「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
封切映画「ナレスワン大王第3部」も面白かった
待望の「キング・ナレスワン」の第3部が公開されたので、
エアポート・プラザの映画館へ行って見てきた。

雨の六本木のタイ映画フェスティバルで、キング・ナレスワンの
1部、2部を見たのは、もう3年近く前のことだ。
戦闘場面も多く、これだけの大作を作るのに、やはり時間がかかったのか。
  ハリウッドをしのぐ大作「ナレスワン大王」2部作 「2008-06-09」
  http://uccih.exblog.jp/11117992

1,2部は圧倒的に面白かったが、こちらの新聞の第3部に対する
評は、あまり芳しくなかった。物語が散漫になってきているとのことだ。
でも、見た結論から言えば、今回も面白かった!

第1部は、ピサヌロークの王子であった9歳のナレスワンが
ビルマに人質に取られ、ペグーでいろいろ学ぶところ。
頭のいい子供だった。

第2部は、タイに戻るも、ペグーの属国として、戦いに狩り出される。
ところが戦績が素晴らしく、ビルマの王子たちからねたまれ、暗殺されそうになる。
そこでタイの独立を決意するまで。

d0159325_13523910.jpg

そして、この第3部。
ビルマがアユタヤに攻め込んでくるかもしれない。
少ない軍隊でどう守るか?
再び、ナレスワンの知恵が発揮されるか。

確かに、戦術あり、スパイあり、ロマンありで、
散漫になっているかもしれないが、
戦闘場面中心に、あれこれ楽しめた。
戦闘場面はすさまじいが、やはり象だけは倒れなかった。

第3部のあとは、北方へ攻めて行く第4部がありそうだ。
ナレスワンの終焉の地は、北タイのメーテンから西に入った
ヴィアン・へーンである。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-30 13:53 | チェンマイ近郊お勧め所 | Comments(0)
タイで上がってきた預金金利をどう活用する?
タイでは、金利が上がってきたことから、
昨年から今年と銀行の預金金利も上がってきた。
こちらでお金を預けて暮らす我々には少し助かることだ。

たとえば、昨年8月に預けたSCB銀行の10ヶ月の定期預金金利は
1.3%しかなかったが、この4月の7ヶ月定期は、2.4%に上がっている。

金利の比較的高いタナチャート銀行のこの4月では、11ヶ月定期で、2.85%
12ヶ月のB/E(Bill of Exchange、銀行為替手形)だと、3.25%と
なってきた。

ただし、いずれも税引き前のレートだから、実質の手取りのレートは、
2.85%ーTax15%分=2.42%、
3.25%ーTax15%分=2.76%のようになるが、
それでも、預金金利が1%ポイント以上上がってきたことは助けになる
(もっとも、ガソリンや食品、食堂価格は4月以降10%以上上がってきているが・・)。

d0159325_22294275.jpg

タイの銀行は、今年も貸出しは伸びているものの、
政策金利が引き上げられる中で、預貸スプレッドは狭まってきており
(今まで預金コストがとても安かったわけだ・・)、
折りから銀行はスタッフを増やしていることもあり、収益を圧迫してきている。

そこで、銀行は資金コストを抑えるために、B/Eの活用を増やしている。
Bill of Excahngeは、銀行の発行する銀行為替手形だが、これは預金と違って、
中央銀行の元にある「FIDF」(金融機関開発基金、金融機関の安定化に当たる)に
預金額の0.4%を支払わずに済むので、資金コストを抑えられるのだ。

B/Eの利率は、預金より通常0.25%ポイントほど高いが
0.4%分を支払わずに済むので、実質の資金コストは、0.15%ポイントほど
低く済む計算になる。

中堅のキアトゥナキン銀行(KKバンク)の場合、
この3月末には、B/Eは昨年末より62%増え、340億バーツとなった。
預金残高が722億バーツだから、全体の資金の4分の一がB/Eとなった
(昨年末は17%)。

預金者にとっては、B/Eは、預金と違って、預金保護の対象にはならないだろうが、
自己責任で、信頼できる銀行のB/Eに預けるなら、高めのリターンを得られる。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-29 22:31 | タイの銀行・保険 | Comments(5)
タイから日本への2基の発電機、いよいよ旅立ち
今回の大震災で、外国から多くの援助の手が
差し伸ばされたことは、文句なくうれしいことです。

ことに、台湾からの義捐金が100億円突破したのには
感激しました。770万所帯の3分の1が、
平均4千円近くずつ出していただいていることになります。
頭が下がります。

そしてまた、タイからは、義捐金に加えて、
発電機2基が日本に送られることになったのも感激です。
出荷の模様を、昨日のBankokPost紙が伝えています。

d0159325_13243428.jpg

前日の27日には、バンコクで2基のディーゼル発電機が
ノンジョック発電所から移動されました。

2基は、それぞれ122メガワットの発電能力があり、
東電管内の24万世帯に電気を供給できるようです。

1基は5月9日、もう1基は5月15日にタイを旅立ちます。
8月より日本で使われることになる予定です。
今後3~5年にわたって、東電に貸し出されます。

心温まります。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-29 13:25 | タイ人と日本人 | Comments(2)
親愛なる日本のあなたへ
親愛なる日本のあなたへ

早春の3月。日本に一時帰国して4日目に埼玉県志木の自宅で今まで経験したことのない地震に遭いました。揺れがようやく収まって、「震源地はもっと大変だろうな。また東北かな?」と思いましたが、このような未曾有の大震災になろうとは思いもよりませんでした。

それから早いもので49日たちました。時間が最大の癒しです。今は、チェンマイに戻ってきて、日本のことがなお心配ですが、日本の人には申し訳ないですが、ほっとしたのが正直な気持ちです。

大震災で滞日中のスケジュールはほぼ全部キャンセル。こんな時に日本に来て、と言うより、地震のあと横浜に一人住む母のところに一緒に居れてよかったです。チェンマイに居たら、居ても立ってもいられなかったでしょう。

d0159325_121498.jpg

しかし、滞日中にそれでも、「青春18きっぷ」を使い、3月下旬、念願の「西日本鈍行列車5日間の旅」を果たすことが出来ました。今年は、向こうも寒い春で、伊賀上野城には朝、牡丹雪が舞っていました。2両連結のディーゼル車が走る関西本線の森林の中の沿線には癒されました。岡山、兵庫では友人の暖かいもてなしを受け、うれしい思い出になりました。

また、今年の日本は寒く桜の開花が遅れましたが、横浜の三渓園で開花始めた桜を昔の学友達と見たり、離日直前には、なんとか自粛ムードの中で、友人と上野の桜も見ることができました。やはり日本の桜は格別です。

d0159325_1231719.jpg

4月タイ正月のチェンマイに戻って、家も変わり、新しい気持ちでの出発です。年初に先輩からいただいた「3つのS」をこちらでの生活の指針にしようと思っています。ちょうど、この3つのSは、老子の「三宝」に似ています。

1.Slow・・・ゆっくりした時間の中でゆったりした気持ちで過ごす。そこから、気持ちの余裕も生まれ、他への「慈しみ」も出てきましょう。
2.Simple・・・華美に飾らない生活。必要最小限のものの中で暮らす。ごちゃごちゃしたものに巻き込まれず、「倹(つつま)しさ」ですっきりする。
3.Small・・・俺が俺がとでしゃばらない。自分を信じて余計なことはしゃべらず暮らす。「敢えて天下の先とならない」ことに通じると思います。

d0159325_1252136.jpg

チェンマイは今1年で一番暑い時のはずですが、今年は異常気象なのでしょうか、雨も降り、過ごしやすい陽気です。日本は、余震は縮小してきているようですが、早く原発が収束して欲しいですね。そして第3次人災の‘自粛不況’から一日も早く抜け出られるよう南の空から祈っています。まもなく一番茶の季節ですね。ごきげんよう!

d0159325_1261031.jpg

[PR]
by ucci-h | 2011-04-29 12:06 | タイ人と日本人 | Comments(0)
福島が壊れたら、ビルマが儲かる!?
福島原発事故の影響は、タイのエネルギー政策にも及んでいる。

タイでは初めてとなる2基、1000メガワット能力の原子力発電所の建設が
予定されていたが、これが当面見送りとなった。
タイの20年電力開発計画では、2020年から徐々に5基の原発を持つことが
計画されていた。

IAEA(国際原子力機関)から、公衆の受容と法整備が不十分との
勧告を受けてとのことだが、福島の影響は免れない。

経済の高い発展とともに、年々エネルギー需要が高まるタイランドだが、
ガスと蒸気を組み合わせたコンバインドサイクル火力中心の電力発電となっている。
2008年の推定発電量は、1.48億メガワット・アワー。世界24位である。
発電能力は、現在3万メガワットを超えるまでに増大してきたと推定される。

d0159325_10292847.jpg

原子力発電が頓挫するとなると、LNG(液化天然ガス)を燃料とする
火力発電の能力を増やすことになる。

エネルギー政策・計画局(EPPO)によれば、原発に代わって、
3基のガス燃焼発電プラント(800MW)が建設されようとのことだ。

タイ最大の企業であるPTT(タイ石油公社)によれば、
このためには、ビルマ等から一層天然ガスやLPGを輸入しなければ
ならないという。日量700キロ立方フィートほどのガスが必要になるという。
また、LNG,LPGのターミナル、保管設備の建設に時間も必要だ。

前回、ビルマにおける最大の輸出品である天然ガスの開発の進捗をお伝えしたが、
「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないが、
福島が壊れたら、ビルマが儲かるという図式が出てきた。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-28 10:30 | アセアンの動向 | Comments(0)
タイの海にUボートが出現する
「Uボート」と聞くと、第1次、第2次大戦で活躍した
ドイツの潜水艦を思い浮かべる。
そのUボートがタイの海、アンダマン海やバンコク湾を
回遊することになりそうだ。

タイの海軍は、ドイツから6隻の中古のUボートを
77億バーツ(1隻約37億円)で買い付けることにこぎつけた。
13年の9月までに入手する予定だ。
中古のUボートと言っても、第2次大戦時の骨董品ではない。
70年代以降配備された「U-206クラス」の排水量500トンの
小型潜水艦だ。乗員は22名。ドイツでは一線を退く艦だ。

タイにとっては、初めての潜水艦の保有となる。
マレーシアがフランス製のを2隻、シンガポールが4隻、
ベトナムが3隻(あと6隻ロシアから買う予定)、
さらにミャンマーさえもつ予定なので、タイのロイヤル・ネービーも
持ちたかったところだ。

d0159325_12546.jpg

当初は韓国から新造の潜水艦を入手したかったようだが、
400億バーツ出しても2隻しか見込めないため、中古に切り替えたようだ。

タイでは、前回、戦闘機の選定をご紹介したように、
2006年に軍が政府をひっくり返して以来、
軍事予算は拡大している。
  タイ空軍に新しい戦闘機到着 2011年2月24日  
  http://uccih.exblog.jp/12979175

10年間で5000億バーツ以上の支出を見込んでいる。
2008年時で、軍事支出はGDPの1.5%ほどであるものの、
42万人という軍隊の規模は、フランス、ドイツ、日本などを上回っている
(くじ引きによる徴兵制があるせいかな?)。

潜水艦を持つのはいいが、水深の浅いタイの海で
潜水艦が、小型艦といえども、座礁しないか、ジョークとも
本気とも言えず、心配されている。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-28 01:02 | タイの財政・税金 | Comments(3)
中国産の外国メーカー車、ブランドを中国風に
今や世界の自動車(乗用車+小型トラック)生産において、
世界第2位の日本(960万台)、3位のアメリカ(780万台)を
足した台数より多い1,830万台(うち乗用車が1,390万台、いずれも2010年)
を生産している自動車大国中国。

中身は別にして、生産台数は圧倒的だ。
しかし、共産党政権は、中国の自動車生産事情に不満である。
なぜか?
外国資本の生産が多いからである。

25年前、外国の自動車メーカーがこの国に入ってきたとき、
単独生産でなく、中国メーカーとのジョイント・ベンチャーでの
共同生産を要求された。
もちろん、生産のノウハウを獲得するためである。
ただし、技術及び知的財産は保留してよいことでスタートした。

そして、世界一の自動車生産国になって、今起こっていることは、
そこで生産される外国ブランド(ホンダとかビュイックとかフォルクスワーゲンなど)の
クルマが市場の7割を占めていることである。

d0159325_23502545.jpg

共産党政権のもくろんだ国産ブランドはいまだ大きく広がっていない。
そこで、今回、上海オート・ショウを機に、中国ブランドの浸透を図ることにした。
GMは、昔のGM車に「バオジュン(宝馬)」というブランドで売り出すことになった。
価格は、7万~10万人民元(10,700~15,300ドル)。
ホンダやニッサンも続く。

これらの土着ブランドの車は、中国で多い中小メーカーの車や
外国ブランドのエントリー・レベルの車と競うことになる。

共産党政権は、また、これからは外国メーカーが中国で拡大したいなら技術移転も
行なうよう要求を強めていくとも見られる。
これには強い抵抗が予想されるが・・・。

中国産の車の多くは、中身の部品や技術は外国のもの、
まずは名前だけでも中国風にしようというわけか。
さてこの試み、国産技術を育てるきっかけになるのだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2011-04-26 23:51 | 中国・韓国そしてインド | Comments(0)
ビルマで動き出した外資による天然ガス開発
ビルマ(ミャンマー)が、一応民政移管した形になって
(実態は軍政とあまり変わらないようだが)、じき1ヶ月。

ビルマの主要輸出品である天然ガスの開発推進に
拍車が掛かり始まるようである。
ビルマは、天然ガス・原油の資源に恵まれている。
ことに天然ガスの埋蔵量は、20兆立方フィートにのぼり、世界10位ほどといわれる。
アジアでは、インドネシア、マレーシアに次ぐ天然ガス資源国だ。
ビルマの輸出の4割近くが天然ガスによる稼ぎである
(輸出品目の第2位は豆類で、12%を占める)。

ことに隣国タイには、日量10億立方フィート近くの天然ガスを
ビルマ南の沖合いガス田(ヤダナー、イェタグン)からパイプラインで
輸出しており、年間30億ドルほどの外貨を得ている。
ビルマでの陸上石油・ガス掘削は49区、沖合い掘削は26区で行なわれている。
欧米、アジアの石油資本がはいっている。

タイへの輸出は今後も増えそうだ。
2000年代以降、発電用天然ガスの輸入需要が増大してきている。
タイはビルマの天然ガスの最大の輸出先となっている。

d0159325_13141458.gif

軍政下で経済が停滞し、外貨が不足するビルマにとって、
天然ガス輸出は頼みの綱である。
幸いなことに、タイ、インドだけでなく、北の巨人中国が
ビルマの天然ガスを求めだした。
中国との経済関係の強化が、ビルマの実質軍政権の
国際社会に対する態度を強いものにしている。
中国国営石油公社は、北西部ラカイン州から雲南省昆明までの
パイプラインを昨年来建設中だ。

今回ビルマの国営石油会社MOGE(ミャンマー・石油ガス公社)が
契約する相手は、3カ国の開発会社だといわれる。
・中国のNPCC(北石油化学会社)・・・オンショアの原油・ガス探鉱
・韓国のKMD(韓ミャンマー開発) ・シンガポールのブリリアント石油
いずれも、北西部ラカイン州と南部タニンダリー管区沖合いの石油・ガス探鉱である。

これらに加えて、シンガポールのSNOG社とUPR社とで、
東部カレン州のオイル・シェールの掘削にもサインすると
伝えられている。

資源国ビルマの天然ガス開発動向が注目される。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-26 13:14 | ミャンマー・ラオス・カンボジア | Comments(2)
タイでのテレビ・スポーツ番組の楽しみ方
引越し先でも、以前のタイの衛星テレビを引き継いだ。
True Visionほか、100を超えるチャネルが見れるので
便利である。

地元のニュースは、こちらの1,3,5,7、9チャネルで。
英語のアセアン・ニュースもある。

国際ニュースは、BBCとCNNで。
日本のニュース、娯楽はNHKプレミアムで。

映画、ドラマ、エンターテインメントはやはりアメリカのものが面白い。
FOX,ASNなどスリリングなものが多い。
ただし、英語版だ。英語の勉強も兼ねてとなる。

音楽番組は、こちらタイの曲が多い。
カラオケ版もある。でも歌はラジオで聴くことのほうが多い。


そして、リアルタイムで楽しいのがスポーツ中継だ。

タイで多く放送されるスポーツは、サッカーとテニスとゴルフだ。
あと、アメリカの野球、アメフト、バスケット、アイスホッケーもやるが、
前者の3大スポーツほどではない。もちろん北米のものだけだ。
それでも、アメリカに居て米国のスポーツに1年中楽しんだ人間には楽しめる。
ただ、野球はほとんどがヤンキース戦で変化に乏しい。

サッカーは、朝から夜までやっている。
バー・レストランへ夜行くと、大画面に映っているのはいつもサッカーだ。
タイ人はサッカーが大好きだ。かけるのも好きだ。
英国のプレミア・リーグ、ドイツのブンデスリーガ、イタリアのセリアAと
欧州のメジャーな試合を毎日やっている。

テニスのトーナメントも4大グランドスラムだけでなく、ATP(男子)・WTA(女子)の
トーナメントの主な試合が毎週のように放映される。
前々週のモンテカルロ、前週のバルセロナ・オープンとナダル(スペイン)が2連覇。
いま、対抗相手が見当たらない。

d0159325_13463293.jpg

ゴルフも毎週木~日とやる。4日間ほぼ全部映してくれるのがいい。
ゴルフは、アメリカのPGAツアーだけでなく、欧州ツアー、アジアン・ツアー(最近は
欧州トップの参加が多い。日本からは平塚選手くらいでさみしい)とやる。
欧州のトップ選手のパットの集中力を見れるのが楽しい。

こう見てくると、タイは自国にメジャーなツアー、リーグ・スポーツがないので
(サッカーはあるが)、とても国際的だ。世界の一流プレーを見ることが出来る。
タイ語から英語に切り替えられる。


中途半端なのが、日本ということになる。サッカーもJリーグはそれで楽しいが、
欧州の足元でボールをすっと止める一流プレーは、スカパーか何かでないと
見れないのかな。

ゴルフも日本は典型的にガラパゴス島的だ。
女子など韓国プレーヤーにあまり勝って欲しくない空気だ。
欧米の一流選手のように最終日にスコアをせり上げる迫力に乏しい。
アジアン・ツアーと一緒になって欲しいものだ。

テニスとなると、日本ではマイナー・スポーツだ。
テレビ中継も少ない。バルセロナで錦織選手が1勝したが、
この身近で楽しいスポーツを盛り上げて欲しいが、日本では無理かな。

タイにいて、毎週のようにテニス、ゴルフの一流選手のプレーが
たくさん見れるのはうれしいことだ。

おっと、テレビを見てばかりいないで、自分のゴルフ、テニスも
そろそろ再開しよう。腰も95%直ってきたので・・。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-25 13:47 | アジア的な生活 | Comments(0)
チェンマイのインターネット、意外にも・・・
前回、チェンマイのインターネット事情について触れたが、
きのう、市の中心から東へ7kmの引越し先のバーン・ソムワンの家に
何とかTOTのインターネットがつながった。
少し、気持ちだけでも速めにということで、9Mbpsで契約した。

そして、きょうは引越しの最終日、朝、衛星TVの人が
設置に来る。衛星TVのチューナーはLAN接続されるので、
朝方、昨日つながったインターネットを試してみた。

そしたら、ウインドウズXPのOSだからか、無線LANでやると
「限定的接続」という黄色いエクスクラメーション・マークが出て、
ウエッブが見れない。

ウエッブが見れないので解決法も検索できず、
TOTにつながらない旨を言ってみる。
そしたら、ユーザーネームを自分の名に変える様に指示され、
やり直したらうまくつながった。

あとで調べて判ったことだが、無線LANだと
IPアドレスを自動的に拾いに行くが、多くの中で
違ったものにたどり着き、結局正しいIPアドレスを取れないため、
つながらない形となるようだ。
自分の名前に変えると、間違いないIPアドレスに行けるようだ。

こういう形でつなげたら、副産物か、
接続のスピードもいささか速くなった感じだ。
TOTの基地局から我が家まで何kmぐらいなのか
聞いたけどわからない(距離が4~5km以上になると
すっかり遅くなるといわれるので・・)。

d0159325_047471.jpg

インターネットのスピードもテストしてみた。
しかしこれは、テストによって違うので、よくわからない。
ちなみに、試した4つのスピード・テストの結果は以下の通り。

1.チェンマイ大学  下り800Kbps 上り300Kbps ずいぶん遅く出る
2.ADSLタイランド 下り7.5Mbps 上り650Kbps ずいぶん速い(バンコクのサーバーだから?)
3.Bandwidthプレイス 下り7.5Mbps 上り400Kbps これもずいぶん速い
4.PCピットストップ 下り6.5Mbps 上り300Kbps きのうは下り800Kbpsしか出なかったのに様変わり どうなってるの?

というわけで、このスピードはPCの出入口までのスピードなので、
実際PCを操作する実感とはまた違うので、なんとも判らない。
ただ、きょうは昨日より速くなった。過去と比べても。少しだけですけどね。
今までの6Mと今回の9Mでは、実感としてはほとんど変わらないはずなのに・・。

たまたま速くなった感じだが、環境以外に以下のようなことが
影響するように感ずる(あくまで感じるだけですが・・)。

1.無線LANにキーワードをつけて、近所の人が使えないようにする。
2.できれば、無線よりもLAN直結にする。
3.無線LANのユーザーネームを自分個人のものにする。

さて、因果関係はよくわからないが、
接続が、以前の3BBの6Mbpsよりも今回のTOTの9Mbpsの方が
少しばかり速くなったようです。
TOTの回線、言われるほどそんなに古くないのかなあ?

いずれにせよ、MIXIなどは相変わらず遅いですが、
facebookほかウエッブページがスムーズに出るのはうれしいことです。
でも、いつまで続くかなあ・・?
明日はまた遅くなったり・・。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-23 00:50 | アジア的な生活 | Comments(2)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新のコメント
また食べに行ってください。
by ucci-h at 00:06
初めまして 先日から2..
by Hapiness-forever at 22:51
良かったですね!
by ucci-h at 14:04
この屋台群、南側の海鮮屋..
by muga at 17:30
ハンドン・ビッグCのルー..
by ucci-h at 17:20
方角的には、東へとなりま..
by ucci-h at 17:10
以前はBig-Cハンドン..
by muga at 21:08
こんばんは、駅から南へ7..
by muga at 20:14
もう3年もタイに帰ってい..
by hitomiffy1531 at 06:45
フェスティバル/トーキョ..
by 黒川知樹 at 13:49
きこさん 何かチェンマ..
by ucci-h at 20:46
日本の天皇陛下のように、..
by 今井 at 16:05
若じいさん 軍事政権で..
by ucci-h at 11:32
いつも楽しく拝見しいます..
by 若じい at 09:46
mugaさん あり..
by ucci-h at 10:33
Takiさん、ありがとう..
by ucci-h at 01:09
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース