カテゴリ:VISA・イミグレ・免許( 15 )
一年ビザの更新に1日中かかってしまった!

年に一度の「トーモー」(イミグレ、入管)の
1年ビザの更新に行ってきた。

数年前から近くのプロメナーダ・ショッピングモールの
中でできるようになったので、その点は便利になった。


でも、なおイミグレは更新途上であり、きょうも朝早くから
夕方まで、1日時間を取られてしまった。

もうちょうど今回で10回目(10年目)なので、
慣れているはずだが、細部の違いで時間を取られてしまう。
今回1日がかりとなったのは、主に3点、原因が求められる。


d0159325_10374533.jpg



① 来年3月で10年物のパスポートが切れるので、
今回はこのパスポートの移し替えがはさまっていた。
これを先にやっておくつもりが、空港そばのイミグレの
女の子の勘違いで、先週できなかった。


なので、「先に1年ビザをとっちゃえ!」と
1年ビザ(リタイアメント・ビザ)更新の番号を取り、
昼前には、手続きに入れたが・・・
「古いパスポートだと残存期間が半年しかないので、
1年ビザはスタンプされない」ことを忘れていた。


パスポートの移行(トランスファー)をやはり先に済ませ、
1年ビザの更新は午後からとなった。
イミグレは仕事が増えたからか、ショッピング・モール3階の
隅に部屋を借り、そこで女子職員が申請のチェック。


②今回は、銀行預金残高でチェック。
ところが、銀行の作った残高ステートメントの
日付と最終残高の日付があっていないので、
作り直せという。


作成時、銀行にはこれで大丈夫かと念を押したが、
やはりだめだった。
銀行によっては、残高推移の記載は、前日までしか
反映されないという。


銀行へ行き、最新時点でのステートメントに作り直してもらった。
やれやれ、金と手間を余計にかけているが、けんかもできない。


③その後新しいステートメントを届ける。
パスポートは夕方5時に取りに来いという。
5時に行くと、さらに30分待たされ、手にできたのは
5時半。一日がかりだった。


新しい事務所の壁には、新しい看板を打ち付け中。
トーモーも、新規拡張中、慣れていない職員を使用中と
見られた。


ーーーーー


最後に、1年たつと忘れやすい。
1年ビザ更新の必要書類を記しておこう。

①パスポート及び必要ページのコピー
②申込書+写真
③そして今は外国人届
④年金証明書または銀行残高証明書および通帳とコピー
⑤これはなくても済むと思うが、住居賃借契約書のコピー


もっとも、これらは変わっていくかもしれないので、
事前のダブルチェックが必要だろう。
[PR]
by ucci-h | 2016-09-21 10:38 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(2)
1年ビザがプロメナーダ・ショッピングで取れた
先週、1年(リタイアメント)ビザの更新(エクステンション)をした。

今年から、空港近くのトーモー(イミグレ)まで行かなくとも、
近所の「プロメナーダ・ショッピングモール」の中に新しくできた
イミグレ出張所でできるようになった。

d0159325_11215065.jpg



@@@@@


行ってみたら、空港とはシステムが違っていた。
朝、番号券をもらうのではなく(8時半まで職員は来ない)、
自主的に、椅子を並べて順番を取っておくのだ。
旅行代理店の人が指導していた。


週日の真ん中に行ったので比較的すいていた。
午前中早い時間に終わったが、上の人のサインが
いるらしく、受け取りは午後。
午後1時半に受け取りに行って、そのあとリエントリー・パーミット
(再入国許可証)も得ておいた。


@@@@@


プロメナーダはテナントも客も少ないので、
ここにイミグレができたことは、いいことだ。
家からも10分しかかからないので、忘れ物もすぐ取りに行ける。
今回は、「住居証明」である貸家契約書を忘れたので、取りに行った。

d0159325_1121921.jpg



1年ビザの更新は、テンポラリー・ステイの365日エクステンションと
いう形式。
年金証明書(または預金証明書)と住居証明書が添付で必要となる。
健康証明書はいらない。
[PR]
by ucci-h | 2015-09-16 11:23 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(3)
こんなにスムーズな入管での手続きははじめて
チェンマイの入管(トー・モー)は、いやでもタイに滞在する以上
付き合わねばならないところである。

行くと、係官とけんか腰で噛み付いている人がいるが、
赤子と入管とは、けんかしても勝てない。

最近では、外国人が多くなったのか、
行く度に混んでいる。
入管も後ろに受付係を置いて、番号札を出すようにして
スムーズ化を図っている。

今までの入管奮闘記は、カテゴリーの「VISA・イミグレ・免許」に
記してある。

昨日は、はじめて「90日滞在の届出」に行った。
タイに長く滞在するようになってから、4-5年になるが、
実は、90日の届出は、初めてである。

最初の頃は、3ヶ月たたず、一度日本へ帰ったりしていたし、
長くいるようになってからも、外国旅行で一度タイを出国したり
(すると、タイへ帰国日からまた起算される)、
行かないときも、比較的近いメーサイからビルマのタチレクへ
買出しに出かけたり(ビルマ入国料10ドルないし500バーツかかるが)、
90日目でトー・モーへは行くことがなかった。

d0159325_22135445.jpg

結論から言うと、90日届出は、
とてもスムーズだった。

パスポート以外何もいらない。
預金証明も、健康証明も、もちろん要らない。
あとは、向こうの申請書に記入するだけ。
パスポートは4箇所むこうでコピーするが・・。

1時間足らずで済んだ。
手数料は、無料なのがいい。
90日目の15日前から申請できる。
90日を越えて不法滞在になると、一日あたり500バーツ(上限2万バーツ)
罰金が取られる。

パスポートに申請確認書の紙片を貼ってもらった。
見たら、4月29日まで。
細かく言うと、1月31日に申請したのだから、2月28日+3月31日+4月30日で
、5月1日になるはずだが、2月を30日と数えたのだろう。
こういったいい加減さが、またタイのいいところでもある。

その前の3月9日に日本に一時帰国するので、
次の90日は・・・7月上中旬になるかなあ。
まあ、タイではあまり先のことは考えない習慣になっている・・・。
[PR]
by ucci-h | 2011-02-01 22:18 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
自称‘ビザの達人(見習い)’、ビザ取得の落とし穴に嵌まる(その3完結編)
ようやく年金証明をとってその足で、入管に駆けつけたがダメ!
「まだ午後2時前なのにどうしてなの?」
「ここに張り紙してあるように、今日の受付は満杯なんです。
明日朝来てください!」

翌朝、朝早く8時半に行く。3度目の入管通い。
待合所はファランでいっぱいだ。
待たされるかもしれないな、いやな予感。

受付のお兄さんのところで書類をチェックされ(今は
ここで事前審査を受ける)、コピーの追加を2つ求められる。
コピーを追加して持っていくと、「224番」の受付番号札をくれた。
「午後来てください」
えっ、まだ朝8時半なのに・・・
聞いてみたら、この季節ファランの出入国がとても多いとのこと。
ハンドンで近くだからいいけれど、
遠い人だとたいへんだ。

午後1時前、はやめに行き前の席にどかっと座る。
もう4度目の常連なのだとでかい顔をする。
午後は、222番からビザの延長受付が始まった。
ふたつのデスクで処理するが、審査なので少し時間がかかる。
3番目に呼ばれ、女性の審査官が、年齢や金額をチェックしていく。
365日間滞在の理由に「ゴルフをしたり釣りをしたりショッピングを・・」と
書いたが、「リタイアだからいらないのよ」とやんわりホワイトインクで消される。

1900バーツ払って、別室での受け取りとなる。
ここも昨年と違って、こちらは複数人が待って、順に受け取る。
ようやく1年ビザを手にして裏ドアから出る。
ついでに、忘れないうちに、リエントリー・パーミットの
マルチプルをとっておく。
これには、3800バーツかかるが、1年間何回も自由に出入国できるので
面倒がない。

今回は、証明書のこともあり、4回の通いとなった。
永住ビザでなくともよいが、免許証みたいに5年、10年ビザがあったらなあ。
まあ、無理か。
今回は、Tさん、Sさん他こちらに在住の方々のお世話になりました。
ありがとうございました。

(今回は完結)

d0159325_2028168.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-09-24 20:23 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(2)
自称‘ビザの達人(見習い)’、ビザ取得の落とし穴に嵌まる(その2)
さて、先週は、預金残高証明で1年ビザが取れなかったことを
お話しました。

そこで、今のビザが24日に切れる前に、タチレク(メーサイ)かビエンチャンに
一度出国することを考えました。
メーサイの場合は、ビザが取れないので、ビザなしで2ヶ月引き伸ばすことになります。
複数回行くのはいやですね。
ビエンチャンの場合、ビザを取りに行ったことがないので、
短期間でうまく取れるのか少々不安です。
どちらに行きましょうか?

週末、もうひとつのアイデアが浮かびました。
「そうだ、預金証明がダメなら、年金証書証明があるじゃないか!」
2年前から、報酬比例部分だけでなく、基礎部分ももらうようになったので
何とか間に合うだろう。
しかし、証書は日本においてきてあるし、郵送が間に合うか
微妙なところです。

領事館に電話で聞いてみました。
「これこれの事情なんですが、年金証明書を作ってもらえる方法はありませんかね?」
「年金証書と、最近の振込み通知書をFAXで送ってもらってください。
そしてあとから原本を郵送してもらい持ってきてください」
FAXでやってくれるので助かりました。

日本に連絡すると、折からの秋の連休で家人は不在。
娘に頼んで、なんとか週末、タイの友人の家にFAXしてもらう。
月曜日は、日本は休日だが、チェンマイの領事館はオープン
(このへんはサービスが良い)。
月曜の朝申請し、火曜の午後受け取りに行く。
原本を後日提出する旨の誓約書をつけて。英文証明書1通、620バーツ。

火曜の午後1番で英文証明書を受け取る。
幸い、今のレートでバーツ表示も。80万バーツ超えていたので
ほっと一息。
その足で、入管に。
受付のシステムも昔と変わっている。
受付番号をもらいに、受付係へ行くと・・・
きょうはもうダメと。
えっ、まだ2時前なのにどうして???

次回で完結。

d0159325_21221297.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-09-23 21:24 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(2)
自称‘ビザの達人(見習い)’、ビザ取得の落とし穴に嵌まる(その1)
1年ビザ(Oビザ)の期限が、9月24日に迫ったので、
先週、チェンマイのトーモー(入管)にビザの延長に行った。

住所証明も、健康証明も要らず、お金があることだけ
見せればいいことは、昨年確認済みだ。
http://uccih.exblog.jp/11237982/
こちらの銀行で、80万バーツ以上の残高証明を作ってもらい、
先週、トーモーに行った。

アプリケーションを書いていたら、
先に証明書類を見せろという。
自信満々で、昨日現在80万バーツを超える銀行証明をみせる。
さらに、通帳も見せろというから、これも用意のとおり見せた。

そしたら、なんと、これではダメだという。
「えっ、どうして?」
「3ヶ月前にも80万バーツないとダメです」
「そんなの聞いてないよ。今現在80万あるんだからいいじゃないの」
「3ヶ月前にもないとfダメなのです」

実は、4月に急遽クルマを買ったため、
預金を取り崩したのだった。
それを補うべく、今回お金を入れたのだが、それではダメだという。
「4月にこちらで車を買ったのだから、
自分の預金は継続しているのだから、半年前には80万バーツ以上
あったのだし、いいじゃない」
とは、言っても、形式審査の入管のこと、ダメはダメという。

そして、「メーサイへ行って時間つなぎをしなさい」と言う。
2ヶ月たてば、8月はじめの預金残が3ヶ月前になるからだ。
でも、メーサイへ行ったのじゃ、観光ビザも取れないし、
ノービザになるだけだ。しかも数回行かなければなるまい。
3年間続けてきた1年ビザの延長をまた白紙から始めねばならない。

実は今週からコン・ケーンへ行く予定だったので、
足を伸ばして、ビエンチャンまで行って観光ビザを取る手はあるが、
面倒くさい。

嗚呼、どうしよう?
うわさによると、人から金を借りて、一時的に今現在の預金残の
ハードル越えをはかる外国人が居るとの通告から、2年ほど前から
2時点確認に変わったようだ。
いつも定期預金で持っていたので知らなかった。

さあ、自称‘ビザの達人’どうしよう?
何かいい知恵がないかなあ?

次回に続く・・・

d0159325_17483570.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-09-22 17:49 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(4)
イミグレで1年ビザの更新
年に一回の1年ビザの更新期が来た。
トーモー(イミグレ)は、税務署みたいなもので、
この国に滞在する限り、折に触れ行かねばならない。

こちらもだんだん知恵がついてきて、
こなし方が巧みになるものの、敵は変幻自在のトーモー。
さて、今回はこちらの思惑通りすーっと行くだろうか?

まず、1年のノン・イミグレビザに必要な書類は?
銀行残高の証明書、これは間違いない(80万バーツ以上)。
いっしょに通帳も持って行ったな。

住居証明と健康証明は必要だったっけ?
免許の更新とこんがらがっているな。
マンションのマネージャーに聞いたら、住居証明いるという。
じゃあ、作っといて!

イミグレへ電話して聞いてみる。
ようやくつながった。
住居証明、いらない!
健康証明もいらない(それはそうだろう。病気じゃだめって
ことはないはずだ)。
銀行残高証明だけね。

念のためマンションで作ってくれた住居証明を持って、
きょうは午後出発。
銀行で残高証明書を作ってもらう。
バンコク銀行の中が模様替え。
相変わらず、時間をかけて作ってくれた(100バーツ)。

空港のそばのイミグレーションへ。
雨の後、まあまあのこみ具合。

まずは戸惑う。
手順がないからだ。

申込書は言わないとくれない。
でもこれをもらって安心してはいけない。
2番の窓口の台帳に名前を書いておかないと、
いつまでも呼ばれないからだ。
申請理由は、「ゴルフをプレーするため」と書けばいい。

申込書に記入し、どうせなので、パスポートも3ページ
コピーしておいた。
実際は、通帳も5ページ分コピーさせられたし、
パスポートは古いビザのページも2ページ、コピーさせられた。

d0159325_14491682.jpg

しばらくして呼ばれ、1900バーツを支払い、
奥の署長室に通される。
署長は、去年までのこわもてさんとは代わっていた。
「この国に居させていただくということかな?
それとも、お金を使ってこの国にタンブンしてやるということかな?」
などと考え、頬笑みをたたえて、署長さんの仕事ぶりを見る
(まあ、いさせていただくのだ。署長さんはこちらを見ないよ)。

100バーツのおつりがホチキスで留まった
領収書とともにビザをいただく。これであと1年OK。

おっと忘れていた!
ついでに、マルチプル・リエントリーの手続きも
しておかなくちゃ。
ビザというものは、いったん出国するとみな無効になっちゃうからね。

3900バーツを払って、これで1年間出入り自由。
シングルエントリーは1000バーツだから、
年に4回以上出国するならマルチの方がいい。
面倒くさくないし・・。

全部でかかった費用が5900バーツ。
まあ税金みたいなものだ。月あたり500バーツだ。

以上、今回の顛末。
過去の分も、参考になる。

なにせ、タイにいると、キー・キアット(面倒くさがり屋)の
キー・ルーム(忘れん坊)になるもんで、備忘録がいい。
いや、もうタイにいなくても、キーキアットのキールームだ。
[PR]
by ucci-h | 2009-09-17 14:40 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
やっぱりタイだなあ、免許更新
去年7月にとったバイク免許(バーイ・カップ・キー)。
これの1年目の更新にハンドンの陸運局(コンソン)へ行く。

1月の4輪免許の更新に行った時もそうだが、
タイ王国では、免許の期限が切れてから更新する。
こういったタイのいい加減さが好きだ。

今回は、バイクの免許。
こちらの方が価値がある。
4輪は日本の免許からの流用で試験なしでとれたが、
バイクは持ってなかったので、
学科試験と実地試験をやってとったのだから!


去年の日記の書き込みが、備忘録で生きていた。

前日にマンションで居住証明を作ってもらい、
①それを持って、イミグレで在留証明を作ってもらう(500バーツ)。
②同時に、病院で健康証明書をつくってもらう(ラムで100バーツ)。
③その2つを持って、ハンドンの陸運局(コンソン)で免許更新してもらう(今回は5年有効)。



朝9:00 居住証明書とパスポートと写真2枚(イミグレ用)を持って、マンションを出る。
雨期なので、空を眺めながらバイクを飛ばす。

9:15~9:45 ラム病院へ行き、チェックアップを受け、健康証明書を作ってもらう(体重はこちらへ来ていつものように4キロ減。ただし血圧は152とちょっと高い)。

10:00 イミグレへ着く(あれ、窓口の場所が代わっていてちょっと戸惑う)。
在留証明申込書を書き、パスポートのコピー3か所とり、
居住証明書と写真とともに提出(写真は1.5インチ角のサイズより小さいが、細かいことにこだわらないのがタイのいいところ)。

「1時間待て」と言われ、外へ行き時間をつぶす。

11:00 500バーツと引き換えに、在留証明書をもらう。
少し高いけど、領事館よりは安い。
そして、近くのハンドン陸運局へ向かう。
ここまで予定通りで順調。
昨年のメモが生きた。しかし・・・。


d0159325_1385975.jpg


12:00 と、陸運局へ来るまでは予定通りだったが、
スムーズにいかないのがタイランドだ。
前の韓国人が何やら長く、だいぶ待って書類を出すと、
パスポートのコピーを求められる。
ああそうだったっけ。
これならイミグレで2部ずつ取っておけばよかった・・。
まあしゃあない、作ってこよう。


しかし階下へ行ったが、コピーサービスがない。
4度目で初めてだ。
「ターイ・エッカサン(コピーを取るの)」と聞けど、
外に行けと言われる。

結局、車の多い道路を必死でを横切り、向こう側のコピー屋でとる。
きいてみたら、陸運局の中のコピー機が壊れたからだと・・。
ほんとかいな。
やっぱり、タイは順調にはいかないなあ。


結局、40人くらいが待っていたので、1時間強待って、
1時過ぎに新しい5年間のバイク免許をもらった。

今回は4輪の時のように、年数の間違いはなかったが、
係りのおっちゃんが住所表記がちょっと違うといちゃもんを
つけたので、4輪の免許も見せ。「変わっていないよ」と一蹴。


4輪は写真代100バーツ含めて5年間なので計655バーツだったが、
バイクは同じく355バーツだった。
バイク免許取得費は、しめて955バーツ。4輪より300B安かった。


まあ、5年間有効だから安いものだ。
でも所要時間4時間半。毎年じゃ、かったるいな。
だいぶタイ時間に慣れたけれど・・。

今度は、5年後か!忘れずに更新に来るかなあ。
[PR]
by ucci-h | 2009-08-14 13:01 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
ええっ、バイクの税金が24000バーツ!?
バイクを買って1年たった(走行7000キロ)ので、今後1年分の税金をおさめに行った。

バイク屋で聞いたら、ランナーゴルフ場に行く途中の右側に税金事務所があるという。
そこで払えとのこと。


トヨタやホンダのお店があった。
ホンダのバイクなので、ホンダのお店へはいって、
「Taxを払いたいのだけれど・・・」と聞いてみた。

店員は、しばらくお待ちくださいと言って、少し計算して、紙に書いて持ってきた。
な、なんと24000バーツ!

「冗談じゃない。1年分の税金だよ。これじゃバイクが買えちゃうじゃない!」

結局、店員にはTaxという言葉が分からなかったのだ。
Taxなら分かると思って、パースィー(税金。なんだかゴルフのミドルホールみたい)
という言葉を用意して行かなかった私が悪いのだが・・。


要するに、ホンダのお店なので、中古バイクを売りに来たと思って、査定価額をくれたのだ。
まあ、1年で月々1000バーツほど償却して行く計算かな。

d0159325_23505259.jpg


ようやく誤解が解け、隣のビルの2階の事務所に行って支払った。
表記も言葉も全くタイ語だけなので苦労する。
でもお金をもらうんじゃなくて払うんだから、ノープロブレム。


お昼休みもなくおねえさんたちがのんびり働いていた。
税金150バーツ+強制保険料370バーツ。合計520バーツを払った。

新年度のステッカーは1週間後取りにいらっしゃいと。
[PR]
by ucci-h | 2009-07-23 23:43 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
いい加減なタイの免許更新
きのう、きょうと2日間かけて、免許の更新に行ってきました。

まあ、無免許でもこの国では車運転できるんだけれど、ICカードなんで、
持ってるとかっこうよく、うれしいし、国立公園の入場料が
タイ人並みになります。


昨年12月で切れているので、日本にいる時少し心配したけれど、
在住の人から「こちらは切れてから更新なのよ」
と聞いていたので、安心して行きました(確かに、切れたら、
無効と言うのもおかしい。腕ががくっと落ちるわけではない)。


1月29日(木)午前
ハンドンにあるコン・ソン(陸運局)へ行く前に、念のため
マンションのフロントで、更新に必要な書類を聞いてもらう。
でも予想通り、結局、何もわからずじまい・・・。はははは、タイらしいな。

バイクを20分飛ばして、陸運局に。
やはり、居住証明と健康証明書が必要と言われた。しゃあない。

その時、陸運局のおばさんが「今はイミグレでも居住証明出るわよ」と教えてくれた。
前回、居住証明をとりにイミグレへ行ったら、「領事館で
やって」とダメだったことをおぼえている。サービスが復活したらしい。


その足で、イミグレへ。
確かに居住証明発行をやっていた。前回は、領事館だと翌日渡しで680バーツとられた。
ただマンションの新しい住所証明がなかったので(古いのでは担当の
TON君をごまかせなかった。マンションの住所証明をやはり作ってもらう
必要がある。電話で頼んでおいた。

d0159325_22332063.jpg


健康証明書もいるので、ラム病院の4階へ行って、チェックアップ。
身長(自己申告)、体重、血圧、色盲だけ。今回は聴診もなし。
女のドクター「血圧が151とちょっと高いが、薬飲むか?」
「そんなものいらない」。100バーツで証明書。


1月30日(金)
朝、マンションから住所証明をもらってイミグレ(入管)へ。
写真2枚とパスポートのコピーと住所証明とを出す。
「1時間待って」と係りのおっちゃんに言われてまつ。
1時間足らずで、担当のTON君から呼ばれる。

「ぼくに書類きたの今さっきだから、午後の1時半に
来てね」・・・ここはタイランドだ。「あいよ」

いったんマンションに帰り、お昼を食べて、1時半に イミグレへ。
TON君忙しそう。結局30分近く待って
ようやく、イミグレからの「居住証明書」を入手。
500バーツとられたが、まあ、領事館よりましだな。
そうか、儲かるから再開したのかな。
以前は、たしか無料だった。


その足で、10分たらずとばして、陸運局へ。
「健康証明書」「居住証明書」、パスポートのコピー、
それに切れた免許証を出す。

結局、講習も、目の検査もなく、555バーツプラス
写真代100バーツで5年間有効の新免許証をもらう
(初回は1年なので205バーツだった)。


帰りがけに、念のため、免許証の記述をチェック!
「おっとっと、期限が5年じゃなくて1年だぞ!」
ただちにおばさんに修正を申し入れる。
コンピュータのデータを何やら打ち直し、また
写真を撮って、できあがり。

こんど見たら、期限は5年後の誕生日までだ。
5年9か月使えるな。OK,OK。


全部で、1255バーツかかったけど、5年間有効。
新免許の自分の顔を見て、ニコッ。
[PR]
by ucci-h | 2009-01-30 22:21 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース