カテゴリ:アジア的な生活( 495 )
市場原理主義の愚
正月早々、
原油価格が一時、ニューヨークでバレル100ドルをつけた。

100ドル載せは、時間の問題と思っていたが、
下記のフィナンシャルタイムズの記事を読むと、
「あほか!」と言いたくなる。

アングロ・サクソンは、市場経済が一番と思い込んでいる。

生活必需品である石油を投機の対象にすることが
何がいいことか?

実需に裏打ちさぜず、余った資金の行き場は、
金や株ならまだしも、毎日使う油に行かせるなと、言いたい。

原油価格高騰の背景・理由などはあとからどうでもついてくる。

世の中の、日本での、タイでの生活が苦しくなるだけだ・・・。
あほか!

このあとどうなるでしょう?

これにより世界経済は収縮し、原油100ドルは、投機時代の
あだ花となろう。

以下は、原油価格バレル100ドル乗せを
伝える2つの記事です。


d0159325_14413438.jpg

*****


□原油100ドル時代 世界経済、揺らぐ基盤 需要膨張…インフレ圧力

 ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物相場は2日、産油国ナイジェリアの治安悪化を受けて、史上初の1バレル=100ドルをつけ、世界経済にとって未曾有の「原油100ドル時代」が到来した。

中国、インドの急成長にともなう需要増で、今後も原油需給は逼迫(ひつぱく)する見通し。低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)問題に揺れる米国には景気後退懸念が一気に広がっており、原油高が今年の世界経済の大きな不安定要因となるのは必至だ。

 国際指標である米国産標準油種(WTI)の先物価格は、2004年9月下旬に初めて1バレル=50ドルを突破。過去1年では71%上昇し、2000年以降3倍に膨らんだ計算だ。

 2日の価格を100ドルの史上最高値に押し上げた直接の引き金は、石油輸出国機構(OPEC)メンバーで世界8位の輸出国ナイジェリアの産油拠点、ポートハーコートで1日、反政府武装組織が警察署やホテルなどを襲撃し、これが減産に直結するとの懸念が高まったことだ。


□“高騰”仕掛け人は1人

 3日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、原油先物相場を1バレル=100ドルに押し上げたのは小規模な取引を仕掛けた1人のトレーダーだったと報じた。

 市場関係者によると、この人物は仲介業者ABSを経営するリチャード・アレンズ氏。
2日のニューヨーク・マーカンタイル取引所で最低売買単位の1000バレルを買ったと
ころ、原油相場は一瞬100ドルに到達したという。相場は直後に99・40ドルに下落。100ドルで取引が成立したのは結局、同氏の1件のみだった。

 仮にアレンズ氏がすぐに原油を売却していたとしても、損失はわずか600ドル(約6万6000円)。調査会社の編集者は同紙に対し「1人のトレーダーが、たった600ドルの損失で、原油100ドルを達成したのは自分だと孫に高言できる権利を購入した」とコメントした。
[PR]
by ucci-h | 2008-01-04 14:34 | アジア的な生活 | Comments(0)
年末に聴く「ユー・レイズ・ミー・アップ」
親ばか風に、
娘が歌っているということで、
セルティック・ウーマンの「ユー・レイズ・ミー・アップ」を
一部ご紹介しましたが、
この歌、コマーシャルの音楽や、フギュアスケートの音楽に
なっていますが、聴くほどにいい歌ですね。

メロディーは、アイルランドの民謡(ロンドンデリー・エアー等)を思い出させるような、
敬虔な祈り、癒しを感じさます。
そのくせ、力強い。

歌詞は、アイルランドの作家が書いている。
以下に歌詞を紹介しておきます。

You Raise Me up  ♪  Celtic Woman

作詞 : Brendan Graham
作曲 : Rolf Lovland

When I am down and oh my soul so weary
When troubles come and my heart burdened be
Then I am still and wait here in the silence
Until you come and sit a while with me

You raise me up so you can stand on mountains
You raise me up walk on stormy seas
I am strong when I am on your shoulders
You raise me up to more than I can be

(以下、2節目の繰り返し)

d0159325_193062.jpg


ーーーーーーー

歌詞は、ちょうどサイモンとガーファンケルの
「明日に架ける橋」のように、
困難に立ち向かってもめげない力強さを
歌っています。

もちろん、この歌は宗教的なものでしょうが、
我々仏教徒にもいろいろな場面を想定させてくれます。

「あなたが私を育ててくれた」という風に
思えば、これは母に対する恩の歌。
母親は「子供を育てたのでなく、人間を育てた」
(かみさんのことば)のですから、やはり強い。


いずれにせよ、困難に遭遇したとき、
強い心で立ち向かうことを歌い上げてくれています。

そう、仕事をこなす人も、ゴルフをやる人も、
めげそうになるとき、この歌を思い出して
ポジティブに立ち上がりましょう。


どうぞよいお年を!!!
[PR]
by ucci-h | 2007-12-29 01:02 | アジア的な生活 | Comments(0)
クリスマス前なのに暑い
昨年12月半ばにチェンマイに来た時は、
肌寒くて、毛布をもう一枚借りたり、
火鉢がいるという話に納得、
熱いコーヒーを飲んでいた。




今年、11月下旬に来た時は暑く、
部屋のクーラーを3-4日つけた。
その後は、徐々に涼しく、
「今年もクリスマスは寒いだろうな」
と、思わせた。

しかし、しかし、クリスマス前なのに、ここ4-5日暑い。
日が落ちても熱い。部屋の高級寒暖計は30度。
クーラーをつけた。涼しい。

d0159325_0371731.jpg




去年は毛布が必要だった。
今年はクーラー。

チェンマイも異常気象??
それとも???
誰か教えて!!!
[PR]
by ucci-h | 2007-12-20 00:31 | アジア的な生活 | Comments(0)
忘れっぽい?怒りっぽい?それって・・
けさ、NHK国際放送プレミアムで
面白い放送をやっていた。

プレミアムは、普通の国際放送より面白いので
入れてと、この夏マンションのマネージャーにラブレターを
書いて、いれてもらったのだのだ。

*****

「忘れっぽくなるのは年のせい?」というのが
テーマ。

答えは年だけじゃない。
生活習慣が大いに影響しているとのこと。

d0159325_19322495.jpg


クイズ形式で進められた。


①年をとると最も出てくる感情現象は何か?

ひがむ?涙もろくなる?ひく?

答えは、怒る!

年をとり脳の活性化が衰えると抑止力が減り、
すぐ怒るようになるそうな。

怒りっぽい人は、脳が減衰していると注意しましょう。
(うしろで、かみさんが、あなたこそ!と)


②脳の不活性化を最も招く日常行為は何か?

テレビの見すぎ?昼寝のしすぎ?

な、なんとパソコンで調べごとをすることだ、と!

つまり、受け身で情報を得るくせがつき、創り出す
ことが減っていくそうだ。

そういえば、パソコンばかり叩いていると
漢字も書けなくなるなあ!


③逆に、日常行為で脳の活性化を促すものはなあに?

家事ですがなんでしょう?掃除?洗濯?

買い物じゃなくて、料理!だとのこと。

理由は、いちばん同時並行処理能力が脳に求められるからだそうな。


④日常の趣味の中で一番脳の訓練にいいのは何か?

読書?絵画鑑賞?

いや、ラジオ番組を聴くことだそうだ。
テレビじゃない。

集中力とか、人の識別など脳が働くそうだ。
そういえば、ラジオを聴くことが少ないなあ。

*****

忘れっぽいとお嘆きのあなた!

その前に・・・

パソコンばかり叩いて覗いてばかりいませんか?
(こういう日記のように創作しているのはいいんですよ)

料理をやっていますか?
奥さんに頼っていませんか?

ラジオを聴いていますか?

ーーーーー

えっ、くだらないって!?

おっと、そう怒るあなたの脳は衰退の兆候ですよ。

怒らない!怒らない!

「怒ると損」と、タイの上座部仏教も教えていますよ。

(怒るときは、おならをするように
人のいないほうへ向けて短時間に放っちゃいましょう!)
[PR]
by ucci-h | 2007-12-17 19:26 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイ語とゴルフ
タイに居て,
タイ語をトライし,
ゴルフをやる。


両方の共通点は:

①どちらもうまくなるには、金と時間がかかる。

②それだけでなく、努力と場数と工夫とセンスが要る。

③どちらもうまくいくとうれしく、そうでないと悲しい。

④どちらもリズムが大切、あせるとダメ。

⑤どちらも本をたくさん読まされる。

⑥どちらもポジティブな気持ちでいかないと、やってられない。




以上ですが、相違点もあります。

d0159325_19221977.jpg

(中西克江さんの絵手紙より)

両者の相違点は:

ゴルフはうまくなったり、下手になったりで進歩が遅いが、

タイ語は、未熟なせいもあり、日々前進あるのみ。


いずれも、めげずに(常にポジティブな気持ちで)、

工夫して(頭を使って)、前進しましょう。


共通点をひとつ、言い忘れました:

いずれも奥が深く、難しいけど面白い。

それと、年のせいかなあ、100覚えて90忘れます。


以上で~す。
[PR]
by ucci-h | 2007-12-17 19:20 | アジア的な生活 | Comments(0)
ときには、つまらない、みみっちい、さみしいお話
浅草に住むリタイアした人で、
こちらで知り合った人。
また私のいるマンションに来るという。

で、部屋の確認やら
夜中につくコリアンエアー便なので
タクシーの手配などもしてやる。

来週来る準備ができたようで
スカイプで確認のやりとりをする。

何かあったらお互い助け合いましょう
ということだったので、
ついでに、私も、持ってき忘れた
虫刺されかゆみ止め薬「ウナコーワ」の小さな
小瓶を買ってきてもらうように依頼する。

d0159325_19112670.jpg



返事は、
「グラム単位で荷物の量をつめているので、
あしからず・・・」と断わりの返事がきました。

「(荷物が大変なことは分かっているので、)
ポケットに入る小瓶をひとつだけ
お願いしたのに。アララ・・」


そのかたがグラム単位の大きさに見えて
とてもさみしく感じました。

チェンマイのある人にも「たかられた」というぐらい
少々ケチなお人とは、知っていましたが・・。

まあ、むりに 付き合わなくてもいいから、
いいか。


でも、かゆみ止め1個で友人をなくす
ことないと思うけどなあ・・・。

それとも、私はただの情報源・便利屋
だったので、もうご用済みなのかな?


重ねて・・・、

年を経てケチなおじさんは
男からみても、さみしいですね。
[PR]
by ucci-h | 2007-12-08 19:07 | アジア的な生活 | Comments(0)
ブミポン国王に親しみを感じる本
きょうはブミポン国王の80回目の誕生日ですね。
おめでとうございます!!!


ブミポン国王はどんな人で、どんな経験を
されてきた人なのかな?

興味はあっても、なかなか記述された
本はありません。


9月にシンガポールでみつけました。
イギリス人の王室へはいったジャーナリストの書いた
「The Revolutionary King」という本です。


たいへん面白い。
ただ王様のプライベートなことが
記述されてあるので、タイでは発禁でしょう。


d0159325_18505061.jpg


民間から来たおかあさんのこと。

眼を傷つけられたこと。

お兄さん国王の暗殺時のこと。

そのお兄さんとのジャズ演奏の楽しみのこと。



よくこの国を守ってきたと感動します。

ブミポン国王のひととなりが垣間見え、
むしろ親しみを感じました。



具体的にいろいろ書きたいのですが、
不敬罪に問われるといやなので、
本の紹介にとどめます。


心躍る本です。
[PR]
by ucci-h | 2007-12-05 18:47 | アジア的な生活 | Comments(0)
チェンマイ・チェンラーイ笑っちゃう話(最終回)
チェンマイ・チェンラーイ笑っちゃう話の最終回です。

きょうは、その3とその4をいっぺんに
ご紹介しましょう。

いずれもタイ人気質が出ていて微笑ましい(!?)。

*****

その3.

チェンラーイのウォーター・フォードのゴルフ場に
着いた時のこと。

Yさんの4駆の後ろには、4つのキャディ
バッグが積み重なっていました。

最初のキャディは、自然に、一番上のキャディバッグを
持っていきました。

ところが、次のキャディさんです。
なぜか、上から取らずに、下からバッグを
むりむり引き出すではありませんか(私の?)。

あれ~?
何でだろう。

向こうの人の解説でわかりました。


キャディさんは、一番チップを弾んでくれそうな
キャディバッグを持っていくんですと・・・。

私のキャディバッグは、「tourstage」と書いてあって、
そういえばみなさんの軽いバッグより高そうに見えたのかな。


で、プレーの終わった後、私は、流れに従い、
皆さんより少々多めに
チップをあげました。

d0159325_23165680.jpg


*****


その4.

その前日、チェンラーイのコック川のほとりのレストランでの
夕食の後です。

「お勘定!」
タイでは勘定を間違えることが多いので
分からないアイテムをボーイに訊きながら、
勘定書きをチェックします。


「あれ~、ビール8本だよね。
9本分ついてるよ」

そこで、ウエイターに1本分直すように
要求。

少したって。来ました、来ましたウエイター君。

小脇に抱え持ってきた新しいビールを1本、
ドンとテーブルの上に置き、
「さあ、どうぞ!」ときたも~んだ。


これってありい・・・???

*****


チェンラーイはチェンマイよりも
もっとのんびりしています。

笑っちゃうお話4本おしまい。
[PR]
by ucci-h | 2007-12-02 23:09 | アジア的な生活 | Comments(0)
チェンマイ・チェンラーイ笑っちゃう話(2)
チェンマイからチェンラーイへ行って
笑っちゃった話。その2です。

チェンラーイの手前にメースワイという
街があります(村かな?)。
そこに日本出身の仙人が住んでいます。
Hさんと呼びましょう。

Hさんは国道沿いに見えない関所を設け、
日本人は寄らないといけないことになっています。

で、チェンラーイ行きの際、お寄りしました。
Hさんは仙人なので霞みを食べて生きていますが、
それでも生身の人間、たまに病気にかかります。

d0159325_22544792.jpg


Hさんが、OO結石を患いました。
命にかかわる病気ではありませんが、
尿管結石などにかかった男性はご存知のように、
石が刺激して、七転八倒の痛みが出ます。

Hさんは、手術が必要かどうか、近くの病院へ行ったそうです。

モー(医者)「手術しますか?痛みがとれますよ」
Hさん「ヤンガイ(どうやるの)?」
モー「尿道から管を差し込みます」
Hさん「痛そうだなあ」
モー「麻酔はしますか?」
Hさん「ふつうやるの?」
モー「ハーシップ、ハーシップです」(50,50です)
Hさん{はあ?」
モー「麻酔する人が半分、しない人が半分です。どうします?」
Hさん(我慢強いHさん、考えた上で)
  「では、麻酔なしでやってください(その程度の痛みなんだ  
   な・・)」

手術室で・・・
Hさん「痛い、痛い、痛い、痛いよ~」
モー「終わりました!」
Hさん「こんなに痛いなら、なぜ麻酔しない人が半分もいるの?
    我慢できるもんじゃないよ!」
モー「麻酔かけない人は、お金がないからです」
Hさん「それ、先に言ってよ!」

(我慢強いHさん、我慢も時と場合で、ほどほどにネ)
[PR]
by ucci-h | 2007-12-01 22:49 | アジア的な生活 | Comments(0)
チェンマイ・チェンラーイ笑っちゃう話(1)
チェンマイ→チェンラーイ。

この車で2時間強、VIPバスで2:45の
間に面白いことが、4つほどありました。

で、ご紹介しますネ。
お仕事のお疲れの合間に、どうぞ!

*****

今回はその1。

日本へ帰る前のことです。
チェンラーイへ帰るSさんが、チェンマイから
同行する私たちのマンションに
朝、迎えに来てくれました。

Sさん「あのー、ここはヴィOOOO・マンションですよね?」
ヴィット君(ここの23歳のガードマン)「チャイ!」(はい)

Sさん(念のため聞く)「ここに日本人のご夫妻で、
ええと、旦那がひげを生やして・・・」
ヴィ(うなずく)。
サ「奥さんが・・・」

すると、ヴィット君すかさず、
ヴィ(両こぶしを耳のわきに上げ、ばっと腕を上げ、上に開く)。
Sさん(彼も了解!)。

これだけでは、何のことかわかりませんね。
片手ならクルクルパーみたいですが・・・。
これには裏話があるのです。

d0159325_22473767.jpg



家内が前回9月、日本へ帰る前に、
試しにこちらでパーマをかけたのです。

市場のそばの、旦那が日本人の美容院です。

家内「ソフトにね。ソフト。ソフト」
美「カオチャイ。カオチャイ」(わかりました。わかりました)
家内「ソフトよ。あくまでもソフトにね」
美「OK。OK」

ずいぶん時間がかかりました。
日本人のお客さんなので、念入りにやってくれたのでしょう。

結果は、「あれえ!?」

そうです、彼女の頭は、まるで火事場から逃げてきたように
ちりじり頭になっていました。

スペシャル・サービスのやりすぎです。

それから、試練の2か月強。

日本でも、「Yさん(家内のこと)、その頭でだいぶ損してるよ」
などと言われてました。

日本で美容院に2度行き、矯正をはかるも効果薄し。

*****

というわけで、ヴィット君、丸めたこぶしをパット、
髪が逆立っている様を見せたのです。

嗚呼!
しかし、しかしです。

再びタイにやってきてから、
洗濯屋さんのとなりのおねえさん
美容院でシャンプー&トリミングをやったら
だいぶすっきりしてきました。

3か月たったので、切リそろえられるようになったのです。
100バーツで改善されました。

その1は、おしまい。

それにしても、ヴィットのやつ、
何ていう適切な仕草をしやがるんだ!
[PR]
by ucci-h | 2007-11-30 22:28 | アジア的な生活 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース