<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
アジアの若い力を感じさせる「アジアアマチュア・ゴルフ選手権」
こちらのテレビ「ESPN」で、第2回「アジア・アマチュア・ゴルフ選手権」を連日放映した。
日本では、きょう日曜の深夜1時半にTBSで総集編をやるらしいが・・。

この大会、昨年中国で第1回が開かれ、韓国選手が1位、2位をとったが、
ことしは、埼玉の「霞ヶ関カンツリー」での4日間の開催だ。
この大会、主催は「アジア太平洋ゴルフ連盟」(JGA)もはいっている)だが、
共催は、セントアンドリュースとマスターズのオーガスタ・ナショナルだ。

優勝者は、来年春のマスターズにアマとして出場でき、
1位と2位は、全英オープンの最終予選に出られるという特典がある。
ゴルフ競技をオリンピック種目にして盛り上げていこうという
英米両本山の大きな市場アジアへの視点がある。
スポンサーが今やアジア一の企業ともいえる「サムスン」というところも象徴的だ。

今年は、川越の名門「霞ヶ関カンツリー」(1929年開場)での開催。
霞ヶ関は、我が家から近く、以前プレーしたことがあるが、平らなものの、松の林に
囲まれたきれいだが難しいコース(テレビ映りもきれいだった)。

d0159325_0245059.jpg

初日にテレビを見て驚いた。
アマチュア選手権というより、ジュニア選手権のようだ。
出場25カ国120人だが、みな若いのだ。
それもそのはず、日本の代表の10人(主催国なので6人でなく10人)の
平均年齢は18.6歳。
いまや高校生・大学生の方が社会人より上手なのは常識なのだ。

d0159325_0224482.jpg

優勝は、東北福祉大3年生の18歳の松山英樹君。15アンダーという見事なスコア。
遼君の後輩の杉並学院高校2年の浅地洋祐君17歳は2日目まで首位だったが惜しくも9アンダーで3位。
中学生の伊藤君15歳(昨年の関東アマ優勝)も出ていた。
ジュニアパワーの力を感じさせる。
モンゴルやバングラデッシュの選手がたくさん叩いていたのが、ご愛嬌だった。
[PR]
by ucci-h | 2010-10-11 00:26 | タイのゴルフ場 | Comments(7)
北・北東タイ20ゴルフ場の私的評価ランキング(10年10月現在)
北・北東タイ・ゴルフ場評価私的ランキング(2010年10月再訂版) 

北タイ(チェンマイ、チェンラーイ、ランパーン)および北東タイ(コンケーン)には、
合計20箇所を超えるゴルフ場があります。

この暑季から雨季にかけて、チェンマイ、チェンラーイ、
それとランプーン、ランパーン、さらにイサーン(北東部)のゴルフ場を19箇所ほど回り、
私的評価をして、順位付けしてみました。
もちろん、ゴルフ場は好き嫌いがありますので、
人によって変わってきましょうが・・。

できるだけ客観性に近づけるように、
①コースの状態及び景観を中心に、
②クラブの設備、サービス度も加え、
③大事な料金、
④また混み具合、および
⑤交通の便(各地の市街から)を加味し、
計10項目で、
合計100点満点で、
点数をつけてみました。

これに、全体の印象、
日本からの人に見せたいなどの
印象点も加減して、ランク付けしましたので、
やはり、私的ランキングとなったことをお許しください。

d0159325_20473729.jpg

*****

私的ランキング 評価点・クラス 距離  料金B  交通  スコア
         100点満点  白ヤード CF込み    今回

1 サンティブリ(R) 92点 AA 6437ヤード 1020 14分   87
2 シンハパーク(K) 90点 AA  6211       970  16分   86
3 ハイランド   90点 AA 6287     1050 33分   87
4 ロイヤル・チェンマイ 88点 A  6389     1000 51分   88
5 アルパイン    84点 A    6814  1220  29分  84

6 メージョー   82点 A  6227    1050 35分  87
7 グリーンバレー  82点 A  6680    600M 30分  87
8 クンタン(U)  80点 A  6589     1000  30分   86
9 ランナー    78点 BB 6476      300M 24分  86
10ゴールドキャニオン(U) 78点 BB6666    520  50分   89
 
11 インタノン   76点 BB 6548    900  41分  87
12 ウォーターフォード(R) 76点 BB6458    750  40分  86
13メーモー(A) 76点 BB 6275      500  40分   82
14 デンクーン(K) 76点 BB 6467      650  25分  88
15 レークシティー   76点 BB 6361    500  24分  83

16 ハンドン(9)  70点 B  5951    320  14分  85
17 スタードーム(9) 70点 B  6228     700  14分  91
18 メーコック(R)  62点 C   6610   1000  12分  84
19 マリーナ    60点 C  6438   1000  26分  87
20 ジムカーナ(9) 60点 C  ---     --   18分  –

(R)はチェンラーイ、(U)はランプーン、(A)はランパーン、
(K)はコンケーン、その他はチェンマイ。(9)は、9ホールのゴルフ場です。
ジムカーナだけは最近回っていません。
料金のMはメンバーフィー。その他はプロモーション費用。
交通は、チェンマイは自宅から車で。 その他は市街から。

ーーーーー

{全体の評}

・サンティブリ、シンハパークは、全体にそつのなく、コースレイアウト、コース整備の優れたゴルフ場で、タイ国内でも5指に入るでしょう。

・ハイランド、ロイヤル・チェンマイは、遠方ですが、芝の良さと風景の良さで、上位に入りました。

・アルパイン、グリーン・バレーも、日本からの人を接待したいコースです。

・メージョーは、コースの手入れの良さがチェンマイ一です。

・以外によかったのが、レーク・シティーとインタノン、ゴールドキャニオンでした。レークは安く、インタノンとゴールドキャニオンは将来性を感じさせました。また遠方ですが、クンタンも山に抱かれた美しい景観です。

・9ホールだからとばかにできないのが、スター・ドームとハンドンです。ドームは、けっこうチャレンジングなコースです。ハンドンは距離はありませんが、グリーンが難しく、とても安くできます。

・メーコックとマリーナは、今のところお勧めできません。

また時期を見て随時、評価しなおしていくつもりです。
[PR]
by ucci-h | 2010-10-10 20:52 | タイのゴルフ場 | Comments(2)
チェンマイ便り 親愛なるようやく涼しくなった日本のあなたへ
親愛なるようやく涼しくなった日本のあなたへ

日本も暑かった夏が過ぎようやく涼しくなったようですが、お
元気ですか?こちらも10月の声を聞き、日中は30度を越え
ますが、朝夕はだいぶ過ごしやすくなりました。雨季もあと一
月くらいで終わることでしょう。そのあとは‘寒季’です。

9月の終わりに、はじめて「イサーン」(タイ東北部)にゴル
フ旅行をかねて、5泊6日で生後2ヵ月半のクロちゃん(プー
ドルのオス)を伴にして、ホテルもゴルフも予約なしで、気ま
まに行ってきました。往復1500キロのドライブでした。

d0159325_20324591.jpg

イサーンは土地が肥沃でなく、都会への出稼ぎ者が多い土地と
言われます。ガイヤーン(焙り鶏)とソンタム(パパイヤサラ
ダ)の本場です。

チェンマイから南へ、さらに東のイサーンへの道路は、道幅を
広げるために工事しているところが多く、新興国の息吹を感じ
ます。そのほかの道路はよく整備されており、林の中、
山の中、並木道と変化に富んだドライブが楽しめます。

イサーンの大きな街「コンケーン」は人口16万人と言われま
すが、街の中を片側4車線の道路が通っているのには驚きまし
た。タイは全体の骨格の大きな国です。いまだ昭和30年代の
日本のような町並みですが、そのうち血肉がついてきたら、ず
いぶん立派な町並みの国になるでしょう。

d0159325_20333552.jpg

ゴルフ場もここ2-3年にできたもので、シンハ・ビール会社
が作ったここコンケーンの「シンハ.パーク」ゴルフ場は、コ
ース.メンテナンスが素晴らしく、ロッカーは高級ホテルのよ
うでした。

帰りには、北タイへの玄関口となる「ピサヌローク」の街に寄
りました。古都スコータイの東隣です。ここでの夕食は、有名
な「空飛ぶ空芯采」のお店に行ってきました。空芯采の炒め物
を注文すると、なべで炒めたものを、10メートルくらい離れ
た高さ5メートルくらいの足場の上のウエイターに、夜空の中
、投げ渡すのです。見事なものです。中華風のタイ料理もみな
おいしかったです。

もうひとつは、タイで一番美しいといわれる「ワット・ヤイ」
の高さ3メートルの仏像がこの街の川のほとりのお寺にはあり
ます。タイには美しいお寺や仏像が多いですが、ここの金色に
輝く仏像は確かに見事に美しいものでした。

d0159325_20344533.jpg

クロは、どこのホテルも、高級ホテルではないので、籠に入れ
たまま入室。キャンキャン鳴かないので助かります。何でも食
べて困りますが、ゴルフ場では、キャディやゴルフ場の従業員
に可愛がられました。でも一番喜んだのは、久しぶりに帰って
きたチェンマイの我が家の庭に放され、芝生の上で走り回った
ときでしょう。

5泊6日、ゴルフ5プレー、総費用は、ホテル代、ゴルフ代、
外食代、ガソリン代中心に、15,000バーツ、約42,00
0円ほどでした。

季節の変わり目です。お体大切に!
[PR]
by ucci-h | 2010-10-08 20:35 | アジアのリゾート | Comments(8)
この一工夫で飛距離が伸びた
10月になってチェンマイの気候も過ごしやすくなった。
ゴルフ場も、まだ海外から訪問客が多く来ていないのですいている。
イサーンゴルフ旅行から帰って、今週はなじみのランナー・ゴルフ場へ行ってみた。
やはり他のゴルフ場と比べて格段に難しい。
火曜日に行ったら、3桁にはいかなかったが散々だった。
多くの邪魔になる木、小さくてこぼれてしまう砲台グリーン、
そして転がりにくいグリーン、行く度に跳ね返される。

きょうもさわやかな天気。
ランナーに再びリベンジに出かける。
ドライバーは無理に力んで曲げないように・・。
さわやかな天気でフェアウエイの緑と周りの山々がきれいだ。
すいていたし、気分よく回れる。
好条件に恵まれ、ランナーの1,2番を(木曜日は3つとも開いている)
3時間で、43+43=86で回ることができた。
ランナーでは上出来の方だ。

d0159325_17263229.jpg

そしてきょうは大きな収穫が。
右腕を(左利き)をいっぱい伸ばしてティーショットするよう
心がけたら、ドライバーの距離が伸びたのだ。
ここ1年、軽楽グリップと体重移動である程度の距離は出るようになっていたが、
飛距離にはいまいち不満を持っていた。
右腕をいっぱい伸ばしてスイングするということは
クラブの旋回でフルに遠心力を使っているということだろう。
今までは、正確にミートしようとするあまり、スイング時の右腕に
いまひとつ充実感がなかったものだ。

No1コースの長いミドル、2番ホール(420y)と9番ホール(445y)を
2オンできたのがうれしい。
これからも、スイングの弧をリズムよく大きく長く持っていけるよう
努めよう。忘れないように記しておきます。
[PR]
by ucci-h | 2010-10-07 17:28 | ゴルフの工夫 | Comments(4)
一番興奮するプロゴルフ大会「ライダー・カップ」
プロゴルフのゲームには、マスターズなどメジャー大会が名高いが、
これほど興奮するゴルフ大会は他にないだろう。
それは、「ライダー・カップ」である。

1927年から始まった、2年ごとに開催される米国対欧州の団体戦である。
英米対決で始まったが、ずっとゴルフの本場となったアメリカが勝ってばかりいた。
それが、1985年ごろから欧州が勝つようになってきた。
欧州連合の成立と機を一にするのが面白い。
ライダー・カップの名ライダーは、カップを提供した英国の種商人の名からきているとか。

d0159325_016186.jpg

さて、今回は雨で1日延びたので、きょう月曜日に決着がついた。
タイに居ると、テレビで、タイ語だが、6時間あまりフルに中継してくれるから
うれしい。
3日目の欧州の猛チャージで欧州リードの中で戦われた今日最終日は、
個人戦で12組のマッチプレーだ。
前半は欧州が今日もリード。楽勝かと思われた。
ところが、後半から米国がタイガーやミケルソンの活躍でじりじりつめ、
若手のリッキー・ファウラーのドーミー3ホールをしのぐ活躍で13.5対13.5に
追いついてしまった。残るは最終組。
これもリードしていたマクダウェルが1アップまで迫られる。
しかし、なんとか逃げ切って欧州の優勝。

ウエールズのセルティック・メーナーで行われたこともあり、
観客の「ユーロ、ユーロ!」の歓声がものすごかった。
欧州がひとつになった雰囲気だ。団体戦ならではの興奮だ。

キャプテンは欧州がコーリン・モンゴメリー、米国がペイビンだった。
PGAのツアーで上位に来る選手をじっくり見れて楽しかった。
モンゴメリーは、今年1月のアジア欧州の団体戦「ロイヤル・トロフィー」にも
選手としてタイのアマタ・スプリング来ていた。
ロイヤル・トロフィーも長続きして盛り上がって行ってほしいものだ。
[PR]
by ucci-h | 2010-10-05 00:17 | タイのゴルフ場 | Comments(4)
北・北東タイのゴルフ場:ゴールドキャニオン(ランプーン)再訪
ゴールド・キャニオン・ゴルフ場(ランプーン)再訪

ランプーン方面へ来たついでにゴールド・キャニオンを再訪した。
初回の様子は、以下を見てください。白ティーから6666ヤードと距離がある。
http://uccih.exblog.jp/11453447/

前回は初めてでコースがよくわからず、前半叩いてしまったので、
今回はそれを教訓に慎重に回る。
その結果、前回49を叩いた前半を、42で回れた。

d0159325_1829252.jpg

これなら、後半もと思ったが(前回43点)、昼時で
コーラ2本とパットガパオを腹いっぱい食べたのがいけない。
半分言い訳だが、半分は真実。日本でもハーフ終わってたくさん食べるといけない。
頭に血が回らず、出だし2ホール、打つ方向を間違え、ダボダボと
なってしまった。結局後半は47点を叩いた。計89点。
次回はこれを上回るようにしよう。
今回は忘れてしまっていたが、後半、ずいぶん長いホールがあったなあ。
次回に気をつけよう。

なかなかチャレンジングなコースです。
[PR]
by ucci-h | 2010-10-03 18:30 | タイのゴルフ場 | Comments(2)
北・北東タイのゴルフ場:メーモ・ゴルフ場(ランパーン)
メーモ・ゴルフ場(ランパーン)

チェンマイからだと、ランパーンを10キロほど過ぎたパラートで左折、
そこから20キロほど行ったところにメーモのゴルフ場がある。
英語の案内は皆無で、「サナームゴープ」というタイ語を
たよりに行き着く。
全部でチェンマイから120キロくらい離れているか。日帰りにはちょっと遠い。

プレー費は500バーツだが、近くのリゾートホテル(1泊1200バーツ)に泊まると
半額の250バーツで回れる。
大きな発電所と鉱山がそばにあるが、石灰岩の山が美しく、
コースは、日本やカナダの高原コース風だ。涼しければネ・・。
その分、グリーンは先詰まりで、これも日本風だ。
木々が高く、気持ちの良い景色である。

d0159325_1817336.jpg

初めてなので、白ティー6,275ヤードで回ったが、
ティーグランドからグリーンが見えないのが寂しい。
10番から出たが、行って見てびっくり。
153ヤードの打ち下ろし、水で囲まれた小さなグリーン。
手前の池ぽちゃは癪なので、大きめに打ったら右後ろの池に落ちてダボ。

しかし、打ち上げ山岳コースは日本で慣れているので、
徐々に距離に慣れる。
前半42、後半40で回れた。

d0159325_18183160.jpg

ちょっと遠いが、ランパーン方面へ来たら
寄ってみて面白いコースである。
次は、青ティー6827ヤードから回ってみたい。
[PR]
by ucci-h | 2010-10-03 18:19 | タイのゴルフ場 | Comments(0)
北・北東タイのゴルフ場:シンハパーク・コンケーン・ゴルフ場
シンハパーク・コンケーン・ゴルフ場

2009年にシンハ・ビールにより開かれた新しいゴルフ場。
町の南10キロほどにある。クラブハウスは、チェンマイのアルパインを上回る
モダンな作り。ロッカールームは、高級ホテルのよう。
チェンラーイのサンティブリと同じく、火曜日がスポーツデイ。970バーツ。
コースは、イサーンの平原に、起伏の多いフェアウエイに、池とバンカーが
配されている。こちらのほうが開けているが、サンティブリとよく似ている。

d0159325_1810565.jpg

コースの管理は抜群。フェアウエイの緑が美しい。
初めてなので、白ティー(6,211ヤード)から打つ。
バックティー(黒)は、7,502ヤードもある。

きれいなコースなので丁寧に打っていき、スコアは6番までまあまあだったが、
7番ロングで、3打目を痛恨のシャンク、池ぽちゃで、8点。結局前半は47点。
後半は、1打、1打注意してバーディも取れたので39点。

d0159325_18112135.jpg

ぜひまた来たいきれいなコースである。
タイでも10指にはいるコースになることだろう。
[PR]
by ucci-h | 2010-10-03 18:12 | タイのゴルフ場 | Comments(5)
北・北東タイのゴルフ場:ダンクーン・ゴルフ場(コンケーン)
ダン・クーン・ゴルフ場(コンケーン)

12号線からコンケーンの町に入る10キロほど手前を左へ折れた
いなかに、2008年にできたゴルフ場。周りには何もない。
付属のきれいなホテル(800バーツ)に泊まると、ゴルフは450バーツでできる。

d0159325_1813273.jpg

ゴルフ場は、いかにもイサーンのゴルフ場らしく、平原に開かれたコースである。
白ティーより黄ティーのほうが遠いので、そこから打つ。6,467ヤード。
邪魔になるものは少ない。
けっこうお客は入っていて、タイ人と二人で回る。
前半は42点だったが、後半は最後に黒雲が出てきて
風が強まり、ボールが戻されてしまった。雨にはならなかったが、46点たたいてしまった。

d0159325_1834619.jpg

特に特徴のあるゴルフ場ではないが、イサーンの平原が楽しめる。
コンケーンには、新しくゴルフ場が2つ加わり、計3つとなった。
[PR]
by ucci-h | 2010-10-03 18:04 | タイのゴルフ場 | Comments(3)
北・北東タイのゴルフ場:クンタン・ゴルフ場
クンタン・ゴルフ場(ランプーン)

チェンマイから26キロほどで工業団地のあるランプーンへ。
そこからさらに11号線を22キロほど走るとメーターの町へ。
左折して9キロほど走ると右側に「ガッサン・クンタン」ゴルフ場が現れます。
チェンマイからは57キロほど、道路の反対側のゴールド・キャニオンより
さらに6キロほど遠い。時間的には1時間近くかかる。

クンタン・ゴルフ場は、クンタン山岳公園の懐に抱えられている。
山が見え、川が流れ、蝶が舞うのどかなゴルフ場だ。
プレー費は、平日週末に関係なく、ガッサン・マリーナと同じように1,000バーツだ。
すいている。
キャディさんは、19歳の学生さん。笑顔が可愛い。ここはみなキャディーが若い。

d0159325_17521791.jpg

コースは白ティーで6,589ヤードとまあまあの距離がある。
出だしの池越えの1番。ちょっとひるむが、距離はない。先のクリーク近くまで行った。
コースの手入れは良いとはいえないが、まあまあ。日曜だがすいている。
チェンマイからは遠いけれど、山の懐で気持ちよく回れる。
スコアは、43+43の86点だった。

d0159325_17534784.jpg

こちら方面に来たら、クンタンとゴールド・コースと
1泊2コースが楽しいだろう。
[PR]
by ucci-h | 2010-10-03 17:54 | タイのゴルフ場 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース