<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
インドへ来たアーリア人はなぜカースト制度を作ったのか?
インドに居る友人と交わしたインドに関する3つの疑問とその回答の
第1回目は、インドへ来たアーリア民族とインドでカースト制度ができたことの
因果関係についての質問です。

 「不思議な国インドの文化・歴史に関する3つの質問 2012-8-29」
  http://uccih.exblog.jp/16711276/

私からの質問:

北のインド人はアーリア系ですね。
チェンマイでも、西洋風の風貌のインド系のタイ人を割りに目にします。
アーリアと言うと、ドイツの民族浄化思想と言う偏った面しか思い出しませんが、
このアーリア系の文化とインドのカースト制度はどうつながったのでしょうね?

ゲルマン文化圏にも、私が知らないだけで、こういったカースト思想はあるのでしょうか?
ジプシーはおりますがね。それとも、インドのカーストの発祥は、
アーリアとは無関係で、インドで独自に生まれたものなのでしょうか?
分かったら教えてください。

d0159325_20184978.jpg

Sさんの答え:

同じアーリア人でも、移住先での環境・民族・文化・宗教に遭遇し、
それぞれの地での適合方法が、自然に、異なったようです。
人間は、社会的動物なので、進出先での文化や人間とどう対応するかによって
異なるようです。

インド、イラン、ドイツ、ギリシャ、ローマ、北欧へ移住していったアーリア人には、
インド・ヨーロッパ語族共通時代に由来する古代アーリア人としての豊かな口承伝説が、
共通してあります。

それでは、インドに行ったアーリア人は、何故、カースト制度を作り、
イラン、ドイツ、ギリシャ、ローマ、北欧ではそのようなものを作らなかったか。
移住先での抵抗勢力の存在の程度や、その環境・民族・文化・宗教に
遭遇し、影響により、対応が違っていったようです。

インドへ行ったアーリア人は、強力な抵抗勢力としてドラビダ人の存在があり、
硬軟両様の対応を迫まられた。
元々、世界4大文明の発祥の地、北インドには、インダス文明があり、
モヘンジョダロ遺跡は、ドラビダ人によって、作られていた。
インド・アーリア人は、そういう実力のあるドラビダ人への対応に頭を使った。

一つは、同化政策として、婚姻政策で取り込む手法と、もうひとつは、バラモン、
クシャトリア、バイシャ、スードラといったものを、武力・権力・財力をかざして、
身分差を固定化することで、秩序ある社会的な安定制度で統治する手法を
取ったようです。
丁度、徳川幕府安定の為に、既得権の武士の身分による地位保障を担保する為に、
士農工商を押しつけたような感じでしょうか。

一方、イランに定住した、アーリア人も、古いインド・ヨーロッパ語族共通時代に
由来する豊かな口承伝説を伝えていた。
それは、「太陽や天空を神々と捉え、火の崇拝などの儀式を行う」といった宗教思想で、
イランに定住したアーリア人と、他のギリシャ、ローマ、北欧へ行ったグループと
共通する宗教を持っていたと考えられています。

d0159325_20175090.jpg

又、インドへ行ったアーリア人の作った『リグ・ヴェーダ』に残された
古インド神話とも共通点が多いとされ、
ダエーワ(デーヴァ)やアフラ(アスラ)など神名、神格にも共通点が多くみられる。

イラン・アーリア人は、インド・アーリア人が直面したようなドラビダ人という
獅子身中の虫のような生存に脅かされる不安定な強力な勢力が存在していなかったので、
カースト制度のように抑圧的社会制度が、特に求められなかったと考えられます。

イラン・アーリア人の神話は、後にゾロアスター教の聖典『アヴェスター』、
特に神々への讃歌である『ヤシュト』として保存され、
この古代アーリア人の宗教、話をベースにしながら、
ゾロアスター教として、より高等に宗教化したものと考えられている。
それはより広範囲の、民族や文化の壁を越えて信仰されていった。

ギリシャ、ローマ、北欧へ行ったグループは、その後のキリスト教の台頭により、
改宗していったようです。
宗教は、政治勢力の一面もあり、その場所に定住した人達が、適者生存するために、
ダイナミックに変化していく面もあるようです。
 
日本では、元々、八尾万の神がいて、神道中心だったわけですが、
保守勢力の物部守屋と新興宗教・仏教を信仰する蘇我一族・聖徳太子の勢力が、
八尾一帯で、宗教戦争がありましたが、
結局、七五三は神道で、お葬式は仏式(92%)でというように、
「和を以て、貴しとなす」という国民性もあるのでしょうが、神仏を同時に信じている
ような社会もあります。

イラン地域はその後、アラブからのイスラーム勢力の侵入を受け、
政治的に、ゾロアスター教は、排斥され、徐々にイスラム化されていった。
その後、ゾロアスター教徒たちは迫害されながらも、一時は、近世のサファヴィー朝に
なり自由を与えられたが、徐々に、滅びて行き、インド等に移住していった。

因みに、インドのタタ財閥も、ソロアスター教徒で、イランからの帰化人とされています。

私の感想:

アーリア民族と言っても、歴史の移住の中で、
その土地の文化、状況に対応して行ったようですね。
インド・アーリア人とイラン・アーリア人の対比はなるほどと思われました。

紀元前15世紀ごろ、北方からアーリア人がやってきて土着のドラビダ人と
接触したとき、双方の宗教はどうだったのでしょうね?
紀元前のことだから、両者ともゾロアスター教以前の自然崇拝だったので、
宗教的対立はなかったのでしょうかね
(ドラビダ人からは韋駄天の神が生まれ、アーリア人からはバラモン教が
生まれたと言われますが・・・)。

次回は、その2、インドに南北民族戦争はなかったのか、です。
[PR]
by ucci-h | 2012-08-30 20:19 | 中国・韓国そしてインド | Comments(2)
不思議な国インドの歴史・文化に関する3つの疑問
インドは、日本の10倍近くの12億の人口を抱え、中国に次ぐ大国だが、
経済の発展は、政治力の不足からなお思わしくない。

先のオリンピックでもインドは、中国がアメリカに次ぎ金メダル38個、
金銀銅で88個を獲得したのに対して、金ゼロ、銀銅で6個と
人口の割りに乏しい結果だった。

1928年から1956年までオリンピックで連続して6つの金メダルを
手にしたかつてのお家芸ホッケーにおいても、今年のロンドン・オリンピックでは
6戦全敗、参加12か国中最下位に甘んじた。

d0159325_121684.jpg

インドは不思議な国である。
友人がしばらく前からインドに滞在しているので、彼とのやり取りの中で、
インドの文化・歴史に関する3つの疑問を呈してみた。

1.アーリア系の人々が作った国なのに、なぜカースト制度が残っているのか?
アーリアの文化とカーストは関係ないのか?

2.南のスリランカでは、北インドから来た連中と南インドから来た連中が
なお争っているが、インド亜大陸では、南北抗争は見られないのか?

3.仏教の足跡が多い国なのに、なぜ仏教が広まらず、ヒンドゥー教に
呑まれてしまったのか?

私の質問に対して、インドに滞在中の友人Sさんが、
いろいろ本を読んだり、足を運んで調べたり、インテリに聴取したりして、
調べてくれました。
次回から3回にわたって、彼からのとりあえずの返答を載せてみます。

“正答”というものはないのでしょうが、
インドの歴史・文化への洞察がうかがわれるので、引用させてもらうことに
しました。
お楽しみに。
[PR]
by ucci-h | 2012-08-29 12:02 | 中国・韓国そしてインド | Comments(2)
タイの高速鉄道計画、来年初めに国際入札
以前からお伝えしてきているタイの高速鉄道計画だが、
環境・健康アセスメントが終了する、いよいよ来年初めには、
第1フェーズの国際入札の運びとなるようだ。

第1フェーズは、4000億バーツ(1兆円強)の予算で、
2018年までに以下の4つの路線の完成が予定されている。

d0159325_18472393.jpg

バンコクから、東北のコラート方面へ(256km)、南のホアヒン方面へ(225km)、
北のチェンマイ方面へ(745km)、東のラヨーン方面へ(220km)の4路線である。

入札する予定の国々は、韓国、日本、中国、フランスと見込まれている。

タイ政府は、高速鉄道の敷設により、鉄道による貨物輸送の比率が
今のわずか2%から80%(?)に上がっていくものと期待している。

ことに、中国からラオスを経て、国境ノンカイから東北部コラートを経て
バンコクにいたる中国・タイ高速鉄道に期待している。
中国とタイの関係は、ますます緊密になっていきそうだ。

 「ラオスからタイへ高速鉄道に手を伸ばす中国 2011-12-31」
  http://uccih.exblog.jp/15195968/
[PR]
by ucci-h | 2012-08-28 18:49 | アセアンの動向 | Comments(0)
中産階級が細る“貧困大国”アメリカ
アメリカの大統領選が2ヶ月強あまりに迫ってきたが、
米国は経済停滞から抜け出せないでいる。

だから、現オバマ政権が不信任を突きつけられるとも言えず、
対抗馬の共和党のロムニー候補は、若手で威勢のいいポール・ライアンを
副大統領候補に据えたのはいいが、高齢者医療のメディケアの圧縮案を
出すなど、大統領選挙で高齢層から総すかんを食う恐れもぬぐえない。

「アメリカは、21世紀に入ってのこの10年間で、中産階級が著しく減った!」
という米国社会の根幹を揺るがす調査結果が、米調査会社ピウ・リサーチ・センター
からこの8月に発表された。

それによると、2001年から2010年までの10年間で、
米国の家計収入の中位数は、72,956ドルから、69,487ドルへ(2011年価格)、
実質で5%近く、3,469ドルも減ったという。

また家計純資産の中位数も、こちらは住宅価格や株式の下落で、
129,582ドルから、93,150ドルへ、3割近く、36,432ドルも減った。
“貧困大国アメリカ”はいっそうその姿を明確にしてきている。

d0159325_23413067.jpg

アンケートによると、政治家、金融界、大企業が、この順で悪いということに
なっているが、金融緩和、低金利政策がなかなか利かないのも事実だ。
といって、こういう不況の時代に、有権者から財政緊縮策が歓迎されるとも思われない。

ミドルクラス(中産階級)と称される世帯は、アメリカの平均所帯収入58,500ドルの
3分の2から2倍までだから、年収39,000~118,000ドル(312万円から944万円)の
世帯となる。

アメリカの中産階級所帯は、1971年には全所帯数の61%を占めていたが、
今日では51%と、まもなく5割を割りそうである。
また過去40年間で、低所得所帯数の割合は、25%だったのが29%と3割近くに
上がってきた。これに対し、高所得者層は、14%だったのが20%と上がってきた。

中産階級が細り、高所得層と低所得層への分解が進むアメリカ。
アメリカ資本主義の危機の一面と言えるだろう。
11月の大統領選挙の行方は、ここからも見える気がするが、さてどうなるだろう。
[PR]
by ucci-h | 2012-08-27 23:42 | 日本・米国・欧州 | Comments(1)
拡大するスマホ市場でアイフォンを凌駕するアンドロイド端末
スマート・フォン(スマホ)が大きく伸びている。

確かに、使い始めると、単に外にいても、電話する以外にも
ウエッブやEメールにアクセスできるというだけでなく、
ノート・パソコンより豊かにいろいろなアプリケーションを使える
のに驚かされる(ノート・パソコンも逆にそう変わっていくのかもしれない)。
自分に必要なアプリの取捨選択が迫られるくらいだ。

さらにアクセスがノートパソコンを立ち上げるのより速いので、
情報をすばやく取るのに便利だ。
普通の携帯に比べ、バッテリーの消耗が早い問題は残るが・・。

そのスマート・フォンだが、米調査会社データ・コーポレーションの調べによると、
2012年第2四半期には、サムスン、アップル中心に全部で1億5,400万台も
出荷され、前年同期比42%の伸びを見せたという。

それでも、携帯電話市場に占めるスマート・フォンのシェアはまだ40%弱だというから、
まだまだ伸びる余地がありそうだ。

d0159325_9142475.jpg

そして、5年前、2007年にアイ・フォンで先陣を切ったアップルに代わって、
いまや市場の先頭を走るのは、サムスンのアンドロイドOS(グーグル)を使った
スマート・フォンだ。年央に出たギャラクシーSⅢ(4.8型の大画面)の評判も良い。

第2四半期の出荷台数を見ると、iPhone1台に対して、アンドロイド携帯が4台
にもなっているという(1年前は1対2.5だった)。

アンドロイド1億500万台対アップルiOS2,600万台だ。
アンドロイド端末のうち5,020万台、アンドロイドの半分近く44%がサムスン製だ。

この結果、スマホの市場シェアは、アンドロイド68%(昨年47%)対アイ・フォン
17%(昨年19%)となったようだ。それ以外のブラックベリー、シンビアンなどは
あわせて昨年の34%から、15%にシェアを大きく落としている。

アンドロイドのグーグル対アップルの戦略の違いが、アンドロイドの拡大に
つながっているように見える。
アップルは、相変わらず高級機種を中心にした独自路線を取るのに対して、
アンドロイドは、サムスンほかHTCやモトローラなど携帯メーカー7社と
パートナーを組み、機種も豊富に、オープンな拡大を図っている。

数年前有力だったRIM社のブラックベリーやノキアのシンビアンは
押しやられ、いずれもスマホ市場でのシェアは、5%を割っている。

ただ、まだまだ成長する市場なので、マイクロソフトがこの10月にウインドウOSで、
来年はじめにはブラックベリーが新製品で巻き返しを図ると見られる。

8月24日、サンノゼの地裁での韓国系裁判長によるサムスンの特許侵害の
陪審で、アップル社が10億ドル強の特許侵害賠償を勝ち取った。
アップルはさらにサムスン携帯の販売停止を求めていくかもしれない。
もっとも両社の裁判訴訟は、世界9箇所でなお繰り返される。

アップル対サムスン・グーグルのスマホ競争は、なお続く。
[PR]
by ucci-h | 2012-08-27 09:15 | アジア的な生活 | Comments(0)
蒸留酒・たばこに続き、ビール税も引き上げか
先日、酒・たばこ税が引き上げられたことをお伝えし、
今回は、ビール、ワインは入っていなかったことを
書いたが、これらExcise Tax(物品税)を扱う
物品税局では、早くも、ビール、ワインの税の上限を
引き上げ、ビール、ワインの酒税引き上げも視野に入れてきた。

物品税全体では、年間3,650億バーツ(9500億円ほど)の税収があるが、
ガソリン・燃料がうち30%、自動車税が23%と大きい。
ビールは15%、タバコは14%、蒸留酒は12%と続く。
いずれも大きな税収源であり、引き上げも比較的容易である。

 「タイの酒税の改定案 2011-8-3」
  http://uccih.exblog.jp/14264228/

d0159325_1143935.jpg

タバコは、一箱3-14バーツ引き上げられたが(LM緑は、58バーツが66バーツに
なった)、蒸留酒も、一瓶5~12バーツ高くなった。

ビール税の引き上げは、まだアドバルーン段階だが、
引き上げられると、一瓶(633ml)5~10バーツ高くなるのだろうか。

蒸留酒(ラオ・カーオなど)の価格アップで、ビールに
需要がシフトするなどと思っていたら、ビールも追って価格アップとなりそうだ。

タイ貢献党の政策は、賃金中心にコストを引き上げ、
補助金政策を拡大し、財政赤字を広げる。
それをカバーするため税金を引き上げる。
つまり、物価引き上げ政策以外の何物でもなくなる。
[PR]
by ucci-h | 2012-08-26 11:43 | タイの財政・税金 | Comments(0)
北タイの日本兵と村娘の実話ロマンス
タイの日本人とタイ女性のロマンスといえば、
「メナムの残照」(クーガム運命の人、バンコクの造船所が舞台)の
小堀海軍大尉とタイ女性アンスマリンの悲恋のフィクションが
有名だ。何度か映画やドラマにもなっている。

同様に、ビルマ戦線へのメーホンソンは
クンユアムの地には、第2次大戦中、日本人将校と
タイの娘との実際のロマンスがあったという。

メーホンソンのクンユアムの地には、日本兵の
遺品を並べた「タイ日友好記念館」が昨年建てられ、
ひまわりの咲く今年の11月に正式オープンするという。

そして、1941年当時15歳で、日本から赴任してきた
福田軍曹と知り合い、恋に落ちたゲーオさんが
この開館式に主賓として出席する予定だった。

ゲーオさんと福田さんの間には、息子ブーンタンさんがいる
(今は教師を退職)。もう一人男の子もいるようだ。

鳥取県出身の福田さんの戦後の消息は定かではない。
終戦後日本に戻り、音信なく何年か前に亡くなったとも言われるし、
1950年にユアン川で脱走兵として逮捕され、バンコクの
病院で病死したとも言われる。

d0159325_1128228.jpg

そして・・・、
開館式を待たず、ゲーオさんもこの8月18日に、
86年の生涯を閉じた。

インパール戦線から敗走し、北タイに逃げ帰り、
現地の人の世話になった日本兵は多いが、
概して友好的な話が多く、心温まる。

福田軍曹も、戦いで傷を負い、ゲーオの父が
薬草に詳しかったので、手当てを受け、
ゲーオの看病も受けるうちに恋が芽生えたと言われる。

クンユアムの娘ゲーオのロマンスについても、
メナムの残照同様、映画化などの話しがあったようだが、
映画、ドラマになった話は聞いていない。

本人は亡くなったが、彼女の話や息子さんの話をもとに
クンユアムの娘の話も映像化されたらいい。

手元に「未帰還兵」(将口泰浩著。2008年、産経新聞出版)という本がある。
ここには、日本へ帰れなかった、帰らなかった旧日本兵の
物語がつづられているが、ゲーオと福田氏の話も出ている。

戦後67年。大戦の記憶は次第に薄れていく。
一方で、日本海の島々をめぐって国々の対立が先鋭化してきた。
[PR]
by ucci-h | 2012-08-25 11:29 | タイ人と日本人 | Comments(1)
タイの僧侶の托鉢のモンダイ
タイの朝は、僧の托鉢光景で始まる。
仏教国のもっとも典型的な景色だ。

しかし、この托鉢により、僧の健康問題が
生じていると言われる。

なぜか?
僧は自ら働いて食べることはできないので、
食べ物は托鉢に頼るわけだが、
近年、油分や砂糖分の多い托鉢食が多く、
僧の運動不足もあり、最近の調査では、僧の45%が
肥満気味だという。
高血圧や糖尿病も増えている。

d0159325_1665423.jpg

(ソムチャイさんのブログより拝借)

お坊さんには、もっと健康食を、
また食事を提供する人には、健康食を選ぶよう
研究者は薦めているが、
托鉢に供する食事は、もともと自分の家でも
食べるものではないか?

つまり、僧の肥満ということは、タイ人一般の肥満化
ということになるのでは?
[PR]
by ucci-h | 2012-08-24 16:07 | アジア的な生活 | Comments(4)
タイの最大手グラミーがYouTubeからミュージック・ビデオを削除?
YouTubeは便利なサイトである。
テレビで耳にした歌を検索し、視聴することができる。
この点では、YouTubeはレコード会社にとって宣伝ツールとなる。

また、好きな曲を集めて、CDに落とし、MP3で聞くことができる。
これは、レコード会社にとって、有料販売を減らすマイナスになる。

YouTubeは、著作権問題のからみもあり、微妙なバランスの上で
成り立っている。
しかし、すでに大きな市民権を得てしまった。
著作権者も、削除の要請ばかりして、目の敵にするわけにもいかない。
レコード会社や著作権協会とも協定を結んだりして、共存を図っている。

d0159325_19241174.jpg

その中で、8月9日、タイの最大のエンターテインメント会社、多くのCDで有名な
GMMグラミー社が、YouTubeに挑戦状をたたきつけた。
「グラミーの公式なミュージック・ビデオをYouTubeから削除する」と
発表した。

確かに、YouTubeでグラミー社のタイの歌を録画されたら、
有料売り上げにも響くだろう。
アメリカのレコード大手は、YouTubeと協定しているが、グラミーは
していないのだろうか?

グラミー社は、YouTubeの代わりに、自社で運営する
Gmember.Comでグラミーの楽曲を視聴するよう薦めている。
これは、録音、録画できないようにしてあるのだろうか?
ここから、録音できれば、YouTubeと変わりはないが・・。

そういえば、自分のYouTubeの「お気に入り」から過去削除された
ビデオクリップは、タイの楽曲が多い気もする。

グラミー社の言い分も分かるが、いまさら削除でもあるまいとも感じるが。
さて、この先、YouTubeとグラミーの関係はどうなっていくのだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2012-08-23 19:25 | アジア的な生活 | Comments(0)
酒・タバコ税に加え、国立公園入場料も引き上げられる
ポピュリスト政策で、財政の赤字が拡大している
タイ貢献党政権下では、これを少しでも補うためか、
いろいろな増税・増収策が出てきている。

Sin Tax(罪悪税)と呼ばれる酒、たばこにかかる
税金を引き上げるのは、どこの国の財政当局もやることだが、
タイでも2012年8月21日から、酒税、タバコ税が引き上げられた。

今回は、ビールやワイン、ウイスキーではなく、ラオ・カオなど
地元の蒸留酒と、タバコの税率がアップする。
それでも、年間120億バーツ(約310億円)の税収増になるようだ。

Sin Taxと並んで、10月1日より、国立公園の入場税も高くなる。
在留の我々はタイの免許証を手に入れてタイ人並みの料金で
入れるが、これも高くなる。ただし、全国145の国立公園のうち、
「グレードA」と格付けされている29の人気の高い国立公園に対してだ。
ドイ・インタノンやコラートのカオ・ヤイ、カンチャナブリのサイ・ヨック、
トラートのチャン島などが含まれる。

d0159325_21454457.jpg

引き上げは、以下のとおり。

タイ人 おとな 40バーツ→100バーツ +150%
     こども 20バーツ→50バーツ +150%
外国人 おとな 400バーツ→500バーツ +25%
     こども 200バーツ→300バーツ +50%

当局は、公園の管理費予算は1公園あたり平均1000万バーツで、
これでは足りないと言っている。また、国立公園の入場料としては、
国際的に高くないとも言っている。
まあ、この増収策で、国立公園が守られ、きれいになるならいいことだが。

毎年、国立公園を訪れる人は1000万人に上るというから、
150%の料金引き上げは、訪問者があまり減らなければ、
5億バーツ近い増収(1公園あたり350万バーツほどの増収)は、
国立公園の維持管理に寄与することになるのだが、さて。
[PR]
by ucci-h | 2012-08-22 21:46 | タイの財政・税金 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース