「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
タイ航空の黒字転換で動意づくタイの株式市場
長らく低迷してきたタイの株式市場に、
2016年2月下旬に入り、しばらくぶりに
動意が見えてきた。



SET(タイ株式市場)指数は、2月の3連休前の
19日(金)には1,320と1,300台に上昇し、1週間で3.4%上げた。
1日平均の売買代金も423億バーツ(1270億円)と
500億バーツ近くに増えてきた。



d0159325_1411243.jpg



@@@@@



昨年2015年1年間、タイの株式市場は、
ほぼ下げ続けた。
SET指数は、15年2月高値1,615から16年1月の安値
1,244へ1年間で23%の下落だった。



1,200台前半というのは2014年初めのボトム(1,224)水準だが、
長期化する景気の低迷を反映して、
株式市場の停滞が続いてきた。



@@@@@



中国の景気停滞、先進国の需要不足、さらには
前政権のバラマキ政策の後遺症や商品市況の低迷と
四重苦となると、外需主導型のタイ景気は沈滞から抜け出せず
(3年連続で輸出額が伸びなかった)、
連れて、株価の基礎となる企業収益も伸び悩む。



昨2015年のタイの上場企業の企業収益を見てみると、
第3四半期までの9か月間の比較だが、
主要8産業553社の比較で、税引き利益は
前年2014年の同期間に比べ26%の減益になっている。
株価下落が、企業減益を映した形だ。



@@@@@



2014年の11%減益に次ぐ2年連続の減益になりそうだが、
2014年はエネルギー・石油化学が足を引っ張ったのに比べ、
2015年は、エネルギーのさらなる減益に、鉄鋼、運輸(主にタイ航空)の
赤字が加わり、“常勝”銀行業も減益になるなど、減益幅を拡大しそうだ。



従って、株価も下がったが、企業莉益も下がっているので、
タイ株式のPER(株価収益率=株価÷一株利益)も割安になってはいない。
現在の実績PERは19倍ほど。歴史的に14倍以下ほどにならないと
割安とは見えない。



@@@@@



ここ1週間の市場の上げの主役はタイ航空(THAI)であろう。
過去6日間の連騰で、8.05バーツから11.90バーツまで
5割近くも上げた。


d0159325_1364251.jpg



この原油安で旅行の盛んな中で、タイ航空は昨年は
史上最高に近い赤字を垂れ流してきた。
国家企業の弊害が出て、コスト削減を余儀なくされる事態となった。



ところが、この2月下旬に発表された第4四半期の損益は、
40億バーツの税引き黒字に転換。これで2015年の年間最終赤字は
140億バーツ(420億円)ほどに減り、2014年の156億バーツの赤字を
かろうじて減らすこととなりそうだ。



@@@@@



今2016年は、タイの企業収益はどこかの四半期で
底を打つかもしれない。
収益への寄与度の大きい産業を並べると、
タイはエネルギー・電力と銀行業が双璧で、
そのあとに通信業、石油化学、そして
不動産開発、建設資材、商業、食品業、運輸業などが來る。



多くの業種が2年間伸び悩んだので、今年中に
底を打つかもしれない(または3年連続減益?)。



航空業(運輸業)が、2016年黒字化するならば、
全体の企業収益動向にプラスの影響を与えよう。
また、タイは原油ガス輸入国なのに、
エネルギー価格の低迷は、企業収益全体にマイナスに
働いているようだ。意外に感じられる。



@@@@@



2月下旬の株価動意では、やはりタイ市場を動かす
外国人投資家が買いに回っている。
1週間で62億バーツ(190億円)の買い越しとなっている。



過去1年の株価の下落で、PERこそ下がらなかったが、
タイ企業の配当利回りは上昇している。
5~6%(中には7~8%)の銘柄が目立つようになり、
折からの低金利の中、タイの証券会社は、高配当を魅力に
株を勧めているようだ。



確かに、企業収益が底打ちし、株価の下落も限られてくるなら、
5~6%の利回りは魅力であろう。
[PR]
by ucci-h | 2016-02-24 01:41 | タイの株式市場と企業 | Comments(0)
マークセンの日本女子版野村はる選手が豪州女子オープンで見事な優勝
世界の女子プロLPGAツアー、アデレードで
行われた「オーストラリア女子オープン」で
23歳の野村ハル(敏京)選手が見事優勝した。
日本人選手のこの大会での優勝は、樋口選手の
1974年第1回大会以来だとアナウンサーは言っていた。



d0159325_16342397.jpg



こちらのテレビ放送で、18ホールすべて見た。
1位タイで最終日最終組でスタート。
ニュージーランド国籍、豪州国籍、アメリカ国籍、
韓国国籍の多くの韓国出身の選手との僅差でのスタート。



1番、2番、安定したショットだが、
バーディーパットをわずかに外し、
先行の選手に2打差をつけられた。
しかし米国での歴戦の多い彼女は落ち着いていた。



@@@@@


バーディーを取り始めると、前半で追いつく。
後半は世界No.1のリディアーコーとの一騎打ちになっていった。
野村が2打離すと、コーが長いバーディパットを決め詰めてくる。



しかし、野村選手のショットは乱れない。
ちょうど、タイの男子プロのトップ、日本でも活躍するマークセンと
体つき、表情、スイングがよく似ている。



最後は、コーにも競り勝って見事最終日は7アンダーで優勝した。
最後こそボギーとしたが、これほど乱れない優勝はすばらしい。
野村選手は、母が韓国人だからか、
優勝したグリーン上で、韓国選手の多くから
水かけの祝福を受けていた。
[PR]
by ucci-h | 2016-02-21 16:35 | スポーツ観戦 | Comments(0)
タイ流通大手の国内回帰続く 今度はビッグCが
チェンマイの街で日常、大型店に買い物に行くとしたら、
「ビッグC」か、「テスコ・ロータス」か、「マクロ(マコー)」である
(そのほか、総合ショッピングモール「セントラル(センタン)」、
主に外国人向けの高級店「リンピン」があるが)。


@@@@@


この3店の歴史が面白い。
1990年前後、華人系資本「CPグループ」、「セントラル・グループ」
によってタイの大型チェーンが開かれた。


1988年 CPグループ、「サヤム・マクロ」をオープン。
               一緒に「セブンイレブン」も。
1990年 同じく、「ロータス・スーパー」もオープン。
1993年 流通大手セントラル・グループが「ビッグC」をオープン。
      ビッグCのCは、もともとセントラルのC。

d0159325_12261142.jpg



@@@@@


ところがこの後、97年の「バーツ危機」がやってきた。
マクロもロータスもビッグCも、外資の手に渡る。


マクロは、オランダSHVに。
ロータスは、イギリスのテスコに。
ビッグCは、フランスのカシノに。


ところが、ここにきて国内資本の流通業の巻き返し的なことが起こっている。


@@@@@


「コストコ」の様なキャッシュ&キャリーの「マクロ」(タイ国内に60店ほど)は、
2013年にオランダSHVから、セブンイレブンの「CPオール」(CPグループ)に
66億ドルほどの巨額で、いわば買い戻された。里帰りみたいなものだ。

http://uccih.exblog.jp/18648017/


そして今回、2016年2月、「ビッグC」の「TCCグループ」への
34億ドルほどでの売却が決まった。
TCCグループは、タイのビール王チャーン・ビールのチャルーンの会社。
シンガポールのフレーザー・ニーブも傘下におさめている。
流通業も広げたかった。


d0159325_1225211.jpg



ビッグCは、仏カシノが2010年に同じフランスの「カルフール」店を買収併合し
(ビッグCエクストラと改称)、規模を拡大したのだが、
本体の事業が思わしくないため手放すことになったようだ。


@@@@@


テスコ・ロータスも、本体の英テスコ社が2014年末、業績不振となった
ことから売却のうわさはある。


今後ロータスがタイ資本に戻れば、すべて国内回帰となるが、さて?
その際第1候補は、今度は、ビッグCを取りそこねたセントラル・グループだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2016-02-10 12:26 | アジアの流通小売業 | Comments(4)
チェンマイには“中華街”がない!?
きのう2016年2月8日(月)から
中国の正月「春節」だ。今週一杯14日(日)まで続く。
ここ観光地チェンマイにも
中国人ツーリストの姿が一層目立つ。


d0159325_23105676.jpg



チェンマイの街は、昨年あたりから
“中華人民共和国チェンマイ県”の様相だ。
なにせ地続きだし、中国人旅行客の数は25%も増えている。
街は中国語の看板が目立つ(日本語はほとんどない)。


@@@@@


でも、北タイのチェンマイは不思議な街だ。
これだけ中国に接近しているのに、‘中華街’がない。
テレビでは、横浜の中華街の模様が写されていたが。


タクシン政権の時代に、チャイナタウンを作る試みが
あったができなかった(ワローロット市場の近くには
中国のお寺や華人が多いが、あくまで北タイ製品の市場だ)。


d0159325_239104.jpg



タイの政治家や実業家で成功した人間には
親や祖父が華人だった人が多い。
文化や食習慣などもタイは中国に近い。


@@@@@


バンコクには中華街「ヤワラー」があるが、北タイのチェンマイや
チェンライにはない。
近すぎるから?


というより、北タイの文化・生活に、華人のそれは吸収されて、
あまり形を残していないという感じだ。
中国系の人がタイ人として暮らしている。北タイの吸収力か?
それとも華人が北タイにうまく溶け込んでいるということなのか?


以前はあまり響かなかったチェンマイでの春節の爆竹の音が、
今年あたりはにぎやかになってきた。
[PR]
by ucci-h | 2016-02-09 23:11 | アジア的な生活 | Comments(0)
松山英樹、リッキーファウラーとの接戦制す
こちらでゴルフのフェニックス・オープンの
最終日を夜通し朝まで見てしまった。
こちらタイとアメリカは昼夜が真反対なので
スポーツ観戦は困る。


祖父が日本人のアメリカの若手人気プレーヤー27歳の
リッキー・ファウラー(左手わきの下に「田中豊」と
応援に駆け付けたおじいさんの名が彫ってある)が、
松山英樹(23歳)に2打差をつけて残り2ホール。
ほぼ決まったかと思われた。


@@@@@


ところが17番で痛恨のグリーンを転がり超える池ポチャ、
バーディーの松山と並んだ。
難しい18番はともに長めのバーディパットを決め、
プレーオフに。


プレーオフはまれにみる接戦。
ともに譲らず、4ホール目の17番へ。
ここでファウラーが左へ池ポチャ。
松山がPGAツアーの2勝目を飾った。


d0159325_1053985.jpg



@@@@@


決着したアリゾナに夕陽が落ちる頃は、
すでにこの日の大イベント
第50回スーパーボウル(パンサーズ対ブロンコス)が
サンフランシスコで始まっていた。
[PR]
by ucci-h | 2016-02-08 10:53 | スポーツ観戦 | Comments(0)
逆転、逆転で面白かったホアヒンで行われた日本対タイのフェドカップ
タイ南部、王様の離宮のある保養地
ホアヒンで、女子の国別対抗テニス「フェドカップ」が
行われている。


d0159325_1749836.jpg



テレビで見たが、面白いのは、英語のアナウンサーが、
「こちらは“冬”ですが、気温は35度です」と
繰り返していたことだ(笑)。


@@@@@


昨2月5日のアジアオセアニア地区Aグループ
(4か国)の日本対地元タイの闘いは面白かった。
ここでトップになると、きょう6日Bグループの覇者台湾と、
ワールドグループ2部入りをかけて争う資格が得られる。


1963年から始まった、男子のデビスカップに匹敵する
フェドカップでは、日本は一時(1996年)世界のベスト4まで
行ったことがあるが、最近は、ワールドグループ1部(8か国)、
その下のワールドグループ2部(同じく8か国)入りをねらう
その下の3つの地域ゾーンのひとつ「アジアオセアニア地域」の
8か国の中で戦っている。


@@@@@


試合は、前日までタイがAグループ(4か国)内で2勝0敗。
日本が、初戦ウズベキスタンに2対1(シングルス2試合+ダブルス1試合)で
破れ、次のインド戦には2対1で勝って、1勝1敗で続く。
タイとの対戦で勝って、アジアオセアニア地域決勝に進みたいところ。


浜辺の風の強い中で行われた試合は面白かった。
第1試合のシングルスでは、ダブルスが得意の穂積絵莉(世界206位)が
タイの若手18歳のブンヤウィ(世界629位)と対戦。
両者はここまで無敗。


第1セットを取った穂積が第2セットも5ゲーム対2、
日本が取ったかと思ったら、ブンヤウィが驚異の粘りで
5ゲーム連取して7対5でセットオール。
第3セットもブンヤウィが取ってタイの先勝。
日本は後がなくなった。


@@@@@


第2試合は、日本のランキングトップの日比野菜緒(世界56位)が
タイのルクシカ(別称カムカム、世界149位)と闘った。
カムカムは2014年の全豪でかつてのウインブルドン・チャンピオンの
クビトバ(チェコ)を破り、有名になったタイのホープだ。


第1セットは6対0でカムカム。第2セットも5対2で
カムカムがタイの勝利まであと1ゲーム。
ところがここから第1試合を裏返すような展開となり、
マッチポイントをしのぎ7対5で第2セットを取った日比野が
第3セットも6対1で取り、1勝1敗とした。


第3試合の首位を決めるダブルスでは、青山・穂積組が
第1セット2対5とリードされるも、そこから7対5と逆転、
第2セットは勢いそのまま6対0で取り、日本のプレーオフ進出を決めた。


d0159325_17493945.jpg



@@@@@


いずれも逆転となった日本対タイの試合。
面白かった。バレーボールと同じく、タイも日本もフレーフレーだ。
きょうの台湾とのプレーオフ。やってくれるかな?
[PR]
by ucci-h | 2016-02-06 17:50 | スポーツ観戦 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
検索
最新のコメント
また食べに行ってください。
by ucci-h at 00:06
初めまして 先日から2..
by Hapiness-forever at 22:51
良かったですね!
by ucci-h at 14:04
この屋台群、南側の海鮮屋..
by muga at 17:30
ハンドン・ビッグCのルー..
by ucci-h at 17:20
方角的には、東へとなりま..
by ucci-h at 17:10
以前はBig-Cハンドン..
by muga at 21:08
こんばんは、駅から南へ7..
by muga at 20:14
もう3年もタイに帰ってい..
by hitomiffy1531 at 06:45
フェスティバル/トーキョ..
by 黒川知樹 at 13:49
きこさん 何かチェンマ..
by ucci-h at 20:46
日本の天皇陛下のように、..
by 今井 at 16:05
若じいさん 軍事政権で..
by ucci-h at 11:32
いつも楽しく拝見しいます..
by 若じい at 09:46
mugaさん あり..
by ucci-h at 10:33
Takiさん、ありがとう..
by ucci-h at 01:09
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース