カテゴリ:ゴルフの工夫( 102 )
「あおいくま」(青い熊)
「あおいくま」って、知っています?
Blue Bearですかね?

きのう日本のラジオをきいていたら、
タレントのコロッケさんが、この
5文字を、お母さんから教わり、
ずっと生きていく中、苦しい時の
心のよりどころにしたと・・。


あ あせらない
お おこらない
い いばらない
く くさらない
ま まけない

いいですねえ。
私のゴルフの教訓にもなります。

ゴルフはメンタルが80%ですもの。

d0159325_12533212.jpg


あせって失敗し、
おこって、集中力を切らし、
いばって、コースを甘く見、
くさって、スコアを投げ出し、
まけてしまう、自分に・・。

今度は、青い熊さんのぬいぐるみでも
ぶらさげて、
肝に銘じよう。

ですよね、みなさん。
[PR]
by ucci-h | 2008-04-02 12:48 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
日タイ通算3連勝
日本へ帰って、今日土曜日は帰国第1戦ゴルフをやりました。
昨夜の雨も上がって、朝風は強いが、暖かい。
春がそこまで・・。
近場の錦が原ゴルフ場桜草コース
(ここは日本一の集客をほこるコース)で、近所の12人でコンペ。

チェンマイでの厳しいコースで鍛えてきた甲斐があって、
44-38の82回で、ネットワンアンダーで優勝できました。
これで日タイ通算3連勝。自信になります。

d0159325_16135932.jpg

勝因は、3つです。

①ショート・アプローチの徹底的な練習
(ドライバーやアイアイよりも・・)
②コースに出たら、いいことしか考えない。
常にプラス思考。
③それでもミスが続いたときは、
人生のつらいこと、我慢したことを思い浮かべる。

それに比べりゃ、ゴルフなんて・・!
勝ったから、言っていますね(笑)。
[PR]
by ucci-h | 2008-03-15 23:40 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
帰国前2連勝のウラに
帰国前のゴルフの2連戦。
近くのランナーとグリーンバレーで2日間、7人で行ないました。

幸い、私が実力以上の力を出し、
チェンマイ在住の並みいる強豪をかろうじて抑え、
85点と84点で、2連勝をすることができました。

お互いライバル同士足の引っ張り合いをやっていましたので、
漁夫の利かもしれません。
でも2日目も、MさんもCさんもも85,86とけっこう
緊迫した真剣ないい試合でした。

勝ったから申し上げるのですが、
勝因は、般若心狂やのろいではなく、
その前に遠征したチェンラーイから
帰っての、練習にあります。

チェンラーイでは、3馬鹿さんにやられました。
ことに2日目は、前半6回もピンに近いところにパーオンしたのに
バーディが一つも取れなかったのです。

あのランナーのあばずれ18人娘(遅くてはいらないカップのこと)
を馴らしたと思ったのですが、
チェンラーイのあばずれ(入らないグリーンのこと)にもやられました。
チェンマイに帰ってからは、コースに出ないで練習、練習!

ドライバーやショットは悪くないのでほどほどに。
主な練習は、スコアを決めるアプローチ、チップショット、
バンカーショット、パターです。
ショート・ゲームがスコアメイクのカギです。

ランナーの練習場には、幸いこの4つがみな練習できる
バンカーとグリーンがあるのです。

チェンラーイでの屈辱を胸に、チップショット、
バンカーショット、パターを納得いくまで練習したのです。

きのうこそ、ランナーの手馴づけたはずのカップに
はいらず、苦しみました。でもショットがよかったのでトップ。

そして今日のグリーンバレーは、長いパットが真ん中から
はいってくれました。MさんやCさんはあきれていました。

ポイントは、パターを構えた時のバランスと打つときのリズムですね。
何回も練習すると、構えた時の体勢のバランス感で自信がうまれます。
チップショットもバンカーショットも同じです。
ゴルフは心のスポーツですね。

無理無理でも、自信を持って臨めるよう練習を積んでおきましょう。
ああ、もう少し残って、こちらの大会に出たかった!

d0159325_122057.jpg

[PR]
by ucci-h | 2008-03-07 22:53 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
ゴルフは病み上がりの方が余分な力がはいらない
1週間のランカウイ島・クアラルンプールの
旅行から帰ってきて、千客万来、
忙しい日々が続きました。

チェンマイへ戻って早々、ゴルフの日程が重なり(5日のうち4日)、
背筋が痛くなり、ついには風邪もひいて
昨日まで2日間、私はダウンです。

おまけに家内が、食べ物にあたったのか、
じんましんにかかり、
昨日は病院に連れて行きました。


そして、今日は病み上がりながら、
K/Lから頼ってきた人3人を連れて、
ランナーへゴルフに。

そのランナーで、39-39と、
今年初めての70台で回ることができました。
2バーディ、9パー、1ーOBでした。
この前の102叩きへのリベンジです。

ゴルフは不思議に、徹夜だったり、
二日酔いだったり、病み上がりだったりのほうが、
スコアは良いようです。
余計な力が入らず、注意力が散らないからでしょうか。

もっとも、78点といっても、きょうは水曜日。
午前中は、競馬場の中の第3コースしか回れません。
第1+第2に比べて距離が短く、6232ヤードしかないので、楽です。
ランナーの苦手な人はまずNo.3コースからどうぞ!

d0159325_12144586.jpg

ランナーはグリーンが転がらず難しいので、
出だしが肝心です。
きょうは、出だしで長いパーパットが
入って調子に乗れました。

最初に3パットした時でも
すぐ回復する力をつけたいものです。

パットは、ここランナーの転がらないグリーンでは、
「不良の気持ちで打つ」(慎重にていねいにならないということ)
のが良いようです。
[PR]
by ucci-h | 2008-01-23 21:36 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
ゴルフの禁じ手「オリンピック」
ゴルフはそれだけで楽しい。
握ったり、かけたりは基本しない。

でも、どうしようもない時の劇薬として使える。

「オリンピック」というワンパットを競う握りがある。

グリーンに乗ったらうまいもへたも皆同じということで成り立つ。

しかし本当はうまいも下手もあるのだ。攻め方で・・。

私は5年ほど前からオリンピックはよほど受けざるを得ない時以外は、
やらないできた。もちろんタイでも。
理由は簡単。スコアを無視すれば意図的に勝てるからだ。

昔、自分のショットは絶好調でパーオンが続く。もちろん広いグリーンの
どこかにだ。ところがほかの3人は届かず、手前に並ぶ。
ところがそこからだと、ピンに近づけやすい。
あれーっ、ショットのいいほうが損なんて!
それでやめた。

やむなくやるときは、ニアピン賞と、カラーからは点数半減(四捨五入)で
ややバランスを図る(後者は面倒)。

さて、その劇薬を今回チェンラーイで用いた。

前日は、グリーンオンが2段グリーンの上について落ちそうで
落ちず、バーディパット、パーパットがダボになるケースが3回続いた。

その日も、挽回のはずが、冒頭で、50センチ、1メーターの
パーパットが外れる。きっかけがつかめない。

d0159325_23452768.jpg


不運とへたさが2回、3回と続くと切り替えが難しい。
「パーだったつもりで・・」と言い聞かせても、次のホール切り替えにならない。

そこで、前半のなかばに自分から持ち出したのが禁じ手「オリンピック」。
結果、14ホール中9ホールワンパットで
オリンピックに勝利。あきらめずに切り替えられた。

勝利の理由は簡単。禁じ手なので。

スコアは2ケタに収めることだけ考えて、
あとは、グリーンめがけて思い切り打つ。
グリーンで弾んだり、けられたりして、
多くがカラーや近くに止まる。ほぼイメージ通りになる。

グリーンに乗らなくていいと思うから、
プレッシャーゼロ。
まことにうまく、乗らない。

というわけで、やっぱりこれは禁じ手ですよね。
[PR]
by ucci-h | 2008-01-05 23:41 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
脳はネガティブな指令を実行してくれちゃう
ゴルフは面白いが、難しい。
いや難しいから面白い。

でも、最近は、難しいとか
ネガティブな思考、言葉は
出さないよう努めて、ゴルフに
臨んでいます。
「シンプル、シンプル、やさしい、やさしい」

失敗したからといって、
「何やってんだろう、へただなあ!」
と言っても、自分の右脳に
「自分はへただという」イメージが焼きつけられるだけですので
損だからです。

*****

ゴルフは心技体の3つ。
ことにメンタルが最大過半だと最近ようやく分かってきました。

考えてみるといいです。
「このパット入りそうにないなあ!?」
と言った人のパットはまず入らない。
言葉が脳に焼きつき、脳がそうコントロール
してしまうからです。

ゴルフのレッスン書は数あれど、
ほとんどが技術書。それも人間の感覚を
言葉で表しているので、いくら読んでもほとんど通じません。
歌の「ゴルフ道」ではないが、読めば読むほど
迷うばかりです。

d0159325_1661067.jpg

*****

そういう中で、ゴルフのメンタル面の強化方法を
書いた児玉光雄さんの「あなたのゴルフに奇跡をおこす
~秘密のメンタルノート~」(廣済堂文庫)は薦められます。

私も含め大方のゴルファーが、
心構え、メンタル面のポジティブな持って行き方をおろそかにし、
フォームだのスイングだの考えすぎて
コチコチになり、ミスショットを繰り返します。
それをメンタルにフィードバックするわけですから、
メンタルもたまったものじゃありません。
「ゴミ捨て場じゃないんだぞ!」やっちゃいられませんね。

一度自由にのびのびと、いいイメージだけを
描いて、感性をたよりにゴルフをやってみるといい。
失敗しても、ポジティブに行きましょう。
そしたら、結果80台で回れました。楽な気持ちで。

+++++

考えたら、70台で回ったときは、あまりグリップだの、
スタンスだのフォームだの考えていない。
スコアが良いからあれこれ考えないというより、
最初から、あれこれネガティブなことは考えていない時です。

二日酔いのがんがん頭で余計なことを考えず、
ボールとターゲットだけに集中せざるを得ず、
78で回ったことを覚えています・・・。

すっと立って、もじもじせず、いいイメージしか考えず、
さっと振り切る。
パットもインパクトと転がり。
後、入るかどうかは神様の仕事・・・。

*****

体力はいずれ落ちていく。
技術もそう向上しない。
しかし、メンタル面の強化で
すべきことは、山ほどあると思います。

ゴルフ場に行ったら、
ネガティブ思考、ネガティブな言葉は禁句ですヨ。
ポジティブに、ポジティブに!!
片手シングルの人は、バンカーからバンカーへ入れても、
平気ですね。

自分の脳をおだてたほうが、よいプログラム動作を
してくれます。

さあ、明日も、結果を考えず、
強い心で、右脳をおだてに行こう!!!
[PR]
by ucci-h | 2007-12-25 00:41 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
ゴルフは「飛ばず」「乗らず」「入らず」でいいの!
前々回、日本の秋空の下のゴルフを
楽しんでいることをお伝えしました。

先週金曜日、埼玉のこだまGCで、40-43の83点。
日曜日には茨木の玉造GCで、43-41の84点。

さて、この土曜日、「3度目は崩れる」のハードルを
超えられたでしょうか?

きょう土曜日は、近くの大宮市の錦が原ゴルフ場。
昨日の雨も上がって、空には高い絹雲。
(日本の秋はいいなあ!)


ここは平らだが距離があり、何よりも、とげとげの
高麗グリーン。曲がらない、転がらない。
日本でもベントが増えたので、高麗は苦手だあ。


スコアをまとめるには、ショットが失敗したときに
心に生じる黒い雲を早く消すことが大事です。

で、きょうは、結果、43-42の85点で
なんとか80点台なかばでまとめられました。
乾杯!


ダブルボギーが計5個ありましたが、
グリーン周りから、乗らず、寄らずの2パットでしたので
やむを得ません(そこに至るまでは良かったと、ポジティブ思考)。

d0159325_0514721.jpg

スコアをまとめる秘訣(?)を、
忘れやすい自分のためにも記しておきます。
きょう意識したのは、以下の考え方です。

「ゴルフは、飛ばず、乗らず、入らず」・・・
それが残念じゃなくて、それが普通。
あたりまえ、という考えです。

それを前提に組み立てていこう、ということです。

だって、飛んで、乗って、入る」なんて、へたっぴいには、
たまに起こることでしょ。いつもそうならプロです。

飛ばず、乗らず、入らずが、普通でしょう!?

すると気が楽になります。

ティーショットの距離は、ヤード数(パー4)の55%で十分。
400なら、220でOK。残りは45%の180。
パーオンにこだわりません。

むしろオンしそこなった時、
「どこら辺が、次に近づけやすいか」
想定しておくのが大事だと思います(きょうはころがし失敗ですが)。


パッティングは、穴に近寄ればいい。
間違うと、入ってくれる、ラッキー!

ゴルフは、「飛ばず、乗らず、入らず」で、かまわないと思います。
(無理すると、ろくなことありませんね)

負け犬根性ではなくて、
確率の高いことを前提に励む方が合理的かなと思います。


さて、4度目の実績を目指そう!
今度のゴルフは、来週金曜日。どこだっけ?
ぎゃっ、水府という茨木のいなかだあ。
[PR]
by ucci-h | 2007-10-20 00:38 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
秋の日本のゴルフのキモチ
「日本にいる間はあまりゴルフはやらない!」
「グリーンフィーは高いし、高速代がけしからんから!」
と、誓ってチェンマイを出てからはや1か月。

ゴルフに忙しーいです!

高く澄んだ空。白い雲。
酷暑にめげなかった芝の緑。
そして、日本のともだち。

金曜日、日曜日と、折からの日本オープン・ゴルフ選手権を
片目で見ながら、コンペに出ました。

金曜日は、埼玉県のこだまゴルフクラブ。
先日関東学生選手権が開かれたパブリックのチャンピオンコース。

2年前の全国学生選手権信夫杯では、今回の日本オープンで
ベストアマをとった池田勇太君のドラコンの位置にびっくり。
私のいいドライビングよりさらに100ヤード近く先でした。

今回は昔の会社のOBのコンペ。
35人出場。

なじみのコースでやさしいキャディさんで
金木犀の香りに包まれ、気持もやんわり。

40-43の83点で、ニアピンももらえハッピー。
家内も97ながら女子のベスグロ。
順位は新ぺリアなので12位、13位でした。


日曜日は、茨城県は霞ヶ浦の北にある玉造ゴルフ倶楽部へ。

昔の金融機関の老若男女13名。10周年記念大会。
何人かとは、3年前にタイのアルパインやタイカントリーに行きました。

秋の日差しの中、かきの葉っぱがきれいでした。
この日は43-41の84点で優勝できました。


2回調子いいと3回目が悪くなるのが世の常、じゃない、悪い癖。

そこで、スコアまとめの秘伝を自分のために記しておこう!

1.乱れたとき気持ちを乱さない。

心に黒い霧が発生するとさらに悪くなるので。
うまい人はバンカートゥバンカーでも平然。
へたなプレーヤーは、自分の運の悪さを嘆く。

2.スコアをまとめるには、アプローチとパットだとは
良く知られています。ここは、キモチの問題が大事だと思います。

d0159325_0233738.jpg

グリーンのパーオンを無理にねらう必要はなし。
狙うなら花道経由のパーオン、または外れても
次が寄せ易い所にねらうべし。ことに長いコースはね。

パッティングは、構えで8割が決まると思います。
構え(方向やアライメント)がいい加減で、不安定だと
手でこねてもだめ。安定したパットの構えを作り上げましょう。


いい時は、何でも言えますね(笑)。

三度目のコンペは今度の土曜日。
近くの錦が原で。平らだけれど距離がある。
さて、3度目のハードルを超えられるでしょうか??
[PR]
by ucci-h | 2007-10-15 00:17 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
ゴルフ最後のあがき
明後日は帰国するので、
ゴルフは今日明日まで。

きょうはひとりでランナーへ。
水曜日。午前中はコース1&2がクローズ。
で、すいています。
競馬場の中のコース3を2回まわります。

ここは何年か前はじめてチェンマイへきて
回ったとき、3バーディをくれたコース。
「チェンマイが私を呼んでいる!!」と
確信したコースです(笑)。

今日気をつけたこと。
昨日と同じく、縮こまらないで
大きく振り送ること。

結果は?
外側のコースと違って大木もなく
プレッシャーの少ないコースですので、

前半は、パー(1バーディ含め)4つの43。
途中池ポチャのあと次にちょろ、シャンクで
ダボ、トリプルと崩れそうになりましたが、
帰国前で後ろがないので、気を立て直しました。

後半はパー5つ(1バーディ含め)。
チョロ、シャンクやらず、ダボなく39。
計82点で回れました。
明日も80台前半で回りたいな。

ゴルフは気持ですね。
気持ちも技術のうちですかね?

上手な人はへましても平然。
僕らのようなへたっぴーは、へますると
かりかり。
ここが違いですね。

d0159325_11473369.jpg

[PR]
by ucci-h | 2007-09-12 23:08 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
80台前半へ復帰
チェンマイへきて80日。
今週の土曜日には日本へ帰ります。

ゴルフの腕を上げる予定が、
8月まで下げどおし、苦しみました。
まあ、原因はいろいろありましたが・・。
帰る前に、少し調子を戻してと必死です・・。

きょうは雨のグリーンバレー。
すいていました。

きょう意識したことは・・、

どうもスイングが縮んでいた。
スタンスがボールに近すぎた
(距離も出ないし、スライスしやすい)。
フォロースルーも、距離が出ないので
引っ張っており、一層距離が出ない・・。

そこで今日は、

①大きく構え、
②お尻(の穴を)突きだし、
③フォロースルーを投げ出すがごとく
(引っ張らない)

d0159325_2333443.jpg


さて、結果は?
成功でした。

前半44、後半は40の84点。
80台前半は来た当座以来です。
パーが、バーディ含め9つとれました。

パターは入りませんでしたが、
ショットがいいとゴルフは
やはり気持ちがいいです。

ドライバー、フェアウエイ、アプローチ・・
みな、3点気をつけて打ちました。

明日明後日しかもうありません。
他にかまってはいられません。

何とかいいショットを定着させて
国へ帰りたいものです。

日本でタイで何やってたのと言われないためにも・・。
[PR]
by ucci-h | 2007-09-12 22:58 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース