カテゴリ:ゴルフの工夫( 102 )
「軽握(けいあく)グリップ」に戻して、久しぶりの70台
たかがゴルフ、

されどゴルフ。

ゴルフは難しい、
思うようにならない。


先週は、コンペが2つあったが、
ともに90台(90と91)に達して
しまった。
スコアよりも内容の悪さに泣けてくる。

悪さにすねてしまったため、
神様にも見放され、賞金にすべて
ニアミスで、何もとれない始末だった。
嗚呼。


ゴルフはもうやめる予定だったが、
きょう再起を期して、再開した(笑)。


近くて(14分)、
安くて(キャディフィー込みで320バーツ)、
すいている(ほぼファランが点々と)、
ハンドン・ゴルフ場へ。

d0159325_19391826.jpg


テーマは、「軽握(けいあく)グリップ」。
計悪じゃない、軽握グリップで、再起をはかる。
グリップを軽く握るのは、片手シングルの人の教え。


軽楽スイングは少し戻ってきたが、
先週の反省点は、力を入れて打ちに行ってしまったこと。
スイングが速くなり、頭も走り、自滅。

グリップを軽く握り
体の芯を残すことを忘れてしまっていた。


今日のハンドン。

この軽く握って振ることを実践。
軽く握って振ると、ちゃんと当たってくれるのか
不安になるが、昨年問題ないことを実験済み。


結果は、軽握グリップが功を奏し、
38+40の78点で久しぶりの70台。

もっとも、ドライバーが2度ほど振りきれずふけたし、
80ヤードのピッチングが2度ほど左右にぶれた。
また、パットが(ハンドンはグリーンが上につけると
難しい)、相変らす球一つ見事に外れ続けたり・・。



ここハンドンは距離もないので、
グリーンのカップ下にうまくつければ
すべてパー以上がとれるはず。

というわけで、軽握グリップに戻り、
70台も出たが、なお課題は多い。
ここならパープレイもできるはず。

やはり攻めを忘れ、守りに入る気合の
弱さが、カップインを逃す。


さあ、10年後のエージシューター目指し、
攻めの精神力を鍛えなおそう。
[PR]
by ucci-h | 2010-06-14 19:29 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
もうひとつのパット練習「とけい」
新しいパッティングの稽古法「とけい」を
5月より取り入れました。

前回述べましたように、
傾斜や、曲がりのきつい「スタードーム」の
練習グリーンでは、
「アンダー60」(短中長距離からのパッティング練習)では、
伸び悩んでいるからです。


球一つの曲がりの違い、わずか一押しの違いが、
○か×になるからです。


そこで、5月より、「とけい」をはじめました。
そんなに目新しいものではなく、
傾斜面のカップの周りに、
時計の文字盤のように、12個ボールを配するのです。

距離は、1.5メートル。
さて、12個のうちいくつ入るでしょう?


5月1ヶ月間に27回やりましたが、
結果は、いまだ進歩が見えません。


d0159325_14545715.jpg


12回打って、半分以下の平均5球しか
カップインしません(泣)。

やはり、下りの微妙に曲がるラインが
難しいです。特に、下りのフックラインの
カップ直前での曲がり方がなかなか読めません。

自分の頭の粗雑さに嫌気がさします。



ボール一つの違いで入らないのが続くと、
炎天下、いらいらしそうになります。
そうすると、次のパッティングがいい加減になりますので、
そこは我慢、我慢。

しかしまあ、屋根のないパッティング練習場で
ひとり炎天下で、全部で2時間ほども続けるなんて、
ゴルフキチガイとしか言いようがありませんね。


しかし、ここまできたら、たとえ何百回かかろうと、
ガテンが行くまで、やるしかありません。


大丈夫、日射病の予防はしておりますので・・。
[PR]
by ucci-h | 2010-06-03 14:51 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
パッティング稽古「アンダー60」の苦闘
また、ゴルフの稽古ネタでごめんなさい。

夏場、チェンマイのゴルフ場巡りに
精を出したため、稽古がおろそかになりました。
ことに、パッティングの進歩が見られません。

パッティングの練習「アンダー60」(2m、5m、10mの
短中長距離パットを6球ずつ2回繰り返す)をはじめて、ほぼ3カ月。
進歩が止まっています。

前半の1ヶ月半、ランナー・ゴルフ場の練習グリーンでは、
順調に平均スコアを縮めてこれました。

しかし、後半、スタードーム・ゴルフのグリーンに
移ってからは、苦戦を続けています。

ランナーの練習グリーンは、上り下りは
ありますが、曲がりはきつくありません。
ほぼ、距離を読めば、余り外れません。
ハーフで30を切ることもできました
(1パット7回、2パット11回、3パット0回)。


スタードームの練習グリーンは、
上り下り、さらに左右への曲がりが複雑に
入り組んでいます。

カップは6つくらい切ってありますが、
それぞれ左右前後からよく確認しないと、
曲がりまで間違えてしまいます。
さらに下りも早いので、気を付けないと
3パットがよく出ます。

というわけで、
後半のスタードームでは、
3か月前の出だしに戻ってしまいました。

d0159325_1134775.jpg


ここまで3カ月、過去ハーフ70回やりましたが、
前半35回の平均は34点まで行きましたが、
後半も入れると、平均は35点近くまで
増えてしまいました。

アンダー60を目標にするどころか、アンダー70に精一杯です。

ううん、スタードームのグリーンは難しい。

構え方、打つスピード、目標地点の定め方、
転がりの良し悪し・・いろいろ考えてしまいます。

さあ、これからの雨季の3カ月、がんばって
改善を目指そう!


「アンダー60」に加えて、
もうひとつ、新たな稽古法を取り入れました。
これによって、微妙な曲がり、
球一つの違いに対処できるようになりたいものです。
[PR]
by ucci-h | 2010-06-02 11:29 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
難しいグリーンの環境に恵まれました
暑い。暑い日が続いています。
昼間、体温の37度を超えてとても暑いなあと思ったら、
ことしは40度を超える日も。日本のお風呂の温度です。
バンコクやチェンラーイ、チェンマイの中でもサンカンペーンの方は
雨が降ったというのに、ここチェンマイ南方のハンドンはまだ。
夕方風が出てきて、さてと思わせるんですが、まだ降りません。

ハンドンのバーン・ワンタンへ引っ越してきて半月。
ようやく落ち着いてきました。
ゴルフの稽古も再開。
北方のVマンションに居た時は、ランナーへバイクで7分。
練習に格好の所でした。
今度はクルマで24分もかかります。 とほほほ。

で、方角を転じて、こちらの近くのゴルフ場から探検。
まず「ハンドン・ゴルフ」。
なんとも田舎っぽくて、安くていい。
クルマで12キロ、14分。9ホールを二度回る。
距離はないが、グリーンが2段だったり、難しい。
ほぼパーオンできるものの、3パットや4パット。
がっくりきて次にOBを打ったり・・。
パットの練習の成果が蒸発してしまった。

で、パッティングの練習は、
空港そばの「スター・ドーム」ゴルフ場へ。クルマで9キロ、14分。
ここは9ホールのコースと練習場が併設されている。
ここの練習グリーンがいい。
本番さながらにアップダウン、スネークラインとむずかしい。

過去1カ月、ランナーで鍛えた「アンダー60」の
パッティング練習。
平均36から34割れの縮小傾向線を
たどってきたが(短中長距離のパットを6球ずつ)、
ここドームの練習グリーンにきたら、いっきょにアップ。
40台も出る始末だ。

d0159325_10293437.jpg

しばらく、ドームでパッティングの稽古、
ハンドンでパッティングの実戦の日々が続きそうだ。
まともにコースに出られる日は、いつのことやら・・。
それにしても暑いなあ。
去年は4月28日に初雨が降ったのに・・。
[PR]
by ucci-h | 2010-04-29 10:21 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
第2回マッチプレー選手権 サンティブリでやまちゃん連覇
チェンラーイは暑い。

チェンマイよりも暑い。

その暑いチェンラーイで

暑い時間にゴルフ。


気温は40度近くに達している。



4月5日月曜日。

チェンラーイの名門「サンティブリ」で、ヤマちゃんとの

第2回マッチプレー選手権。


Hさんがまたもや敵前逃亡したため、

Kさんをいれて3人でプレー。


結果は、やまちゃんの連覇!

d0159325_23222767.jpg


スタートホール、

私が最近のパッティング練習の効果で

バーディーをもぎ取るも、

2番ホール、やまちゃんは残り200ヤードからの

スーパー・オンで離れない。

その後、追いつき追い越され、前半はやまちゃんの1アップ。

8番ホール。やまちゃん7のトリプルに 対し

私は池に2回落とし、8でとられたのが痛い。



後半もやまちゃんのショットのさえが目立つ。

15番、バンカーから残り175ヤードを見事に

乗せられ、勝負がついた。


マッチプレーは面白い。

ちょっとしたことが勝負の分かれ目となる。


スコアも、45+42=87対
     44+44=88で、やまちゃんの勝ち。


私の方は、長いパー4の9番と16番で

今回もパーオンでき、パーが取れたことが救い。



暑さの中での闘いでした。

次回は、アウェーじゃなくて、私のホームのチェンマイで。
[PR]
by ucci-h | 2010-04-06 23:16 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
チェンラーイに来てもしつこくパッティング練習
北の街チェンラーイにきました。

チェンラーイも暑いです。

チェンラーイに来ても
相変わらず飽きずに、アプローチとパッティングの
稽古をしている。
コースも2度ほど回る予定ですが・・。


けさも、旧空港近くの
練習場に行ってきました。
旧空港の広い公園の脇にあります。

土曜の朝なのに、チェンラーイだからでしょうか
(チェンマイもそうかな)空いています。

100バーツで4箱も練習ボールを
もらえます。

ドライビングレンジも200ヤード以上
あるのに、小さな子供が2-3人
クラブで遊んでいるだけです。

そばのグリーンへのアプローチ、
パッティング、バンカーは
もちろん、ただです。

けさは暑いので、アプローチははしょって。
ランナーと違って、芝生が生えているので
その分アプローチは楽です。



パッティング練習の「アンダー60」。
けさは、こちらもハーフ1回(各距離6球ずつ)
しかやりませんでしたが、
なんと、ラッキーにもハーフ28パットと
記録を更新できました。

内訳は、
2m 1パット2回 2パット4回 計10パット
5m 1パット4回 2パット2回 計8パット
10m1パット2回 2パット4回 計10パットの
総計28パットでした。

10mの1パット2回はラッキーでしたが、
3パットが18トライのうち1回もないのが
うれしかったです。

ハーフ30アンダーなんて無理だろうと
思っていたのですが、出てきました。

さらに、しつこく
続けます。

d0159325_17523931.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-04-03 19:39 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
パッティング練習「アンダー60」で、ハーフ29出る
チェンマイは暑くなってきた。

赤シャツ隊が騒いでくれるおかげで
観光客も少ない。


ランナーゴルフ場の練習場。

午前中いつも黙々と、アプローチと
パッティングの練習に
飽きずに励む。


アプローチは、ユックリズムが少し固まり
ましになってきたが、
なかなか1回で、各ヤード(10-50ヤード)を
クリアー(12球中8球以上を寄せる)
できない。

2-3回かかる距離が
よくてもひとつ、ふたつ残る。

はやくすべて1回でクリアーしたいものだ。

構え、リズム、打ち方が固まってくるまで
まだまだ稽古が必要だ。

d0159325_19372741.jpg


パッティングの方も、
3月の34回(1回は、6球ずつ3つの距離から)練習の
平均は34.2パット(ハーフ)。

「アンダー60」への挑戦で見れば、68.4パットと
言ったところだ。

しかし、28日の練習では、「ハーフ29パット」という
最小スコアを出せた。

内容は、2mワンパット4回、2パット2回。
    5mワンパット3回、2パット3回。
   10m        2パット6回という内容だ。

これが繰り返されれば、58パット、アンダー60の達成と
なるが、なかなかそうはいかない。

チャレンジは続く。



稽古の成果は3分の一くらい本番でも出てくる。

きょうもCさんと回って、難しい距離のパッティングを
2-3度決められた。
おかげでマッチプレーを負けないで済んだ(引き分け)。



カップをねらうルーティンが少し固まってき始めた。

さあ、暑いけど空いているゴルフ練習場で
来週も励もうっと!
[PR]
by ucci-h | 2010-04-01 19:31 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
勝負を決めるパッティングの練習25回の成果はありや
アメリカのPGAのゴルフ・ツアーを
テレビで見ている。
今は、マスターズ前のフロリダ・シリーズ。

遼君はじめ日本の選手の活躍も楽しみだが、
トッププレーヤーの素晴らしい技を見るのは楽しい。

ドライバーやアイアンショットはもちろん
すぐれているが、テレビでよく映るアプローチと
パッティングの技のさえがすばらしい。

難しそうなアプローチをよく寄せるし、
長いパットは近づくし、
中距離パットはそう外さないし、
短いパットは確実に決める。



これらのコントロール・ショットが巧みだ。
我々は良くても、プロのスコアより10は
多くたたく。
おそらく、多くはアプローチとパッティングの差だろう。
なぜなら、我々はプロより距離が500ヤードほど
短いから、ティーショットやアイアンの距離の差は
調整されているからだ。


アプローチで5打縮めて、パットで5打少なくすれば、
おそらくコンスタントに80を切れるだろう
(ストローク・ショットでとらぶらないことが前提ですが)。



というわけで、ショットの半分近くを占める
アプローチとパットの稽古に集中している。


本コースでの成果は3回に1回しか
まだ出ていないが、練習をやらないより、安心して
コントロールができるように少しなってきている。

きょう土曜日も稽古に行ってきた。

d0159325_13524935.jpg


パッティング練習の「アンダー60」。
2m、5m、10mから6球ずつ2回やり
そのスコアの合計だ。

59以下がプロ級
60-64が上級
65-69がアベレージ
70以上が初級クラスだ。


以下は前回も含めての記録だ。

3月22日 月曜日 
2m 1パット2回 2パット4回 計10点
5m     3回     3回   9点
10m           6回  12点 総計31点

3月27日 土曜日
2m        2パット6回 計12点
5m 1パット1回     5回  11点
10m           6回  12点 総計35点
 2回目
2m 1パット3回 2パット3回 計 9点
5m     3回     3回   9点
10m           5回 3パット1回12点 総計31点

ここまで2週間半のハーフ25回の得点平均は: 34.4点。
ラウンド換算で68.7点。かろうじてアベレージ・プレーヤーだ。

コンスタントに30-32点を出せるように稽古しよう!

それには、
・ロング10mの3パットを出さないこと(平均1回出している)。
・ショート2mとミドル5mの1パットを、それぞれ3回と2回
(今の平均はそれぞれ2回と1回)に増やす。

そうすると、ハーフでS9+M10+L12=31点がとなるのだ。
そのあと2点どうやって縮めるか(29点を目指す)は、先の課題だ。

そしてもっと実戦的には、今のほぼまっすぐなパッティング・ラインから、
曲がったラインでトライしていくのが大事でしょうね。

ああ、先に課題がある。
だから楽しめるのかな。
[PR]
by ucci-h | 2010-03-27 13:43 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
チェンマイでゴルフの稽古 アプローチはダメ、パッティングはグッド
おとといは、チェンマイに来てから
3度目のゴルフの稽古。
コースよりも練習のほうが面白くなっています。

アプローチを10ヤードごと5種類と
パッティングを短中長距離3種類を
メニューとしています。



アプローチは、
相変わらず10ヤード(2m以内で合格)と
40ヤード(3.5m以内)が不得意。

10ヤードはやさしく思えますが、
エッジで蹴られたり、思ったより転がったりで
難しいです(言い訳)。

40ヤードは、つい振ってしまうと
オーバーする距離。

しかも、これもいいわけですが、
ランナーの練習場は、粘土質の土の上に
草がまばらに生えているライ。
ラフからのいい練習になるのですが、
ちょっとだふると、飛びません。

この日もアプローチはダメ。
各距離で4回チャレンジできるので
(12球中8球以上近寄ればOK)、
なんとかクリアーはできましたが、
出来は55点くらいでした。

d0159325_13412677.jpg


パターの「アンダー60」の稽古は、
この日は時間の関係で、
ワンラウンド(短中長距離を6球ずつ2回)のみ。

1回目
2m 1パット3回 2パット3回        計9パット
5m 1パット1回 2パット5回        計11パット
10m       2パット5回 3パット1回 計13パット
                総計 33パット
2回目
2m 1パット3回 2パット3回        計9パット
5m 1パット2回 2パット4回        計10パット
10m       2パット6回        計12パット
                総計 31パット
1,2回合計 64パット

上出来です。

新しいパッティングが、身についてきました。

ここまでは、3月12日 34+39=73 70に乗せダメ
            33+32=65 OK
      3月15日 36+35=71 ダメ
            33+33=66 OK でした。


アンダー60は、計59パット以下のプロ級が目標です。
そこまで届かなくても、60から64の「アンダー65」を
安定的に出せることを、とりあえず目指しましょう。

パッティング、この日ははなまるでした。
さあ、きょうも稽古に行こう!

所要時間 4時間
経費 ガソリン代 5バーツ
消費カロリー 500kカロリー
[PR]
by ucci-h | 2010-03-21 13:34 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
日本からのボールとパターで最難関を30台
先週、日本からチェンマイに戻り、
ゴルフの練習の合間に、コースも回り始めました。
あの、いやらしいランナー・コースです。

きのうは帰国(?)2回目、80台で回れました。
きょうも、朝早く6時半から散歩も兼ねて。
前半、3つあるコースの中で一番難しいNo1コース。
やたらと木が多く、行く手をふさがれます。

なんとラッキーにも1番から4番まで連続パー。
難しい2番のミドルでパーが取れたのがうれしい。
その後ボギーも3つ出ましたが、最後の最難関の445ヤードのミドル、
ここは2オン可能の右一杯をねらい、長めのパーパットを沈めて、39点。
パット数は13。
No1コースでの30台ははじめてで、うれしい。

勝因は、日本から買ってきたボールとパター。
ボールはカラーボールが欲しかったので、
楽天市場で、キャスコの「スーパーソニックソフト」を。 これがよく飛ぶ。
ふだんロストのしょぼくれボールでやっているせいもあり、普段より、10-15ヤード距離が出る。
10-15といっても、距離の長いランナーのことずいぶん楽になる。

もうひとつは、うん10年ぶりにグリップを変えた記念に買った
テーラーメイドの「スパイダー」パター。
カップに入らなくても、淵に来てくれるので安心して打てる。
やはり先進国のゴルフ用具はいいなあ。

で、後半は?
No2が混んでいたので競馬場の中のNo3。
しかも4人なので、普段のバックティーからじゃなくて、白杭から。
これなら70台だなとほくそ笑んだものの・・・。
ご期待にこたえて、後半は48点も叩いた。

白からだと、距離感が違うので、
コースを外れてのペナルティーが多く出た・・・というのは、言い訳。
前半にいいところが出切ってしまったのでした。
いいですよ、日本からのボールとパター。

d0159325_12471494.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-03-18 13:26 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース