<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
テニス・トーナメント、ランキングに響くマスターズ連戦はじまる
プロ・テニスツアーのマスターズ初戦の
「インディアン・ウエルズ・マスターズ」
(南カリフォルニア・パームスプリング地域)は、
世界のトップ・ランキング10人全員の参加で
3月中旬に行なわれた。

d0159325_10402699.jpg



マスターズ・シリーズは年間9つあり、
グランドスラムの次に来る大会で、優勝ポイントは
1000。今回の賞金総額はマスターズ最高の
538万ドル(6.5億円ほど)にのぼる。

 「ツアー最終戦10月末のパリ・マスターズ 2014-10-27」
  http://uccih.exblog.jp/21247751/



決勝は順当に、世界1位のジョコビッチと
世界2位のフェデラーの戦いとなり、フルセットで
ジョコビッチが優勝。

d0159325_1111194.jpg



彼も珍しくタイブレークでは緊張したが、
賞金90万ドル(1億円あまり)を獲得した。


@@@@@


今回のトーナメントの結果は、ほぼ順当だったので、
世界のポイント・ランキングに大きな変動はなかった。


錦織選手は、ベスト16で、フェリシアーノ・ロペス(ス、12位)に
敗れたが、前年はベスト32どまりだったので、90ポイントを
獲得し、年間5460点とし、第5位を保った。

d0159325_1122630.jpg



2回戦で敗退したワウリンカ(スイス)は80点減り、4515点と、
7位から、フェレール(4580点)に代わって、8位に下がった。


今回特筆べきは、錦織選手のライバル、ラオニック(加)だろう。
ビッグ・サーブにショットの良さが加わり、準決勝まで進出した。
6位、5160点と伸ばし、錦織選手に300点差へ迫ってきた。

d0159325_1133244.jpg



@@@@@


今週末からは、マスターズ第2戦の「マイアミ・オープン」が始まる。
昨年は、ジョコビッチがナダルをやぶり優勝。

d0159325_11527100.jpg



錦織選手が準決勝まで行って360ポイントを獲得している。
言い換えると、今回準々決勝以下だと累計ポイントが下がることになる。
ラオニッチも昨年は準々決勝まで行き180ポイント獲得している。


“地元”マイアミでの錦織選手の活躍を期待しよう。
組み合わせはまもなく発表されよう。
[PR]
by ucci-h | 2015-03-24 11:07 | スポーツ観戦 | Comments(0)
東南アジア最高峰キナバル山(4095m)登頂記(後編)
キナバル登山は、富士山などと違って、
中腹3,200mの小屋の収容能力によって
一日の登山者数を制限している。
従って、小屋の予約が登山の必須条件となる。

d0159325_20545698.jpg



今は5つほど小屋があって、200人近くが泊まれる。
しかし、多くのベッドは現地の旅行代理店が早くから
押さえているようで、半年前から直接現地にメールしたり、
電話しても、なかなか宿泊の予約ができなかった。


代理店のパッケージ価格は、小屋の宿泊代に
街から現地への送迎代、ガイド代、入山許可料など
入れて、1泊2日で、一人だと1480リンギほど、5万円近くになる。
高額登山となる。


@@@@@


個人で手配するなら、どう積み上げても600リンギ(2万円)ほどにしか
ならないが、売り手市場で、現地の代理店などに多く落ちる仕掛けに
なっているようだ。


やむをえず、結局現地の代理店を使ったが、
その分安心ではあった。山登り以外にも登山手続きの
リスクを負うのはしんどかった。
往復の送り迎え(片道車で2時間)が個人専用車
だったことを考えれば、まあいいとしよう。


しかし、小屋については想定外だった。
5万円のパッケージだから個室だと思っていたら、
集団のドミトリーだった。
この点、パッケージの説明にはなかった。


@@@@@


ドミトリーの2段ベッドは、まるでハンモックのようで、体重で大きくへこむ。
まあ一晩だからいいが、夕方7時前に夕食の後、
朝2時起床に備えて、ベッドに入った。
寒いので、ビバークのように着込んで寝たのは良かったが、
ほとんど眠れなかった。


夜中の2時すぎ、軽く食事をすませ、ヘッドランプをつけて、登頂に出発。
小屋から頂上まで2.7km。標高差800mを登り、ご来光を仰ぐ。
平均斜度は17度を超える。
夜だから見えないが、頂上アタックは、広いグラナイト(花崗岩)の石板を登っていく。

d0159325_20573078.jpg



キリマンジャロ登頂の胸突き8丁は酸素の薄さに苦しめられたが、
ここキナバル山でも登山中の呼吸が苦しい。
呼吸の2拍子を、“呼吸吸”の3拍子に変えて、吸気を多くして凌いだ。
ちょうど創部60周年とかで、明治学院大学のサークル14人ほどの
学生が来ていたが、2~3人、高山病でやられていた。


@@@@@

d0159325_20584162.jpg



しかし、空が明るくなり始め、頂が見えてきても、なお岩の峰がそびえている。
結局、頂上まで4時間近くかかったか。
槍ヶ岳や甲斐駒ケ岳の岩の頂上に負けない厳しいピークから、
朝の陽が登ったところが見れた。360度の展望で、周りの山脈が眺められる。
しかし、頂上で横になれるような所はない。


d0159325_20591396.jpg

d0159325_20595015.jpg




くだりは、一日で登山ゲートまで下ることになる。
キリマンジャロのときは、4日かけて登ったルートを一気に一日で
駆け下りたが、キナバル山の難所は、このくだりに待っていた。

d0159325_2151857.jpg



頂上からの岩山を途中すべりながら、ロープに捉まってくだる。
高度が下がっていくので、呼吸は心持楽になる。
7km地点のチェックポイントくらいまでは、楽勝の気分だった。


@@@@@

d0159325_211172.jpg



ところが、6km地点の小屋群手前のくだり階段の連続あたりから、
足を下ろすのがしんどくなってきた。
小屋で休憩後、ゴールまで6kmのくだりとなる。
ガイドから、見かねて、スティック(レンタルの杖)を与えられる。

d0159325_212188.jpg



6kmのくだりは、これまで経験したことがないほど脚に来た。
太もも前面の大腿四頭筋が痛むほど固くなり、膝の折り曲げを
助けられなくなった。
平地ならいいのだが、きついくだりの連続である。
脚を杖で叩きながら下った。


結局、スティックと階段の手すりにつかまりながら、
6kmのくだりを、8時間もかけて下った。
何とか明るいうちに、スタート・ポイントに着いた。
支えてくれたのは、意地だけである。
キナバル公園本部で、「登山証明書」を10リンギで買った。


車で夕方ホテルに戻り、翌朝にはコタ・キナバルを後にしたが、
太ももの痛みが引くには3日ほどかかった。
チェンマイにいるとゴルフの時ぐらいしか歩かず、車ばかりだ。
普段から山に登り、またスクワットをして、
足腰を鍛えておく必要性を感じたキナバル登山だった。

d0159325_2125380.jpg



(キナバル山登頂記おわり)
[PR]
by ucci-h | 2015-03-21 21:06 | アジアのリゾート | Comments(2)
東南アジア最高峰キナバル山(4095m)登頂記(前編)
東南アジアの最高峰と言われるボルネオ島
マレーシアのコタ・キナバルにあるキナバル山、4095m。


2015年3月上旬に5泊6日の日程で
キナバル登山を果たしてきた。

d0159325_1273435.jpg



4000mを超える高峰登山は、アフリカのキリマンジャロ(5895m)登山
(頂上が火口のコンゴのニーラゴンゴ火山3470mにも登ったなあ)
以来だが、数えてみたらなんと45年ぶりの高峰登山だった
(歳がばれそうだ)。


@@@@@


キリマンジャロが南緯3度、キナバル山が北緯6度、いずれも
赤道上に近い南国の高山である。


登る前に一番悩んだのは服装。
一泊するラバン・ラタ・ハット(標高3272m)までは、昼間歩き続けるので
熱帯の昼間、汗もかくし暑いはずである。頂上アタックは夜中だし寒いはずだ。
半ズボンに長ソックス、半袖シャツで登った。
これは正解。半そでシャツは汗でびっしょりになった。


案内には、「キナバル山は登山ルートもよく整備してありますので、
初心者でも楽に登山を楽しめます」と謳っているが、イメージより
きついコースが続くルートだった。
植物を眺めながら楽しく登山というイメージではなかった。

d0159325_1295282.jpg



@@@@@


朝9時過ぎに「ティンポホン」登山ゲート(標高1867m)を出発。
宿泊小屋まで6kmの行程だが、この間標高差1400m登ることになる。
平均斜度は13.5度。白馬栂池高原最上部をまっすぐ登り続ける傾斜となる。

d0159325_12131021.jpg



このキナバル山の登山コースは、南斜面をほぼ直線に登るようになっている。
尾根道を歩くとか、山腹をトラバースするなどは、ほとんどない。
もっぱら直線的に、最初は木の階段、後半は石の階段を登り続けることになる。
神社の階段を何千メートルも登るようなものだ。

d0159325_12103429.jpg



@@@@@


山登りに備えて、自転車こぎや、コタキナバルの来てからも
街歩きなどで足を鍛えたつもりだが、斜度のきつい山道を足を上げ続けるのは
しんどいものだ。
最初は休みも入れて、1キロ平均40分(時速1.5km)もかければ、
ふつう5~6時間と言うが、4時間ほどで小屋までつくだろうと高をくくったが、
そうは行かなかった。


やはり、3000m(5.0km地点)を過ぎると、呼吸が苦しくなる。
酸素が足りない感じだ。
キリマンジャロの最後の登頂(4~5千mのアタック)のときも
高山病の症状に悩まされたが、3000mを超えると
酸素の圧力も下界の3分の2ほどに下がるようだ。

d0159325_12111949.jpg



結局、最後の1kmに難儀をし、
小屋に着いたのは、2~3時どころか、5時になっていた。
ああ、しんど。明日の頂上アタックが思いやられる。

d0159325_12121073.jpg



(後編に続く)
[PR]
by ucci-h | 2015-03-20 12:14 | アジアのリゾート | Comments(2)
コタ・キナバルのビーチで、ボルネオでの戦争を考える
太平洋戦争当時、ゴムやすず、油田を求めて、
ボルネオ島北端のサバ州を日本軍が手中に収めたのは、
開戦間もない1942年の年初だった。


今は観光地のコタ・キナバル(当時のイギリス統治下の
地名はジェッセルトン)も1月9日に日本軍の手に落ちている。


地元民と観光客で賑わう街の南部に広がるビーチ
「タンジュン・アル」(松の岬)で、夕陽を見ながらプロモーションの
アサヒ・ビールを飲んだ。73年の月日が経っている。

d0159325_1394968.jpg



日本のビールを飲みながら、こちらで買った「サバ州・日本軍の下で」という
現地のインテリが記した本を読んだ。

d0159325_1312852.jpg



@@@@@


サバ州にやってきた日本軍の軍政下での厳しい現地の人の
生活を描き出すが、冒頭では広島の惨状が語られる。
戦争の悲惨さには敵も味方もない。

d0159325_13272487.jpg



ボルネオ島は日本の本州の3倍以上もある世界第3位の大きな島だ。
北にマレーシアとブルネイ、南にインドネシアと3カ国が同居する
珍しい島でもある。
北ボルネオは、フィリピンに限りなく近い。

d0159325_13284119.jpg



日本の占領は終戦の年1945年6月まで続いたが、
結局オーストラリア軍などに追い出されてしまった。

d0159325_13305156.jpg



@@@@@


戦争の悲惨さは数ではないが、
戦争では信じられない数の人間が殺される。


戦争末期、学生や軍属を乗せた日本の防備のうすい輸送船は
どんどん太平洋に沈められ、
1944年だけで、大型船だけで22隻にのぼった。
一隻あたり1500名から5000名が海に沈んだ。
平常時なら、新聞紙面が追いつかない犠牲者数である。


広島・長崎の犠牲者はあわせて21万人だが、
1945年3月10日の東京空襲でも、一晩で10万人の市民が
焼夷弾で焼き殺された。


@@@@@


ことし、欧州ではドレスデン空襲70周年を悼み、
各地で追悼儀式が行なわれたという。
ドレスデンの犠牲者は1万8千人だそうだ。


戦争末期の本土空襲で、東京空襲も含め、
日本国民は30万人以上が犠牲になったとみられる。
東京空襲については小さな博物館と小さな行事しかない。


他国への侵略を陳謝するのも大事だが、過去と向き合い
自国民の命の追悼をきっちりやらない国は、
IS国と同じで、「人の命を軽んじる国」と、外国から
いつまでもレッテルを貼られてしまう。


「過去に目を閉ざす者は、現在に対してもやはり盲目となる」
・・・1985年5月8日 R.ヴァイツゼッカー第6代大統領
「荒れ野の40年」 ドイツ連邦議会演説より

http://www.hum.nagoya-cu.ac.jp/~bessho/Vorlesungen/Weizsaecker1985Rede.htm
[PR]
by ucci-h | 2015-03-18 13:32 | アジア的な生活 | Comments(0)
「あなたあてに700万円の入金がありました」・・・心当たりない ミステリー
3月16日(月)の午前10時頃だった。
バンコク銀行から自分の携帯の電話がかかってきて、
「日本から700万円があなたに送金されてきたから、
バーツに代えて口座に入れるか、書類をしたため、
円預金口座を作るか、返事をくれ」ときた。

d0159325_195346.jpg



700万円?自分で、ないしは日本の家族から送ってもらう
心当たりはない。
私の名前で、日本のM銀行から送金されてきたという。
おかしい。
いちおう日本の家族などにあたったが、そんなことするわけがない。
ミステリーである・・。


考えられるのは・・・

誰かが間違えて私に送金した?
あるいは、悪意のある人間が、リスクを取って私に金を掴ませようとした?
あるいは?
まずは、電話してきた女性がBK銀行を語る偽者かのチェックから入った。


@@@@@


BK銀行からの情報は、日本の銀行の口座番号と
送金の参照番号、それと某県I市からと言うだけ。
日本のM銀行に問い合わせても、秘匿義務から教えてもらえない。


だいいち、送金するのに自己証明が要るだろうから
自分の名を語ったとも思えない。
とりあえず、黙ってもらっておけばとの悪魔のささやきもあったが、
これが悪意のある人間の作為からとすると、あとが怖い。
「お前は金だけ受け取っておいて、ブツを提供しない」とからまれることになる。


ともかく受け取らず、無視することにした。
そしてBK銀行には、「心当たりがないので受け取らない」
「送金元へ返してくれ」と伝えた。


@@@@@


その会話の中でわかった。

銀行いわく、「受取拒否という形は出来ません」
「支店へ来て送り返してください」てなことを言う。
「バ○○○○○の支店(バンコク郊外)でやってください」
「はあ?なぜバンコクへ行くの?チェンマイから・・・」


銀行の係りは、受取人の名前をデータベースから
検索する際、同じ名前を住所も確認せず、おそらく一番上から
選んで私に連絡してきたのだろう。


朝10時から午後4時まで“700万円送金騒動”で一日振り回された。
銀行に、国際電話代など請求したいところだ。

いろいろ貴重なアドバイスをいただいた方々、ありがとうございました!


バンコク銀行はサービスが悪いので5年前から使っていない。
当時の私の口座情報から電話番号を見つけ、
あわてものの顧客係が電話してきたのだろう。


 「バンコク銀行には愛想が尽きた 2009-12-1」
  http://uccih.exblog.jp/11256360/
[PR]
by ucci-h | 2015-03-17 19:11 | アジア的な生活 | Comments(2)
コタ・キナバルのおいしい料理ときれいな女性たち
海外へ旅行すると、その土地の食べ物の質と
若い女性の姿かたちの美しさが、その国の経済発展の
度合いと比例しているように思えてならない。


@@@@@


昔、台湾を訪れて、可愛らしい女性を見たが、
その前に行った韓国の女性の方が少し垢抜けて
いるなと感じたことがあった。
韓国のGDPが上がっていた頃だ。


その前には、日本も経済成長し、美しい女性が増えたが、
まだ足の短さと太さは変わらず、香港女性の足を見に行ったものだ(笑)。
今では、すらっとした足を持つやまとなでしこが多い。


東南アジア諸国の女性は、土着で野生的な感じの
人が多かったが、ここ十数年の経済発展で
だいぶ変わって来た。
第一、化粧品を使う女性が増えてきた。

d0159325_20222976.jpg



@@@@@


マレーシアはボルネオ島のコタキナバルへ行ってきた。
一人当たりGDPのレベルは、マレーシアの方がタイより上だが、
タイに比べて、食べ物や女性の質は少し劣るかなと言う
偏見を持っていた。


タイとマレーシア、
フランス対イギリスになぞらえて、
隣国で競い合うところは多いが、こと食べ物になると、
フランス同様、タイに優位性を認めていた。


今回、コタキナバルへやってきて、この偏見が払拭された。
クアラルンプールでは、「チキンライスやスチームボートくらいしか
食べれないな」と偏見を持っていたが、ここ海に沿い、華人の影響の強い
コタキナバルの街の食風景は豊かだった。


@@@@@



一番ユニークで印象に残るのは、漢方のスープに肉の入った
アツアツの「バクテー」(肉骨茶)ではないだろうか。
ホテルの前に有名な「佑記肉骨茶」店があったが、
夜遅くまで賑わっていた。
身体によい刺激になる感じだし、安くてうまい。

d0159325_20252374.jpg



また、たいした料理ではないが、鶏肉とキャベツと
幅広メンの「ワンタンフー」。ちゃんぽんの味に通じる。
これもマラッカに来た苦労した中国人が考えたのかな。

d0159325_20262058.jpg



そのほか、アサム・ラクサ(辛いスープ麺)などの
ニョニャ料理もいい。これも華人料理との混合だ。


@@@@@


マレーシアはイスラム圏の国なので、
コタキナバルにもヒジャーブ(スカーフ)をかぶった女性が
目立つが、街を歩いても、スカーフはファッショナブルで
きれいである。
可愛らしい顔立ちの若い女性が目に付くようになった。

d0159325_20272554.jpg



アジアの女性と食べ物はますます良くなる。
おっと、一緒にしちゃいけないかな・・・。
[PR]
by ucci-h | 2015-03-16 20:28 | アジアのリゾート | Comments(2)
クアラルンプールのLCC新空港は期待はずれ!?
チェンマイからマレーシアのコタキナバルへ
行くために、乗換えでクアラルンプールの新しいLCC用空港
「KLIA2」(クリア2)を初めて使った。


d0159325_20524159.jpg


KLIA2は、以前の“馬小屋”と呼ばれた「LCCT」
(LCCターミナル)が、エアアジアを中心とする
LCC便の増加で、年間1500万人(1日4万人)の
容量をはるかに超える2200万人(1日6万人、昨年)と
なってきたため、新たに年4500万人(1日12万人強と
チャンギやスワナプーム並みの扱いを目指す)容量として
建設されたものだ。


2010年に着工し、当初の開港予定2012年4月が
延びに延びて昨年2014年5月の開港となった。

 「馬小屋K/LのLCC新ターミナルKLIA2はいつできるのか? 2013-6-25」
  http://uccih.exblog.jp/19052575/


@@@@@


世界で一番高い134mの管制塔を持つ
この広大なLCC向け空港(4千m滑走路)は、
旧来のLCCTより街寄りに作られて、
市内への交通も便利になった。


しかし、ここにも政府の空港公社と
民間のLCC航空会社の思惑がすれ違っている。
大きな設備とジェット・ブリッジを備えた空港の
使用コストは、格安航空にはコスト高となった。


d0159325_20543320.jpg


空港側は、従って、KLIA2は、LCCTの4.3倍の
サイズ(25.7万平米)なのに、総工費は
3.3倍の11億リンギ(360億円)でまかなったと
宣伝している。


d0159325_20532885.jpg


エアアジアが独自に開発したチェックイン・システムも
使えないと言っていた。


@@@@@


また、実際乗り降りした印象では、
スワナプーム空港以上に、入管には、
ターミナルから10分以上歩かなくてはいけない。


多くのお店や施設を入れたと言われるが、
まだ入っていない所もあるが、チャンギなどに比べ
そう楽しくもない。


まあ、馬小屋から、広めの“人足小屋”に変わったといった
印象である。
[PR]
by ucci-h | 2015-03-14 20:54 | エアライン・観光業 | Comments(0)
ランパーンのメーモー・ゴルフ場がなくなる!?
北タイはチェンマイの南方100kmの
ランパーンの町の南側に「メーモー発電所」がある。
イグナイト(褐炭)を露天掘りで採掘し、
これを燃やす火力発電所は、タイでもトップクラスだが、
公害を引き起こしてきた。


2015年2月10日、上級行政裁判所は、
ここを運営する「Egat」(タイ電力開発公社)に
対して、①幅800mの「ウォーター・カーテン」を敷設して
煙害を減らすことと、②採掘後に作ったゴルフ・コースを
森林地帯に戻す命令を下した。

d0159325_0182383.jpg



ゴルフ・コースを森林に戻し、どれだけ公害が減るのか
判らないが、ランパーンの安価で趣のある「メーモー・ゴルフ場」が
閉鎖されるとなるとさみしいことだ。
もっとも、経営元のEgatは、「ゴルフ場をつぶす必要はない」と、
ゴルフ場の存続を意図しているようだが。


 「クロちゃんと行くイサーン1500kmの旅 2010-10-3」
  http://uccih.exblog.jp/12020395/



@@@@@


被害者グループは2003年に被害の補償と公害除去を訴えてきた。
後日2月25日には、上級行政裁判所は、被害者補償に対しても、
131人に対し2500万バーツ(9000万円)の補償を命令した。
いちおう今回の裁定で、10年以上続いてきた、メーモー火力発電所の
争いに終止符が打たれる形になる。


もっともEgatとしては、今後については、
ウォーター・カーテンの設置やゴルフ場の廃止よりも、
石炭火力の公害防止装置の能力アップで対処していく意向のようだ。

d0159325_019840.jpg



タイの発電は、多く7割がた輸入の多い天然ガスの火力発電に
頼っている。
石炭火力は2割程度。今後電力資源の分散化のために、
原子力が足止めを食った今、石炭火力は充実させたいところだ。
もっとも、気候変動を理由にした「反石炭燃焼」の運動は根強い。
石炭火力の強力な公害防止装置の広がりが期待される。


 「発電の主力石炭火力、タイでも復活なるか 2011-7-21」
  http://uccih.exblog.jp/14209401/
[PR]
by ucci-h | 2015-03-05 00:19 | タイのゴルフ場 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース