「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
仏門入り、思いがけずにスタンバイ
本当は今朝から、俗世間と離れているはずだった。


すでに修行のための白装束上下2着も日曜に買ったし、
行く直前に、ワローロット市場で、仏に捧げる11本のハスの白い花と
11本のろうそくと、11本のお線香を買えばいいのだから・・。


昨日日曜日、念のためワット・ラム・ペーンへ電話した。

「明日の朝、7時までに行けばいいのか」と・・・。
そしたら、それはいいんだけど、最低10日間からだと!
「3日間の入門コースがあるって聞いたんだけれど・・」
それは、タイ人のみだって!
「ええっ!?」



「自分のおじいさんは実はタイ人で、
ぼくも少しだけタイ語もできるんだけど・」・・
てなことを言って潜り込もうとも思ったけれど、
正しくないことをしゃべるのは小乗仏教の8つの戒律に触れるのでやめた。


d0159325_21563520.jpg


紹介してくれたタイ人に、瞑想3日コースのあるお寺を
他に探してもらうことにした。月曜日に。

というわけで、きょう月曜日はスタンバイ。
のどの咳も直りきっていないし、なんだか右足の裏が痛いな。

体調を整えろという仏さんのメッセージかな。
ちょうどいいや。



シナリオ通りにいかないのが人生。
そしてタイでの生活は一層、そうである。



誰か、チェンマイで瞑想3日コースのお寺知りませんか?


帰国前に、チェンマイでの自由な時間はあと9日しかないんだけれど・・。


ケサラ・ケサラ・ケサラ~
[PR]
by ucci-h | 2009-03-30 21:50 | 上座部仏教の知恵 | Comments(0)
仏門入りを志す
自分の日記にこう書くことで、
自分を逃げられなくする・・。

ーーーーーー

チェンマイにいて身体活動や
娯楽活動は盛んにやっているが、
精神活動にいささか欠けたところがある。



昨年夏は、小乗仏教について
少し勉強したが、少し独りよがりで
終わったかもしれない。



歳を重ねたので、
少しは精神的に成長していたいのだが、
ガキオヤジの習性がなかなか抜けない。



まあ、それはそれで御愛嬌として、
せっかくタイに暮らしているのだから、
仏門をたたき、精神修養(瞑想)を
やることにした。マジに。



チェンマイの西南にある「ワット・ラムペンRam Poeng)
にはいることにした。
最初だから3日間の泊まり込みだ。




オウム真理教みたいな白装束で瞑想するのは
いやだが、決まりだからしょうがない。
柔道着のようにカラー装束はない。



来週の月曜日か水曜日にはいろう。


d0159325_21481993.jpg


瞑想には2種類あると言われます。

ひとつは自分を見つめ、自分を認識すること。
これが中心になる。

もう一つは、精神集中力を高める瞑想。

後者がうまくいくと、ゴルフで集中力に欠ける時、
「マイ・ミー・サマティー!」というが、
このサマータ(集中力)が
高まることになる。




まあ、3日ほどの入門で身に付くものは
限られるでしょうが、
これが精神修養のきっかけになればうれしい。




この3日間、お酒や音楽はだめなことはもちろん、
人とのおしゃべりや携帯電話もできない。



さてさて、経験者によると、
初日の退屈さに耐えられるかどうかがポイントだとか?

人生2万日以上生きてきて、たった3日など
すぐ経っちゃうと思っているが・・・。



まあ、入門できて、無事帰ってこれたときの
ご報告をお楽しみに!
[PR]
by ucci-h | 2009-03-27 21:39 | 上座部仏教の知恵 | Comments(0)
チェンマイの暑季に降る雨
3月23日。
日本はお彼岸で桜の開花。

チェンマイもゴルフ場に行くと
「さくら・タイランド」が重たそうに大きな花をつけている。
もちろん、花見する人はいない。

d0159325_21391054.jpg

きょうの午後は日差しが暑い。
いよいよ暑季にはいってきた。

花屋の扇風機で飛ばす霧が涼しい。
かき氷もおいしい。

午後遅く、空が曇って水蒸気を含んできた。
風も出てきた。

あれっと思ったら、夜になって、ひと雨やってきた。
うれしい雨。水たまりがうれしい。
空気がきれいになる。
夜空をわたる風がさわやかだ。

バイクで風を楽しみたくなる。
また雨がこないかなあ。

東京も雨だし・・。
[PR]
by ucci-h | 2009-03-23 21:35 | アジア的な生活 | Comments(0)
ラオス、ミャンマー国境の旅(後編)
日本人2人、タイ人2人の
ラオス・ ミャンマー行き当たりばったりの 旅は、
ラオスの2日間を終えて、ミャンマーへ。

いったんタイ側へもどって、
国境の街メーサイからミャンマー(タチレク)へはいる。
なぜなら、ラオスとミャンマーは国境を
接しているものの、ほとんど没交渉だからだ。

ラオスとミャンマーの国境付近には、
銃をやたらに放つミャンマー兵がいるという。
仮に国境が開けていても、それぞれの国に行き来する
理由は少ないだろう。

観光もショッピングもほとんどないし、
物資の交流も少ないだろう。
ミャンマーにわずかにカジノがあるだけだ。

そう見ると、タイランドは先進文明国だ。

メーサイの隠れたレストラン「クンテン(えび踊り)」で
昼食。昼間からバンドが入り、歌を歌っている。

ミャンマーに入るには、外国人は500バーツか10ドルかかる。
タイ滞在延長のために来る人も多く、
ミャンマーにとっては、いい”入場料”収入だ。

タイ側の銀行でドルに換えると、380バーツくらいですむが、
この日、銀行にドルがなく、街のおばさんに換えてもらったら
450バーツかかったので、わずか50バーツだけ割安となった。

もっとも、この入場料のおかげで、タイ人に比べ、入出国が
かんたんだ。

にぎやかなタチレク市場で買い物。

以前は、ろくでもないB級コピー商品ばかりと思っていたが、
時間に縛られず、ゆっくり見ると、
中国経済の発展の成果か、
中国産ものふくめ、けっこういろいろある。

今回は、ビデオがたくさんあった。
日本のドラマシリーズ「女帝」や「アテンション・プリーズ」の全巻。
タイでもまだ封切っていないアメリカ映画「ミルク」や新作「ハンコック」、
また三国志の「赤壁後編」もあった。

私の好きなアメリカの犯罪捜査シリーズもあった。
「CSIニューヨーク」「CSIマイアミ」も全巻あった。
また、「24」のシーズン7もあった。

ビデオは、日本語サブタイトルつきのものもあった。
日本語の無いものは、英語のサブタイトルをチェックできた。

d0159325_2112956.jpg


タチレク市場のことを書いていたら、
ミャンマーのことを書くスペースがなくなってきた。

カジノや首ナガ族を見ても仕方ないので、
3輪車で街中を走る。
舗装が少ない。

家並みもほこりっぽい。
買いたいものもない。
むかしの強国ビルマも
タイより30年近く遅れてしまった感じだ。
タチレクの奥へ?行っても何もない。

というわけで、泊まりはタイ側、メーサイで。
こちらは、商店が並びにぎやかだが、
夜も6時を過ぎるとさみしい。
国境の町の活力が消える。

ただ、チェンマイやチェンライと違うところがあった。
以前、マッサージ屋にはサオサオ(若いコ)はいないと、書いた。
ここだけは違った。
ミャンマーやアカ族出の
かわいらしい子がいるのだ。

あっ、メーサイのお土産屋の1歳くらいのこも
可愛かった。

翌日、ゆっくりとチェンラーイへ戻った。
[PR]
by ucci-h | 2009-03-21 21:01 | アジアのリゾート | Comments(0)
ラオス、ミャンマー国境の旅(前編)
かみさんもおらず、
空気の悪い チェンマイで無聊をかこつ身。

で、かわいそうだと言うので、
チェンラーイ在住のFさんに誘われて
ラオス・ミャンマー5日間ほどの旅に出ました。

日本人2人、タイ人2人の
デコボコ4人旅。
何が起こるか、どこへ行くか、何日居るかは、行き当たりばったり。
タイらしくていい。

北の街チェンラーイから四駆で、ゴールデン・トライアングルのある
チェンセーンへ。
そこで、文化の名残りの昼飯、中華料理を食べおさめて、
国境の街チェンコーンへ。

チェンセーンからチェンコーンへの道が面白い。
山道だが、国を隔てるメコンの流れが臨める。
まるで、長瀞を大きくしたような雄大な渓谷だ。
乾季で空気がぼやけていて、きれいな写真が撮れないのが残念。

チェンコーンの市場で、なぜか生きた魚を買って、
舟で対岸のラオスの街、ホワイ・サイへ渡る。
生きた魚はバーベキュー用とのことだったが、
結局ラオス人にあげちゃったようだ。
ホワイ・サイの街より、タイ側の方が物資が豊かだからだ。

ホワイ・サイではできて3か月の新しいホテルに泊まる。
今では本国ロシアでもなくなったマルクス・レーニンの
写真がロビーに飾ってあって、なにか時代錯誤的でうれしい。

テラスのレストランでビア・ラオを飲んで
まったりと、メコンの夕日を眺める。
タイ側の上空の日は、なかなか沈まない。
ここらは時間がたつのがゆっくりだからかな。
ここらは浅瀬が多く、子供らが水浴びをしている。


夜は少しだけ奥地へ探検に。

といっても街を外れるわけではない。
外れたら何にもないだろう。

ラオス人の友達の案内で、豪華な接待用クラブへ。
掘っ立て小屋のネオンが美しい。
ラオス人はタイ人よりも踊りが好きだ。
カラオケにもきれいな踊りが現れる。

広場の向こう側には、野原の中にVIP席が。
言うなれば離れか。

ラオスの夜は、これまたゆっくりと更けて行った。

d0159325_23175645.jpg


翌日は、午後ラオス内の小旅行へ。

本当はミャンマー国境の滝へ行く予定だったが、
最近やたらとミャンマー兵が銃を放つと言うので
取りやめて、川辺のバーベキューへ。

生きたアヒルを連れて行って、川辺で
ラオス人が見事にさばく。
竹にはさんで、バーベキュー。
ガムのようなあひるの肉を噛んで、ビア・ラオを流し込む。

国境の街はタイの携帯も通じるのだが、
この辺まで来ると、電波が届かないことを確認。

近くの川辺は水がきれいで浅瀬が広く、
子供らのプールでもあり、娘さんらの入浴場でもある。
髪の長いきれいな娘さんが髪を洗い、身体を洗っていた。


夜は皆でラオス人の結婚式に行くという。
ぼくは疲れたので、ホテルでマッサージ。
翌朝聞いたら、たくさん飲まされたそうだ。
やはり踊りが美しかったとか。
痛飲はいやだけど、踊りは見たかったな。

翌朝はタイへもどり、メーサイからミャンマーへ。
続きは後日ね。
[PR]
by ucci-h | 2009-03-18 23:06 | アジアのリゾート | Comments(0)
チェンマイに乾季の慈雨
きのう3月17日。

チェンラーイ、サンテブリの朝は、妙に蒸し暑かった。
珍しい。雲に水気が含まれている。

夕方チェンマイに戻ったら、少し雨が降ったという。
乾季の雨は、慈雨でうれしい。

3月のチェンマイは、空気が汚れていてほこりっぽく
さえないから、とても雨がうれしい。

そして、6日ぶりのチェンマイの夜。

チェンマイの夜に雨が降った。
道が濡れているのがうれしい。
今年初めてだ。
夜中にはトタン屋根をたたいていた。
嬉しいリズム音だ。

2009年3月17日。
嬉しい日だ。

d0159325_233877.jpg

翌朝18日。
空は相変わらずどんよりだが・・・。
でもお湿り感がうれしい。

日本はもうお彼岸か。
[PR]
by ucci-h | 2009-03-18 22:58 | アジア的な生活 | Comments(0)
チェンマイ郊外バイク・ツーリング100キロ
「チェンマイに数か月いて、何してるの?」
そう日本の友人に聞かれて、まじめに答えると・・・、

「ゴルフして、
マッサージに行って、
タイ語勉強して、
ジムに行って、
タイ料理を食べて、
あとはその日の風で気ままに・・・」
となる。

でも、
何か足りないな?

今日は土曜日、家内の誕生日。
一緒にいれば、旅行に行くんだけどな・・・。
そうだ、チェンマイの素晴らしい自然の探索が少ない!

この前、日本の人と、ジェイソン温泉へ行ったけれど・・
(その手前のメー・カムポンの村がよかったな。
ドイサケットの先。朝9時になっても肌寒いんだもの)。

きょうは、思い立って、
チェンマイ郊外周遊バイク・ツーリングに午後出かけた。

チェンマイ市西北西のドイステープ山(1685m)の
周りを、反時計回りにぐるっと一周するツーリング・コースだ。
全長100キロ強。

実は、メーサ・エレファント・キャンプの先の
「ポンヤン・リゾート」のテラス・レストランを
見に行きたかったのだ!

107号線を北へ、メーリムへ向かう。

愛車ドリーム号に愛を込めているので、
ランナー・ゴルフ場までは5分で、また
グリーンバレー・ゴルフ場までは20分で
軽く行ってしまう(今度はGVもバイクでひとっ飛びだな)。

メーリムの街の北を左折し、メーサ象キャンプの
観光道路へ入る。
メーサ象キャンプまでは、35分で来ちゃった。

そして、シリキット女王植物園を過ぎ、
「ポンヤン・リゾート」には40分で着いた。

入口のジャスミンのようなガーデニアのような白い花の
香りがすがすがしい。
テラスからは、滝が見える。
また山の桜も見える。

街から離れ、乾季だが、空気がすがすがしい。

30分ほどビールを飲んで休み、
「さあて、どう帰ろう?」

d0159325_22564235.jpg

この先の周遊道路は、地図で見ると曲がりくねった山道
みたいだし、ガソリンも少ししかない。

「今回は、あきらめて、もと来た道をもどろうか?」
(冒険好きで、無鉄砲なくせに、慎重で臆病なのだ)。

門番のお兄さんに聞いてみた。
お兄さん「この先、1時間半で帰れるよ」
    「道?ここまでと一緒で悪くないよ」
    「油?この先で売ってるよ」
「じゃ、行くか!」

しばらく行くもガソリンスタンドが見つからない。
バイク屋で聞いてみる。
「ちょっと手前だよ。この先にはもうないよ」
戻ってみると、手動式ポンプのガソリン販売屋があった。
60バーツ入れて、やれやれ。

メーサ渓谷沿いに上って行く。
けっこう民家もある。長瀞渓谷沿いみたいだ。
日陰に入ると、半袖の腕がひやっとして気持ちいい。

ほとんど、ギヤを3速に入れて走れる。
時折、2速に、また4速に。
愛車ドリーム号は、
文句も言わず頑張ってくれる。
ビール小瓶1本より安い値段で頑張ってくれる。
思わず、ほこりだらけのボディーに頬ずりしたくなる・・。

乾季なので、山の中だが、空はぼやけている。
山まで来たのにと思ったら、先で山焼きが・・。
元凶は足元にあったか。
道の端まで焼けている。

チェンマイ市街の南、ハンドンまでは、
ポンヤンから結局1時間20分で帰れた。
途中の並木には、あの黄色いぼってりした花が咲いている。


トータル時間3時間。
走行時間2時間半。
お尻が少し痛くなったけれど、楽しかった。

今度は、パーイかチェンダーオまで走るかな。
誰か後ろに乗らない?ただでいいよ。
[PR]
by ucci-h | 2009-03-07 22:46 | チェンマイ近郊お勧め所 | Comments(8)
タイ人の悪口は言いたくないが
タイに住まわせてもらっているので
タイ人のことは悪く言いたくない。
でも、こういうのってやだなというのがたまにある。

きょう某所にバイクを停めた。
ちゃんとした駐車場。駐輪場か。
帰ろうと思ったら、車が外側に1台とまっていて、
あれ、出るのに苦労しそう。
(もっともデパートの駐車場などでは、
車の前に平気で横にとめてある。
動かせばいいのだそうだ)

少し後ろへバイクを動かしたところに、
その車の運転手がやってきた。
日本なら(と考えないようにはしているが・・)
「いやごめんなさい」と軽く会釈ぐらいするところ。

何も言わないで、乗りこむ。呆れて見ていると・・。
さらには、さらには私のバイクの後ろに車を
当て逃げしてそのまま行ってしまった。

バイクには、しっぽなので傷はないが、
車の方が傷ついたんじゃない?

d0159325_18391447.jpg

その、人にあいさつもできない傲慢な顔が記憶に残った。

おっと、挨拶できない人間なら
ランナーゴルフ場にも、日本人でもけっこういたな。
これもやだなあ。

まあ、世の中どんな人種にもいろんな人間がいるから・・。
[PR]
by ucci-h | 2009-03-05 18:32 | タイ人と日本人 | Comments(0)
確定申告はタイで
確定申告の季節です。
いつもは日本に帰って、3月15日までにやっていました。

そのために早めに帰るのもしゃくなので、
今年は、昨年から準備を行ない、きょうこちらタイで電子申告をすませました。

思ったより、スムーズにできました。
ポイントは以下のような点です。

・国税庁のホームページが改良されており、
一連の準備段階がスムーズにできました。

・支払証明書や源泉徴収票、納付証明書などの
コピーを日本にいる家内から郵送で送ってもらい、
数字の記入が簡単にできました。

・所得が低いので、源泉徴収された分、税金は還付となりますが、
電子申告のご褒美、5千円の税額控除には、所得がマイナスなのでかしら、
その分ありつけませんでした。

d0159325_18281815.jpg

桜も、こちらで、1月、2月、3月とヒマラヤ桜や山桜が見られるので、
春に日本に帰る理由が少なくなってきました。
温泉もいい湯があります。
ウナギも寿司も刺身も、こちらのものに満足するようになってきちゃいましたし・・・。
どうしよう?帰る理由がだんだん少なくなります。

でも、4月なかばには帰ります、日本に。
[PR]
by ucci-h | 2009-03-03 18:23 | アジア的な生活 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
最新のコメント
また食べに行ってください。
by ucci-h at 00:06
初めまして 先日から2..
by Hapiness-forever at 22:51
良かったですね!
by ucci-h at 14:04
この屋台群、南側の海鮮屋..
by muga at 17:30
ハンドン・ビッグCのルー..
by ucci-h at 17:20
方角的には、東へとなりま..
by ucci-h at 17:10
以前はBig-Cハンドン..
by muga at 21:08
こんばんは、駅から南へ7..
by muga at 20:14
もう3年もタイに帰ってい..
by hitomiffy1531 at 06:45
フェスティバル/トーキョ..
by 黒川知樹 at 13:49
きこさん 何かチェンマ..
by ucci-h at 20:46
日本の天皇陛下のように、..
by 今井 at 16:05
若じいさん 軍事政権で..
by ucci-h at 11:32
いつも楽しく拝見しいます..
by 若じい at 09:46
mugaさん あり..
by ucci-h at 10:33
Takiさん、ありがとう..
by ucci-h at 01:09
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース