カテゴリ:ゴルフの工夫( 102 )
「トラックマン」でゴルフ・スウィングをチェックすると(3/3)
「トラックマン」でゴルフ・スウィングをチェックすると(3/3)



クラブ・スピードの速さがそのまま

ボールの初速に伝わるわけではない。



クラブからボールへの速度の伝わり方が悪いことから、

飛距離が損なわれていることが、「スマッシュ・ファクター」

の低さから見て取れた。


d0159325_23581351.jpg



クラブの速度がボールにうまく移ると5割近くスピードが増す。

男女プロとも、ドライバーで1.48倍(つまり5割近く)速度が増す。

7番アイアンだと、男子で1.33倍、女子で1.37倍だ。

でも自分の場合、この倍率(スマッシュ・ファクター)は、

ドライバーで1.37倍、7番アイアンで1.27倍と低い。


d0159325_23590611.jpg



その結果ドライバーがボールに当たってのボールの初速だが、

女子プロのボールの初速の87%ぐらいにまで落ちる。

クラブ・スイング速度の差は95%くらいなのに・・・。

ドライバーのスマッシュ・ファクター0.10倍分の差は、

距離にして20ヤード近くの差になると言われる。



@@@@@



クラブのスピードがボールに加速して移るとき、

自分の場合は十分エネルギーを伝えきっていないということになる。

効率を上げるには、いろいろあろうが、基本以下の3つが重要と言われる。



①【インパクト・ポイント】

 ボールがちゃんとクラブフェースのセンターに当たっているか?

これは、トラックマンのパラメーターには直接ないが、実感としても大事だ。

力を入れて外すことが多い。

より正確にクラブのセンター・ポイントでヒットするためには、

少々クラブ・スピードゆったり目でもいいそうだ。


d0159325_19091564.png



トラックマンでの計算だと、クラブ・スピードを時速5km近く

増やしても(例えば、時速145kmを150kmに)、

スマッシュ・ファクターを落とすアマチュアが多く、

結果スマッシュ・ファクターが0.06倍分減ると(例えば、1.44倍から1.38倍へ)、

ボールの初速は、ヘッド・スピードの上昇にもかかわらず、

むしろ時速3km分ほど落ちてしまうそうだ。



逆に、ゆったり振ってインパクト・ポイントを良くし、

スマッシュ・ファクターを上げれば、ボールの初速が増す。

スマッシュ・ファクターが、0.06倍分改善すると、

ヘッド・スピードが時速5km分遅くなっても、

ボールの初速は、時速3km分速くなるということだ。



センター・ポイントで打つ重要さは、

真ん中に当たるとトランポリン効果で

ボールが飛び出していくのに対し(プラス効果)、

中心を外れて打つと、その分、クラブにツイスト現象が

見られ、ボールの初速を損なうためだ(マイナス効果)。

ダブルで効く。


d0159325_19000819.png

@@@@@



②【フェイス トゥ パス(クラブ・パスとフェース・アングルの関係)】

クラブの走る軌道(クラブ・パス、左右方向)が、クラブ・フェースが

ボールに当たるときの左右方向の角度(フェース・アングル)と

どれだけずれているか?

クラブ・フェースの当たるときの左右の向きと、

クラブの走る軌道の方向がずれていると、エネルギーをロスする

ことは想像できる。


d0159325_19090467.jpg

ことに、フェースが開いていたから閉じて打とうなどと

‘コンペンセイト’の動きをすると、ろくなショットにならない。

自分の場合、ドライバーも7番アイアンも、クラブ・パスは平均、

右へ1.3度(左打ちだから、左へ1度位の方が、イン・アウトで良いのだが)、

インパクト時のフェース面は平均ややオープン(左へ1度)なので、

“ずれ”(FTP,フェイス・トゥ・パス)は、左へ2.3度となった。



コーチから、「やや左向きのスタンスにして(クラブ・パスをやや左へ)、

ショット時にもう少しグリップを効かせるよう」に言われたのは、

このデータからうかがえる。



@@@@@



③【スピン・ロフト角】

「スピン・ロフト角」が大きいと、スマッシュ・ファクターの低下に

つながりやすい。

スピン・ロフト角とは、ダイナミック・ロフト角からアタック・アングルを

引いたものだ。スピン量を引き出す角度と言われる。

つまり、クラブ・フェースの動いていく縦の角度(ダイナミック・ロフト)から

クラブ重心の打ち込み角度(アタック・アングル)を引いたものだ。


d0159325_19121938.jpg



スピン・ロフトが大きいと、スピン回転数が増えるが、

球速への伝達エネルギーは減り、スマッシュ・ファクターが減る。



自分の場合、アタック・アングルは、ドライバーで3.5度、

7番アイアンでマイナス2.8度と、わりに低く、

またダイナミック・ロフトもそれぞれ14度、27度と

そう上を向いてもいないので、

スピン・ロフト角は、それぞれ13度、32度と、大きくはない。

プロ男子、プロ女子、アマ・スクラッチプレーヤーは、

それぞれ、14.7~15.0度、25~26度ほどだ。



@@@@@



以上のデータから見て、

自分の場合、スマッシュ・ファクターが、ドライバーの場合、

1.43から1.32まで散らばっていて、なお平均が1.37と低いので、

おそらくインパクト・ポイントがセンターを外れることが多いのだろう。

ティーアップしない3番ウッドなどで、よく証明される。

素振りで、練習場の低いティーの位置を常に通過できるよう努めたい。


d0159325_19152229.jpg

またどうも、縦の角度より、横の角度が悪いようだ。

クラブ軌道がアウト・インに入ることが、わりに見られる。

その分、グリップを効かせて打って、ひっかけることを怖がっている。

やや左に向けたスタンスを取り、ゆったりとグリップを効かせたいものだ。

ボールの飛行高度も高すぎないように努めてみよう。



(終わり)






[PR]
by ucci-h | 2017-10-22 19:17 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
「トラックマン」でゴルフ・スウィングをチェックすると(2/3)



「トラックマン」で集計された

自分の34回のショットのデータをiPad送ってもらった。

自分のスウィングをPGAのプロの平均数字と比べても仕方ないが、

LPGA女子プロの数字と比べると面白かった。



d0159325_23582925.png




クラブ・スピードは女子プロの95%前後だった

ドライバーのスウィング・スピードは、自分の場合、

この年齢の平均に近い時速89マイル(143km)程度。

プロ野球の並みのピッチャーの球速ほどだ。

女子プロが時速94マイル(151km)ほどだから、

速球投手と中級投手の違いほどで、まあいいだろう。





しかし、実際のキャリーの距離になると、

8割前後とぐっと離される。

女子プロのドライバーのキャリーが平均218ヤード

(到達距離で250ヤードほどか)なのに、

自分のは、その8割の180ヤード弱しか出ていない

(到達距離で200ちょっと。良い時で240)。





スウィング・スピードが飛距離にそのまま反映されるなら、

207ヤード越えのキャリーが出るはずなのに・・・。

なぜだろうか?



d0159325_23575461.jpg




実は、クラブの速度が、そのままボールに伝わっていない。

プロの場合、男女ともドライバーの速度の5割増に近い

1.48倍で、クラブ速度がボールの初速に伝わっている。

1.5倍が理想形だそうだ。





これに対し、自分のデータは(この倍率を「スマッシュ・ファクター」

という)、平均1.37倍(いい時は、1.43倍が出ていたが・・・)。

女子プロよりも、0.11倍分低い。

0.1倍は、ほぼ20ヤードの距離の差になるという。

インパクトでのロスが多いということだ。

このロスを減らすことがひとつの課題になろう。

どうやったら減るでしょうか?



@@@@@



もう一点、データ上で距離を損しているのは、

ボールの飛ぶ高さのようだ。

データを見ると、ボールの飛ぶ高さが高すぎる。



プロのボールの高さを見て驚くのは、

ドライバーからピッチングまで、ボールの最高高度が

ほとんど変わらないことだ。

男子で30ヤード(27m)前後、

女子で25ヤード(23m)前後だ。



d0159325_23590611.jpg




これに対して、自分の場合は、

ドライバーで25~58ヤード(23~53m)の高さ、

平均43ヤード(39m)と高く、しかもばらついている。

女子プロ平均の25ヤードより低い球だったのは、

16球中3球だけだった。平均の高さで女子プロより

16mも高く上がっている。

7番アイアンも平均26ヤード対48ヤード、20mも高い。

見た目で飛球の高いのはわかるが、数字でこんなに違うとは思わなかった。



@@@@@



なぜボールが高いのか?

まず、ボールを打ち上げるスイングをしているのか

というと、データを見ると、そうでもない。

ボールの打ち出し角度(ローンチ・アングル)は

そう高く行ってはいない。

女子プロ並みの数字(ドライバーで13度、

7番アイアンで19度)である。





この「ローンチ・アングル」(ボールの打ち出し角度)を決める主役は、

「ダイナミック・ロフト」(インパクトの時に動くクラブ・フェースの上向き角度)で、

脇役が「アタック・アングル」(打ち込み角度)だそうだ。

アタック・アングルについては、女子プロ並みの数字(ドライバーで3度、

7番アイアンでマイナス2.5度)で、OKだ。

ハンド・ファーストの練習で打ち込み角度はよくなっている。


d0159325_23593391.png



クラブの「ダイナミック・ロフト」については、

女子プロのドライバーで、15.5度。

アマチュアのアベレージ・ゴルファーで15.1度だそうだから、

自分の平均14.2度という数字は、悪くはない

(ハンディ10のアマチュアで14.1度)。





それなのに、なぜ高い球になるのか?

計測数字が間違っているのか?

誰か教えて!



@@@@@



データからはよくわからないが、

ややアップライトなスウィングの構えなので、

ボールが高く上がるのかもしれない。

ウィング・プレーンがアップライトなのが

インパクトの“線”の意識を薄めているのかもしれない。

もっとも、アップライトに構えた方が

ボールが目標から左右へ大きくずれることが

少なく感じるので、横振りにするつもりはないが・・・。


d0159325_23555240.jpg



もっとも、アマのスクラッチ・プレーヤーの方が、

ボギー・ゴルファーより、スウィング・プレーン角度は

小さい(48.1度対49.4度)。つまりより横振りに

なっている(わずかな差だが、角度が小さい方がよりフラット)。

なので、少しフラットに振ってみようかと思った。





ところが、自分のドライバーの平均数字を見たら、46.6度。

アマ女子のスクラッチ・プレーヤー並みのフラット・スウィングだ。

自分の意識はアップライト、でも数字はよりフラット。

数字と意識は違うものだ。





自分の場合、42度から49度とばらついていたが、

やはり、42度近くのフラット・スウィングはひっかけが多い。

アップライトな方が、フェード気味だが、ベターなボールが出た。

やはり、アップライトで構えて行こう。

48度くらいのスウィング・プレーン角度がきっといいのだろう。


d0159325_00035648.jpg



少しアライメントを左向きにしたり、

グリップをストロング・グリップにしたりする中で、

スイング・アークを長めに改善する試みもいいのかもしれない。



@@@@@



クラブ・スピードがボールに十分伝わらない原因は、

スマッシュ・ファクターの数字の低さに表れている。

その原因と対処については、次回に触れてみよう。

データでは直接見えない原因もあるはずだ。



(あと一回続く)





[PR]
by ucci-h | 2017-10-15 00:04 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
「トラックマン」でゴルフ・スウィングをチェックすると

ゴルフ仲間のSさんのご紹介で、
ノースヒル・ゴルフクラブの練習場で、
プロコーチのノートさんから、「トラックマン」を
使ってのスイング分析をしてもらった。
 
d0159325_23551605.jpg

 
トラックマンは、ご存知のように、
もともとミサイル弾道の解析のために
生まれた装置だが、今ではPGAツアーでも使われている。
ヘッドスピード、ボールの初速、スピン量、飛距離、
打ち出し角度、方向など、26ものパラメーターが
得られる。
 

 
自分はまだ本調子ではないが、ようやく思い切り
振れるようになってきたので、見てもらうことにした。
7番アイアンとドライバーでひと箱ほど打った。
 
 
@@@@@


自分の感覚と違って、けっこうプッシュアウトして
打っていたり、またカット打ちになっていたり、
クラブの入っていく角度、軌道の方向、フォロースルーの方向などが
具体的に、左へ5度とか、右へ3度とか、数字で示されるのがよい。
 
d0159325_23571362.jpg


 
3点ほど、改善ポイントがわかった。
① スタンスを取った時の身体のアラインメントを
もう少し左へ向けること(筆者は左打)。
どうしても目標に体が向きがちで、ピンより右に行きがちだからだ。
 
 
② スナップを柔らかく効かせること。
力むとワッグルも忘れてボールを叩きに行きがちだ。
いい当たりが出ても、スナップが固いと、左方向へ行ってしまう。
十分スナップを柔らかく効かせて打つのが、方向も距離もよくする。
 

③ もう少しストロング・グリップにすること。
しっかりボールをとらえて、気持ちよく打ち抜くためには、
もう少しグリップをストロング気味にした方がいいと
プロの指摘を受けた。
ふだん自分でも少し感じていたことなので、試してみよう。
 

@@@@@

d0159325_23575461.jpg


実際の打ち出し方向(左右)と飛距離を見て、
意外だったのは、ドライバーのドローボールよりも
フェードボールの方が距離が出ていたことだ。
 
 
距離は、200ヤードちょっと、せいぜい240ヤード程しか
出ないが、やや左にプッシュ気味にスウィングした方が、
スピン量も多めで、ボールも低く飛び距離が出ていた。
これに対してドローボールは(ドローボールと聞こえはいいが)、
ややフック気味の高いボールになりがちだった。
クラブの軌道は少し左でまっすぐ打ち抜くような練習をしよう。
 
 
@@@@@


自分の34回のショットのデータを送ってもらった。
自分のスウィングをPGAの男子プロの平均数字と比べても仕方ないが、
LPGA女子プロの数字と比べると面白かった。

(続く)



[PR]
by ucci-h | 2017-10-13 00:04 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
近くに大きなゴルフ練習場がオープン

我が家の近く2km、車で5分のところに
9月なかば大きなゴルフ練習場がオープンした。
サンカンペーン旧道、宝石店の斜め前である。

d0159325_21024544.jpg

広い駐車場(樹木がない!)になぜか大きなロボット
人形が立っている。
座席数は、2階も入れて70打席。
オープンしたてなので、従業員のサービスもいい。

d0159325_21031053.jpg

距離も十分あり350ヤードの標識もある。
また、池やバンカーも多く配置されているので
アプローチの練習にいい。
ひと箱40バーツだが、回数券もある。
ただ、敷地は広いが、アプローチ・グリーンと
バンカー練習場がない。

d0159325_21025787.jpg

チェンマイ郊外では、ここ数年宅地開発のため
ゴルフ練習場がいくつかつぶされてきたが、
ここなら近いので、車を15km走らせて
練習に行かなくてすむ。





[PR]
by ucci-h | 2017-10-02 21:05 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
ゴルフはコースを回って身に染みる体験をする

チェンマイのゴルフ・コースに出てみて、
本番ならではの身に染みる体験をした。
忘れないように、自分のために記しておこう。


距離440ヤードの短いパー5のホールがあった。
しかし、両側に林が出ていて、手前の池は
180ヤードを超えないと越せない。
まっすぐそれなりの距離が出ないとトラブる。


一度目は、しばしば池越えはするが、林に入りがちなので、
真ん中を狙って、力強く振り切った。
ど真ん中。鼻高々で行ってみたら、な、なんと池を超えてなかった!


あれほど力強く振ってまっすぐ行ったのに・・・。
歳で、距離が出なくなったか・・・、トホホ。
一転悲嘆にくれ、このホールはダボですごすご。



d0159325_9502145.jpg




後半、もう一度同じコースを回った。
その途中、実戦ゆえに発見があった。
他のホールでも、思い切り振るのはいいが(スイングが小さくなるためか)、
思ったほど距離が出ていないことを発見。


そこで、基本に戻って、強振よりも、
ヘッドをスムーズに走らせることを優先。そしたら
この方が、ヘッドスピードが滑らかになるためか、距離が出た!


そしてもう一度、最後に例のホールへ。
“ヘッド・スムーズ打法”が成功した。
ボールは池より50-60ヤード先まで行った。
次のフェアウエイショットもうまくいき、2オンでバーディ。
後半は40点で回れた。


練習場では、いろいろな打ち方をやってみるが、
実際の距離は、なかなか正確にはわからない。
コースに出て失敗して初めて、そのスイングの欠点が見える。
これで、少し安心して、週末日本に帰れるかな。
[PR]
by ucci-h | 2017-03-08 09:51 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
ゴルフは“お稽古”が大事 いつ?

ゴルフは「お稽古」が大事だ。


あるページを見ていたら、
グレッグ・ノーマンの言葉が
載っていた。


そう、稽古はラウンド前より
ラウンド後が断然いい。
稽古の語源、「過去(のミスショット)を考える」
通りだからだ。
ほとぼりの冷めないうちに直しておこう。
疲れていたら、グレッグ・ノーマンのように
3箱打てなくても、ひと箱でもいい。



d0159325_9451228.jpg




グレッグ・ノーマンの金言 :
ラウンド終了後、私の最も重要な仕事が始まる。
その日ベストスコアの65で回ったとしても、
私は練習場へ向かう。

それも常に課題を持って臨んでいる。
逆に、満足できないショットを何発か打ってしまう日がある。
たとえばアイアンショットの何発かが右へふけてしまい
グリーンに乗らなかったとしよう。
課題の第一歩はその失敗の原因に向けられる。

1.私は少なくともひとかごの練習ボールを
ミスショットの調整のために打ち続ける。

それで問題点を是正できたと確信できたら、
2.気分を変えてもうひとかご分位を別の練習に使ったり、
ただボールを打つことだけに集中してみる。

3.練習の仕上げは通常のショットに戻し、
血管が治ったかどうかを確かめてから
笑顔でクラブハウスに向かう。
[PR]
by ucci-h | 2017-03-08 09:45 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
ゴルフを再開して、10回コースに出て、改めて学んだこと

ゴルフを8か月ぶりに9月末に再開してから
2か月半経った。
この間練習場に行ったり、コースも10回ほど
回ったりして、ようやくゴルフの面白さも思い出してきた。


この間、あらためて学ぶことが多かった。



d0159325_15475790.jpg




①一番大事だと思ったのは、手首の柔らかさ。
手首が固くては、ごみを投げればわかるが、距離も方向も
ままならない。


②次がクラブのヘッドの重みを走らせて打つということ。
腕や腰にいくら力を入れても、ヘッドが走らないと、
ボールは思うように飛んでくれない。


③その他重心の移動など、いろいろあったが、きょうコースを回ってみて、
さらに一番大事なことを肝に銘じられた。
それは、練習場でならいろいろ考えて、試したらよいが、
コースに出たら、「考えないこと」が大事だ。


構え、アドレスから、テイクアウェイ、さらにフォロースルー、
いろいろ考えていたら、スイングのリズムが崩れ、スムーズさを失う。
ついつい作為的に打って、失敗する。


素振りして構えて違和感がなければ、そのまま素直に打つ。
無理な力を入れず、リズム良く振れば、クラブが仕事をしてくれる。
自分の本能とクラブの力を信ずるのがいい。


きょうは、何も考えず、スッと構えて、ゆったりズムで、
目標に向けて打った。
ボールも池にだいぶ入れたが、それでも45+41=86で回れた。
ともかくリズムよく、自分が気持ちいいショットを打てれば、
それでゴルフは楽しいのだ(スコアは運しだい)。
[PR]
by ucci-h | 2016-12-09 15:50 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
再開ゴルフ6回目、クラブを短めに持つようになった、自然に・・・

再開ゴルフ6回目は田舎のゴルフ場で。
前回、「距離の壁」にぶち当たったが、
ヘッドを走らすスイングで、少しばかり
これを崩すことができた。


@@@@@


今回は、これに加えて、スウェーデンの
ヘンリック・ステンソンが毎日やっているという
ドリルを取り入れて打ってみた。


このドリルというのは、アドレスで構えるとき
あたかもバルーンを地面に押し込むように、
構えた手をできるだけ下に押し付ける構えである。


何がいいかというと、両脇が良く締まるだけでなく、
テイクアウェイも無理なく地面から浮き上がらず
行なえることである。


@@@@@


構えはぐっと押し込むが、テイクアウェイ以降は
スムーズにヘッドを走らせることができる。
押し込むだけで、あとは無理な力を入れないで
打てるのがいい。


d0159325_11112096.jpg



前回のヘッドを走らせることにこれを加えて、
比較的に楽なスイングができるようになった。


@@@@@


これをやっていたら、後半、副産物が見つかった。
クラブを、ウッドもアイアンも、自然にグリップエンドを
余して、つまり短めに持つようになった。


なぜなら、脇を締めて、腕を伸ばしスッと構えると、
グリップエンドが自然に余るからだ。
自分の腕が長いのか、脚が短いのか、
それともクラブはそういった長さに作ってあるのか
わからないが、グリップエンドを余して握るのが
ちょうど良いのだ。


こう構えて、さらに腰をしっかり沈めて打つと、
トップやダフリの心配も減る。
体からボールまでのクラブの長さがちょうどいいからだ。


@@@@@


ヘッドを走らすことに加え、
クラブを短めに持つという副産物を
発見した。


再開ゴルフの残る7~10回は、
ここらを忘れずにやってみよう。
さて、また何が出てくるだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2016-10-20 11:12 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
再開ゴルフ、「距離の壁」にぶつかる 正解は?

再開ゴルフ4~5回目。
ランナーゴルフ場で9ホールずつ回る。
ランナーはメンバーでもあるので、総額
チップまで含めて、ハーフだと1150円ほどと安い。



d0159325_212487.jpg




過去3回で、
①アイアンは手打ちでなく腰を回して打つ、
②ウッドもアイアンも、手首を柔らかく振り準備する、
③膝を十分曲げ腰を低くして打つと良い
以上のことを再発見したので、少し打てる自信が出てきた。



@@@@@



ところがである。
コースの長いランナーのこと、少し強く振っても
以前の距離が出ない。
15~20ヤードは短い。



長く休んでおり、体力が落ちたか?
この間、歳も1歳近く経っている。
さらに、腰をかばうくせがついてしまったか・・・?
「距離の壁」にぶつかってしまった。



どうしよう?
強振したり、クラブを長く持ったりしても
ダメなことは知っている。
無理しないで、徐々に距離を伸ばしていくしかないか?
それにしても、距離が出ないのはさみしい。



@@@@@



2度目の9ホールの時、考えた。
無理に力を入れず、ヘッドを走らすことに専念しようと・・。
以前、「軽楽打法」と称して、テークアウェイから力を
入れずに楽に引き、リズムよく打ち出す打法を身に着けたはずだ。



両脇はしっかり締めてアドレスするも、
テークアウェイからヘッドの走りを意識して打った。
これが正解。
ボールも以前の距離に近くまで飛ぶようになった。



さて、これも忘れず、
さらに6回目、7回目に挑んでみよう。
次は何が見つかるだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2016-10-19 21:05 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
ゴルフ再開3回目、腰を落とす良さを見つける

8か月ぶりのゴルフ。
コースへ出て3回目。
今回は何が見つかるだろうか?


今回は、前2回目と比べてショットが不安定。
ウッドは右へ引っ張るし、アイアンはダフリ気味で
距離が出ない。


前回のワッグルを思い出し、
また腰の回転をスムーズに意識してもダメ。
また最初からやり直しか?



d0159325_16365156.jpg




やはり手打ち気味なのでショットが不安定と思い、
最後の方になって、腰を安定させることを図った。
少し良くなったが、まだ不十分。


最後の最後になって、膝を一層曲げ、
腰を落とし、安定化を一層図ることにした。
そしたら、ショットが方向性も距離も安定した。
ボールと目の距離が近いので安心して振り切れる。



膝を曲げ、腰を安定させることが重要と
改めて認識した3回目だった。


さて次回は何が見つかるだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2016-10-09 16:37 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース