「ほっ」と。キャンペーン
<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
タイの農民にコメ代金が入ってこない!(その1)

いま、タイの多くの農民は、国に納めたコメに対する代金が

数ヶ月も払ってもらえず、困っている。

批判の多い、問題の多いタイ貢献党のコメ国家管理政策である

「コメ抵当スキーム」は破綻に近づいてきたように見える。


d0159325_00261069.jpg
(写真はいずれもバンコク・ポスト紙より)



このコメの国家管理プランが、インラック政権が成立した

2011年10月から発足して以来、その推移を追ってきたが、

予想通り、というか予想以上に、ネガティブな結果をもたらしてきた。




単にコメの流通や輸出低下という問題にとどまらず、

農民や関係ビジネスの債務の増加、さらに国の財政問題、

信用問題にまで火がつきそうなところへ近づいてきた。

折りから、選挙が予定されているが、へたをすると、

与党タイ貢献党の命取りにもなりそうな、大きな‘時限爆弾’となっている。




@@@@@




前回(2013年10月16日)、新年度(2013年10月~2014年9月)入りし、

3年目に入ったコメ国家管理政策の損失縮小計画を見たが

(思い切り縮小することが出来なかった)、

それから、3ヶ月経て、この制度は、「国の代金未払い」という

問題に発展してしまった。



 「10月新年度入り、タイのコメ政策は変わったか 2013-10-16」

  http://uccih.exblog.jp/19830757/


d0159325_00242269.jpg


ここで、この制度のお金の流れをおさらいしておこう。

政府は秘密主義で、在庫量や販売量を公にしないので、

各種の機関からの推定数字によることになる。




過去2年度(2011年10月~2013年9月度)について見ると、

コメの買上げ量は(抵当制度と言っても、実質は国による高値買上げ制度)、

2年間で籾量にして4,300万トン(精米量で2,700万トン)ほどになる見られる。

籾を精米すると、6割強の量になる。




@@@@@




籾量1トン当たり平均15,800バーツほどの高値(市場の4~5割増し)で

買い上げられたので、政府がコメの買上げに使ったお金は、この代金

,800億バーツ(2.1兆円)+倉庫その他の運営費用900億バーツ合わせ、

計7,700億バーツ(2.4兆円)という大金になった。




国の年間予算規模が2兆バーツ(6兆円)強の国で、予算規模の2割近くの

大金が年間投じられる。大盤振る舞いである。




@@@@@




そして、「タイのおコメは世界が欲しがるほどだから、外国にも高値で売れる」と

いう、世界のコメの需給関係(慢性的な供給余剰が数年続いている)を

無視した前提で出発した。




そのため、政府が高値で買い上げたコメは、外国からも足元を見られ、

政府の倉庫に山積みとなって、処分に困る事態となってしまった。

政府の在庫量は、精米量で1,700万トンと言われるが、近く2,000万トンに

届くだろうと見られる。

輸出のほぼ2年分のコメが貯まってしまった。


d0159325_00250144.jpg


そして、当然、高値で外国へ売って、売却金を次の年の買取資金に当てるという

政府の思惑が狂ってくる。




@@@@@




この制度の損失額は、どのくらいに上っているだろうか?

,300万トンほど(モミ量)買い上げて、半分近くの2,000万トンほど

(国内民間需要+政府による売却)が捌けたようだ。




しかし、市況の水準は低く、籾量トン当たり平均6,700バーツほど

(経費も含めた買取コスト平均17,900バーツの半分以下)ほどと推定されるので、

2年間の損失額は、7,700億バーツ(買取費用)―1,400億バーツ(売却収入)

=6,300億バーツほどとなる。これが実現損の水準だ。




@@@@@




そして政府の在庫量が、籾量にして2,300万トン(精米量で1,400万トン)ほどは

あると見られるので、

この在庫分の評価は、将来の収入源としてプラスしてやらねばならない。




政府は、在庫を買い取り価格の額で評価したいので、在庫分2,300万トン(モミ量)

については、評価損を認めず、買取価格そのもの、つまり3,600億バーツほどの

価値があると見る。在庫評価込みの2年間の損失額は2,700億バーツ程度

(6,300億―3,600億バーツ)と示唆している。

実際、政府は「年間の損失額は1,000億バーツ程度に過ぎない」と言っている。




@@@@@




しかし、売却は市場価格でしかできない。

政府間取引と言えども、中国でさえ、市場の倍近い価格で買ってはくれない。

コメの国際価格は、昨年1年で24%ほども下がっている。

かつて、5%精米で、ベトナム米よりトン当たり100ドル以上高かったタイ米も

ベトナム米のトン400ドル近くの価格に鞘寄せしてきてしまった。




さらに、倉庫に積まれた新米は、日に日に古米へと減価していく

(年間で20%減価すると言われる)。


d0159325_00234425.jpg


ひいき目に見ても、在庫の価額は2年を経た減価も加味すると、

精米ベースで1,700万トン(1,400万トン+過去の余剰分)在庫があるとしても、

トン当たり、減価も考慮すれば、平均10,000バーツで売れればよい状況だから、

市場価格で見た現在の在庫価額は、1,700億バーツ程度だろう。

政府の見るコスト評価による3,600億バーツの半分程度になる。




@@@@@




この評価額も、世界のコメ市場に大変化が起こらない限り、

年を経つほど低下していく。政府はもはや大きな損を覚悟で、

売却を急がなければならない状況となってきた。




従って、過去2年間の損失額は、在庫評価を踏まえても、

,300億バーツ(実現損)―1,700億バーツ(在庫評価額)

=4,600億バーツといった規模になっているだろう。




この先、世界のコメ余剰が続き、高いタイの古米がなお売れないとすると、

損失額は、なお拡大していく。




@@@@@




コメ代金が払えなくなったのは、損益の問題ではなく、

金繰りの問題である。




政府の、農民へのコメ代金未払いの顛末については次回に。





[PR]
by ucci-h | 2014-01-28 00:30 | タイの政治・経済・金融・為替 | Comments(0)
クラビ・ピピ島旅行写真選

寒いチェンマイから抜け出して、

南のタイにあるクラビへ行ってきた。

以前、サムイ島へ行った時、次はクラビに

行きたいなと思っていた。


d0159325_00523021.jpg


チェンマイからクラビへは、エアアジアの

直行便がある。

クラビは、ピピ島をはさんで、プーケットの東側にある。



北タイのチェンマイから南タイのクラビまでは

およそ1200kmある。

しかし、直行便は2時間ほどで運んでくれる。

早めにチケットを取っておくと安く行ける。



@@@@@



プーケットは日本人の旅行客にも人気があるが、

クラビ行きの飛行機の9割は西洋人である。

クラビの街や海岸にも日本人はほとんどおらず、

ロシア人を筆頭に、西洋人が目立った。


d0159325_00480732.jpg


タイの海岸リゾートは、

プーケットやサムイ島、サメット島など

島が多いが、クラビは、パタヤやホアヒンと同じく

陸海岸である。


d0159325_00483691.jpg


プーケットには年間350万人と、インドネシアの

バリ島(200万人)を上回る観光客が訪れるが、

クラビには40万人ほどと、同じく西洋人に人気の

サムイ島(70万人ほど)よりやや少ないくらいだ。


 「サムイ島やバリ島を上回るプーケットの人気 2011-2-13」

  http://uccih.exblog.jp/12869631/



@@@@@



その分、クラビには自然が残っている。

クラビは、地上にそそり立つ石灰岩の奇岩が

名物だが、メイン道路を走っていても、豊かな

自然の緑が目に入ってくる。


d0159325_00534536.jpg


また、海もすいていて、50mくらい沖に行っても

腰ぐらいにしか水の来ない遠浅の海が多い。

しかも水はあたたかく気持ちが良い。

海水浴やシュノーケリングには最高だ。



70kmほど離れたプーケットは、タイでも一番

物価が高く、タクシーや食事に出費がかさむが、

クラビはそれほどでもない。

もちろん観光地だからそれなりに高いが、

プーケットの7~8割の価格ですむと言えるだろう。


d0159325_00505092.jpg



@@@@@



中一日、船に乗って、ピピ島へ1泊で行ってみた。

ピピ島には、プーケットからも観光船がやってくる。

クラビの波止場からは1時間半ほどでピピ島に着ける。


d0159325_00490723.jpg


ピピ島の中ほどにホテルをとっておいたが、

島の南の波止場についてから、大事なことを

忘れていたことに気がついた。

この小さな島には車の走る道路がないのだ。


d0159325_00502401.jpg


結局海周りの舟に乗って、ホテルのある海岸へ行った。

ホテル代に迫る高い交通費となったが、

この舟旅は、海中に盛り上がる島を周りから

眺める観光舟であり、興趣あるものだった。


d0159325_00493161.jpg


@@@@@



ピピ島は、海岸が四方にたくさんあり(未開発の海岸も多い)、

宿から見る、日に照らされた大きなマングローブ林の緑は、

目に染み入るほど印象的だった。



そういえば、クラビのクラン島はタイにおけるマングローブ再生の

モデル・ケースだった。↓


 「マングローブ林を取り戻せ 2011-5-29」

  http://uccih.exblog.jp/13672525/


d0159325_00514517.jpg


最後の日は、西洋人の営むクラビの中心地アオナンの

海岸に面したビラ風の宿に泊まったが、

新しい宿で、明るくきれいだった。

1泊でなく、数日間のんびりと過ごしたい雰囲気の所だった。


d0159325_00542550.jpg

d0159325_00532185.jpg


クラビは、プーケットに比べ、ゆったりと自然が残り、

いい景勝地という印象が残った。





[PR]
by ucci-h | 2014-01-26 01:11 | アジアのリゾート | Comments(9)
南の国に雪が降る!?

寒い!

日本の話ではない。

南国タイの話である。



普通は、クリスマスから年末にかけてが

一番寒いが、今年はそれ以上に、1月末で寒い

(日本より2~3ヶ月ほど季節は先行しているはずだが・・)。



@@@@@



昨日の明け方の北の街チェンラーイの

街の中の気温はわずかに5度!


d0159325_23560515.jpg


20度を割れば肌寒く感じる南国のこと、

この日本並みの気温は、とてつもなく寒い。

昨年12月以降、この寒季の北タイでは

63人が寒さが誘因で亡くなったと言う。



山の上はマイナスに落ち込み霜が何回も

降りているという。

霜だけでなく、雪も舞ったとの話も聞く。



@@@@@



チェンマイの街中でも、朝夕は14~15度まで下がる。

長年住んできたが、夜寝るとき下着を着たり、

パジャマを着たりすることは今まではなかったが・・。

昼間でも、ゴルフ以外で靴下を履いたりする。



乾燥もしているし、おかげで風邪を引いてしまった。

鼻水がとまらない・・。



でも、1ヶ月もすると、暖かさを通り越して、

暑くなってくるんだろうな。

4月が一番暑い・・。



日本も寒い冬。

みなさん、風邪には気をつけましょう!





[PR]
by ucci-h | 2014-01-24 23:59 | アジア的な生活 | Comments(0)
“バンコク閉鎖”の背景 タクシン批判派の見方

2013年12月から強まった反政府派(反タクシン派)の

バンコクでのデモは、年が明けてから爆弾投下騒ぎもあり、

1月21日はついに首都バンコク及び周辺に非常事態宣言が出された。




一国の首都に非常事態宣言となると、海外からは「すわ一大事。

渡航や現地での外出もままならないだろう」という印象を受ける。



d0159325_01024667.jpg
(写真はいずれも、バンコク・ポスト紙より)



しかし、タイでは非常事態宣言は、過去多く出されており、

2010年の‘バンコク騒乱’の年は、4月に出された非常事態宣言が

引っ込められたのは、年末の12月だった

(騒乱は5月ごろ終息に向かったが)。

時の政府に多用されがちとの批判も多い。



 「日本で心配いただいている方へ タイ情勢異論 2010-5-20」

  http://uccih.exblog.jp/11147651/




@@@@@




タイに住む人間は、非常事態宣言には慣れており、

宣言自体が大きく普段の生活活動を縛るということにはならない。

とはいえ、今回の反政府デモの騒ぎは、小売りなど経済活動にも影響し始めており、

2月2日に予定される総選挙でおしまいと言うわけにもいかなそうで、

収束のめどは立っていない。




今回の反政府デモ、具体的には“タクシン体制の打倒”騒ぎは

どこから来ているのだろうか?




永年のタクシン派対反タクシン派の対立がまたぶり返したと言うより、

現インラック・タイ貢献党(タクシン派)政権の政策運営のまずさが、

このくすぶる対立に火をつけ、またタクシン派の赤シャツ隊支持の農民の

一部などにもタクシン離れの気を起こさせる事態が出ていることが、

反政府デモの規模を大きくしているようだ。



@@@@@




今回の騒動の背景についてはなかなかタイのマスメディアに接しても判りにくいが、

1月16日付のバンコク・ポスト紙の紹介記事の中で、

タクシン批判のティラユット・タマサート大学サンヤ・ダルマサクリー研究所所長の

現在の“バンコク・シャットダウン”の動きへの見解が載っていた。




もちろん、反タクシン色の強いコメントだが、

現在のタクシンが操るタイ貢献党政権への批判の根っこが見えてくるので、

ご参考に紹介しておこう。

なお、カッコ内は筆者のコメントである。



d0159325_01092086.jpg


ーーーーーーーー



現在の反政府運動に対し、インラック政権の勝ち目は小さいと見る。

それは、タクシンの影響力が衰え始めているからである。

また、現政権でも、タクシン派は選挙民への約束を守りそこなって

来たからだ。



彼の‘ポピュリスト政策’は、彼の周辺へのベネフィットをもたらす

ものだが、草の根の人々へのおこぼれはわずかなものとなった。


(もともと、批判の多いコメ抵当スキームにしても、政権関係者への

“集金スキーム”の色彩が強く、農民へのベネフィットは焦げ付いてきている)




@@@@@




反政府デモも決定的な勝利を得られるわけではなく、

‘国の改造’もむずかしいことだ。

反対派が“人民議会”の設立を試みても、ビジネスやエリート層の支持を

得られるわけではない。




我慢強く、“汚職撲滅”をスローガンにかかげ、ビジネス界などの

サポートも得るべきだ。

タクシン派は、政権を通じて、汚職の機会を広げてきており、

これに対する草の根層の反発は強いはずである。



ーーーーーーーー




タイ貢献党政権のポピュリスト的経済政策は、農民など低所得者層を

助けるという趣旨で票を獲得し、施行されたが、その拙いやり方で

名目の低所得者層援助が陰ってしまい、

裏にあるはずの政治資金集金マシーンの性格が表立ってしまった形だ。




コメ代金の支払いに行き詰まると、票田の農民層の離反が

懸念される事態となっている。




@@@@@



d0159325_01131856.jpg



なお、インラック政権の発足時に財務大臣に就いたティラチャイ氏

(中央銀行での経験の長いエコノミスト)は、

ポピュリスト政策はやめるべきだと言っている。

民間投資を刺激し、税収を多様化する経済政策を採用すべきだと

最近述べている。




「民間投資の拡大が、就労を増やし、輸出を増やす。

ポピュリスト的経済政策は、当面の景気を盛り上げるが、

その後は尻すぼみとなり、借金を増やす結果となる」

と述べている。



政策の拙さへの不満が底流にあるバンコクの騒乱は、

うまく収拾しないと、さらにタイ経済にネガティブに働くかもしれない。






[PR]
by ucci-h | 2014-01-23 01:15 | タイの政治・経済・金融・為替 | Comments(0)
タイでミニバスに乗るときは注意!

タイにおいて、小旅行するときは、ミニバスは安くて便利である。



d0159325_01024969.jpg



しかし、以前記したように、ミニバス(ロットゥー、マイクロバスのこと)は怖い。

タイにおける自動車事故の3分の一は、ミニバスが絡んでいると、

「FFC」(消費者ファウンデーション)の調査では、出ている。



 「ミニバスなどバスは怖い 2012-2-18」

  http://uccih.exblog.jp/15449679/



@@@@@



同調査によると、ミニバスがらみの事故は、

バンコク広域で、一日平均7件起きているという。

ことに、登録された黄色ナンバーでないミニバスの場合、

事故が起きると運転手は逃げてしまい、始末が悪いと言われる。



ミニバスは、運転手も含めて15人が定員だが、

25人も詰め込んで事故を起こした例があるという。

ミニバスは、安全ベルトの着いていない車が多い。



@@@@@



バンコク広域で、登録された黄色ナンバー車だけで、

市内で5000台、郊外で5400台、計1万台以上走っている。



営業車のミニバスは、300km以上行っては行けないことに

なっているが、バンコクからピサヌロークなど遠方へも

そこはタイのこと、遠距離へも行く。



知らない山道での事故も多いから、運転手選びは信頼できる

ところにしないと怖い。

ミニバスは便利だが、慎重に選ぼう。





[PR]
by ucci-h | 2014-01-17 01:06 | アジア的な生活 | Comments(0)
チェンマイで見つけたおいしいカオトム屋

新しい年、元日にパヤオ(チェンマイの東北東100km、

チェンラーイの南100kmにある)の湖畔の食堂の桟に

頭をぶつけて以来、クロもお腹を下したりで、

ろくなことがなかったが、いいことも巡ってきた。



ちなみに、パヤオ県は、古くから王国ができた地で、

チェンマイの3人の王様像にもパヤオのガムムアーン王

(13世紀)の顔も加わっている。

しかし、この静かな地は産業に恵まれず、

おととしまでタイで一番最低賃金が低い県だった。



@@@@@



いい事と言うのは、新年になって、

チェンマイでおいしいカオトム(おかゆ)の店を

見つけたことだ。



カオトムと言っても、タイ風の肉団子だけはいった

おかゆではなく、おかゆ(1バーツ)をベースに、

いろいろなおかずを取って食べる、中国風のカオトム屋だ。



近所にもいろいろカオトム屋があって、

さっぱりしたものを食べたいとき、時々行くが、

この店は、味といい、ボリュームといい、活気のある雰囲気といい一番だ。



@@@@@



カオトム屋といっても、中国風タイ料理のメニューも

豊富だから、ジャンルを超えて、チェンマイで屈指のおいしい

お店に入ってきそうだ。



トムチュー(薄味スープ)は、他の店と違い、

大根や白菜が多く入った、具沢山でおいしい。



パックブン・ファイデーン(空芯采炒め)も味がしっかりしている。

カオトムに入れる塩辛魚もほぐれて入れやすい。



@@@@@



そして、この店の特選品なのか、

カイトゥン(茶碗蒸し風の卵とじ)が、見かけがしゃれているだけでなく、

食べておいしい。中身のおいしい卵料理はうれしいものだ。


d0159325_01260446.jpg



お店は、夕方からだが、にぎわっている。

店の女の子たちも活気があり、可愛い。

オープン・キチンも活気がある。



場所は、スーパーハイウェイからメージョー交差点を

折れ、ミーチョーク・プラザに向かう1001号線を

500mほど行ったところの、左側にある。



右手にフォードの大きな青い看板が見えたら、

その先50mほどの左側に赤白の看板が見える。

店の名は、「クラーン・ビヤン」である。






[PR]
by ucci-h | 2014-01-16 01:28 | タイでの食 | Comments(2)
2014年が21世紀世界の分岐点になる!?

2014年の幕が明けた。

世界の景気は何とか持ちこたえそうで、

日本の株式には楽観論が目立ち、

「馬」の疾走の年にしたい期待が走る。



5年、10年の歩みは速いが、

100年単位で時代を見ることは少ない。

しかし、デイビッド・ブリンという未来学者が、

「21世紀のほんとうの始まりはこの2014年から

ではないだろうか」と言っている。



d0159325_13514851.png



と言うのは、19世紀は1814年、20世紀は1914年が

それぞれ、歴史の分岐点になったからである。

面白い見方なので、彼の見方を紹介しつつ、

歴史の事実を振り返ってみよう。



@@@@@



100年前の1914年。

欧米の市民は、洗濯機、ガス・ストーブ、電燈、

電話、ラジオ、自動車などの文明の利器の広がりを

見て、未来にばら色の夢を描いていた。



しかし、1914年6月サライエボで第1次世界大戦が

勃発。西欧社会は未曾有の戦争に巻き込まれた。

1918年の終戦で、これで大規模の戦争は終わったかと

思われたが、1939年にこれを上回る第2次大戦が勃発してしまった。

20世紀は、世界戦争の世紀となった。



200年前の1814年。

18世紀末の米国の独立やフランス革命を経て、

19世紀初め、欧州はナポレオンを中心に戦乱が続いていた。

1814年、ナポレオンの敗退をきっかけに、

欧州は、ウイーン列国会議を経て、安定に向かう。

そして、それは西欧諸国の植民地支配の始まりともなった。



@@@@@



2014年。

21世紀の世界はどこに向かうのだろうか。

中国の台頭で東・南支那海の波は立っているが、

米中両大国の対峙はどこに向かうのだろうか。

間に挟まれた日本は、軍事増強に向かっていくのか。



d0159325_13512326.png



一方で、世界は未曾有の高齢社会を迎える。

各国での世代対立は起きないだろうか。

もう一方で、情報化社会の発展で世界はいっそう

狭くなってきている。世界中の社会安定に資するのだろうか。



楽観と悲観は交じり、先は読めないが、

この2014年に何か起こって、それが今後100年の

世界の方向を示すことになるのだろうか。





[PR]
by ucci-h | 2014-01-06 13:53 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新のコメント
また食べに行ってください。
by ucci-h at 00:06
初めまして 先日から2..
by Hapiness-forever at 22:51
良かったですね!
by ucci-h at 14:04
この屋台群、南側の海鮮屋..
by muga at 17:30
ハンドン・ビッグCのルー..
by ucci-h at 17:20
方角的には、東へとなりま..
by ucci-h at 17:10
以前はBig-Cハンドン..
by muga at 21:08
こんばんは、駅から南へ7..
by muga at 20:14
もう3年もタイに帰ってい..
by hitomiffy1531 at 06:45
フェスティバル/トーキョ..
by 黒川知樹 at 13:49
きこさん 何かチェンマ..
by ucci-h at 20:46
日本の天皇陛下のように、..
by 今井 at 16:05
若じいさん 軍事政権で..
by ucci-h at 11:32
いつも楽しく拝見しいます..
by 若じい at 09:46
mugaさん あり..
by ucci-h at 10:33
Takiさん、ありがとう..
by ucci-h at 01:09
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース