「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
雨のチェンマイ郊外をバイクで迷走
今日の午後、一週間ぶりにゴルフに行きました。

少し良くなった背筋痛の様子を確かめかたがたです。
何とかクラブを振れました。

空は一面の雲。
ここ数日雨が降っていないので今日は降るかな?
ラウンド中に少し降られました。



午後5時。まっすぐ家に帰ればいいものを、
この前買った牛肉のおいしさにつられて、再度メージョー方面の
高級食材の「リンピン・スーパーマーケット」へ。バイクで。
ここから、ゴルフ以上のチャレンジが始まりました。


スーパーハイエイを東へ走ると、ぽつぽつまた雨が落ちてきた。
急ごう!
スーパーハイウエイをサンサイで左折できなくて
(ほんとうはメージョー交差点)、その先まで行っちゃった。

Uターンして戻り、サンサイ方面に行くと雨が多くなってきた。
行けども行けども雨ばかりで、スーパーマーケットの姿はない
(道が一つ違っていたのだ)。
ドイサケットまでは行かずにUターン。
途中ひさしのあるところで、日本から持参の高級雨合羽を着用。
すばらしい。
でも中はぬれ鼠。



また走りだすと、雨粒が頬に痛い。
でも、頬が締まってよいだろう。


雨が強くなってきたので、ビーフはあきらめて帰途に着く。

手前の運河沿いの通りをドイステープ方面へ曲がって行く。
雨が強いが、むかし歩いた南アルプスの白谷沿いの渓谷の
大雨を思えば、何の何の!

d0159325_1855112.jpg


としたら、次の交差点の右角に見かけた時計台が見えた。
リンピンがあった!
雨の中、駐車する。
バイクの座席に雨がかからないように、
またヘルメットの内側が濡れないように
座席の上にそっとヘルメットをかぶせておく
(頭いいなあ)。
でも、あとで見たら風で吹き飛ばされていた。


リンピン・スーパーに駆け込む。
ぎゃあ、寒い。
普段でも寒いのにぬれ鼠、ビールを濡れた布でくるんで
冷蔵庫に入れたようなもの。
歯ががちがちいって10秒と持たない。
通路へ飛び出る。


外は空に穴があいたような大雨。もう6時半。
ちょっとやみそうもないな。
ああ、どうしよ?
銭湯はないかな(あるはずないな)?

マッサージがあった!
「寒いから温めて」とおばさんに頼んで、1時間フットマッサージ。
この間、雨が小ぶりになってくれて、衣類が少し乾けば
もうけもの!


1時間たち外は暗くなった。8時に近い。
雨は小ぶりになった。
おばさんからタオルを借りて、タオルを着て、寒いスーパー内へお買いものに。
おしゃれに見えるかな(見えるわけないよ)。
ビーフを買えたぞ!ついでにワインと梅酒も買っちゃえ。


帰りは涼しいチェンマイの街を悠々と帰りました。

えっ、ばかやってるって?
かもね。


でも、こういう小さな冒険の方が、
カラオケ屋でねえちゃんをからかっているより面白いので
しゃあありません。許してね。


さあ、今晩は、ビーフを焼いて、ワインでかぱっと行こうっと!
[PR]
by ucci-h | 2009-07-30 18:41 | アジア的な生活 | Comments(0)
キャディに当たらない歴45日
タイのゴルフにはキャディーがつく。
どういうキャディーがつくかは、宝くじといっしょだ。
いつもの指名キャディでないかぎり、
その場で「あのこがいいとかこの子じゃ嫌だ」などと、
カラオケ屋じゃないから、選べない。

以前、チェンラーイで、4つのキャディーバッグをキャディーが車のトランクから引き出すのに、
見かけのいいバッグから引っ張り出していたのが懐かしい
(いいバッグの持ち主はいいチップをくれるとの発想)。

先月半ば、バンコクのPゴルフ場に駐妻さんたちに連れて行ってもらった時は、
駐妻さんが「サオサオ・スワイスワイ!」とかわけのわからないことを言ってくれて、
おかげで、スタイルのいい若く気の付くキャディーさんに恵まれた
(その節はありがとうね、Cさん、Mさん)。

さて、チェンマイに来て以来、記録が続いている。
ランナーの指名キャディーを除いて、見事に45日間、「はずれ」が続いている。
言っちゃ悪いが容姿に優れず、かつサービスが悪いキャディーにばかり当たっている。

もう心得たもので、ゴルフ場について、3-4人キャディがやってくると、
自分にはたぶんあの子だなとばっちり読めるようになった(涙)。

先日は、ハイランドへ行ったら最悪のキャディに当たった。
容姿はしかたないにしても、サービスがめちゃ悪い。
のろのろ、クラブはすぐ持ってこないし、拭かない。
終わってクラブにクレームに行ったら、「何番だ?」と聞く。
彼女だけじゃない。全員ダメ。
「個人の問題じゃない。クラブの問題でしょう。ちゃんと教育して!」。
ハイランドはコースはいいが、しばらく行かないことにした。

話がそれましたが、キャディに当たらない。
他の同伴者にはよさそうな子がいくのに・・。
はっと思い当った。これは身から出たさびか。
昔、パタヤで10代の可愛いキャディに出会い、
写真を撮ったりいちゃいちゃしたのを家内に見とがめられ、強く叱責された。
このおとがめが今も続いているのかなあ(ゴメンナサイネ、反省しています)。

ああ、それにしても、記録はどこまで伸びるのだろう?

d0159325_13284193.jpg

[PR]
by ucci-h | 2009-07-30 18:30 | タイのゴルフ場 | Comments(0)
ゴルフの練習場,なぜ「サナーム・ダイ」
今回は本格的にタイ語をものにしようと、
まじ、書き方、発音の徹底、口語的表現の習得に
励んでいる(つもり!)。
そうだ、今回の滞チェンマイの目的なのだ・・。

とはいいなが、タイ人が早口でぺちゃくちゃしゃべると
なかなかわからない。
そこでタイ語の個人レッスンを再開した。
今回は「自由会話」。
というとかっこいいけど、要するに
ぺちゃぺちゃしゃべってもらい、ヒヤリング力を
高める狙い。ときどき僕から質問を入れる。



話題は自由だが、自然に食べ物とマッサージとゴルフに行く。
きのうはゴルフ場の話題。

僕「ねえ、ランナーゴルフ場で、練習場ドライビング・レンジのこと
サナームなんとかっていうよね(いつも度忘れが多い)」
先生「そう。何とかいったね(先生もおぼえていない)」


d0159325_18274261.jpg


で、早速キャディに、今ならった「練習する」を用いて
電話で聞いてみる。

ちなみに、タイ語の練習するは、3段階あって面白い。
初心者の練習するは「ハット」。
中級者のうまくなるための練習するは「フック」
そして上級者のさらにうまくなるための練習するは「ソム」(これは語尾を上げる)。


僕(電話)「ねえランナーでさあ、フック・ハットしに行く、ドライビング・レンジのこと、みんななんて呼んでたっけ?」
キャディ「サナーム・ダイ!」(語尾を上げる)
僕・先生「あっ、そうだ!!!」


で、サナームは広場。飛行場やゴルフ場だけど、
僕「ダイってどういう意味、先生?できるようになる所なのでダイ?」
先生「メチャイ(違うわよ)。ほら、タイ人得意でしょ。英語をタイ語風になまらせるの。そして、怠け発音だから語尾は消えて・・・」
僕「えっ、というと・・・??」

先生「そう。ドライビングが、ダイビン、そしてダイに進化したのよ」
僕「にゃるほど!(でも、それって進化かな?退化じゃろうが)」


さあ、背筋痛も5日寝ていたら直ってきたので、サナーム・ダイへ行こう!
[PR]
by ucci-h | 2009-07-30 18:12 | タイのゴルフ場 | Comments(0)
チェンマイで普段食べないものを作ってみよう
背中を痛めゴルフをできないこともあり、
普段食わないものをチェンマイで作って食べてみようと・・・。

高級食材のある「リンピン・スーパーマーケット」へ 。

すてきな非プラスチック食器を買おうと思って行ったものの、
結局、チェンマイ登山生活(チェンマイは標高300メートルあるの
だ)は、外見にこだわらず、中身で勝負と、食べ物のほうに目が行って
しまいました。

チェンマイで高級食材を楽しもう!
といっても、トリュフや高級チーズや高級ワインを買うわけではありません。

先日は、ウナギを買って(もちろん中国産170バーツ)結構うまかった。

きょうは牛肉だ。
タイの牛肉は固くてまずいというが、水牛ぐらいで、牛肉が出回っていないだけだ。


まず、安いところから・・。
チャンクと呼ばれる牛肩ロースを購入。
ついでにハンバーガーも買っておこう。

いずれも冷凍。キロ250ー300バーツ。
百グラム当たり70-85円。
日本の200-300円に比べると安いのだ。

きょうのチャンクの調理は簡単。

切れ目を入れて、塩・コショウを振り、醤油をかけ、サラダを添えて
でき上がり。マッシュポテトを添えたかったな。

今度は高級牛肉にも挑戦しよう。

写真を撮ろうと思ったら、もう2切れ食べちゃったあと。
で、貧相な写真になっちゃった。

d0159325_064367.jpg

(半分食べちゃった後で~す)

お肉は全部で210グラム、52バーツ(150円ほど)でした。

さあ、これからチェンマイへ来て2-3キロ減った身体が少し増えるかな?
[PR]
by ucci-h | 2009-07-27 23:59 | タイでの食 | Comments(0)
中高年男性の自殺率が世界一のニッポン
警察庁から今年前半の日本の自殺者の統計が出た。

毎日100人ほど、日本では自殺者が出ており、

今年はこのままだと年間35,000人、統計上最高値となりそうだ。

また男性の自殺者が全体のなんと72%を占める。



交通事故死は減っているが、かなりの部分が自殺とみなされており、

実際の自殺者はもっと多いだろう。


また、Tさんからお借りした「取締役島耕作」にあるように、

「事故傾性」(慢性自殺)といわれる“死んでもいいや”と自暴自棄の

暮らしの結果の病死まで入れると、どれだけの数に上るのだろう?



警察庁の発表だとなぜか年代別が示されていないが、

40代、50代、60代の中高年男性の割合が高いのが近年の特徴だ。

働き盛りが、経済的苦境やリストラで、老後の楽しみを前に死を選ぶ。

何とも痛ましいことだ。


d0159325_1810856.jpg


厚生労働省の平成15年の統計だと、

40代―60代男性の自殺率が、突出している。

全体の男性自殺者数の62%がこの中高年世代だ。

毎日中高年男性40人ほどずつが死を選んでいる。



ちなみに、世界で自殺率の高い国は、

ロシアとハンガリー、そして日本だ。



ちなみに、2003年のWHO(世界保健機構)の統計によると、

中高年者(ここでは45-64歳)のその国全体の自殺者に占める比率

は、我が日本が、ハンガリーをしのぎ、主要34カ国中第1位(4

4%)だった。


一方タイ王国は、34カ国中32位(19%)と、日本の半分にも及ば

なかった(中高年の自殺割合が低いということ)。


大家族主義で中高年を労わる開発途上国。

教会で失職者を救うキリスト教国。

そのはざまで、「働くしか能がない」と放り出されるニッポン。


こう考えるのは、ひがみでしょうかね。
[PR]
by ucci-h | 2009-07-27 17:55 | タイ人と日本人 | Comments(4)
「グーグル・アース」に、チェンマイの我が家が見えない
パソコン上で「グーグル・アース」を開いて

チェンマイの我がマンションを探した。



お濠の北、ランナーやグリーンバレーにつながるチャンプアック通り、

バスターミナルやタニン市場などよく見える。

しかし、おや?


タニン市場の一本北側のビアンブア通りを追ってみても、

我がマンションは見えない。緑の屋根で目立つはずなのに・・。

ひとつ西側のアパートの赤い屋根は認められる。


d0159325_23565369.jpg


このマンションの土地は開発中のようだ。

ということは、このグーグルのチェンマイのデータベース、

5-6年前以上の古いものということになる。


ちなみに、北朝鮮のピョンヤンの広場を見たら、

まだ先代の将軍様が手を振っていた・・

っていうことはないか。
[PR]
by ucci-h | 2009-07-24 23:51 | アジア的な生活 | Comments(0)
ええっ、バイクの税金が24000バーツ!?
バイクを買って1年たった(走行7000キロ)ので、今後1年分の税金をおさめに行った。

バイク屋で聞いたら、ランナーゴルフ場に行く途中の右側に税金事務所があるという。
そこで払えとのこと。


トヨタやホンダのお店があった。
ホンダのバイクなので、ホンダのお店へはいって、
「Taxを払いたいのだけれど・・・」と聞いてみた。

店員は、しばらくお待ちくださいと言って、少し計算して、紙に書いて持ってきた。
な、なんと24000バーツ!

「冗談じゃない。1年分の税金だよ。これじゃバイクが買えちゃうじゃない!」

結局、店員にはTaxという言葉が分からなかったのだ。
Taxなら分かると思って、パースィー(税金。なんだかゴルフのミドルホールみたい)
という言葉を用意して行かなかった私が悪いのだが・・。


要するに、ホンダのお店なので、中古バイクを売りに来たと思って、査定価額をくれたのだ。
まあ、1年で月々1000バーツほど償却して行く計算かな。

d0159325_23505259.jpg


ようやく誤解が解け、隣のビルの2階の事務所に行って支払った。
表記も言葉も全くタイ語だけなので苦労する。
でもお金をもらうんじゃなくて払うんだから、ノープロブレム。


お昼休みもなくおねえさんたちがのんびり働いていた。
税金150バーツ+強制保険料370バーツ。合計520バーツを払った。

新年度のステッカーは1週間後取りにいらっしゃいと。
[PR]
by ucci-h | 2009-07-23 23:43 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
チェンマイでおいしいラーメンを作れるか
食事は、近くの市場で総菜を買って、カオニャオ(もち米ご飯)で
すませることが多い。

しかし、たまには料理の腕を発揮したい。
なにせ、おふくろも家内も料理の腕は一流、娘はプロの料理人だった
(関係ないか?)。


前回は、味噌汁。
今回は、永年あたためてきたラーメンに挑戦。

ポイントは、キーキアット(怠け者)だから、なるべく手をかけずにベ
ーシックな味で勝負!(というとかっこいいけど、要するに面倒くさく
なく作るのだ)


まず、麺。
かつての日本食レストラン「平和」の奥さんに教えてもらっ
た「馬印のバーミー(中華麺)」。
数ある中華麺の中でも、このもちも ちした食感は最高。
ムアンマイ野菜・果物・肉類市場に出かけ、教
えてもらった店で、一袋購入。
4たまほど入って、9バーツと安い。


次にスープ。
自分で作るほどひま人、いや趣味人ではないので、これは
鶏がらスープをタニン市場で購入。
2回分6バーツ。
長ネギも太め2本22バーツの高級品をついでに買う。



あとは、具だ。

チャーシューとメンマがこよなく好きなのだが・・・。
ムーデーン(チャーシュー)を売っている店は少ない。
メンマはまず見当たらない。
ここは中国ではない、タイ王国なのだ。


スーパーの「トップス」で高級食材をあたることにした。
チャーシューの代わりに「ポ ーク・パストラーミ」。
これを薄切りにしてもらう(結果大成功!)。


メンマの代わりに、タケノコ水煮の細切りを買う。
これもタケノコの香りが出ればよい。
わざわざ醤油・ラー油などで煮ない。
キーキアット(怠けもの)だから・・。



材料がそろった。

あとは、のりを乗せたり、スープを味噌味やしょうゆ味にする手はあるが、
はじめはシンプルに、シンプルに。

で、出来上がりは以下の如く。
ううん、まあいけるぞ。
人さまに食べさすようなものではないけれど、それなりに、それなりに。

d0159325_23414130.jpg


材料費は、一食分、約21バーツ。
人件費、光熱費を除く(笑)。
トップスの高級食材がちょっと高めにした。

でも、売っている高級即席ラーメン(30-50バーツ)に比べれば、安いのだ。
何せ60円ほどなのだから・・・。

さあて、次は何を作ろうかな?
[PR]
by ucci-h | 2009-07-22 23:32 | アジア的な生活 | Comments(0)
対バーツ円高の歩み、今どこに
6月にタイへやってきて、2度ほど、円をバーツに換えた。

1回目は6月半ばバンコクで。

1万円が、3,475バーツほどだった。


2回目は約ひと月後、先週、チェンマイで。

さらに円高場面で、1万円は3,573バーツにもなった。

さらに10万円あたり1000バーツ増えた計算だ。


1万円が3,500バーツレベルにもなるのはうれしい。

2年前の夏、1万円持って行っても3千バーツに届かなかった頃が

懐かしく感じられる。2,700バーツくらいしかもらえなかったなあ。



この2年間のピークからボトム圏まで、1年半で

バーツに対し円の価値が、1万円あたり2,410円から3,800円(TTS)へと、

6割近くも上がった勘定になる。


(TTSは、円から外貨への交換レート)


d0159325_20264187.jpg



景気は悪いし株価はなお安いが、

円高そのものは、タイで暮らすにはうれしい。

ただ、世界的低金利で、預金金利が1%台なのは、さみしい。



背景は言うまでもない。


①ドルに対する円高と、②投機の薄れとタイ経済の落ち込み、タイの政

情不安からのバーツ安との2重奏からだ。


ちなみに同期間、バーツはドルに対しても13.4%下がっている。

バーツに対する円高は、7割が円の対ドル高、3割ほどがバーツの対ド

ル安で説明できる。



この先どうなるのだろう?


米国経済が堅調さを取り戻すと、円高が薄れてくる。さらにタイ経済が

その恩恵を受けるようになると、バーツも魅力を取り戻す。


ちょうど株式市場の予測みたいなものだ。

米国経済の回復次第で、対バーツ円高は終わってゆくだろう。


でも、1万円が3,500バーツなら文句ないんじゃないの、みなさん?
[PR]
by ucci-h | 2009-07-17 20:20 | タイの政治・経済・金融・為替 | Comments(0)
ゴルフ・スイング矯正の勘違い、ヘッドアップだ
ゴルフというのは、その都度、新たな問題と新たな発見がある

面白いスポーツだ。



「軽楽打法」は戻ってきたけれど、

アイアンのばらつきと、ショートアプローチの距離の不安定に

いらつかされてきた。


アイアンは、引っ張りすぎか押し出しすぎ・・・と、

考えていた。フォロースルーの方向を重視しようと。

で、いろいろやったが改善に乏しい。

d0159325_20184529.jpg



ひとりじゃわからない。

韓国人と友達になり、きょうもランナーで一緒に回った。

彼はアプローチがうまい。

彼の一言が効いた。


「アイアン、ヘッドアップ気味ですよ!」

ヘッドを残す!

これだけで、方向性の問題も球筋の問題も、ショートの距離感の問題も

全部氷解した(また問題は出てくるけどね)。



方向性の問題に、頭の残し方があったとは気が付かなかった。


彼のおかげで、難しいランナーの後半(No.2)は40点で回れた。


ああ、ゴルフって勘違いのスポーツなんだなあ!
[PR]
by ucci-h | 2009-07-16 20:11 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新のコメント
また食べに行ってください。
by ucci-h at 00:06
初めまして 先日から2..
by Hapiness-forever at 22:51
良かったですね!
by ucci-h at 14:04
この屋台群、南側の海鮮屋..
by muga at 17:30
ハンドン・ビッグCのルー..
by ucci-h at 17:20
方角的には、東へとなりま..
by ucci-h at 17:10
以前はBig-Cハンドン..
by muga at 21:08
こんばんは、駅から南へ7..
by muga at 20:14
もう3年もタイに帰ってい..
by hitomiffy1531 at 06:45
フェスティバル/トーキョ..
by 黒川知樹 at 13:49
きこさん 何かチェンマ..
by ucci-h at 20:46
日本の天皇陛下のように、..
by 今井 at 16:05
若じいさん 軍事政権で..
by ucci-h at 11:32
いつも楽しく拝見しいます..
by 若じい at 09:46
mugaさん あり..
by ucci-h at 10:33
Takiさん、ありがとう..
by ucci-h at 01:09
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース