タイ語読み書き60時間集中講座(20)最終回 --子音グループの連携で声調が完成--

タイ語読み書き60時間集中講座(20)最終回

--子音グループの連携で声調が完成--



前回、タイ語の子音グループを4つに分けて、

各グループの文字の確認と、

その覚え方を行なった。


d0159325_21224887.jpg


4つに分けた子音グループをじっくりと比べてみよう。

LC1グループ」(低子音その1)の文字は、「高子音グループ」の文字と

好対照を成しているではないか。



高子音グループは、kh,ch,ph,f,s,thh

7つの音を持っているが、LC1グループも、

kh,ch,ph,f,s,th,hと、同じ7つの音を持っている。



同じ音(いずれも有気音)なのに、

なぜ高子音グループと、LC1(低子音第1)グループ

に分かれて、似たような文字が対照的に並んでいるのだろう?


d0159325_15404628.jpg

・・・同じkh(有気音のkだが、

前者が高子音(卵のkh)、後者がLC1(水牛のkh)。


d0159325_20000186.png

 と・・・同じph(有気音のp)だが、蜂のphと脚付き盆のph

・・・同じfだが、蓋のfと歯のf

などは、どちらが高子音だったか、LC1だったのか

ときどき迷ってしまう。



@@@@@



実は、高子音グループとLC1グループは、

裏でつながって、助け合っているのだ。

声調の変化を見ればいい。

高子音グループの子音は、低声、落声、昇声しかなく、

平声、高声がないのだ。



自分たちだけでは、5つの声調変化を完成できない。

そこで、LC1グループとタイアップする。

LC1は、平声、落声、高声の3つだ。

平声と高声で、高子音グループを補ってやれる。



一方で、LC1は、低声、昇声を欠く。

逆に高子音から補ってもらう。

両者は、助け合いグループなのだ

(だから、形も似ているのがある?)。


d0159325_20361464.png
                                  (HighSpeedThaiより)



5声調をkhで代表して記せば、以下のようになる。


      平声     低声     落声     高声     昇声

高子音        ข่า  ข้า   ขา

LC1   คา   ค่า ค้า

この6つの言葉(カム、 คำ )のうち、

意味を持っているのはどれだろうか?

どれも、有気音のカーという発音だが・・・。

実は、6つ全部、意味(クワーム→・マーイ⤴、 ความมาย )を持っている。


・平声の「カー→ คา 」は、「カー・ティー⤵ คาที่ 」(その場で)で使われる。

「くっついて」の意味。

・低声の「カー↓ ข่า 」 は、「タイ生姜、ナンキョウ、ガランガー」だ。

トムヤムなどに入っている清涼感のあるやつだ。


d0159325_16432266.png

なお、薬味として良く使うジンジャーの生姜は、「キン(グ)⤴ ขิง 」である。



・落声の「カー⤵ ข้า 」は、「カー⤵・ラチャガーン(公務員)」のカーだ。

「人」の意味。

同じ落声の「カー⤵ ค่า 」でも、低子音の方のカー⤵は、

「料金」の意味。

「カー⤵・ファイ→(電気代) ค่าไฟ 」 月900~1400バーツと、

「カー⤵・ナーム↑(水道代) ค่าน้ำ 」 月130~140バーツは、

日本よりは安い。


d0159325_16435812.jpg



なお、落声の「カー⤵」で、もうひとつ「殺す」というのがあるが、

このkhは、コー・ラカン(グ)の  (  と同じ低子音)を使った ฆ่า である。



・高声の「カー↑ ค้า 」は、「商いをする」という意味。

「商売する」は、「カー↑・カーイ⤴ ค้าขาย 」(カーイ⤴は売る)。

まさに商売である。


d0159325_16442892.jpg

ちなみに「ビジネス」は、「トゥラギッ(ト)↓ ธุรกิจ」。

「トルコでのビジネス」は、「トゥラギット↓ ティー⤵ トゥラギー→ 

ธุรกิจที่ ตุรกี 」となる。



・昇声の「カー⤴」は、すでに出てきたカー⤴。

そう、脚のカー⤴ ขา である。

 


@@@@@



このパターン、以前にどこかで見ている。

そう、中子音グループが、平声、低声、落声の三つしかなかった時に、

高子音グループの中の  h の字を‘借りて’きて、頭に  h を付けて

5声調を完成させたケースだ。このパターンを再度示しておこう。


          平声     低声     落声     高声     昇声

高子音             หก่า หก้า   หกา

中子音   กา    ก่า  ก้า


(カラスのガー→ กา は、中子音、平声のガー→である)

d0159325_16472134.jpg


高子音グループと低子音グループとの

助け合いと同じパターンが、高子音グループと

中子音グループの間で行われている。

こちらは、高子音グループがhを提供する形だ。形を変えて。



@@@@@



20回にわたって、

パヤップ大学で行われた

タイ語の読み書き講座を

自分なりに頭の整理のために

まとめてみた。



今までややあやふやだった

タイ語の基礎構造をしっかり

固めることができた。


d0159325_16451254.jpg


タイ文字になじみの薄い人には

ちんぷんかんぷんだったかも

わからないが、実際タイ語の

読み書きに真剣に取り組んだ時に

生きてくる内容かなと思われる。



(最終回終わり)





[PR]
by ucci-h | 2017-10-22 16:49 | タイ語の話 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース