<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ムーガタ(ジンギスカン鍋)の良い店は?

ムーガタ(豚鍋、ジンギスカン鍋)の店は、
タイの庶民の人気の夜の店である。
安くて、肉や野菜が食べ放題のビュッフェ形式
だから人気がある。


d0159325_1691629.png



大きな店は、何百席の規模を持つ。
かつて人気のタイスキの店が薄れてしまった。
スキの店は、肉野菜のスープだけだが、
ムーガタなら、肉を焼いて、野菜などのスープも食べれる。


@@@@@


しかし、ムーガタも高くなった。
5~6年前は一人100バーツ(300円)未満だったのが、
今や100数十バーツ、高いところは200バーツ近くになった。


もっとも、品質も良くなった。
かつては、「ムーガタの店なんて!」ときれい好きな人からは
嫌われたものだが、今は、店を選べば、いいベーコンや
うまいつみれ、さらには牛肉まで出る店もある。



d0159325_1610230.png




そういった中で、質が良くて、いちばんおいしい店はと
言えば、ワローロット橋から駅への通りを行って、
左側のバンコク銀行の手前の「オーイ&オート」だろう。


@@@@@


ともかく食材の質がいい。
ここのベーコンは最高だ。
肉、野菜の種類も多い。牛肉もある。
季節のきのこやビールのつまみになる枝豆も時々出る。
また、最後にパイナップル・シャーベットが出る。これもうまい。


d0159325_1611248.png



オーナーのオート、オーイ夫妻は気さくで
いつも話しかけてくれる。タイの店では珍しい。
旅が好きなので、店には写真がいろいろ飾ってある。


いつも歩道まであふれるほど、客でいっぱいだ。
ひとり食べ放題で159バーツ(500円弱)だ。
ビールも入れて700円ほどである。
[PR]
by ucci-h | 2016-10-21 16:11 | タイでの食 | Comments(1)
中華麺がいちばんおいしい店は?

タイ人は麺が好きである。
こちらの麺といえば、お米でできた「セン」が主流だが、
「クエティオ」(麺)の店は、屋台も含め、市内随所にある。


そして、米から作る白い麺のほかに、
小麦粉から作る黄色い麺、「バーミー」を出す店もある。


ラーメンは、こちらの日本料理屋でもおいしいものが
食べられるが、バーミー(いわば中華麺)のおいしい店は
どこだろう?


@@@@@


チャンクラン通り中ほど、SCB銀行のソイ(通り)を
入ったところにある華人系のクエティオ屋のバーミー、
汁そばは最高だ。
この通りには、斜め前にラーメン・バー、また隣に
日本食材の店、ステーションもある。


d0159325_047755.png



黄色い自家製麺のバーミーに、豚肉、ワンタン、モツ、
青菜、もやしなどの入った汁そばは、
まさに中華麺、志那そばといった味わいである。


d0159325_0455733.jpg



ご主人が以前日本にいたせいか、汁の味も
日本人の口にもぴったりだ。くどくなく、しかししっかりした味で、
いつも昼時、人でいっぱいだ。
[PR]
by ucci-h | 2016-10-21 00:48 | タイでの食 | Comments(2)
再開ゴルフ6回目、クラブを短めに持つようになった、自然に・・・

再開ゴルフ6回目は田舎のゴルフ場で。
前回、「距離の壁」にぶち当たったが、
ヘッドを走らすスイングで、少しばかり
これを崩すことができた。


@@@@@


今回は、これに加えて、スウェーデンの
ヘンリック・ステンソンが毎日やっているという
ドリルを取り入れて打ってみた。


このドリルというのは、アドレスで構えるとき
あたかもバルーンを地面に押し込むように、
構えた手をできるだけ下に押し付ける構えである。


何がいいかというと、両脇が良く締まるだけでなく、
テイクアウェイも無理なく地面から浮き上がらず
行なえることである。


@@@@@


構えはぐっと押し込むが、テイクアウェイ以降は
スムーズにヘッドを走らせることができる。
押し込むだけで、あとは無理な力を入れないで
打てるのがいい。


d0159325_11112096.jpg



前回のヘッドを走らせることにこれを加えて、
比較的に楽なスイングができるようになった。


@@@@@


これをやっていたら、後半、副産物が見つかった。
クラブを、ウッドもアイアンも、自然にグリップエンドを
余して、つまり短めに持つようになった。


なぜなら、脇を締めて、腕を伸ばしスッと構えると、
グリップエンドが自然に余るからだ。
自分の腕が長いのか、脚が短いのか、
それともクラブはそういった長さに作ってあるのか
わからないが、グリップエンドを余して握るのが
ちょうど良いのだ。


こう構えて、さらに腰をしっかり沈めて打つと、
トップやダフリの心配も減る。
体からボールまでのクラブの長さがちょうどいいからだ。


@@@@@


ヘッドを走らすことに加え、
クラブを短めに持つという副産物を
発見した。


再開ゴルフの残る7~10回は、
ここらを忘れずにやってみよう。
さて、また何が出てくるだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2016-10-20 11:12 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
再開ゴルフ、「距離の壁」にぶつかる 正解は?

再開ゴルフ4~5回目。
ランナーゴルフ場で9ホールずつ回る。
ランナーはメンバーでもあるので、総額
チップまで含めて、ハーフだと1150円ほどと安い。



d0159325_212487.jpg




過去3回で、
①アイアンは手打ちでなく腰を回して打つ、
②ウッドもアイアンも、手首を柔らかく振り準備する、
③膝を十分曲げ腰を低くして打つと良い
以上のことを再発見したので、少し打てる自信が出てきた。



@@@@@



ところがである。
コースの長いランナーのこと、少し強く振っても
以前の距離が出ない。
15~20ヤードは短い。



長く休んでおり、体力が落ちたか?
この間、歳も1歳近く経っている。
さらに、腰をかばうくせがついてしまったか・・・?
「距離の壁」にぶつかってしまった。



どうしよう?
強振したり、クラブを長く持ったりしても
ダメなことは知っている。
無理しないで、徐々に距離を伸ばしていくしかないか?
それにしても、距離が出ないのはさみしい。



@@@@@



2度目の9ホールの時、考えた。
無理に力を入れず、ヘッドを走らすことに専念しようと・・。
以前、「軽楽打法」と称して、テークアウェイから力を
入れずに楽に引き、リズムよく打ち出す打法を身に着けたはずだ。



両脇はしっかり締めてアドレスするも、
テークアウェイからヘッドの走りを意識して打った。
これが正解。
ボールも以前の距離に近くまで飛ぶようになった。



さて、これも忘れず、
さらに6回目、7回目に挑んでみよう。
次は何が見つかるだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2016-10-19 21:05 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
プロ・テニスの世代交代の序章となった上海マスターズ3日目

テニスの上海マスターズ(優勝得点1000点)が
10月9日から始まった。
錦織選手は臀部の治療で出られないが、
多くのトップ選手が出ている。



その中で、3日目の2016年10月11日は、
世代交代の序章を示す日となった。



d0159325_1334286.jpg




ドイツの若手有望選手ツベレフ(19歳、世界20位)が、
チリッチ(クロアチア、11位)をフルセットで破った。
彼のプレーには勢いがあり、将来のトップ選手の素質をもつ。



またフランス若手の有望株、22歳のプイユ(世界16位)が、
強打のベルダスコ(スペイン)を2セットで退けた。


また楽天オープンで優勝した豪州のキリオス(13位、21歳)も
米国のクエリーを2セットで退けている。



@@@@@



また、すでに若手というより錦織と同じ中堅世代に入った
ベルギーのテクニシャン、楽天の準優勝者ゴファン(世界12位、25歳)は
復帰の強者デルポトロ(アルゼンチン)にフルセットで勝利した。


米国トップのソック(24歳、24位)も勝ち、
最近復調著しい中堅のディミトロフ(ブルガリア、25歳、17位)も
フランスの巧者ガスケ(18位)を2セットで退けている。


@@@@@


ネット上で、世界ランクがリアルタイムで見れる便利な
サイト、「ATP Live Ranking」がある。

http://live-tennis.eu/en/atp-live-ranking



世界トップ30位までを、年齢グループで
3つに分けてみる。


「成熟グループ(28歳以上)」が29歳のジョコビッチ以下19人。
「中堅グループ(25~27歳)」が錦織(26歳)、ラオニッチ(25歳)以下5人。
そして「若手グループ(24歳未満)」が
ティーム(オーストリア、10位、23歳)以下6人の内訳となる。



現在のプロテニス選手のピーク年齢は、
30歳前後だろうが、ここにきて若手、中堅選手の活躍が
目立ってきた。
若手、中堅が、成熟グループを破るのは、世代交代を感じさせる。



@@@@@



こうなると、むしろ、ワウリンカやナダルなど30歳台(計13人)の
選手を応援したくなる。



37歳のカルロビッチ(クロアチア、21位)は、なおパワー・サービスで
頑張っているし、フェデラー(35歳)の来年の復帰を期待したい。


両横綱のジョコビッチとマレーも来年には30歳になる・・・。
[PR]
by ucci-h | 2016-10-12 13:35 | スポーツ観戦 | Comments(0)
ゴルフ再開3回目、腰を落とす良さを見つける

8か月ぶりのゴルフ。
コースへ出て3回目。
今回は何が見つかるだろうか?


今回は、前2回目と比べてショットが不安定。
ウッドは右へ引っ張るし、アイアンはダフリ気味で
距離が出ない。


前回のワッグルを思い出し、
また腰の回転をスムーズに意識してもダメ。
また最初からやり直しか?



d0159325_16365156.jpg




やはり手打ち気味なのでショットが不安定と思い、
最後の方になって、腰を安定させることを図った。
少し良くなったが、まだ不十分。


最後の最後になって、膝を一層曲げ、
腰を落とし、安定化を一層図ることにした。
そしたら、ショットが方向性も距離も安定した。
ボールと目の距離が近いので安心して振り切れる。



膝を曲げ、腰を安定させることが重要と
改めて認識した3回目だった。


さて次回は何が見つかるだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2016-10-09 16:37 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
錦織選手のけが、棄権の歴史を振り返ると

錦織選手が、楽天オープンの2回戦で
よもやの臀部痛で、途中棄権した。


残念だけど、テニスは過酷なスポーツである。
1試合(3セットマッチ)で平均2000mも
左右前後に走り、そして相手コート目指して打つのだ。


1対1のトーナメント戦だから、
上位プレーヤーともなれば、連日のように
闘って勝ち上がっていかなければならない。
けがや棄権はある程度やってくる。


@@@@@


錦織選手のここ9年間(18歳~26歳)の
けが、棄権、途中棄権を調べてみた。


d0159325_17174395.jpg




2008年、18歳でグランドスラム・デビューを
はたしたウインブルドン初戦での
腹筋痛による途中棄権皮切りに、
今回楽天オープンでの臀部痛途中棄権まで
9年間でほぼ17回ほど、棄権、途中棄権をしている。


負傷箇所も、腹筋、右肘、臀部、股関節、腰痛、
腹斜筋、右足首、左膝、左脚ふくらはぎ、左わき腹と
多くの箇所にわたっている。


一か所だけより良いように思われるが、
2009年(19歳のとき)には、右肘痛で戦線を離れ、
この年の8月には遊離軟骨の手術を受け、
翌年4月に復帰するまで、ほぼ1年間ツアーを
欠場した。
その後右肘は大丈夫なようだ。



@@@@@


こう見てくると、1シーズン平均2回ほどは
棄権、途中棄権に見舞われている。


特に、2014年の24歳の春、3月のマイアミ・ソニーオープンの
ジョコビッチとの準決勝を棄権、
また5月のマドリードオープン決勝でナダルを圧倒しながら
途中棄権せざるを得なかったのは,のっていた時だけに残念だった。


それでも、2010年8月の全米オープンからほぼ1年間、
2013年3月のデルレイビーチからほぼ1年間、
2014年5月のマドリードオープン(ナダルとの決勝途中棄権)から
ほぼ1年間、2015年6月のウインブルドン2回戦途中棄権から
ほぼ1年間は、続けている。


1年間ほど頑張り続けられるが、
その後疲れの蓄積から棄権、途中棄権が出てくるといった
パターンか。


@@@@@


今年も、6月のウインブルドン4回戦、対チリッチ戦で
左わき腹の痛みが出て途中棄権したが、
その後、オリンピック出場や全米オープンベスト4と頑張ってきた。
その疲労蓄積が、突然楽天オープンで出たのかもしれない。



「無事、これ名馬」・・・
ツアー連戦の続くプロテニスにはけがや棄権はつきものだが、
錦織選手には、スポンサー等との関係もあろうが、
無理せず、ぜひ息の長いトッププレーヤーとして
体調保持を優先して頑張ってほしい。


アルゼンチンの強豪デルポトロ選手は、なんと
4度に登る手首の手術を受け、長期の離脱も甘受しながら
ここにきて復活ぶりを示し始めている。
[PR]
by ucci-h | 2016-10-06 17:18 | スポーツ観戦 | Comments(0)
どうしようもない事を考えすぎる現代人には、やはり瞑想がいい!?

以前にも触れたが、
タイ人からは、よく「ヤー・キット・マーク」
(考えすぎるな!)と言われる。


こちらはたいして考えてもいない、
ただ少しは考える。
考えなしのタイ人には言われたくない、
と最初のころは反発していたが、
「YKM」(ヤー・キット・マーク)は
タイの至言かと最近では思っている。


@@@@@


先週、NHKテレビの「ガッテン」で、
これを裏付けるようなことをやっていた。


現代人は脳を休みなく使い続けるので
(どうでもいいことに)、中でも記憶をつかさどる
海馬が疲弊してしまうそうだ。


誰が数えたか知らないが、
一日に18万7千項目ものことを考えるそうだ。
しかも、その大部分が、過去の後悔か将来への不安という
ろくでもないネガティブなことだそうだ。


確かに、歳を重ねると過去の後悔がたびたび顔を出し、
また老後の不安に心配するようになる。
どうせ考えるなら、もっと足元の、
今の楽しいことを多く考えればいいのに・・・。



@@@@@


ガッテンではここで瞑想を薦めている。
これには合点がいく。
瞑想をしつつ、生物としての呼吸の動きに集中すれば、
余計なことを考えず、心、いや脳が休まる。


確かに、タイのお寺でのメディテーションも
雑念を払い、心の集中力の訓練になるはずだ。
タイ語の中に「マイ・ミー・サマティー」(集中力がない)という
言葉があるが、瞑想により、
このサマータ(集中力)が高まることになる。



d0159325_23171686.jpg




せっかくタイに居るのだから、
お寺に入ってまずは短期でもいいから瞑想をしようと
白衣まで買ったのに、機会を逃してから、はや7年たった。

雨期が空けたら仏門入りを考えよう。
[PR]
by ucci-h | 2016-10-04 23:18 | アジア的な生活 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース