カテゴリ:アジア的な生活( 475 )
タイで小さな幸せ感
思い返すと、それは今年最後のチェンマイの
雨の日だったでしょう。


チェンマイに着いた翌日。
11月21日のことです。
ほぼ一日中降り続いていました。


翌日のゴルフ・コンペに備えて、
朝ランナー・ゴルフ場に行きました。

でも、雨はやまず、ロッカーに預けておいた
荷物だけ引き取って、そのまま帰宅しました。

d0159325_13534474.jpg


クラブハウスから渡り廊下を
荷物を持って歩いていた時です。

背のすらりとした妙齢のご婦人が
傘をさして平行移動していました。

「きれいな人だなあ」と感じました。
「キャディさんかな?」「従業員にこんな人いたかなあ?」

渡り廊下が切れ目にかかった時です。
彼女がさっと傘をさし出してくれました。
「コップンカップ!」ありがとう。
彼女は静かに微笑するだけです。


そして、廊下が終わって、車までの
道のりも傘に入れてくれました。
再び「コップンカップ!」
最後に、にっこり笑ってくれました。

・・・と、文章にするとおおげさですが、
一瞬の小さな出来事。
でも、ぼくの心は3丁目の夕日”以上に
うれしくなりました。


日本では、いつの日か、駅などで
傘にいれてやる習慣が細りましたね。

「見知らぬおじさんには気をつけなさい」
「女性を誘うようで、セクハラっぽいよ」
となってしまいました。

昔はよく、ぼくもいやな親父は避け、
かわいらしい女性に傘をさしてあげた
ものですが・・・。

今回タイにきて最初に味わい、思い出になった
小さなタイでの幸せでした。
[PR]
by ucci-h | 2007-11-27 13:48 | アジア的な生活 | Comments(0)
チェンマイ行き大韓航空便搭乗記
新チェンマイ便り1.

チェンマイ行き大韓航空便搭乗記
2007年11月20日

寒くなった日本を離れ、
チェンマイにやってきました。

夕べ、というより今朝、夜中に着いた時は
24度。今日も26度と日本に比べ暖かい。
言われるほど寒くはない。

もう乾季入りの時期だが、きょうは
午後小雨が降って、窓から見える
ドイステープ山の夕日がきれいだ。


今回のチェンマイ入りには、
冬場だけ仁川から直行便が出る
大韓航空便に乗ってやってきました。

3か月、4か月という長期の
割安往復便は、日本発となると、なかなかないのです。

昨日の午後5時成田発。
早めに行った大韓航空のカウンターは
すいていました。

しかし、荷物が二人でキャディバッグも
含め66キロと26キロオーバーなので、
5万なんぼ超過料金がかかると
(キロ当たり2000円ほどかかるのか)・・・。

前回、シンガポール航空の子会社シルクエアー
でシンガからチェンマイ入りの際、はじめて超過料金を
払わされたので、今回フラッグ・キャリアーと
いえども、警戒はしていたのですが・・・。

私「全日空でもタイ航空でも、フラッグキャリアーで
重量オーバーでチャージされたことはない。大韓航空は、
燃油代が上がったからきびしくなったの?」

姐さん「いいえ、前からです。(声をひそめて)
5キロ程度ならいいのですが、規則ですので・・・」

私「わかりました。減らします!」
ということで、荷物を開けて、重いゴルフボールや
お土産の梅干しその他を出し、機内持ち込み用の
袋につめかえ(結局、総重量は変わらないのですが・・。

姐さん(私のいじらしい姿に同情し)「はい。なお
オーバーですけど、オーケーです。帰りは気をつけて下さい」

原油価格の高騰が止まらず、
燃油サーチャージをとっても、航空会社は
きびしい(旅客もきびしいよ)。

*****

ソウル郊外の仁川(インチョン)空港には
予定より遅れ2時間強かかった。
ここで乗り換え1時間。チェンマイまでも
5時間半の予定をちょっと超えた飛行だった。
油代が高いので、少しゆっくり目の経済速度で
飛んでいるのかしら・・・?

仁川発は午後9時過ぎ。7度。雨の中を
飛び立ち、よく揺れる。外は稲光。スリル満点。

d0159325_1203810.jpg


チェンマイ着は、零時半。
時差が2時間あるから、飛行時間は
5時間半。機内はほどほど埋まっている。

が、不思議な事は・・・、

仁川でチェンマイ行きに乗り換えたのは
我々だけ。日本の人はこの便のことを
知らないので、利用が少ないのかな。

そして、チェンマイ便の乗客はほぼ全員
韓国人。国際線と言うより、まるでチェジュ島行きの国内便みたい。

乗客はどんな人たちなのだろう?
仕事で行く雰囲気の人は少ない。
リタイア組という感じの人も少ない。
40代のおばさんが多い。観光かな?

チェンマイ空港についてびっくりした。


荷物が出てきたら、キャディバッグがどどどど・・。
ハワイに行ってもこんなに出てはこない。
韓国のおばさん達の(おじさんもいるが)ゴルフ・ツアーだ!
すごい。

私の方は荷物をカートに乗せて
さっさと通関。リンゴも見とがめられず無事通過。

いつものように、国内線ロビー方面のタクシー乗り場に向かう。

「遅いからタクシー少ないだろうな。でも一番だから
問題ないだろうな・・・」


しかし、国際空港のあかりは薄暗く、
自動ドアも手で広げて歩く。

向こうから来たタイ人に聞いてみる。
「タクシー向こうにいる?」
「さあ、知らないわ。いないんじゃない」
「・・・・・。コップンカップ(ありがと)」

途中、セキュリティーの係員に聞いてみる。
やはりタクシーはいないようだ。国際便で着いて、
タクシーがいないのは、はじめての経験。
まあ、でもそこはタイだ。マイペンライ。
治安もいいし、街も近い。

だが、セキュリティーの係員が、車を探しに行ってくれたが
いない。彼の友達で車持っているのに電話してくれたが
ダメ。むむむ。


目の前を、大型バスや、「ロイヤルチェンマイ・ゴルフ」と
書いたマイクロバスが韓国人を乗せて、通り過ぎていく。

「何だ、結局この便は韓国のチャーター便みたいなものだ!」

僕らはどうしよう!?

*****

冬場、欧州や日本からよりも、韓国から多くのゴルファーが
暖かいチェンマイに来る。
ツアーでくるから、キャディーフィー
を高く弾むので、僕らは迷惑するが・・・。
そして、ゴルフの予約が取りにくくなる。しゃあない。

しかたないので、ちょうど良く使うタクシーの運ちゃん達の名刺
を入れたホルダーがあったのでそれを渡し、
夜遅くだけど頼むねと、また電話してもらう。

そしてそして、

結局、20分待って、1台来た。

これが、いつもよく使うアピチャットの車だった。
家で寝ていたところを来てくれたのだろう。
日本とタイに別の奥さんをおいて頑張っている
(ヒミツ!)。

ありがとう。ラッキーでした。
いつものビアンブア・マンションまでは、わずか15分。
夜の1時45分でも屋台は賑わっていました。

きょうから、来春までのチェンマイ暮らしが始まります。
[PR]
by ucci-h | 2007-11-20 01:12 | アジア的な生活 | Comments(0)
‘越境汚染’
きょうのNHKの「クローズアップ現代」で
“越境汚染”をやっていた。

我が国で70年代がピークだった
「光化学スモッグ」(窒素酸化物が原因)がこの秋は目立った。

ことに、九州、なかでも自動車や工場の
少ないはずの五島列島で光化学スモッグの
被害が幼稚園児に多く出ているという。


日本国内のNOX(窒素酸化物)発生量は、
ここ20年減ってきているというのに・・・。

元凶は、発展著しい中国大陸。
高気圧に乗って日本列島に発生したオゾンがやってくる。

このままだと、2020年には、日本列島が
基準値以上のオゾンで覆われるとの見通し。
やだなあ!

d0159325_0503480.jpg


防御壁を作るわけに行かないし・・・。
大型扇風機を西に向けてもだめだし・・・。
発生源に減らしてもらうしかない。


タイ王国は、インドからの越境汚染は
まだだが・・。

チェンマイの冬の問題は、
野焼、排ガスによる大気汚染だ。

今度の冬は、キティちゃんのマスクをして歩こう!
[PR]
by ucci-h | 2007-11-05 00:45 | アジア的な生活 | Comments(0)
変わった歯医者さん
チェンマイへ戻る前に
歯医者へ行って、歯の整備をしておこう!

家の近くにある変わった歯医者さんへ行く。
近くと言っても歩いて30分。でも、そう田舎ではない。
途中、歯医者の看板は7つ、8つある。

変わった歯医者さんで看板もなく、
久しぶりなので迷って着く。
常連客(?)が多いので看板もいらないのだろう。

校医もやっている先生なので
予防治療に熱心。

1時間の半分は、会話。
ふつうの歯医者さんにはないことだ。


      *****

歯の写真を見せてもらうと、
歯にプラーグ(歯垢)が付着し、硬く固まる。
自分では巧みに磨いているつもりでも・・。



先生が言っていた。歯磨きはゴルフやスキーと一緒で、
初級、中級、上級があるのだと。

ぼくは、さしづめ初級のようだ。ヘタな部類だ。
歯の根元に斜めに毛先を差し込んでいるのだけどなあ・・。


歯周病菌は、歯と歯茎の間に入り込み、
プラーグで防御壁を作って身を守り、歯を溶かし始めるそうだ。

防御壁が固まったら、歯医者さんでがりがりやっつけてもらう
しかない。

今回がりがり磨いてもらって、見事に除去。きれいになっている。

d0159325_0395531.jpg



歯磨きは、習慣ではなく、“治療”だそうな。
歯ブラシでプラーグを日常破壊しておくそうだ。

固まる前に。
歯ブラシは武器だそうだ。

プラーグが固まっていれば、リステリンのぶくぶくも無駄。

防御壁がなければ、歯周病菌はぶくぶくで簡単に死ぬ。


        *****

聞いた79歳の人の体験談が強烈だ。

30代後半で、歯槽膿漏になり歯がぐーらぐら。
そのまま歯がなくなるかと思われた。

そこから反撃。
歯の磨き方を指導されただけで、79歳まで
27本しっかり。

皆さん、歯は大事。

シングルプレーヤーのようにうまく磨き、
それでもだめなら、年に1回は固まった歯垢をとってもらう。

やりましょうね。
[PR]
by ucci-h | 2007-11-01 00:27 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイの野菜の安全性
チェンマイは住むのにいい街です。
治安は、日本よりいいです。

唯一の問題点は、冬場の大気汚染と
食の安全性の問題です。

蚊には刺されないよう、パクチー等ハーブを
たくさん食べましょう。

食の安全性については、
以前、北タイに住まわれる方が残留農薬の血液検査について
触れられていました。

残留農薬の問題が気になりましたので、
日本の農水省から情報を得てみました。
以下、主なポイントです。

日本からですと、輸入野菜の残留農薬
しかわかりません。

タイは、中国に続いて野菜の輸入に関しては
第2位。年間8万トン。
主な物は、アスパラ、いんげん、えだまめ
だそうです。

5年前、中国から輸入したホウレンソウに
残留農薬基準を超える農薬量が検出され
関心が急速に高まりました。

タイ野菜の生産中心地は、高冷で野菜を通年
栽培できるわがチェンマイ県です。

日本に輸出される野菜はまず問題ないようです。
多くが契約栽培で、輸出事業者から
指定される肥料、農薬が統一供給されているからです。
また、農場も、農薬使用量を最小限に抑える
GAP(適正農業規範)の認証を受けています。

d0159325_011845.jpg

問題というか、わからないのは国内流通向けの
規制ですね。
国内向けも、もちろん、農業協同組合省などにより
指導、管理されているようです。

ことに、2004年、政府は「食品安全年」と定め、
「Qマーク」を導入しました。
安全性を認証するマークですが、みなさん見ていますか?
Qマークのない農産物は輸出できません。

また、ロイヤルプロジェクトで生産される
野菜果物は「ドイカム」ブランドとして、
スーパーなどで売られ、安全性が高いということです。


国内流通の野菜の残留農薬等安全性については
規制はありますが、検査結果はよくわかりません。

チェンマイにも支店があるLCFA(食品農産物ラボセンター)
などに直接、品質の分析結果など聞いたらよいでしょう。

以上、部分的な情報ですが・・・。

輸出向け、Qマーク、ドイカムなどを頼りに
きれいな店で買った方がいいのでしょうかね。

私は、タイの野菜サラダが大好きです。
[PR]
by ucci-h | 2007-10-22 00:02 | アジア的な生活 | Comments(0)
10月17日って何の日?
きょう10月17日は何の日でしょう?

えっ、貯蓄の日?
あなたは銀行、郵貯の人ですネ!

えっ、神嘗祭?
良く知っていますね、古いことを!

金木犀も散り、
収獲の喜びに神に感謝するこの時期、実は・・・

畏れ多くも(畏れ多くもないか)、この日は
わが仲間3人の誕生日です!




Happy Birthday to you!
Happy Birthday to you!
Happy Birthday, Dear Mさん!
Happy Birthday to you!

Happy Birthday to you!
Happy Birthday to you!
Happy Birthday, Dear Oさん!
Happy Birthday to you!

Happy Birthday to me!
Happy Birthday to me!
Happy Birthday, Dear 自分さん!
Happy Birthday to me!

d0159325_0351439.jpg


あずま男にふたりの狂女、じゃない京女・・・
ゴルフのお上手な奈良と京都の方々どす。


「この年になって、今更誕生日祝いでもないよ」
と照れる人もいますが、
誕生日は、いくつになっても、というより
年をとればとるほどうれしいものです。


よくここまで生きてきたなあと自分を
褒めてあげましょう!



あっ、いま息子のお嫁さんから誕生祝いの
電話がはいった。うれしいなあ、かわいいなあ。
[PR]
by ucci-h | 2007-10-17 00:26 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイ在住の人の言葉
チェンマイ在住の人は、みな若くて(精神年齢が)、
元気で、思いやりがあっていいですね。

もっとも、世の中では人に接して、がっかりしたり、
裏切られたりの気持ちになることも多々ありますね。

古いメールをチェックしていたら、
あるタイ在住の人(どこだか忘れましたが・・。
引用元のかた、ご勘弁ください)の
言葉がありました。

d0159325_23555557.jpg


タイ在住のある人の言葉:

「つい先日も尊敬する私のメンター(良き師、助言者)
ともよべる人から、
“人はいつも同じでは無いんですよ。
人は変わるし、そして同一人物が
同時に色々な面を持っているんですよ・・”
と、云われたことがありました。

たまたま何かの理由で、
嫌なところを観てしまった相手を、
‘あ~この人とはダメだ’と
苦手意識を持ってしまっている場合も
多々あるかもしれませんね。

逆に良いなあと思っている人から
意外な面を見せられて、
勝手にナイーブになって落ち込んでみたり・・。

なかなか難しいものです。
一度人間関係も棚卸して考えてみる
必要もあるかもしれません」

人は誰でも、いい面といやな面をもっているはずです。
いい面だけ出せる人がいい人。
逆がいやな人。

みな、できるだけいい面だけみていきたいと思いますが、
いかがでしょう。
[PR]
by ucci-h | 2007-09-23 23:48 | アジア的な生活 | Comments(0)
体重増量作戦!?
日本へ帰ってきて体重の回復を
図っています。

「ええっ、せっかくダイエットしたんじゃないの!?」
と言われそうですが・・・。

写真は、お見苦しいですが、82日間の
サンダル跡、日焼けの戦績です。


d0159325_2344564.jpg



我が家には、「体重体組成計」という
最新鋭の皮下脂肪率などが出る
体重計があります。

タイでの82日間で
体重は4キロ減。

器械に乗ると・・、
体脂肪率は21%、そう悪くない。
骨格筋率や皮下脂肪率は平均。
BMIは(どうでもいいけど)23%。
体年齢は、暦年齢より10歳若いのでオーライ。


でもでも、何か体が頼りない。
ゴルフのボールも飛ばない感じ。

で、筋肉と脂肪のバランスは
崩さず増量作戦開始。

おすしと牛丼徳盛りと、うな重と・・・
おいしいなあ。

明日は、焼き肉とビフテキと・・・。

頑張ろう!
[PR]
by ucci-h | 2007-09-20 23:40 | アジア的な生活 | Comments(0)
チェンマイ82日間
82日間のチェンマイ滞在を終えて
シンガポール経由で
きょう日本に帰ります。
年に7ヶ月はこちらにいる予定ですので
一時帰国!?


ゴルフの最後の日々の復興作戦は、
1日目84点、2日目82点と成功したのですが、
きょうは90点代を打ってしまいました。
なかなか3日と続きません
(帰国支度で疲れたからというのは、
もちろん言いわけです)。

ゴルフ場が、「またチャレンジにおいで」
と言っていました(笑)。


さて82日間のチェンマイ暮らしを
振り返って、滞在費用をまとめて
分析してみました。

お金のことで、人それぞれ違うので、
金額は残念ながらヒミツ。

トップ費用項目は、
1、家賃
2.食費(3食外食および“買食”でした)
3.ゴルフ
4.旅行代(ルアンパバンとチェンラーイに2泊3日)
5.マッサージ

一つ言えることは、
こちらではなるべくぜいたくをしましたが、
物価が安いので(バーツ高はこたえましたが)、
日本に比べぜいたくができました。

ゴルフ、マッサージ、外食など。

d0159325_23234955.jpg



日本へ帰っての楽しみは?
そう、お寿司をぱくつけることですね。


在チェンマイ、在チェンラーイの皆様、
たいへんお世話になり
ありがとうございました!!

また11月にお会いできるのを
楽しみにしています。
[PR]
by ucci-h | 2007-09-14 23:16 | アジア的な生活 | Comments(0)
末娘のバンコクからの手紙
皆さんからチェンマイでお世話になった
末娘がバンコクに数日滞在後、
3日前に
日本に無事帰りました。




特にお世話になった皆さま、
本当にありがとうございました。



          *****

手紙は、バンコクからなぜか1週間
かかりましたが、うれしい、泣かせる
手紙でした。

まず、
来る前は、「チェンマイって何があるの?
まあ、一度行ってみようか」といった
ところでしたが、

手紙には、
「しっかりチェンマイが好きになって帰ることが
できたよ。バンコクの10倍素敵な街だね。
今度タイに行く時はバンコクは素通りして
チェンマイに行くのは確実です。




まあ、お母さんが次回もお父さんに
ついて行ってあげたらの話だけどね(笑)」
とありました。

皆さんのおかげで、チェンマイが
本当に好きになって帰れたようです!!

Mさんの工房で銀の指輪を作らせて
いただいたり、Sさんからディズニーの
ペンダントをいただいたり、Dさんの
ところで無理やりドレスを作っていただいたり、
Cさんのアレンジで象を
気にいったり、はじめてゴルフをしたり・・・
他のところではできない経験をしました。


d0159325_22561535.jpg


続いて、
「タイで一番おいしいのは、
タニン市場のお惣菜と、近くのおかゆやだね」
と、うれしいことを言ってくれます。

           *****

母親あての手紙と並んで、
父親あての葉書も着きました。

「18日間お世話になりました」
(別のアパートに部屋を取るよと
言ったのですが、ずっと一緒に過ごしました)

「まあ喧嘩はするだろうと予想はしたけれど、
思ったより回数が少なかったと思っています」
(うむ)

「お母さんのことを大事に想って、
もっともっとスマートで素敵な振る舞いを
するお父さんになってください」
(ううっ。反省)

「もうこんなに長期の海外旅行を
両親とする機会はないでしょう」
(ううっ、泣き)



「でも、チェンマイが好きになったので
また遊びに行かせてもらいます」
(うれしいなあ)

皆さんありがとうございました!
娘はあさってから今度はフロリダに
行くようで、来年春には就職です。
[PR]
by ucci-h | 2007-09-11 22:26 | アジア的な生活 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース