<   2011年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧
時代遅れの東海道・関西・山陽本線の旅④最終回
    兵庫の田舎をあとに、最後の宿泊地「美濃太田」へ
ーーー時代遅れの東海道・関西・山陽本線の旅④最終回ーーー

3月28日(月)旅の4日目。あすは、首都圏へ帰還。
兵庫県の山間、佐用町の先輩Kさんの家で一晩お世話になる。
朝は、庭に霜が下りており、寒い。

d0159325_8541165.jpg

姫新線「播磨徳久」駅から、姫路へ向かう。1時間ほど。
きょうは、裏日本の敦賀をめざそうか、はたまた中央本線の
木曾谷を目指そうかと思案したが、寒さであまり元気もないので、
岐阜の「美濃太田」で一泊、あすは東海道で帰ることにした。

摂氏20度を割ると寒く感じるタイから来ると、
4-5度というのはとても寒い。
日差しは春の日差しなのだが・・。

東海道線「岐阜」駅で降りて、昼飯。
青春18きっぷは、途中下車自由。
ここから、高山線に入り、「美濃太田」へ。
木曽川に沿う中仙道の宿場町だ。
高山は行ったことがあるので、行かない。

d0159325_8574330.jpg

駅を降りると、ポルトガル語の標識が珍しい。
きいたら、工場で働くブラジル人が多いそうだ。
岐阜、名古屋に近い。

夕方、自転車を借りて、近くの木曽川を見に行く。
木曽川くだりの日本ラインとかがあるようだ。
夜は、近くの中華屋で食事。

4日も毎日動いていると、さすがに疲れた。
早めに寝た。
明日は、朝の列車で、岐阜に戻り、東海道を東へ戻る。

翌朝。3月29日(火)。
ようやく暖かくなってきた。
桜の開花をテレビが告げている。
東海道本線も日差しが春だ。
興津の街には春の日差し。
でも、停電の影響か、ダイヤは異なっている。

d0159325_8591275.jpg

夕方、東京帰着。
寒い。
東京の電車は暖房が入っていない。
駅のエスカレーターも止まっている。

関西のにぎやかさと暖房がなつかしい。
東京の電車は、すいている。
自粛ムードで、経済は極端に沈んでいる。

このままでいいのだろうか?
相変わらず、原発がこじれている。
さあ、元気を出して、そろそろ経済活動にはいろう、ニッポンよ!
それが被災地のためにもなる。
[PR]
by ucci-h | 2011-03-31 09:00 | アジア的な生活 | Comments(0)
自粛ムード!?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110330-00000018-jij-soci

自粛ムードねえ?

昨日も関西から帰ってきたら、首都圏は冷え冷えと、電車もすいていました。

謹慎・自粛は日本人のメンタリティーなのかな?

他は、一生懸命経済活動して、復興に資するのが筋だと思うけどねえ・・。

都民はそれなりに節電して、すでに遊興消費をおさえているのに、
そうじゃないと知事などは思っているのかな?
照明をがんがんつけて、花見に興じる日本人てそんなに多いのかしら?

自粛といって、乾パン食べて暖房を完全に切り、被災地の人に共感するわけでもないでしょう。
被災地の人が、これで喜ぶわけ?「こちらの状況は、ムードがどうのというなまっちょろいものじゃないよ。自己満足と違うの?」と言いたくなるかもね。

むしろ、被災地の野菜や生産物をプレミアム価格で買ってやろうというキャンペーンでもはるほうがよっぽど気がきいているし、経済的にもメリットがあるし、被災地の人も喜ぶだろうな。

どうもよくわからないな、死なばともに的な日本人のメンタリティー。やたらと精神的支えばかり目立つけど、他にもあるでしょう。

へそ曲がりの半分タイ人より
(写真掲載は自粛しました)
[PR]
by ucci-h | 2011-03-30 12:47 | アジア的な生活 | Comments(6)
時代遅れの東海道・関西・山陽本線の旅③
   謎の「鬼ノ城」に登り、さらに岡山・兵庫の田舎に
ーーー時代遅れの東海道・関西・山陽本線の旅③ーーー

「青春18きっぷ」5日間の鈍行列車の旅3日目。
岡山。

朝8:30、Sさんが車でホテルまで迎えに来てくださる。
3月末なのに岡山は2月のように寒い。
日差しは明るいが空気が冷たいのだ。風はない。

最近脚光を浴び始めた吉備路。
吉備の国は、弥生後期から古代2~5世紀、優れた製鉄技術を持ち、
大和朝廷に統一されるまで、出雲や畿内と並ぶ強国だったと言われる。

またここ備中は、平安時代から、都と西国・唐・朝鮮を結ぶ位置にあったため、
古跡は多いようだ。
岡山県の総社(そうじゃ)の「備中国分寺の五重塔」など、
れんげの里を巡る散策コースが5つ、6つある。
国分寺は、8世紀聖武天皇の命で、全国各地に建てられた。
総本山が東大寺(東京の国分寺は武蔵国分寺)だ。

d0159325_20421548.gif

吉備(きび)の語源については、諸説あるようだ。
例の桃太郎伝説に出てくる「きび団子」。この地方は
黍(きび)が古来よく採れたから、吉備の国。
一方、中国由来の地名が多く、古代、中国から繋ぎ止めておくために
牛の手綱、鼻輪である「羈縻(きび)」という名が冠せられたという説もある。

しかし今日は、車で北に30分ほどの謎の「鬼ノ城」(きのじょう)に行くのだ。
桃太郎伝説の岡山には、鬼にまつわる地名が多いが・・。
細い山道を登っていくと、おわんを伏せたような標高400mの
頂に、謎の山城、「鬼ノ城」の遺跡が広がる。

d0159325_20434586.jpg

70年代に見つかり、90年代に拓かれた新しいスポットだ。
山上まで竹の杖を突いて登るが、距離はない。
ちょうど今も、西のやぐら(西門)が復元され、堀壁が作られつつある。
山上には石畳もある。

山上からは、岡山市や総社町が広がり、瀬戸の島々や
四国の山並みが春の霞にけむる。
風はないが、空気は冷たい。岡山でも、この季節なのに、
最低気温は零下だそうだ。

7世紀、日本の大和政権が百済と組んで、唐・新羅の連合軍と
白江村(はくすきのえ)で663年に戦い、敗れたが、
そのあと、唐・新羅がわが国に攻め込んでくるのに備え、
築かれた山城だと言われるが、
なぜ、「鬼ノ城」とよばれるのか。

d0159325_20441740.jpg

ヒントは、百済から逃れてきた韓国の人たちも入れて
築いた朝鮮式の山城だというところにあるようだ。
Sさんによると、朝鮮では、城のことを「き」と呼んでいたという。
別に鬼が島の別党の鬼が、ここで生活していたわけではないようだ。

ところが、大和政権から派遣された「吉備津彦尊」(きびつひこのみこと)が
ここ鬼ノ城に住む温羅(うら)という大鬼を退治したという伝説がある。
鬼の流した血で赤く染まったのが今の「血吸川」(ちすいがわ)の由来だそうだ。

d0159325_20444691.jpg

温羅(うら)は、百済の王子だったといわれますので、
大和朝廷がこの地域を平定するために、
鬼ノ城に住む朝鮮人を追い払ったのかもしれませんね。

いずれにせよ、唐・新羅連合軍は来ず、平安時代につながっていきます。

鬼といえば、岡山は桃太郎です。
「吉備津彦尊」(きびつひこのみこと)が、桃太郎の原型でしょうか。
桃太郎は、日本の大和政権の成立に力があったことになります。

d0159325_20451074.jpg

昼前に、Sさんに岡山駅まで送ってもらい、
買い物、昼食、インターネット・チェックを駅ビルの中ですませる。

午後3:14岡山発津山線の列車に乗って
北へ向かい、津山経由で東に「姫新線」(きしんせん)に乗り換え、
兵庫県に入った「播磨徳久」(はりまとくさ)へ向かう。
津山周辺には、「美作三湯」といわれる温泉地が広がる。
今回は行かない。

播磨徳久は、2年の夏、台風のゲリラ豪雨で
予期せぬ被害が出て新聞紙上に名の載った佐用町(さよちょう)の隣だ。
なぜ兵庫県の山の中へ向かうか。
昔の仕事の先輩で、ここに田舎を持つ人が、きょう東京から来られるからだ。

津山線の2両連結の快速電車は、緑の水を湛えた川沿いに
走っていく。静かな山間の景色が流れていく。
ローカル線の良さだ。
「姫新線」(きしんせん)に乗り換えると、「乗車募集!」と広告がある。
ここらも過疎化が進んでいる。

播磨徳久のKさんの家は、
まさにイメージ通りの田舎の家だった。
川沿いに走り、山を少し登り始めた所に家があった。
年に何回か、家と、田んぼの手入れに東京から来られるという。

男二人で、スーパーの惣菜を肴に、お酒をいただいた。
あすは、どこまで戻ろう?
「美濃太田」・・・行ったことないから、行ってみよう。
[PR]
by ucci-h | 2011-03-30 11:49 | アジア的な生活 | Comments(2)
時代遅れの東海道・関西・山陽本線の旅②
      芭蕉の旅に思いを馳せ、西に向かう
ーーー時代遅れの東海道・関西・山陽本線の旅②ーーー

2日目。3月26日(土)
伊賀上野の「和蔵の宿」。朝起きて窓を開けると、
小雪が舞っている。春の牡丹雪だ。3月下旬なのに・・。
朝食を済ませ、ホテルで傘を借り、近くの「伊賀上野城」へ散策に行ってみる。

夕べの伊賀牛といい、けさの和食バイキングといい、日本の食事はうまい。
ごはんがうまい。3杯食べる。

d0159325_930470.jpg

伊賀上野城。江戸初期に、築城の名人藤堂高虎が、家康に依頼され、
西への守りを強化するために拡充した城。堀の高さが15mある。
上から堀を覗き込むと、敵勢が近寄れそうもない(裏の山から来るかな?)。
春の牡丹雪の中、枝垂桜が一本咲いていた。

d0159325_9312083.jpg

お城の敷地には、「伊賀流忍者博物館」も。
手裏剣投げゲームは、時間がないのでやらなかった。
また、当地で生まれた松尾芭蕉にまつわる「俳聖殿」と「芭蕉翁記念館」もある。

  月日は百代の過客にして、 行き交ふ年も又旅人なり。
  舟の上に生涯を浮かべ、馬の口捕らへて、老いを迎ふる者は、日々旅にして、旅を栖(すみか)とす。
  古人も多く旅に死せるあり。

松尾芭蕉が、弟子の曽良と深川の地を後にして、那須を手始めに、
東北の地に出立したのは、1689年(元禄2年)、芭蕉45歳の時であった。

帰着地大垣までの68日間の奥州への旅。
出発した日が3月27日と言われる。ちょうど明日である(旧暦だろうけど)。
歳の割りにあまりに足が速かったので、芭蕉=伊賀忍者説がある。

d0159325_204977.jpg

自分より500年以上前の漂泊の歌人、西行法師にあこがれた芭蕉は、
旅での死を覚悟して出かけたようだが、
それには、開けていない陸奥(みちのく)が最適だったのか。
今回の震災地石巻にも行っている。
  願わくば 花の下にて春死なん その如月の 望月の頃 (西行)
  ひとつ家に 遊女も寝たり 萩と月 (芭蕉)

芭蕉は、山岳信仰の出羽の羽黒山にも行っている。
芭蕉が実際亡くなったのは、奥州への旅の5年後、御堂筋の旅宿でだった。
享年51歳だった。
私も、渡り鳥人生かな?


10:38。伊賀上野発。雪はやんだが、はれたりくもったり。
関西本線1両立てで西に向かう。11:15、京都府の加茂到着。
ここからは、大和路快速で大阪へ。
途中、奈良を通過したが、駅の周りはビルばっかり。イメージと違った。

大阪駅で、播州赤穂行きに乗り換え。
建物ばかりの路線風景だが、明石で海が見えほっとした。
姫路で乗り換えて、岡山に着いたのは、15:31。
はるばる西の街まで来たのに、外は冬のように寒い。
最低気温は零下とのこと。

夜は、チェンマイでのゴルフ仲間のSさんにおいしい店に連れて行っていただいた。
きょうは264km。5時間の旅程だった。

あす朝は、謎の「鬼の城(きのじょう)」にSさんに連れて行っていただく。
鬼が出るか蛇が出るか?
その後「播磨徳久」(どこでしょう?)に行く予定だ。
[PR]
by ucci-h | 2011-03-29 10:47 | アジア的な生活 | Comments(6)
時代遅れの東海道・関西・山陽本線の旅①
  東海道を列車は走り、忍者の里へ
ーー時代遅れの東海道・関西・山陽本線の旅①ーー

日本に来たのに、大地震で予定はほぼすべてキャンセル。
余震、計画停電、原発放射能と、長引く首都圏を後に、思い切り
予定通り、「青春18きっぷ」なるものを買って、
西日本5日間の鈍行列車の旅に出ました。

第1日目。
第1日は、横浜から疲れない範囲で行ける所まで・・。
いちおう三重県あたりを目安に(結果論から言うと、京都・大阪までは
楽勝ですね)。きっぷは、1日以内で行ける所まで5日分ですから。

横浜駅。
西口の駅ビルが閉鎖していてびっくり。
1961年の開店だというから、ちょうど50年。
自分が立野の丘の中学校へ通っていた頃、出来たんだなあ。

d0159325_9101587.jpg

横浜駅は、西口にもビルが迫っており、息苦しい街並みだ。
東海道線のホームにはベンチもない。
ディーゼル機関車ももちろんいない。
とても無機質で味気ない。

横浜を8:00に出発。
小田原行きの電車は、計画停電のせいもあり混んでいる。
立って車窓を眺める。戸塚あたりまで、家が山の上まで混んでいる。
藤沢、茅ヶ崎で降りる人が多い。小田原までは海が見えない。

小田原で、熱海行きに乗り換え。
結局この日は、関西本線、忍者の里「伊賀上野」まで、9本の
列車に乗り換えたが、思ったより疲れなかった。

ちょうぢ1時間くらい乗ると乗り換えになり、跨線橋を渡るか、地下道を
くぐって別のホームから乗り換えるのだ。
これがちょうどいいフレッシュアップ。
しかも、立つ期間、座る期間が混ざってちょうどいい。

小田原を過ぎ、根府川、早川あたりでようやく海。
この海が東北に押し寄せたとは思えないほど静かだ。
今年は寒い。早春2月の趣だ。

d0159325_9113463.jpg

熱海発富士行きの電車からようやくボックス席になった。
旅は、ボックス席の方がいい。弁当も買えれば食べられる。
旅気分。隣を新幹線が走り抜けている。
仕事で忙しいんだろうな、ご苦労様!

伊豆半島をくぐる丹那トンネル。小さな頃、トンネルに入ると窓を閉めて
時間を数えたなあ。長かった。今回は5分弱。
鈍行といえども、今の列車は速い。

三島あたり、線路端の小さな畑は若草色。
右手には、真っ白な富士山。
こんなにつくづく景色を眺めながら列車に乗るのは
何十年ぶりだろう。いつも書類や本を読んでいたものだ。

「片浜」、「原」なんていう駅があるのを、なじみの東海道線なのに
憶えていない・・。
駅の前にはアパートが建ち、小さな畑やお墓も並んでいる。

富士→島田間。静岡までは混んでいる。
ローカル色が出てくるのは静岡以西。


島田乗り換え、浜松まで。
母の田舎の菊川、隣の掛川は深蒸し茶の茶所。
先が長いので、途中下車せず(きっぷはどこでも下車できる)。
磐田から浜松にかけ、工場が多い。きれいな工場がたくさん。
タイとはちょっと違うなあ・・。

d0159325_913823.jpg

この鈍行乗り換えの旅。接続も5分程度と待たず、リズムが良い。
トイレは乗り換えの浜松駅で。あと列が出来ていた。

問題は、弁当だ。昔のように駅で駅弁を売りに来るわけじゃない。
しかも首都圏の電車のような長椅子の座席だと食べにくい。
最悪の場合、名古屋か、そのあと関西線の亀山まで我慢する腹を決める。

ところがラッキー!13時に豊橋で名古屋行きに乗り換える時、上の売店に
お弁当が売られていた。好きな「ちくわ稲荷ずし」を買った。
しかも、豊橋発の列車はボックス席。楽しく食べられた。

名古屋からさらに東海道線で行くか、それとも関西本線で大阪まで横切るか?
この旅は、そこへ行って何をするではなくて、乗っているプロセスが目的なのだ。
自由気ままな鈍行列車の旅。
乗った記憶のない関西本線に決めた。

名古屋から、シャープの液晶テレビ工場で有名な三重県の亀山までは
50分。天気が泣きそうになってきた。今年は寒いので、桜など見えない。
四日市は、ほんとうに工業地帯だ。線路の左右に大きな化学工場が並ぶ。

亀山で40分待ち。今日初めての長めの待ち時間。雨になった。
亀山から忍者の里「伊賀上野」までは、2両編成のディーゼル車。
もちろん単線。そうか、関西本線て、単線、1-2両編成のディーゼルだったんだ。
この路線は選んだかいがあった。木々に囲まれた山の中を列車は進む。
しかも、タイの列車などに比べたら、よっぽど力強い。
関西本線を選んでよかった。

木々の芽は赤く、早春の色だ。
途中、加太(かぶと)という名の駅がある。たくましく、いい名前だ。

「伊賀上野」で降り、忍者電車の伊賀電鉄のかわいい2両編成に乗り換え、
上野市で宿を取る。「和蔵の宿」。落ち着いていていい。
ところで、伊賀と甲賀は流儀がどう違うのだろう?

d0159325_20574595.jpg

そう言えば、3年ほど前、マイミクの人達と、信楽にゴルフに来たっけ。
あれ「タラオ・カントリー」は、信楽だから、滋賀県の甲賀だな。
多羅尾は、甲賀忍者の名だし、伊賀忍者といえば、忍者はっとり君だ。

ここ伊賀上野市には、松尾芭蕉の生家がある。三重で生まれた芭蕉がなぜ、
45歳の年に、奥の細道へ行きたくなったのだろう?
また、石垣が高さ15mもある伊賀上野城がある。
7度主君を代え、そのたびに石高を加増され、秀吉にも家康にも認められた戦国武将、
築城の名人でもあった藤堂高虎が江戸初期に作った城だ。
今年でちょうど400年。

きょうは、計460km乗った。
東海道本線なら、彦根あたりまで行った距離だ。
通常なら7000円強が、2300円ですんだ計算だ。

あすは、岡山まで行こう。
[PR]
by ucci-h | 2011-03-28 16:52 | アジア的な生活 | Comments(8)
第2次大戦時と酷似する政府の震災対応
今回の震災に対して、
菅首相は、「戦後最大の災危だ」と言ったようですが、
今の日本政府や東電の対応を見ていると、
前回の大戦で日本が負けた状況と酷似していますね。

事が拡大してから、後おいで小出しに対応する。
展望力というか想像力が決定的に欠けていますね。
次の可能性を考えて、あらかじめ手を打っておくことが
なされていません。

言い訳は山ほどあるでしょう。
「想定の範囲を超えた」が代表的なものでしょう。
だから、パニック状態になって先を想像することなど
できないのだと、言っているみたいですね。

d0159325_12454313.jpg

それなりのデータはあるのですから、今後の
可能性を天気予報のように公表すればいいのでしょうが、
「むやみ、やたらに恐怖心を煽るべきではない」と
いった‘良識ある配慮’がこれをとめるのでしょうね。

国民は、情報をベースに適切な行動が出来ないと
思われているのでしょう。

現場の兵隊は極めて勇敢で活躍するが、
総司令部はお互いの情報共有もばらばらで
結局その隙間を突かれて戦いに負ける・・・
70年近くたったのにあまり変わっていませんね。

唯一の違いは、インターネットやメディアが
大本営発表に批判的なことでしょうか。


.
[PR]
by ucci-h | 2011-03-28 12:48 | アジア的な生活 | Comments(4)
健康に影響のない野菜・牛乳がなぜ出荷停止に
福島産の牛乳および茨城産のほうれん草から
震災後急いで定められた食品衛生法の
ヨウ素131とセシウム137の
「暫定基準値」を超える量が検出されたので、
政府の判断で、福島、茨城、栃木、群馬4県に対して
出荷制限を支持した。

その説明は・・・
「今回の出荷制限の対象品目を摂取し続けたからといって、直ちに健康に影響を及ぼすものではないので、冷静に対応してほしい。」
これよく読むと、ロジックが成立していない・・。

それはそれとして、健康に影響ないのなら、では、なぜ、個別出荷検査もなしに一律に出荷を抑えるの?
小学生でも思う疑問にどう答えられるのか?

d0159325_16262685.jpg

おそらく、「念のために」とか、「万全を期して」と言うだろう。
万一、被害があったら、政府、厚生省の責任を問われるのが怖いのだろう。

災害地福島の農民への追い討ちをどうやってただちに補償できるのか。埼玉県などにも広がり、首都圏の野菜が確保できなくなったとき、どういう確保策をとれるのか。
問題のないはずの野菜が捨てられ始めた。

こういった日本のお上の決定に、決定的に欠落しているものがある。それは、個々人の意思、自己責任への尊重を決定的に欠くことである。

政府は、「これこれの放射量は、これだけ食べてもOK。これ以上食べたら危険」とガイドライン、注意を示し、国民の判断に任せるべきである。

さもないと、明治以来150年近くもたつのに、相変わらず依存体質の国民気質を温存するだけである(その方が統治しやすい?)。いいかげんに、この国も、個々人の自己責任に任せる国になって欲しい。

自己責任の国タイランドからやってきて・・・感じます。
[PR]
by ucci-h | 2011-03-22 16:29 | アジア的な生活 | Comments(2)
被災東北3県沿岸部の希望の光
今回の大地震は、その規模が大きく、日本列島の南北500キロに
被害が広がったことから、10日たった今でも、被害の全体の把握に
時間がかかっている。

しかも、福島原発事故が誘発されたことから、地域住民の遠距離への避難や
首都圏での節電、停電が加わり、日本全体の経済活動の再生に時間がかかるだろう。

しかし、おぼろげながら全体の被害状況の概要が見えてきた。
今回の大地震の東北太平洋沿岸部の人口に対する被害程度を探ってみた
(亡くなられた方、被災された方々にとっては、数の問題ではないが・・)。

今回の地震は、なんと言っても津波による被害が圧倒的だった。
東北太平洋岸3県(岩手、宮城、福島)の沿岸人口は、34の市・町
合計(100万都市仙台市の内陸区は除く)で173万人。

実はこれらの土地では、15年前より仙台周辺と福島の大熊町を除き、
岩手県中心に、34のうち28の市・町で人口が減少している。全体で
15年前より9万人近く減っている。

市と町の間に村もあろうから、3県の沿岸人口200万人近くが
津波を中心とする被害に遭った。

今回の被害の甚大さは、新聞に毎日載る死者数が、日ごとに増えるだけでなく、
安否不明が、宮城県を中心になお増え続けていることからうかがえる
(20日現在、朝日新聞のまとめでも、3県の安否不明者数は、死亡確認数の倍以上の18,240人)。

d0159325_13593068.jpg

死亡、安否不明合わせると、3県で26,461人。
沿岸地域人口の1.5%にあたる。
岩手県の沿岸の市・町だけ見ると、2.9%となる。

避難者の数は、3県で32万8千人。
環境は物が足りず厳しいが、命を落とさないで欲しい。

岩手県大槌町(人口1万5千人)や、宮城県南三陸町(人口1万7千人)はじめ
壊滅的打撃を受けたところが多い。
しかし、この東北3県沿岸地域、視点を変えれば、200人に3人が死亡・行方不明と
なったが、200人当たり、残る197人は、生き残ったことになる。

避難所の人たち35万人も含めて、
大変な生活を強いられながらも、173万人のうち170万人は生き残ったのだ。
生存率は、98.5%(亡くなられた方、また親族には何の慰めにもならないが・・)。
この力をこれからの希望にして欲しい。

被災地200万以外の日本列島の1億2,500万人は、自粛などいつまでもしていないで、
ここからは、これら200万の人たちのためにも、節電しながらも、どんどんお金を使って
日本の経済復興を担っていかなければならない。

がんばれ東北!
がんばれニッポン!
[PR]
by ucci-h | 2011-03-21 14:01 | アジア的な生活 | Comments(2)
いよいよ上がってくるタイの物価
日本に帰国してまもなく、大地震に遭い、1ヶ月の滞日期間でも
タイやアセアンの経済ニュースをお届けしようという思いが途切れている。
3月11日の震災から10日・・・いまだ日本中痛手が残っているが、
タイでのニュースもお届けすることにしよう。

ーーーーー

ちょうど、日本で地震の起こった日のバンコク・ポストの報道だが、
いよいよタイでも物価が上がって来そうである。
以前、タイの物価が3%ほどと安定している理由のひとつに
物価統制があることをお伝えした。
  タイの低いインフレ率の秘密 [2010-12-18 11:58 by ucci-h]

しかし、この3月末で、物価コントロールがいちおう終わることになる
(続けたければ、また再開すれば言いだけの話だが・・)。
ここで、消費財中心にいろいろな品目の値上げ要請が増えてきた。

タイ政府は200ほどの品目を価格コントロールの下においているが、
燃費、原材料の高騰、さらに賃金のアップが、コストアップとして
製造者の採算を苦しくさせてきている。

ちょうど、コストアップというダムの水量の増加をなんとか
価格統制というダムで抑えてきたが、いよいよ水量が抑え切れなくなってきた状況だ。

d0159325_1210219.jpg

食品価格は、10~15%の上昇が見込まれる。
すでに、焼き飯の皿やヌードル(クエティオ)の丼(いずれも30-40バーツくらい)が、
5バーツほど上がっているところも出始めたという。
市場で豚肉は、キロ100バーツが120バーツ(100グラム35円ほど)に値上がりし、
牛肉は、キロ120バーツが150バーツに上がっているという。

食品以外でも、大豆油が30%、洗剤、せっけんが10%、タイヤが8%、医薬品が5-10%、ミルクが5.5%上がりそうだ。その他、インスタント緬や魚缶、ソフト・ドリンクも上がりそうだ。
消費者製品以外でも、肥料が10-20%、農薬が10-15%、建材が5-7%上がりそうだ。

政府は、値上げ申請には確固たる裏づけ資料の提出を求め、なるべく価格を抑えたいようだが、採算の合わなくなった業者は、運送費などの値上げで、価格不足をカバーすることになろう。
この際、物価統制はやめたらどうだとの意見も出ている。
無理に物価を抑えれば、出し惜しみや、品不足につながり、結局高くなってしまうからだ。

いずれにせよ、物価が安定していたタイの町々でも、4月以降は、値上がりの波が出てきそうだ。
と同時に、金利引き上げがさらに進んで行きそうだ。
[PR]
by ucci-h | 2011-03-21 12:11 | タイの政治・経済・金融・為替 | Comments(0)
「直ちに健康に・・」は直ちにやめて欲しい
地震・原発関係で日本の報道を見聞していて、
どうしても気になることがある。
「健康にただちに影響はない」という
言い方である。

これを聞くと、「すぐには影響はないが、
長く続けていくと影響がある」と思ってしまう。
「だから安全」ではなく、「だからできるだけ
避けるべき」ということになる。

あいまい表現や文学的表現が好きな文化だが、
こういうことは、きちんと数値をベースにして
伝えてもらいたい。政府にしてもそうだ。

d0159325_9105774.jpg

そういえば、株式市場や為替市場の市況報道にも
似たようなのがある。
「一時的にOO円台」をつけたという途中報道。
「一時的」と聞けば、そのあとは戻ったんだなと
思う。ところが、そのままだったり、さらに下がったり。
一時的じゃなかったら、誤報になるだろう(笑)。

市況は許せるが、「ただちに」は、
怠慢で、いい加減な伝え方で、害がある。
「ただちに」という表現は、ただちにやめてほしい。
[PR]
by ucci-h | 2011-03-21 09:12 | アジア的な生活 | Comments(2)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新のコメント
そうですね。末子音です。..
by ucci-h at 20:14
影武者の話。 タイ語で..
by takeshi_kanazaw at 10:09
文字を文法的に(構造的に..
by ucci-h at 20:35
うーん・・。 マイカオチ..
by takeshi_kanazaw at 21:03
パズルの解法をおぼえてい..
by ucci-h at 13:49
タイ語、本とテープだけ買..
by takeshi_kanazaw at 10:20
アルパインは、日本の悪し..
by ucci-h at 21:06
シーズンでの価格差が大き..
by じゃいあん at 00:37
とんでもない。大事なのは..
by ucci-h at 20:58
う~さんは英語ができるか..
by 銀ちゃん at 08:23
その3に記しますが、言わ..
by ucci-h at 19:46
ベトナムは、社会主義国で..
by ucci-h at 19:44
ハロン湾まで3時間半から..
by 銀ちゃん at 17:29
ベトナムも久しぶりに行っ..
by 摂津屋 at 13:31
お久しぶりです。 ベト..
by 銀ちゃん at 07:45
7-8月のオフシーズンが..
by ucci-h at 21:07
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース