり、
かさかさ過ぎたりもたまにはある。


総じてどこでもおいしいが、普段訪れる店で
一番おいしいカオニャオを出す店は、
ホテル「ロイヤル・メーピン」の向かいのカンペンディン通りを入って
左側にある「ネートドゥアンダオ」だろう。
ムー・トート(揚げ豚)、ガイ・トート(揚げ鶏)の店である。



ここで細切りにした揚げ物をさっぱりしたナムプリックにつけて
口に放り込み、ビールを飲むと最高だ。
カオニャオもナムプリックに合いうまい。
この前はカオニャオを3皿も平らげてしまった。



d0159325_21365580.jpg




夜だけやっている素朴な構えの店である。
店頭で揚げ物を揚げている。
テイクアウトする人も多い。
[PR]
by ucci-h | 2016-09-04 21:40 | タイでの食 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース