2017年 10月 16日 ( 2 )
タイ語読み書き60時間集中講座(16) ーーこの簡単な単語は高声?低声?それとも?--

タイ語読み書き60時間集中講座(16)

ーーこの簡単な単語は高声?低声?それとも?--



前回、タイ語の声調一覧表を作ってみたが、

今回は、それではどんな言葉が当てはまるのか、

具体的な単語を入れてみよう。


d0159325_00033923.jpg



     長母音だけ (長短)母音+開口子音 特別母音 |短母音だけ 短母音+閉口母音


高子音  ขา昇声⤴ ฝน昇声⤴  เขา昇声⤴  | 低声↓   เผ็ด低声↓


中子音  ดี平声→ วาน平声→ ดำ平声→  |เกาะ 低声↓ เด็ก低声↓


低子音  ยา平声→ ฟัน平声 → ไฟ平声→  |เงาะ高声↑ พริก高声↑





     長母音+閉口音 マイエーク付き |マイトー付き マイトゥリー付き マイチャタワー付き


高子音 จูบ低声↓ ใส่低声↓ | ห้อง落声⤵     付かない     付かない


中子音 ปาก低声↓ไก่低声↓|ใกล้落声⤵ ก๊อกน้ำ高声↑ก๋วยเตื๋ยว昇声⤴


低子音 พูด落声⤵ พ่อ落声⤵ | ซ้าย高声↑     付かない     付かない


d0159325_00042036.jpg

「長母音だけ」では、中子音には「良い」のดี ディーが来る。

低子音では、「薬」のยาヤーがある。

いずれも平声だ。

高子音となると、「脚」のขาカーがあるが、発音は昇声⤴である。

d0159325_23363362.png



「母音(短母音も含む)+開口子音」は、「長母音だけ」と同じ

声調だが、

中子音には、「皿」のวานジャーン、「食べる」のกินギンがある。

低子音では、「歯」のฟันファン、「ゴールド」のทองトーン(グ)など。

中低子音いずれも平声である。

高子音は、声調が昇声になるが、「夢」のฝันファン⤴や、「雨」のฝนフォン⤴がある。

d0159325_23374133.png


「特別母音」も声調は、いまの2種類に準ずるが、

ここでは、中子音だと、「黒い」のดำダム→、

低子音だと、「火」のไฟファイ→、

高子音だと、「彼・彼女」のเขาカオ⤴などがある。



ちなみに、タイ語では、「彼」と「彼女」の区別がない。

男と会ったのか、女と会ったのかはっきりさせないのは

時には便利だが、彼と彼女の差別がないことが、

タイに同性愛が多い理由かなと飛躍して考えてしまう。

d0159325_23382763.jpg



「短母音だけ」の例としては、

中子音には「島」のเกาะゴッ↓、

低子音には、「ランブータン」のเงาะンゴッ↑がある。

高子音は見当たらない。


d0159325_23413954.png


「短母音+閉口子音」では、その声調は「短母音だけ」と同じだが、

言葉としては、

中子音には、「子ども」のเด็กデッ(ク)↓、

高子音には、「辛い」のเผ็ดペッ(ト)↓があり、

声調が高声の低子音では、「唐辛子」のพริกプリッ(ク)↑がある。

d0159325_23423315.jpg



「長母音+閉口子音」では、声調はマイエーク付きと同じ、

低・低・落となるが、代表的な単語としては、

中子音では、「口」のปากパー(ク)↓、

高子音では、「キッス」のจูบチュー(プ)↓があり、

落声となる低子音グループには、「開く」のพูดプー(ト)⤵がある。

d0159325_23431053.jpg


@@@@@



声調符号付きの言葉では、

その符号の声調が他よりも優先される。

短母音でも長母音でも、

また末子音がついていろうがなかろうが、

声調符号次第である。




第一声調符号のマイエーク付きの例としては、

中子音では「鶏」のไก่ガイ↓、

高子音では「入れる」のใส่サイ↓、いずれも低声となる。

落声となる低子音グループの言葉では、「父」のพ่อポー⤵がある。

d0159325_23472187.jpg


第2声調符号マイトーが付くと、

声調は、落・落・高になるが、

代表的な言葉として、

中子音に、「近い」のใกล้グライ⤵、高子音の「部屋」のห้องホーン(グ)⤵、

いずれも落声。

低子音の「左」のซ้ายサーイ↑は、高声である。

d0159325_23483394.jpg





マイトゥリー(高声)、マイチャタワー(昇声)は、中子音にしかつかない。

マイトゥリー付きの例としては、「蛇口」のก๊อกน้ำゴーク↑ナム↑がある。

マイチャタワーの例としては、

「クエティアオ(麺)」のก๋วยเตื๋ยวクエイ⤴ティアオ⤴がある。

いずれも数は少ない。


d0159325_23502969.jpg



(17に続く)





[PR]
by ucci-h | 2017-10-16 23:52 | タイ語の話 | Comments(0)
タイ語読み書き60時間集中講座(15) ーー「声調一覧表」を作ってみよう!--

タイ語読み書き60時間集中講座(15)

ーー「声調一覧表」を作ってみよう!--



タイ語の声調は、各子音グループごと、

また声調符号が付くかどうかで変わってくる。

さらに、その言葉が短母音なのか長母音なのか、

開口子音が付いているのか、閉口子音がついているのか

によって、変わってくる。


d0159325_00042036.jpg


つまり、各子音グループごとに、


①短母音だけの場合

②長母音だけの場合(前回のมาマーや ยาヤーの例)

③短母音に開口子音n,g,m,y,wが付いた場合

④長母音に開口子音n,g,m,y,wが付いた場合

⑤短母音に閉口子音k,t,pが付いた場合

⑥長母音に閉口子音k,t,pが付いた場合

で、声調が、つまりその言葉の抑揚が違ってくる。


d0159325_00035736.jpg


これを、一覧で確認しておこう。




     長母音だけ 長短母音+開口子音 特別母音 短母音だけ 短母音+閉口母音


高子音   昇声⤴        昇声⤴        昇声⤴  | 低声↓      低声↓


中子音   平声→        平声→        平声→  | 高声↑      高声↑


低子音   平声→        平声→        平声→  | 高声↑      高声↑



     長母音+閉口音 マイエーク付き マイトー付き マイトゥリー付き マイチャタワー付き


高子音    低声↓        低声↓   |   落声⤵     付かない     付かない


中子音    低声↓        低声↓   |   落声⤵      高声↑        昇声⤴


低子音    落声⤵        落声⤵   |   高声↑     付かない     付かない


d0159325_23455217.jpg


まず、中心となる中子音グループを見る。

多くが平声となる。

つまり、「長母音だけ、長短母音に開口子音が付いたもの、

特別4母音も含め」、いずれも平声である。

ついでに言うと、低子音グループも同様である。

一方、高子音グループだけは、昇声だ。



そして、短母音だけ、

または短母音に閉口子音が付くと、

高声になる(低子音も同様)。

高子音グループだけは逆に低声だ。



それと、長母音+閉口子音の場合と

マイエーク付きの場合は、「低声」。

今度は、高子音グループがこれに同調。

低子音グループだけは、落声であり、

中子音グループとたもとを分かつ。



マイトー付きは「落声」だが、

高子音グループはこれにも同調。

低子音グループだけは、高声である。



マイトゥリー付き(高声)と

マイチャタワー付き(昇声)は

中子音だけのもの。


d0159325_00103607.jpg

面白いのは、マイトー符号だ。

中子音の声調変化で、落声符号と習ったが、

低子音となると、高声になる。

マイトーの形が少し昔の電話機の形に似ている

ことから、「ロークラス(低子音群)の連中は

ハイテク電話を使いたがり、上中クラスの連中は

電話機をよく落とす」と、イメージしたものだ。



次回は、この声調一覧表に、

代表的な単語を入れて復習してみよう。



閑話休題。


タイ語の声調は厳格である。

述語が付くと変わるとかいうことはない。

日本語も「橋」と「箸」のように、単語に抑揚があるが、

日本語らしく優柔で、言葉の続きによって変化したりする

(タイ人は、日本語の学習で戸惑うようだ)。



代表的な例が、「日本」と「銀行」。

それぞれ独立していると、平声だが、

これがくっついて、「日本銀行」となると、

ほら、変わっているでしょ。


d0159325_00091960.jpg


(16に続く)









[PR]
by ucci-h | 2017-10-16 00:13 | タイ語の話 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース