2017年 02月 07日 ( 2 )
生活のちっちゃな知恵:歯間ブラシがすぐなよっとならない

むかしは使わなかったが、今は朝晩
歯を磨くたびに、歯間ブラシを常用している。

むかしは、歯の間にブラシが入るなんてと
思っていたけれど、今では歯の間の食べかすを
除いてうがいしないと、歯をきれいにした感じにならない。

歯間ブラシは、いろいろ使ったが、
ワイヤー製よりも、ブラシがゴム製のものが、
ブラッシング効果もあっていい。

問題は、じきにプラスチックの茎の部分が
なよっとしてしまい、3~4回で使えなくなることだ。



d0159325_2014389.jpg



そしたら、ある日ふっとひらめいた。
そばに備え置いてあるトイレットペーパーの
ロールに、使った後の歯間ブラシを差しておくことだ
(こちらは洗面所とトイレが一体)。
ブラシの青い部分が隠れるくらいでいい。

すると、ペーパーが水分をすぐに吸収してくれるので、
ブラシの持ちが良い。以前の2~3倍の回数はしゃきっと使える。

なお、この記事のスポンサーに
販売元の小林製薬はなってくれないだろうな・・・(笑)。
[PR]
by ucci-h | 2017-02-07 20:02 | アジア的な生活 | Comments(0)
鶏の唐揚げがカラカラ揚げになってしまった・・・

鶏肉のおいしいチェンマイで「鶏の唐揚げ」を食べたくなる。
でもチェンマイの日本料理店で鶏の唐揚げが美味しい店は少ない。
「ジガンティア」の鶏の唐揚げはおいしいが、ほかの店は
水分が多いのか、ぺったりと天ぷらみたいのが多い。



そこで、鶏のもも肉を買ってきて、自分で作ってみることにした。
結果は、写真のように、嗚呼、鶏の唐揚げがカラカラ揚げになってしまった(涙)。



d0159325_19574451.jpg




水分を少なくし、カラッと揚げるつもりが、
「過ぎたるは及ばざるがごとし」で、カラカラの揚げ過ぎになってしまった。
高温の油でカラッとというつもりが、油の温度が高すぎたようだ
(我が家のボンベでのLPガスは火加減が難しいというのは言い訳)。



もう一つは、揚げる前になるべく水分を減らしておこうと
鶏肉をオーブンで下焼きしたのは、たぶんやりすぎだろう。
クロもカラカラ揚げを平らげるのに手伝ってくれたが、
途中でそっぽを向かれてしまった・・・。



次回は雪辱戦だ。
鶏肉自体の味付けも、醤油・酒・ニンニクだけでなく、
少し味を出すため、醤(じゃん)なども加えてみたい。
[PR]
by ucci-h | 2017-02-07 19:58 | タイでの食 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース