「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
アジアの街角から第8回 「社会福祉が進んだ国」の実態は?
タイは東南アジア諸国の中でも、社会福祉が進んだ国だと言われます。
しかし、よく中身を覗くと、表面的には進んで見えますが、実態は
遅れている面が見えてきます。
今回は、タイの一見進んでいる社会福祉制度と、なかなかみかけに
追いつかない中身を見てみましょう。


進んでいる面から見ますと、まずは医療サービスでしょう。
2002年に導入された、いわゆる“30バーツ医療制度”は、
約100円払えば、誰でも公的医療機関で治療を受けられるという
国民皆医療制度として、画期的なものだったと言えるでしょう。

d0159325_1261833.jpg



もっとも、無料に近い医療制度は、現在では、いろいろな
ひずみをもたらしてもいます。


@@@@@


国は、十分これをカバーする予算は組めませんので、
これを受け付けるのは公立病院に限られて来ており、
そこでは、「3時間待ちで3分診療」は仕方がないにしても、
病院の採算への圧迫から、患者の逆選別的な動きも出てきています。
十分質の高い治療を受けるのが、財政的に難しくなっています。


階層社会であるタイでは、従って、有資産層は、
私的な医療保険に入って十分な治療を受けられるよう、
分散化してきています。


国民に十分質の高い医療サービスを提供するためには、
適正な「受益者負担」的な仕組みの導入が必要に見えます。
そのためには、中間層を太く形成していくことが前提でしょう。


しかし、資産税がないためもあり、“ハイソ”(高資産層)と“ローソ”(低資産層)の
分化がなかなか解消されないのがタイの現状です。


@@@@@


また、タイの年金制度は、東南アジアでも進んでいると言われます。
公務員には古くから、また大企業の民間従業員にも、
確定給付型に加え、確定拠出型の年金が上乗せされています。


しかし、これらの年金制度も、今後高齢者の増えるタイにとっては
不十分と見られます。
2014年から支給が始まりましたが、給付額は低く、
老後なお家族の扶養が必要な水準でしょう。
支給開始年齢が55歳と早いことも、変えていく必要があるでしょう。


こういった年金でカバーされるのは、タイの全労働者の3分の一の
1,300万人ほどです。
残る農民やタイに多い自営業者、非正規従業員達はカバーされていません
(非正規従業員らも、形式上は既存の社会保障基金に入れますが、
割に合わないため加入率は低位にとどまっています)。


@@@@@


このため、2012年5月から全国民向けに「国民貯蓄基金」(NSF)制度が
スタートする予定でした。
任意加入制度ですが、拠出金に対し年齢に応じて
国から付加金が出るというプランでした。
しかし、政権がタクシン派に変わったため、棚上げされてしまいました。


一方で、国の支出は、ポピュリスト的政策で膨れています。
タイの社会福祉制度充実の道のりはまだまだ遠いといった
ところでしょうか。
[PR]
by ucci-h | 2015-07-16 12:06 | アジア的な生活 | Comments(0)
アジアの街角から第7回 「ありがとう」「ごめんなさい」をあまり言わないタイ人
海外で暮らすとなると、その国の言葉を
少しは覚えることが必要になります。


たとえ数日間の旅行でも、あいさつ程度の
言葉を交わせれば、現地の人との親近感が
ぐっと高まります。

d0159325_121401.jpg



基本的な言葉と言えば、
「こんにちわ」「お元気ですか」「ありがとう」
「ごめんなさい」「さようなら」などとなります。


@@@@@


「ごめんなさい」は、国によって自分の
非を認める言葉となりますから、使い方に注意が
必要でしょうが(「失礼」程度ならいいですが・・)、
他の言葉は万国共通の人間間の潤滑油ですね。


さてタイ語にももちろん、これらに対応する言葉はあります。
ただ、こちらで暮らしていると、この国の文化を反映して、
これらの言葉の使われる頻度が、我が国などより少なく思えます。


タイ人は、人に何かしてもらった時、思ったほど
「ありがとう」(コップンカ)を言いません。
さらに、「ごめんなさい」(コートーカ)はあまり言いません。


@@@@@


「ありがとう」を思ったほど言わないのは、なぜでしょう。


「言わなくても感謝していることは通じるだろう」と言う
古くからの無口な習慣です。
「言わなければ判らないでしょう」と家庭内ですら言われる
現代の日本の言葉重視の文化と違うようです。


また、たとえばご馳走するのはお金を持っている
方がするのが当たり前といったような感覚です。
大家族主義の名残と言った感じがしますが、
慣れれば、別にお礼の言葉は期待しません。


@@@@@


「ごめんなさい」をあまり言わないのは、
「コートー」という言葉の意味が、‘罪を乞う’ということから、
プライドの高いタイ人はなかなか使いたがらないようです。
若い人は、気楽に言える英語の「ソーリー」を使ったりします。


この人に謝る言葉の使用頻度は、
やたらと人に謝りがちな我が国とタイとでは大きく違うでしょう。


単に文化の違いと言うより、
言葉と言うものに対する思い入れが、我が国とは
違うように思われます。


@@@@@


「ありがとう」(感謝)も、「ごめんなさい」(謝罪)も
同じ‘謝’という漢字で表されます。
‘言葉を発して人間間の緊張を解く’という意味の
「謝」という漢字に、感謝も謝罪も共通するわけですね。


文明が発達すると、まず言葉ありきとなり、
言葉の重要性がいやでも増します。
言葉は人を勇気付けもしますが、傷つけもします。
場合によっては発せられた言葉が独り歩きします。


昔は、日本でも家庭内でお礼を言ったりするのは
「水くさい」と言われたものです。
しかし、新しい世代では「言わなければ判らない」となりがちです。


@@@@@


謝意や陳謝は確かに言葉に出した方が明確に伝わるでしょう。
しかし、言葉が発せられないと、その意がないと
取るのは行き過ぎでしょう。
言葉万能の世の中になると、人の心を伺う洞察力も衰えて
行くかもしれません。


タイ人は言葉少ない中で、
じっと相手の心のうちをうかがったり、理解したりしているのかも
知れません。
[PR]
by ucci-h | 2015-07-06 12:14 | アジア的な生活 | Comments(7)
テニス各国選手の名前の呼び方 こぼれ話
プロ・テニスのトーナメントは、世界各国から
いろいろな名前の選手が参加するので面白い。
今も、ウインブルドンに男子だけでも128人の選手が集まっている。
ニシコリ(錦織)選手(25歳)も、最初は、ニシキオリ選手かと思った。

d0159325_23432173.jpg



「チョピンとは俺のことかとショパン言い」という
川柳があるが、これに似たことがけっこうある。
ベルギーの若手David Goffin(24歳)は、日本のヤフーの
テニス・サイトなどを見ると、「ゴフィン」と表記されている。

d0159325_233711100.jpg



まあ、外国人の名前をカタカナで表記するのは
もともと無理があるが、できるだけ実際の発音に近づけた
表記にして欲しいものだと思う。
ゴフィンなどと言われると、まるで本人には気の毒だが、
コフィン(coffin、棺おけ)を連想してしまう。
ベルギー出身なのだから、フランス語流の「ゴファン」と呼んで欲しい。


もっとも、ここタイでは、フランス風の表記は、英語の綴り読みで
発音される。タイヤの「ミシュラン」はタイでは「ミシュリン」となる。
もう、ミシュリンが耳になじんでしまった。


@@@@@


トップ4のひとり、イギリス(スコットランド)のAndy Murrayは、
日本ではマレーとマリーで書かれる(ヤフーはマレー)。
しかしここは、-rayなのだから、「マレー」で統一してやりたい。
マリーだと、Maryを想ってしまう。

d0159325_2338868.jpg



バンコクに4年前マレーの試合を見に行ったとき、あとから来た
台湾のおばさんたちが、「ムライ、ムライ」と応援していた。
Murrayを村井と呼ぶのも悪くないけどね。


@@@@@


これまたオーストラリアの若手Nick Kyrgios(20歳)も罪作りな
名前だ。父親がギリシャ系豪州人だ。
ヤフーのテニスページのように、キリギオスと、キリギリスみたいな
呼び方になってしまう。gは発音しないので、正解は「キリオス」となる。
「gを取ってしまいなさい」とも言えないし・・・。

d0159325_23391139.jpg



もっとも呼び方については、こんな例もある。
世界5位のスイスのスタン・ワウリンカStan Wawrinkaが,
最近自分のことをバブリンカじゃなくて、
ワウリンカと呼んで欲しいと言ったそうだ。
ローザンヌ出身だが、母国ではにごってバブリンカのはず。
英語読みが広がったので、ワウリンカが気に入ったのか。

d0159325_2340123.jpg



VとW(Vの重なったもの)の発音の使い分けはまちまちだ。
英語はブとウだが、ドイツ語だとフとブになる。
余談だけど、ここタイでは、V(ヴィー)の音はないから、
Vで始まる地名などもみなW(ウィー)に近い音になる。
「ウォルウォ」と聞いて判りますか?車のボルボVolvoのことです。


いろいろ挙げると長くなるので、おしまいFin
(フィンじゃなくてファンね)。
[PR]
by ucci-h | 2015-07-04 23:44 | スポーツ観戦 | Comments(2)
アジアの街角から第6回 “教育後進国”タイランド
タイでは、2015年末のアセアン経済統合を控えて、
自国の国際競争力、労働力の質の伸び悩みに危機感を抱き、
教育の重要性があらためて問われています。


今後、フィリピンやカンボジアといった、タイよりも
人口の平均年齢が若い国々と競い合うことになるので、
‘中年国’タイもうかうかしていられないといったところでしょうか
(それでなくても、国内の政治が割れてまとまりません)。

d0159325_20495686.jpg



教育の充実が大切だということで、自ら「教育後進国」と
認めるタイでは、教育充実策がいろいろ議論されています。


@@@@@


「大学卒は多いが、仕事に就いたとき、学んだことが役に立たない。
もっと実業に近いことを学ばせるべきだ」
「一般大学もいいが、もっと職業学校を充実させるべきだ。
職業学校出で、職場に役立つなら、給与水準を上げるべきだ」
「これからは英語の時代だ。タイ人の英語会話力はなっていない。
もっと学校で英語をしゃべれるようにすべきだ」・・・


タイでは、大学卒はステータス・シンボルですから、
大学進学率は3割ほどにのぼると言われますが、
大学出のうち1年以内に職に就けるのは、10%そこらだと
ある新聞社の編集者は言っています。


10%は過少でしょうが、大学は出たけれど望む職に
つけない人は多いようです。
タイ自体の景気が悪いからというより、
学卒者と求人との‘ミスマッチ’が多いようです。


@@@@@


大学卒は、自営業を営むより、大会社や公務員になることに
あこがれますが、求人ポストはそんなに多くはありません。
また、大学出の肩書きはあっても、仕事につける知識・能力に
欠けると見られる卒業生が多いようです。


こう見てくると、ややどこかの国と似ていますが、
これだから、学校でもっと実務に役立つ教育をすべきだと
言うのは、少しあせった議論かなと感じられます。


タイ人の働きぶりを見ていて、いつも感じることがあります。
それは、マニュアルに従って動くものの、あまり考えていない様子です。


「なぜ、こういう風にやるべきなのか」の心が欠けているように見えます。
上から言われたからやる、こう定められているからやる
ということで、なぜ、何のためにそうやるのかほとんど考えません。


@@@@@


従って、融通があまり利きません。
顧客の立場に立ってサービスするという精神が不足しがちです
(仕事は上司のためにやるという従業員が多く見られます)。


教育の話に戻りますと、実務的な職業教育も大切でしょうが、
もっと物事を考える力をつける教育を施して欲しいものです。


タイの小学上級生の教室で授業を受ける時間は、
年間1,200時間にのぼり、マレーシアや中国、日本の
1,000時間未満より多いようです。
しかし、棒暗記や内容把握に傾いており、
物事を考えたり議論する時間が少ないのかもしれません。


@@@@@


タイ人は、普段の生活で、「あまり考えるな!」とよく言い、
考えてくよくよすることを戒めています。
それはそれですばらしい知恵なのでしょうが、一方
仕事をするにあたっては、そのわけを考える習慣を
養って欲しいものです。


教育の充実を目指すにあたって、考えるという基本が抜けていたら、
職に就いたとき、生産性の向上は少ないのではないでしょうか。


(このシリーズは、2013年9月から2015年4月まで、20回にわたり、
雑誌「経営財務」のコラムに連載されたものを許可を得て転載しています)
[PR]
by ucci-h | 2015-07-01 20:58 | アジア的な生活 | Comments(4)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
最新のコメント
また食べに行ってください。
by ucci-h at 00:06
初めまして 先日から2..
by Hapiness-forever at 22:51
良かったですね!
by ucci-h at 14:04
この屋台群、南側の海鮮屋..
by muga at 17:30
ハンドン・ビッグCのルー..
by ucci-h at 17:20
方角的には、東へとなりま..
by ucci-h at 17:10
以前はBig-Cハンドン..
by muga at 21:08
こんばんは、駅から南へ7..
by muga at 20:14
もう3年もタイに帰ってい..
by hitomiffy1531 at 06:45
フェスティバル/トーキョ..
by 黒川知樹 at 13:49
きこさん 何かチェンマ..
by ucci-h at 20:46
日本の天皇陛下のように、..
by 今井 at 16:05
若じいさん 軍事政権で..
by ucci-h at 11:32
いつも楽しく拝見しいます..
by 若じい at 09:46
mugaさん あり..
by ucci-h at 10:33
Takiさん、ありがとう..
by ucci-h at 01:09
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース