<   2007年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
タイって粋ですね、女性の呼称
タイ軍事政権の末期である12月21日
(総選挙の前々日)、国会にあたる立法議会で、
女性の呼称の改正案が賛成多数で通ったそうな。

http://www.newsclip.be/news/20071226_016982.html

女性をやや低く見る国で、しかも軍事政権下で
こんなことが通るなんて、やっぱAmazing Thailand,
面白いなあ!

タイでは、ミセスは「ナーン」、ミスは「ナーン・サーオ 」
ですが、今後は結婚後もナーン・サーオの
敬称でいいし、離婚してもナーンのままでいいとなります。

どういうことでしょうか?
つまり、結婚していようが、してまいが関係ないという
実態に近づくということでしょうか?

d0159325_121357.jpg


そう言えば、タイ人の好きなミスOOコンテスト。
ミス・ソンクラーンは、ナーン・ソンクラーンですね。
つまり、結婚してても自信のあるおばさんは
出られるということですね!

ああ、このいい加減さがたまらない。
軍事政権は経済音痴だからあまり好かないけれど、
このいい加減さ、ますますタイが好きになります!!


半可通より
[PR]
by ucci-h | 2007-12-30 01:13 | タイ人と日本人 | Comments(0)
年末に聴く「ユー・レイズ・ミー・アップ」
親ばか風に、
娘が歌っているということで、
セルティック・ウーマンの「ユー・レイズ・ミー・アップ」を
一部ご紹介しましたが、
この歌、コマーシャルの音楽や、フギュアスケートの音楽に
なっていますが、聴くほどにいい歌ですね。

メロディーは、アイルランドの民謡(ロンドンデリー・エアー等)を思い出させるような、
敬虔な祈り、癒しを感じさます。
そのくせ、力強い。

歌詞は、アイルランドの作家が書いている。
以下に歌詞を紹介しておきます。

You Raise Me up  ♪  Celtic Woman

作詞 : Brendan Graham
作曲 : Rolf Lovland

When I am down and oh my soul so weary
When troubles come and my heart burdened be
Then I am still and wait here in the silence
Until you come and sit a while with me

You raise me up so you can stand on mountains
You raise me up walk on stormy seas
I am strong when I am on your shoulders
You raise me up to more than I can be

(以下、2節目の繰り返し)

d0159325_193062.jpg


ーーーーーーー

歌詞は、ちょうどサイモンとガーファンケルの
「明日に架ける橋」のように、
困難に立ち向かってもめげない力強さを
歌っています。

もちろん、この歌は宗教的なものでしょうが、
我々仏教徒にもいろいろな場面を想定させてくれます。

「あなたが私を育ててくれた」という風に
思えば、これは母に対する恩の歌。
母親は「子供を育てたのでなく、人間を育てた」
(かみさんのことば)のですから、やはり強い。


いずれにせよ、困難に遭遇したとき、
強い心で立ち向かうことを歌い上げてくれています。

そう、仕事をこなす人も、ゴルフをやる人も、
めげそうになるとき、この歌を思い出して
ポジティブに立ち上がりましょう。


どうぞよいお年を!!!
[PR]
by ucci-h | 2007-12-29 01:02 | アジア的な生活 | Comments(0)
天然露天風呂に2時間
日本はクリスマス。
こちらもキスマス。

日本は寒い。
こちらは寒くない。

先週末、日本の人たちと天然温泉へ。
北タイには60ほどの温泉があるという。

温泉は出るが、
岩盤が固いから、地震は比較的少ないと。


市内から北へ40キロ。
メー・マライから左へ入って
パイ、メーホンソン方面へ。

途中、モック・ファー(霧空)の滝をみて、
計85キロ。
ポン・ドゥアットの温泉へ行きました。


「温泉たって、温泉王国日本からみれば、
たかの知れたもの」、
「どうせ、冷泉しか好まないタイの人の
温泉、ちゃちなものだろう」

この先入観は、覆されました。

d0159325_0564247.jpg



源泉から流れ出る小川のような
温泉のせせらぎ。

そこにちょうど横になれる
自然の湯船が3つ。
上流から熱い、中間、温めと
自然の温度差。


木陰が直射日光をさえぎり、
川面を渡るそよ風が乾いていてさわやか。

日本でもなかなかない天然温泉。
ご婦人がたは、2時間以上ふやけていた。


近くの源泉は90度以上でボコボコです。
温泉の側には、きれいなキャンプ場があります。

途中寄ったモック・ファーの滝には、虹がかかっていました。

嗚呼、極楽!
自然の恵み、ありがとう!
[PR]
by ucci-h | 2007-12-25 00:50 | チェンマイ近郊お勧め所 | Comments(0)
脳はネガティブな指令を実行してくれちゃう
ゴルフは面白いが、難しい。
いや難しいから面白い。

でも、最近は、難しいとか
ネガティブな思考、言葉は
出さないよう努めて、ゴルフに
臨んでいます。
「シンプル、シンプル、やさしい、やさしい」

失敗したからといって、
「何やってんだろう、へただなあ!」
と言っても、自分の右脳に
「自分はへただという」イメージが焼きつけられるだけですので
損だからです。

*****

ゴルフは心技体の3つ。
ことにメンタルが最大過半だと最近ようやく分かってきました。

考えてみるといいです。
「このパット入りそうにないなあ!?」
と言った人のパットはまず入らない。
言葉が脳に焼きつき、脳がそうコントロール
してしまうからです。

ゴルフのレッスン書は数あれど、
ほとんどが技術書。それも人間の感覚を
言葉で表しているので、いくら読んでもほとんど通じません。
歌の「ゴルフ道」ではないが、読めば読むほど
迷うばかりです。

d0159325_1661067.jpg

*****

そういう中で、ゴルフのメンタル面の強化方法を
書いた児玉光雄さんの「あなたのゴルフに奇跡をおこす
~秘密のメンタルノート~」(廣済堂文庫)は薦められます。

私も含め大方のゴルファーが、
心構え、メンタル面のポジティブな持って行き方をおろそかにし、
フォームだのスイングだの考えすぎて
コチコチになり、ミスショットを繰り返します。
それをメンタルにフィードバックするわけですから、
メンタルもたまったものじゃありません。
「ゴミ捨て場じゃないんだぞ!」やっちゃいられませんね。

一度自由にのびのびと、いいイメージだけを
描いて、感性をたよりにゴルフをやってみるといい。
失敗しても、ポジティブに行きましょう。
そしたら、結果80台で回れました。楽な気持ちで。

+++++

考えたら、70台で回ったときは、あまりグリップだの、
スタンスだのフォームだの考えていない。
スコアが良いからあれこれ考えないというより、
最初から、あれこれネガティブなことは考えていない時です。

二日酔いのがんがん頭で余計なことを考えず、
ボールとターゲットだけに集中せざるを得ず、
78で回ったことを覚えています・・・。

すっと立って、もじもじせず、いいイメージしか考えず、
さっと振り切る。
パットもインパクトと転がり。
後、入るかどうかは神様の仕事・・・。

*****

体力はいずれ落ちていく。
技術もそう向上しない。
しかし、メンタル面の強化で
すべきことは、山ほどあると思います。

ゴルフ場に行ったら、
ネガティブ思考、ネガティブな言葉は禁句ですヨ。
ポジティブに、ポジティブに!!
片手シングルの人は、バンカーからバンカーへ入れても、
平気ですね。

自分の脳をおだてたほうが、よいプログラム動作を
してくれます。

さあ、明日も、結果を考えず、
強い心で、右脳をおだてに行こう!!!
[PR]
by ucci-h | 2007-12-25 00:41 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
チェンマイ・ランプーン(現アルパイン)・ゴルフ場
チェンマイ・ランプーン・ゴルフ場は、
チェンマイ市内から東南東へ21キロ、
チークはじめタマリンドなど北タイの木々に囲まれた
趣のある自然の景観をそのまま残した
北タイで古手のゴルフ場です。
フルバックで7022ヤードです。

以前は、ランプーン工業団地の日本人プレーヤーが
多いといわれましたが、
グリーンバレーや新興のハイランド
に食われているようです。やや古臭いので・・。

やはり、ここも冬場は韓国人プレーヤーが多くみられます。
朝7時半、きょうは久しぶりに寒くなったため、池から
もやが立ち上がっていました。

このゴルフ場は、なによりも木々の多さ、
豊かさが特徴でしょう。
木に当たらなければバーディチャンスのホールが、
木にはねられ、下手をすると、9点、10点すぐ出ます。

先日も日本からいらした方をお連れしたら、
「木によく当ったので、ドンマイ、どんまいとキャディから
慰められたよ」と言っていましたが、
木々のトンマイ、トンマイ
を聞いたのでしょう・・(笑)。

d0159325_12423010.jpg

今日は、おとといパイの手前の「ポン・ドゥアット」の自然温泉
に2時間浸かってきたので肩の痛みも取れ、良い調子でした。
それと、C君が紹介してくれた
タイガーウッズのバンカーショットの打ち方を練習したせいで自信があり、
43+42の85で、難コースをこなせました。

このゴルフ場は、このハイシーズン3月まで営業し、
その後半年以上クローズするそうです。
そのせいか、今は以前よりプロモーション並に、比較的安くできます。

オーナーが2ヶ月前に代わり(GVも代わったようですね)、
オフシーズンに全面改装、コース整備し来シーズン生まれ変わるようです。
なにせバンコクのアルバインのオーナーだそうですから・・。

はい、チェンマイ・ランプーン物語はここまで。
[PR]
by ucci-h | 2007-12-24 23:47 | タイのゴルフ場 | Comments(0)
クリスマス前なのに暑い
昨年12月半ばにチェンマイに来た時は、
肌寒くて、毛布をもう一枚借りたり、
火鉢がいるという話に納得、
熱いコーヒーを飲んでいた。




今年、11月下旬に来た時は暑く、
部屋のクーラーを3-4日つけた。
その後は、徐々に涼しく、
「今年もクリスマスは寒いだろうな」
と、思わせた。

しかし、しかし、クリスマス前なのに、ここ4-5日暑い。
日が落ちても熱い。部屋の高級寒暖計は30度。
クーラーをつけた。涼しい。

d0159325_0371731.jpg




去年は毛布が必要だった。
今年はクーラー。

チェンマイも異常気象??
それとも???
誰か教えて!!!
[PR]
by ucci-h | 2007-12-20 00:31 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイの自動車免許、2日で取れました
夫婦で、タメシに、タイの自動車免許を取ってみた。
2日で手に入った。早いなあ~。

タメシという意味は、こちらでは運転しないが
免許証(バイ・カップ・キー)を持っていると、なにかいい気分。

・パスポート代わりのIDになるだろう。
・国立公園などの入場料がタイ人並み(外国人の10分の一)になる場合が多い。
・いざというとき、もちろん運転できる。
・そして、何かかっこいい!?

d0159325_0272917.jpg

原材料は、パスポート上のビザと日本の運転免許証。

ハンドンの南2キロの陸運局(コン・ソン・ハンドン)では、
午後2時まで(8:30-14:00)、免許申請を受け付けてくれる。
2階に国際運転免許(外国人)の窓口がある。

必要なものを1日目に聞いてきた。

①在住証明
②長期ビザまたは観光ビザ
③1か月以内の健康証明
④自国の免許証

なぜか、写真は消されていた。
理由は、最後に判明。

1日目は、その前に領事館(コンスン)に午前中に行く。
家内の在住証明(観光ビザなのでイミグレではダメ)と国内免許の翻訳証明の申請。
私も、国外免許証は10日で切れていたので、同じく翻訳証明を申請。
合わせて、680B×3件=2040B。
領事館が一番費用がかかるのだ。

そのあと、近くのイミグレ(トー・モー)に寄り、
左側の建物で私(長期ビザ所有)の在住証明の必要書類をきいてくる。

・写真2枚
・パスポートのコピー(これは例の後ろのコピーやでOK)
・アパートの賃貸契約書のコピー
・アパート・オーナーのIDカードのコピーとサイン

後ろの2つをアパートに帰り、家主に依頼する。
家に帰る前に、ラム病院により、ビザ取得の時と同じように
15分ほどかけて簡単な健康診断。診断書100B、2枚。
----------

2日目(順番を間違えないように・・)

アパートからの書類を持って出かける。
まず、イミグレ(8:30-16:30)へ行って、在住証明申請。
午後受け取れる。無料なのだ。イミグレなのに優しい。

1時半、領事館へ行って、3通の証明書類をもらう。
そして、ただちに陸運局へ!
きのうの窓口で書類提出。
日本の免許証のコピー、下へ行ってとってくる。

待つこと少し。
目と動作の検査。
色盲チェック、視界検査とペダル反応動作検査、遠近バランス検査。
おもしろい!

その後待つこと1時間。番号札で待つ。
ようやく呼ばれ、お金を払い、写真を撮る。

自動車免許代105B+写真代100B=205B×2名
安い!ひとり600円で免許が手に入る。
バイクだと55Bだ。

写真をその場で撮る理由がわかった。
撮り終わると、即免許証交付。
コンピュータ処理だ。
日本は、いま即日交付になってるのかな?

ふたりで、真新しい免許証を手にしてにこにこ帰りました。
しめて、交通費抜かして、二人分で2650B。
8割が領事館費用 でした。日本の領事館は、簡単な書類でも高い!

帰りの車で、運ちゃんいわく・・・
「外国人の免許は早いね。タイ人ダメね。
信号とか見ないから、免許きびしいね」
ほんと?
[PR]
by ucci-h | 2007-12-19 00:17 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(1)
忘れっぽい?怒りっぽい?それって・・
けさ、NHK国際放送プレミアムで
面白い放送をやっていた。

プレミアムは、普通の国際放送より面白いので
入れてと、この夏マンションのマネージャーにラブレターを
書いて、いれてもらったのだのだ。

*****

「忘れっぽくなるのは年のせい?」というのが
テーマ。

答えは年だけじゃない。
生活習慣が大いに影響しているとのこと。

d0159325_19322495.jpg


クイズ形式で進められた。


①年をとると最も出てくる感情現象は何か?

ひがむ?涙もろくなる?ひく?

答えは、怒る!

年をとり脳の活性化が衰えると抑止力が減り、
すぐ怒るようになるそうな。

怒りっぽい人は、脳が減衰していると注意しましょう。
(うしろで、かみさんが、あなたこそ!と)


②脳の不活性化を最も招く日常行為は何か?

テレビの見すぎ?昼寝のしすぎ?

な、なんとパソコンで調べごとをすることだ、と!

つまり、受け身で情報を得るくせがつき、創り出す
ことが減っていくそうだ。

そういえば、パソコンばかり叩いていると
漢字も書けなくなるなあ!


③逆に、日常行為で脳の活性化を促すものはなあに?

家事ですがなんでしょう?掃除?洗濯?

買い物じゃなくて、料理!だとのこと。

理由は、いちばん同時並行処理能力が脳に求められるからだそうな。


④日常の趣味の中で一番脳の訓練にいいのは何か?

読書?絵画鑑賞?

いや、ラジオ番組を聴くことだそうだ。
テレビじゃない。

集中力とか、人の識別など脳が働くそうだ。
そういえば、ラジオを聴くことが少ないなあ。

*****

忘れっぽいとお嘆きのあなた!

その前に・・・

パソコンばかり叩いて覗いてばかりいませんか?
(こういう日記のように創作しているのはいいんですよ)

料理をやっていますか?
奥さんに頼っていませんか?

ラジオを聴いていますか?

ーーーーー

えっ、くだらないって!?

おっと、そう怒るあなたの脳は衰退の兆候ですよ。

怒らない!怒らない!

「怒ると損」と、タイの上座部仏教も教えていますよ。

(怒るときは、おならをするように
人のいないほうへ向けて短時間に放っちゃいましょう!)
[PR]
by ucci-h | 2007-12-17 19:26 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイ語とゴルフ
タイに居て,
タイ語をトライし,
ゴルフをやる。


両方の共通点は:

①どちらもうまくなるには、金と時間がかかる。

②それだけでなく、努力と場数と工夫とセンスが要る。

③どちらもうまくいくとうれしく、そうでないと悲しい。

④どちらもリズムが大切、あせるとダメ。

⑤どちらも本をたくさん読まされる。

⑥どちらもポジティブな気持ちでいかないと、やってられない。




以上ですが、相違点もあります。

d0159325_19221977.jpg

(中西克江さんの絵手紙より)

両者の相違点は:

ゴルフはうまくなったり、下手になったりで進歩が遅いが、

タイ語は、未熟なせいもあり、日々前進あるのみ。


いずれも、めげずに(常にポジティブな気持ちで)、

工夫して(頭を使って)、前進しましょう。


共通点をひとつ、言い忘れました:

いずれも奥が深く、難しいけど面白い。

それと、年のせいかなあ、100覚えて90忘れます。


以上で~す。
[PR]
by ucci-h | 2007-12-17 19:20 | アジア的な生活 | Comments(0)
日本の病院から外来がなくなる!?
今年も、日本では医者の過労死が増えたと報じられました。
医師不足は深刻になり始めています。
*****

厚生省の判断ミスで、医者を減らし始めて20年
(一時は医師過剰と喧伝されましたね)、
医師不足は地方や遠隔地の問題ではなく、都会の問題と
なってきつつあります。

新潮新書の永田宏という医療情報に詳しい医師が書いた
「貧乏人は医者にかかるな!医師不足が招く医療崩壊」は
読みやすく、データの裏付けもあり、今後の日本の
医療を考える上で好著です。
ーーーーー

衝撃的な予測も載っています。
2025年までには、病院は救急医療と入院専門となり、
外来は受け付けなくなる。外科医は半減する。
また、入院するにも英国のように待機リストが一般的になり、
何ヶ月か待たされるのが普通になる。

初診は診療所へとなってきていますが、
診療所(開業医)も、病院からあふれた年配患者で
パンクするかもしれない。
なにせ、医学部の定員を減らしてきたおかげで、
OECD加盟34か国中、人口千人当たりの医師数は
日本は2人で、世界平均の2.9人の3分の2。
びりから第4位と、とても少ない。しかも高齢化だ。

d0159325_19183433.jpg


今から医師養成をやっても遅い。
医者を輸入するにも日本語の壁がある。
最後の手段は、イギリスがインドなどでやっているように、
患者の輸出。メディカル・ツーリズムとしゃれて言うそうだ。

タイの病院は金持ちのためにある。
タクシン以来30バーツ医療で、貧乏人も行くように
なったが・・・。
チェンマイでは、日本のお客様は歓迎である。
そのうち、輸出患者が来ると混み合うのかなあ。

*****

最後に、世界的な時限爆弾がある。
米国大統領選におけるヒラリーの当選である。
もし彼女が大統領になると、クリントンの時に
できなかった国民皆保険制度に再挑戦する。
成功すれば、米国も金持ちだけでなく、
お金のない人も医者にかかるようになろう。

同じく医師不足の米国は世界中から
医者を厚遇すると集めるだろう。
世界の医師不足は一層強まろう。
メジャーリーグは野球だけにしておいてほしいな。
ーーーーー

タイの平均寿命は日本より短い。
乳幼児死亡率が高いことだけじゃなく、
無理に延命治療をしないからだろう。
死ぬまで元気な人はこちらのほうが多いのでは??

かぜやそこらでやたらに医者に行くなという時代に
日本もなっていこう。
[PR]
by ucci-h | 2007-12-15 19:15 | タイ人と日本人 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース