<   2011年 05月 ( 58 )   > この月の画像一覧
海外から日本の原発白黒論争を見ると(フランス人の見方)
日本の地震、津波による福島原発の事故の余波、放射能漏れが
続いている。空中飛散もさりながら、海中、地中への堆積と
そのデータが測られ、発表されないのが、心配だ。

この事故が長引くだけに、日本からの論調はヒステリックに
なっている。収束に長引けば、長引くほど、「東電、政府は何を
やっているんだ」と非難されるだけだ。早めに収束されたならば、
「しかし、良くやった」となろうから、これは結果感情論でしかない。

そして、長引くほど、原発自体も悪い物にされ、極端には、他の要素
(資源確保の安全性、コストの要素、温暖化問題など)も考えずに
原発廃止論に走る。原発が御しにくい「虎」だとしても、その危険を
いかに減らす管理ができるかどうか、この際問われなければならない。

原子力発電所の管理、運営、安全規制のやり方に問題があったはずなのに、
いつの間にか、原子力発電所自体の存在が問題のように、白黒の決着を
迫られるみたいになっている。

海外でも、もちろん原発建設慎重論は増えているが(当然だ)、
日本での議論は、どういう国、組織の体制で、どういう安全対策を
将来講じるべきかに行っていないようだ。

おそらく、未収束のこの段階で、今後の原子力発電所の安全管理の
あり方を提言する人がいれば、‘原発擁護派’のレッテルを貼られる
空気が日本の空に横溢しているのだろう。
戦争時もそうだったが、白か黒かの2者択一で対立軸をつくるのが
好きな国民性がそこにある。

こういった中で、久方ぶりに、「Global Viewpoint」に掲載された
フランスのエンジニアリング・サービス・コンサルティング会社、
「Assystem」のCEOであるドミニク・ルイス氏の、日本にはない
論評に接し、視界が広がる思いがした。ご紹介したい
(どうせ原発推進派のフランス人の言うことだと、色眼鏡で見ないで
きいてください。なお一部、筆者のつぶやきも加わっています)。

ーーーーー

日本の福島第1原発の事故は衝撃的だったので、今や原子力発電所
自体を閉鎖すべきなどと、産業そのものが非難されるにいたっている。

しかし、メキシコ湾でBPがプラットフォームを沈ませ、甚大な被害を
もたらしたが、石油産業自体が非難されることはなかった。
何が違うのだろうか(原発から拡散増殖する放射能に対する未知の
恐ろしさからだろう)。

福島原発の事故拡散は、天災に人災が加わったものだ。
日本の問題は、日本における多くの原発オペレーター(電力会社)、
カルテル体質から来る秘密性、過去の事故の過小発表、保守的な
管理役所、そこから来る原発に固有のシステミックな危険の見過ごしである。
米国、フランスの管理体制とかなり違っている。

日本の原発管理体制、やり方にどういった問題があるのかという
観点で見てみたい。
今回の事故で明らかになったように、日本の設計者に十分な
システムの危機の査定がなかった(想定外の事態と逃げている)。

過去、2003年の東電の検査報告書の偽装、2007年の柏崎原発の
地震による想定以上の影響などあったが、その後何が改善されたか?
各電力会社ごとに安全設計基準、安全プロセスがまちまちなのもおかしな話だ
(各電力会社がそれぞれ一から原発を設計しているわけでもないし・・)。
各電力会社の横のつながり、協力も乏しい。

今回の地震、津波でも東北東海岸の原発が全滅したわけではない。
助かったところはなぜなのか。福島の非常用電源が守れなかったのはなぜなのか?

d0159325_23463712.jpg

これに対して、フランスでは全58の原子力発電所は、世界一の電力会社
「EDF,エレクトリシテ・ドゥ・フランス」(フランス電力)の管轄下にある。
発電量の74%が原子力だ。全発電所共通のプロセス管理だ。
もし、1箇所で不都合が起これば、直ちに全発電所がチェックされる。

フランスでは、このために、原子力発電エンジニアリングのエキスパートが
集められる。エリート・スペシャリストに、この例外的な発電機関を
デザイン、管理させる仕組みだ。
日本の場合、原発の下請けといえども、下請け作業員体制(日給1万円、
スキル、前歴を問わず)を知った時は、背筋が寒くなった。

米国では、79年のスリーマイル・アイランド事故をきっかけに
原発オペレーターの協力機関である「INPO」(原子力オペレーター機構)
が作られた。その後の原発安全運転、増加に効果を挙げている。

日本は、民間企業である各電力会社の意向が強いため、今回の事故収拾にあたり、
福島原発の保存、再開の思惑から、政府や外国の専門家への援助依頼が遅れ、結果
事故の収束を遅らせることになってしまった。

日本の国の、原発という例外的な発電所に対する管理も甘い。
「NISA」(原子力安全・保安院)が日本の54の原子力発電所の
安全管理、監督にあたるわけだが、直接強く指導する手段をもっていない。
そもそも、原子力発電所を推進する官庁である経済産業省の下に監督機関がある
のがおかしく、独立性に欠け、実行力に欠ける
(日本の役所、業者の馴れ合いに便利な組織になっている!?)。

さらに、総理府の元に、「原子力安全委員会」という審議会があるが、
この学者の集まりは、今回の事故に際して、とんちんかんさを露呈して
お飾りであるだけでなく、有害無益な組織であることを露呈してしまった。

米国には、「NRC」(原子力規制委員会)がある。
NRCの強い独立性と権限は、スリーマイル島事故後いっそう強化された。
今では、全米の原発に毎日監督官が常駐し、運転をモニターしている。
NRCの力により、アメリカの原発事故は、1985年当時の年平均2.4件から
2007年には0.2件に下がっている(飛行機と同じで、原発にも
事故はつきものだ。絶対安全などと、言うほうも信じるほうもおかしい)。

今後は、世界どこでも、天然ガスの利用や再利用可能エネルギー資源の活用、
また省エネ努力が必要となるだろう。
原子量発電は例外的エネルギー源だ。だから、そのように扱わなくてはいけない。

ーーーーー

太平洋戦争時の日本軍は、上層部が現場の状況を体を張って把握せず、
そのため、前線現場は、大局観もなく、その場の状況で動かざるをえなく、
見事なまでに敗北した。

今日の状況を見ても、まるで強敵原発をいかに押さえ込むかの
喧々諤々で(それも少ないかな)、いかに再度事故を犯さないかの
体制作りは遅れるようである。遅れるだけなら良いが、忘れっぽい国民性のこと、
福島が収束すれば、再び「想定外のことが起こったらしょうがないだろう」の
空気が地表に広がっていかなければいいが・・。
来年の今頃は、どうなっているだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2011-05-30 23:49 | アジア的な生活 | Comments(0)
恋するクロちゃん
うちのクロちゃん(雄のプードル)も、はや齢10ヶ月のお年頃。
最近では、オレンジ色のクッション、愛称「ガールフレンド」を
相手に、子作りの練習も始めていた。

d0159325_13183598.jpg

そこへ、きのう近所の友達の家に、ラブラドールの2ヶ月の子犬、
茶色と黒の2匹がやってきた。名前はまだない。二匹ともメス。

そこへクロちゃんを連れて行ったら、茶色の方のナムターン(仮名)に
一目ぼれ。
クロは、1ヶ月の時にうちに来て、ほとんど犬の世界に暮らしてこなかったので、
近所の犬と出会っても、積極的にアプローチしないが(それでも自分が黒いせいか、
白い犬が好き)、この薄茶色のメスのベイビーには、尻尾を振って離れない。
動画は、以下のyoutubeでご覧ください。
 http://www.youtube.com/watch?v=1PtsmAt00I4

相手の年齢も考えずに、メイクラブしようとせまるが、これはまだムリ・・。
それでも好きでたまらないのか、ずっとお尻を追っている。

d0159325_13274710.jpg

夜、家へ帰っても、ナムターンのことを忘れられず、
ふだんのような元気がない。今夜は言葉も話さない(いつもか)。
ひとり、窓から外を見つめている。眼にはうっすらと涙の跡が・・・。

夜もろくに眠れなかったようだ。食欲もない。
ラブ・シックに陥ったか?

けさ、2匹がうちへ遊びに来た。クロは、うれしくてナムターンに擦り寄り、
尻尾を振るばかり。私が呼んでも、普段のようにこちらには駆け寄ってこない。

ああ、恋するクロちゃん。
ナムターンが大きくなるまで、あと8ヶ月は待ってね。えっ、待てない?
育ての親としてはどうしたらいいでしょう?

(追記)
その2日後、クロちゃんは、去勢手術をすることにした。
食欲、睡眠が減退し、体に支障がでることが心配されるまでになったからだ。
クリニックの体重計に乗ったら、3キロ台。以前は6キロほどになっていたはずだが・・。

手術は支障なくできたが、その後2日、まだ元気は出ていない。
手術後の痛みもあるのだろう。
はやく、もとのクロちゃんのように元気になって欲しい!
[PR]
by ucci-h | 2011-05-30 13:28 | アジア的な生活 | Comments(2)
タイの「忠犬ハチ公物語」
昭和初期、渋谷駅で亡くなった主を待ちながら
毎日通いつめたという「忠犬ハチ公物語」は
誰でも知っている。
弁当や焼き鳥が目的だったという野暮なことは
言いますまい。

これに似た話が、直近のタイの新聞で伝えられている。
所は、タイ南部、サムイ島の西にあたるスラタニの街。
8ヶ月前ほどから、クラビー・カンチャナディット道路の
バス停付近に1匹の雄の2歳位のシェパード犬が
迷い犬として居座ったままだという。

d0159325_1324680.jpg

どうやら主人との再会を待っているようだと
地元の人たちは見ている。
捕まえようと近づくと、近くの林の中に逃げ込む。
近所の人が毎日えさをやっているそうだ。

フェースブックやラジオで広まったので、
4人ほどが飼い主として名乗りを上げたが、証明されていない。

忠誠心と独立心が強いといわれるシェパード(アルセイシャン)だから、
じっと主人と出会えるまで待っているのかな?
もしかしたら、近所の人のえさがお気に入りだったり・・・。
[PR]
by ucci-h | 2011-05-29 13:04 | アジア的な生活 | Comments(0)
マングローブ林を取り戻せ
熱帯地方の海岸沿いに茂るマングローブの林。
マングローブは、生態系を維持する上でも貴重な
存在だが、近年、炭焼きやえび養殖等で破壊が進んでいる。

マングローブは、固有名詞ではなく集合名詞だが、
3年ほど前、マレーシアのランカウイ島でマングローブ・ツアーに
行った時、面白い話を聞いた。
 「ランカウイ島訪問記 2008-1-19」
  http://uccih.exblog.jp/11106089

なぜ、塩水を吸いながら生きられるのか?
2つの方法があり、ひとつは葉の表面から塩を吐き出す種類。
もうひとつは、数枚の葉が黄色く枯れて犠牲になる種類。
自然の摂理には驚かされる。

マングローブは、森の植物以上に、エコロジーの回復に力があるという。

2700kmの海岸線を持つタイもマングローブの宝庫だ。
タイでは、この沿岸林により、二酸化炭素を中心とする温室効果ガス(GHG)
1億トンを年間吸収できるという。陸上の森林の4千万トンの倍以上だ。
日本のGHGの年間排出量が13億トンあまり、タイのそれが3.6億トン
ほどだから、すごい吸収量だ。

d0159325_11594032.jpg

しかし、タイでは、前述のように、マングローブの減少が進んでいる。
以前3680平方kmあったマングローブの面積は、最近では2400平方km
へと、35%も減少している。

温室効果ガスの増加は、気候変動の大きな原因と見られ、
ことにタイのように農業の比重の高い国は、減反等の被害に見舞われやすい。

こういった中で、マングローブ再生の手が打たれ始めた。
プーケットの東対岸にある観光地クラビー。
クラビーの町から数キロ離れた所に5000人ほどが住む島、クラン島がある。
そこでは、「ブルー・カーボン・ストレッジ」プロジェクトが始まり、
300ライ(480ヘクタール)のマングローブ地帯増加作戦がはじまった。

ことに、旅行客にもマングローブの苗木を配り、植えてもらうことによって
効果を挙げようとしている。
クラン島の島民も、この活動により、植林や苗木の栽培で経済的メリットを
受けることが期待されるという。
自分自身でマングローブの苗木を植える・・楽しいツアーだな。
[PR]
by ucci-h | 2011-05-29 12:16 | アジアのリゾート | Comments(0)
外資の流入でどう変貌するかラオス
ラオスの中国との国境の街、ボーテンへはまだ行ったことがないが、
そこはもう中国の町のようだと言われる。
カジノがあるが、中国人の客であふれ、ラオス人は歓迎されないそうだ。
おつりも人民元、言葉も中国語が飛び交っているという。

この人口600万人の共産党独裁の後進の山国には、
工業生産が少なく、森林、農業、水資源、水力発電、鉱物資源に
国の富の生産の半分以上を頼ってきたが、その国が外資の流入により
大きく変わろうとしている(タイのチェンコンからメコンを渡った
フエサイのホテルには、今では共産圏の国でもなかなか見かけない
マルクス・レーニンの写真が飾ってある)。

ラオスへの外資の流入額は、2001年の5100万ドルから、
2010年には、267倍の、136億ドルへ伸びた。
ラオスに隣接する中国、タイ、ベトナムの3国が中心だが、
中でも、中国は、鉱山、ダム、鉄道建設、農業と多くの資本を
透過してきている。

d0159325_21112384.jpg

外資の流入は基本歓迎される筋合いのものだが、
まるで、中国の植民地ならぬ‘植金地’のごとく、領土の延長の
ようであると、心配の声も聞かれる。

課題は、ラオスの政府側にプロジェクトのよしあし、必要性を
巧みに判断する仕分け力が十分あるかどうかだ。
下手をすると、政治的関係もあり、外資の趣くままに
翻弄されることが心配されている。

資金が入ってきて、国は豊かになっても富の分配がどう行くのかも
課題だ。
同時に、あのラオスの素朴な村のたたずまいや、穏やかの
人々の有様がどう変わっていくのか、今後10年のラオスの
変貌から目が離せないだろう。
[PR]
by ucci-h | 2011-05-28 21:12 | ミャンマー・ラオス・カンボジア | Comments(0)
日本向けにいっそう伸びるタイの食料品輸出
今年に入って、タイの食料品の日本向け輸出の伸びが、
昨年を上回っている。
昨年は12%の伸びで、28億ドルに達したが、
今年は15%伸びるかと期待される。

4月までの4ヶ月で、日本向け食料品輸出は24%伸びている。
日本の震災と復興需要が、伸びを大きくしている。
内訳は、加工チキン(食料品輸出シェア25%)が+32%、
魚介缶詰(シェア22%)が+30%、
冷凍えび(10%)が+10%伸びている。

タイの食料品輸出に占める日本市場のシェアは15%だが、
以前紹介したように、EU向けの16種の野菜が、農薬残留問題で、
今年は輸出自主規制されており、日本への輸出の好調さは、
その分を補って、タイの食料品輸出を支えている。
この4ヶ月で、タイの食料品輸出の総額は、50.5億ドルと、
前年比20%伸びている。

d0159325_20301748.jpg

日本は、食料品の60%を輸入にたよっているが、
食料品輸入におけるタイのシェアは、2005年の4%から、
2010年には6%の上がっている。
この間、中国からの輸入のシェアは、16%から14%に下がっている。

タイから日本への食料品輸出の増加はいい話だが、
EUで指摘されたタイ産野菜の農薬残留問題、日本でも
問題になったというニュースを聞かないのはなぜなんだろう?
 「タイのEU向け野菜の禁輸騒ぎ」
  http://uccih.exblog.jp/12733782
[PR]
by ucci-h | 2011-05-28 20:31 | 貿易・直接投資の動き | Comments(0)
タイの軍隊、警察は何人くらいいるのだろう?
タイは、軍隊、警察の力の強い国である。
総選挙ともなると、候補者も出るし、また軍や警察の支持
(必ずしも民主党支持というわけではない)の行方が注目される。

そこで、タイの軍人、警察の数を調べてみた。
軍隊は、42万人ほどで、日本の自衛隊の25万人を上回る。
 「図録:世界各国の軍事力」
  http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5220.html
警察官の数は、国家機密のところが多く、なかなか統計がない。
タイの警察官の数は、米国の情報で、ざっと25万人といわれる。

日本の29万人より少し少ないが、半分の人口比で見れば多い。
街に交通警官は多く見られ、ラッシュ時の交差点で手動で信号を
切り替えているとかえって遅いので、「ヤーレン・ソーラン」と
歌ってやる(ヤーレンは遊ぶなの意味。ソーランは日本語)。

d0159325_13371288.jpg

タイの警察ももともと徴兵制だったり、軍の士官学校出だったり、
今でも将官クラスがあり、軍隊と似ている(いちおう文官だが)。
新聞では、Pol Maj(警察少尉)などが見られる。
なお、称号に見られるMLモムルワンは王族のしるしである。

軍隊、警察あわせれば70万近くの武力があり、なかなか
マフィアややくざが別に行動する余地は少ない!?

もっとも、あの武力大国、中国は3000万人の軍隊と1000万人以上、
2000万人ほどの警察官を持つといわれるから、人口の違いを考慮しても、
タイもはるかに及ばないようだ。

タイの総選挙は、7月3日に行われる。
[PR]
by ucci-h | 2011-05-26 13:38 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイにおける不敬罪とは?
立憲君主国タイランドにおいて、
王様は尊敬の対象であり、その存在は絶対的ですらある。
刑法112条には、不敬罪(Lese Majeste)の規定がある。
王様を侮辱したかどで牢屋にぶちこまれた日本人もいる。
赤シャツ隊のリーダー、ジュトゥポーンも、5月の集会での
スピーチが不敬罪のかどで、保釈が取りやめられ、今入獄している。

しかし、この不敬罪は、その使い方に問題があり、
先週金曜日には、100人の作家、ジャーナリストたちが、
公開書簡を公表したと、バンコク・ポスト紙の前編集者ベーラ氏が
紙上で伝えている。

問題は、この規定の乱用である。
近年、この規定の使用が増えており、2005年から09年までに
訴えは547件も起こっていると、伝えている。

この規定を用いた脅しという政治的ツールとしての使用が、
言論の自由さえ圧迫しており許せないというわけだ。
「第112条不敬罪を知ろうキャンペーン」を張り出した。

d0159325_11434963.jpg

歴史的事実に基づく、善意の直截的記述さえ、王制への侮辱、中傷だと
不敬罪の対象とされてしまうというわけだ。

そもそも、侮辱(insult)の定義さえされていないので、
善意の批判さえ、中傷ととらえられがちだという。
運用上の問題は、誰でもが、誰に対してでも、訴えられることだ。
そのため、しばしば政治的ツールとして使われる。
しかも、法執行の、明確な基本的な手順がないそうだ。

不敬罪は、日本の明治初期にタイの近代化を果たした
ラーマ5世、チュラロンコーン王の時に導入された。
当時は最高3年の刑期だったが、今では最低3年、最高15年となっている。
キャンペーンを張る連中は、民主主義制度にふさわしくないと訴えている。

さて、黄門の印籠ならぬ、この不敬罪、使うほうにすれば
便利なツールで捨てられないだろう。
112条の修正は出てくるのだろうか。
[PR]
by ucci-h | 2011-05-26 11:45 | アジア的な生活 | Comments(0)
世界のマッチプレー選手権
ゴルフの試合は、基本やはりマッチ・プレーだと思う。
今のプロ競技では、時間の制約もあり、ほとんどが
ストローク・プレーだが、心理的駆け引きも含め、
ゴルフの醍醐味はやはりマッチプレーにある。

PGAツアーのトーナメントは、年間レギュラーのものが
1月のマウイ島を皮切りに、4大メジャーを含め45回、
そのほかに11本あるから、毎週のようにある。

その中で、マッチプレーは、2月に行なわれる
「ワールド・ゴルフ・チャンピオンシップス・
アクセンチュア・マッチプレー選手権」(賞金総額
850万ドルとメジャーを上回る)だけだ。
今年は、イギリスのルーク・ドナルドが優勝した。

あとは、その他のイベントで団体戦になるが、
1年おきに「ライダー・カップ」(アメリカ対ヨーロッパ)と
「プレジデンツ・カップ」(アメリカ対非欧州の国際)がある。

ちなみに1月にタイで行なわれる「ロイヤル・トロフィー」は
これに倣って、先日なくなったせべ・バレステロスが
欧州対アジアのマッチプレー団体戦として編み出したものだ。
なお、この大会は危ういところがあり、以下のようにJGTOの
山中専務理事が面白い裏舞台を披露してくれている。
人気も出てきたから、ぜひ続いて欲しいものだ。
http://golf.nikkei.co.jp/interview/lockerroom/article.aspx?id=MMGOz6000020012010

ヨーロピアン・ツアーは、こちらも年間52回ほどあるが
(アメリカのPGAツアーとダブるものもあるが・・)、
こちらのマッチプレー選手権は、先週スペインのアンダルシアで
行なわれた「ボルボ・ワールド・マッチプレー選手権」だ。
ルーク・ドナルドは、決勝で粘りのイアン・ポルターに敗れ、
初の両大会制覇はならなかった。

d0159325_142817.jpg

両方ともワールド・マッチプレーで紛らわしいが、
スポンサーがアメリカとスウェーデンで違う。
なお、こちらは出場選手が24人で、3人ずつ8組。
どうやるのかと思ったら、3人総当りで上位2名が
決勝トーナメントへ。何やらサッカーみたいだ。
どうせなら、3人一緒にプレーして、各ホールごとの
勝ち負けでやれば面白いのに・・(余計なことだが)。

今や、世界のゴルフランキングは、トップ5人のうち
4人がヨーロッパ人の時代。彼らのプレー振りは、
アメリカ人とはまた違った集中力が見られ、すばらしい。
日本では、あまり放映されないのだろうな・・。

ちなみに先週は、女子LPGAのマッチプレー「サイベース・
マッチプレー選手権」も、ニュージャージー州であった。2年目だが、
女子トップ10の内9人、計32人が出る華やかなものだった。
年初のパタヤの大会では、世界トップの台湾のヤニ・ツェンが
男勝りの強さを見せたが、このマッチプレーでは準々決勝で
パッティングに泣いた。藍ちゃん同じく準々決勝で敗退した。
優勝は、ノルウェーのピーターセンだった。

日本でも、2003年まで、北海道のうっそうとしたニドムの森で
「日本プロゴルフ・マッチプレー選手権」があったが、
29回で廃止されてしまった。高橋勝成は強かったなあ(あれは水戸の時か)。
嗚呼!
[PR]
by ucci-h | 2011-05-26 01:45 | スポーツ観戦 | Comments(0)
規制を乗り越えて増え続ける中国のゴルフ場
ゴルフ場の造成が、食糧地確保の観点から、
2004年以降規制されている中国で、
ゴルフ場が増えているようだ。

そこは中国のこと、規制はあっても需要に結びつくなら
抜け道を探す。
「カントリー公園」とか、「グリーンベルト地帯」と
銘打って、広い緑の地を開発する。

そのため、中国の農業用地は、この12年間で
833万ヘクタールほど減少したそうだ
(もちろん、ゴルフ場は、そのうちわずかだろうが・・)。

昨年も中国のゴルフ場は、14%増えて、490コースとなった。
おそらく、スペインやニュージーランドを越えて、世界のベストテンに
はいったはずだ。
ちなみに、世界のベスト5は、アメリカ、英国、日本、カナダ、豪州だ。
6位、7位は、ずっと下がって、ドイツ、フランスの600~500コースだ。

2007年に政府は、13億の民を食わせるために、1億2000万ヘクタール
(120万平方km、日本の国土の3倍)の農地を確保する旨、宣言しているが・・。

d0159325_20525555.jpg

中国のゴルフ人口は、近年飛躍的に増えており、昨年も11%増の33万人となってきた。
中国のプロゴルファーと言えば、ロイヤル・トロフィーにも出たLiang選手
しか知らないが(風貌がいい)、今後は、中国人ゴルファーがチェンマイにも増えるだろう。

ゴルフ場開発は、実は、地方自治体にも大きなメリットがあるので、
なかなか規制が行き届かないようだ。
中国の地方自治体にとって、農地の非農業向け販売はけっこうな収入になるようである。
[PR]
by ucci-h | 2011-05-24 20:55 | 中国・韓国そしてインド | Comments(1)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース