男女脳のすれ違いの例(2)

男女会話のすれ違い例(2)

(「女の機嫌の直し方」より)


男性脳と女性脳のすれ違いでケンカ!



男性脳が、外へ出て狩りを行うなどの経歴から、
遠方の空間把握などに強く、
女性脳は、子育て、家を守ることから、
近いところの微妙な変化の観察力に強いことは、
良く知られている。


出会った翌日に、女性は相手の服装など細かく
覚えているが、男は、漠然としか覚えていない。



d0159325_1116518.jpg




カップルでドライブに行くとき、
男女脳の得意分野でのすれ違いから喧嘩が起こりやすい。


近いところ、目印の把握に強い女性脳は、
「そこのランドマーク(建物)を左に」と言うが、
男性脳の「そこ」は、何メートルかよと、疑問に思う。
距離にズレが出やすく、曲がりそこない喧嘩になる。


女性脳は左右の脳をつなぐ脳梁が太く、
左右の連携が良い。
ので、感じたことが言葉となって認識が早い
(だから、おしゃべりなのかもしれない)。
すぐに察して、臨機応変に対応するという。


男性脳は、脳梁も細く、左右の脳の連携をあまりせず、
それぞれの脳を鮮明に働かせ、空間認識に強い。
女性の脳の働かせ方とのプロセスがちょっと違う。


違うから、男女は一緒になり、またそれぞれ得意の
分野で協力できるのだが、男女の会話となると、
火星人と金星人の対話と思っていた方がいいのかもしれない。
[PR]
by ucci-h | 2017-04-26 11:17 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース