ゴルフを再開して、10回コースに出て、改めて学んだこと

ゴルフを8か月ぶりに9月末に再開してから
2か月半経った。
この間練習場に行ったり、コースも10回ほど
回ったりして、ようやくゴルフの面白さも思い出してきた。


この間、あらためて学ぶことが多かった。



d0159325_15475790.jpg




①一番大事だと思ったのは、手首の柔らかさ。
手首が固くては、ごみを投げればわかるが、距離も方向も
ままならない。


②次がクラブのヘッドの重みを走らせて打つということ。
腕や腰にいくら力を入れても、ヘッドが走らないと、
ボールは思うように飛んでくれない。


③その他重心の移動など、いろいろあったが、きょうコースを回ってみて、
さらに一番大事なことを肝に銘じられた。
それは、練習場でならいろいろ考えて、試したらよいが、
コースに出たら、「考えないこと」が大事だ。


構え、アドレスから、テイクアウェイ、さらにフォロースルー、
いろいろ考えていたら、スイングのリズムが崩れ、スムーズさを失う。
ついつい作為的に打って、失敗する。


素振りして構えて違和感がなければ、そのまま素直に打つ。
無理な力を入れず、リズム良く振れば、クラブが仕事をしてくれる。
自分の本能とクラブの力を信ずるのがいい。


きょうは、何も考えず、スッと構えて、ゆったりズムで、
目標に向けて打った。
ボールも池にだいぶ入れたが、それでも45+41=86で回れた。
ともかくリズムよく、自分が気持ちいいショットを打てれば、
それでゴルフは楽しいのだ(スコアは運しだい)。
[PR]
by ucci-h | 2016-12-09 15:50 | ゴルフの工夫 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース