タイ語読み書き60時間集中講座(19) --子音グループの隠れた連携--

タイ語読み書き60時間集中講座(19)

--子音グループの隠れた連携--



タイ語の学習をいろいろやってくると、

やはり、子音の高中低のグループ分けは

大事だなあと思う。



どのグループに属する言葉かによって、

声調が違うのだから。

逆に、昇声の単語だから、これは高子音グループの

文字を使った単語だなと見当が付くようになる。


d0159325_17444141.jpg


@@@@@



高中低と3つに分けたが、

今回の学習で学んだのは、

実は低子音グループは、

低子音その1グループ(LC1)と

低子音その2グループ(LC2)の

2つに分かれるということだ。

これは、タイ語の構造を理解するうえで

とても大事なことだった。



@@@@@



その前に、42個ある個々の子音が、

どのグループに所属するかを覚える

「イメージ図」を提供しておこう。



まず、「高子音グループ」には、

10個の尻上がりになることが多い有気音が入る。

アルファベットで記せば、

kh,ch,ph,f,3つのs、2つのth、そしてhである。



卵のコー⤴・カイ↓ kh、 シンバルのチョー⤴・チン(グ)↓  ch

蜂のポー⤴・プン(グ)⤵ ph、 蓋のフォー⤴・ファン⤴  f

虎のソー⤴・スワ⤴  s、休憩所のソー⤴・サーラー→  s

仙人のソー⤴・ルーシー⤴  s、袋のトー⤴・トゥン(グ)⤴  th

台座のトー⤴・ターン⤴  th、箱のホー⤴・ヒー(プ)↓  hとなる。


d0159325_15404628.jpg


これを、以下のようなイメージを描き、覚える。


“仙人が休憩所で、台座の上に座って、袋に入った卵を

蓋の付いた箱に入れようとしています。

彼は、虎にシンバルを叩かせ、蜂を追い払わせようとしています。”



d0159325_15424134.png
                                   (HighSpeedThaiより)


@@@@@



次に、「中子音グループ」。9子音が属す。

アルファベットで記すと、g,j,2つのd,2つのdt,b,bp,ohの9個となる。

ベースになる無気音である。息が出ない。


鶏のゴー→・ガイ↓  g、皿のジョー→・ジャーン→  j

子供のドー→・デッ(ク)↓  d、冠のドー→・チャダー→  d

亀のトー→・タオ↓ t、槍のトー→・パタッ(ク)↓  t

葉っぱのボー→・バイマイ↑  b、魚のポー→・プラー→  p

金盥のオー→・アーン↓ oである。

d0159325_15455577.jpg


これの視覚的な覚え方は、以下のイメージとなる。


“冠をかぶった子供が、槍を手に、金盥の中の魚と亀を突こうとしています。

かたわらには、お皿に葉っぱを敷いて、チキンが用意されています。”


d0159325_15432106.png
                                   (HighSpeedThaiより)



@@@@@



そして、最後の低子音グループだが、

ここは、「LC1グループ」と、「LC2グループ」に分ける。

LCは、ロー・コンソナント(低子音)の略。



LC1グループは、有気音の13子音。

LC2グループは、有声音、つまり声帯にかかる10子音となる。

なぜ低子音グループを2つに分けた方がいいのかは、

後の声調の連携の所でわかってくる。



LC1グループに属する13の子音は、アルファベットで並べると、

2つのkh,2つのch,2つのph,f,s,4つのth,hの13個である。


水牛のコー→・クワーイ→  kh 、 鐘のコー→・ラカン(グ)→  kh 、

象のチョー→・チャーン(グ)↑ch、 ブッシュのチョー→・チュー→ch,

脚付き盆のポー→・パーン→ph、 帆船のポー→・サムパオ→ph

歯のフォー→・ファン→f、 鎖のソー→・ソー⤵s、 兵隊のトー→・タハーン⤴th

旗のトー→・トン(グ)→th、 モントー夫人のトー→・モントー→th

老人のトー→・プータオ⤵th、 フクロウのホー→・ノッ(ク)↑フー(ク)⤵ hである。

d0159325_20000186.png


LC1グループには、あまり使われない子音字が多い。

タイ語のキーボードで言えば、いわば‘裏文字’が、過半の7つもある。

よく使われるのは、 khchphphfthの6文字である。



これは、以下のようにイメージ化して覚える。


“ブッシュの中、鐘のそばで、象と水牛が鎖につながれ休んでいます。

そこへ、フクロウを肩にした老人がモントー夫人を連れてやってきて、

なぜか脚付き盆に腰かけ、歯を磨き始めました。

はるか彼方には、兵隊を乗せた帆船が、旗をたなびかせてやってきます。”


(イメージはご想像ください)


@@@@@



LC2グループに属する10の子音は、アルファベットで並べると、

2つのy,2つのn,2つのl,ng,m,r,wの10個である。

おや?どこかで見たアルファベットの音ではないだろうか?

そう、開口末子音5つn,g,m,y,wに、l,rが加わったラインナップだ。



LC2グループの低子音は、開口末子音として働くのだ。

そう言えば、中子音グループのk(g),t(d),p(b)と言った子音は

閉口末子音の提供グループだ(高子音、LC1も字面こそ違うが、

閉口末子音を提供している)。



こうして、LC2グループの特徴は、単に有声音というだけでなく、

開口末子音の提供グループとして認識される。

また、無気音の中子音グループは、

閉口末子音の主な提供グループであることがわかる。




LC2グループの10低子音は、以下のもの。

鬼のヨー→・ヤッ(ク)↑ y、 女性のヨー→・イン(グ)→ y

ネズミのノー→・ヌー→ n、 小僧のノー→・ネーン→ n

猿のロー→・リン(グ)→ l、 凧のロー→・ジュラー→l

蛇のンゴー→・ングー→ g、 馬のモー→・マー↑m

舟のロー→・ルーワ→r、 指輪のウォー→・ウェーン→ wである。

d0159325_20050189.jpg


イメージとしては、以下のようになる。


“猿と蛇がスタートラインに並び、馬とネズミの競走が

はじまりました。

しかしそれに見とれている間に、凧をかかげ小舟でやってきた

鬼が、女の人と小僧をさらい、指輪を盗んでしまいました”



以上の子音グループが混じって「ゴーガイ表」を形成している。

ゴーガイ表の出だしの3文字は、「ゴーガイ、コーカイ、コークワイ」である。

中子音のg、高子音のkh、低子音(LC1)のkhである。

この発音が正しくされれば、タイ人から褒められる。

正しい発音は、「ゴー→・ガイ↓、コー⤴・カイ↓、コー→・クワイ→」である。


d0159325_17324278.jpg


(最終回20へ続く)





[PR]
by ucci-h | 2017-10-21 20:30 | タイ語の話 | Comments(2)
Commented by muga at 2017-10-21 22:16 x
こんばんは、やってますねぇ~、
ブログ主様らしい分析的な学習方、私も学校で大金注ぎ込む前に読みたかったです(^^;

タイ語の声調や発音は特別ですから、聞いてりゃ覚えるってもんじゃありませんね。
文字から理解せねば耳で聞いても分からないし、話すなんて無理です。
この後は特別ルールなんかがワンサカ出てきて、せっかく覚えた声調ルールがかき乱されますけど、何にしろ基本がマスターできてないと話になりません。
続編も楽しみにしてます。
Commented by ucci-h at 2017-10-22 16:59
コメントありがとうございます。
自己流タイ語に限界を感じましたので、
基礎固めをしたいと思った次第です。
タイ語は、日本語よりがっちりした
構造を持っていると感じますね。
続編は?
日常語で、表現しにくいと感じたことを
これだという言い回しを載せてみたいですね。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース