<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
チェンマイ便り 2016年年末

親愛なるあなたへ


冬至、クリスマス、そして年末・・・。
チェンマイは、1年で一番寒い時期ですが、
それでも朝晩でも今年は20度近くありますので、
寒い日本(今年は特に寒いようですね)から見ると、
楽にさせてもらっています。



d0159325_1935379.jpg




1年が終わろうとしていますが、お元気ですか?
2016年はどんな年だったでしょうか?
2016年は、戦後70年続いたプミポン国王時代が終わった年となりましたが、
私にとっても、苦しい、またさみしい年でした。

年初からの腰痛に苦しみ、夜も横になれないほどの痛みを味わい、
結局、直るまで、8か月もかかりました。
またその後、後遺症で(?、動かなく食べてばかりいたので)、
血圧が高く出たりしました。

また、年末にかけては、親しかった知人・友人の訃報が舞い込み、
悲しい思いにとらわれました。海外に一人いると、一層です。


でも、主に体操で10月には腰痛も直り、ゴルフも始められるようになりました。
またここにきて、生活習慣病予防のため、食事と運動に
力を入れてきたため、体調は以前よりむしろ良くなってきました。
毎日、食事の内容と量に気を付け(うまいタイ料理は幸いヘルシーです)、
朝晩の30分ずつの体操は欠かしません。塞翁が馬です。

親しい人が、知らぬ間に亡くなるのはさみしいことです。
お一人は、この3月に帰国した際、何度かカラオケにご一緒したいと
思ったのですが、腰が痛く用事が多かったので、結局会えずじまいと
なってしまいました・・・。
来年も3~4月に帰国する予定です。


新しい年への思いはいかがですか?
私は「林住期」を終えて、そろそろ「遊行期」への準備を始めようと
思っていますが、その概念、方策がまだまとまりません。
それはゆっくり考えていくことにして、身体・精神の強化・充実に
努めていこうと思っています。
体力の強化は、人生の“手段”からすでに“目的”となっています。

林住期を終えてと言いましたが、まだまだ自然界、動物たちや
花や草木への親しみを深めて行きたいと思っています。
新しい年は、またタイの豊かな食材、植物やハーブ、お茶類も
勉強していきたいと思っています。

どうぞ、ありきたりの言葉で恐縮ですが、
ぜひ良い年をお迎えください。
[PR]
by ucci-h | 2016-12-27 19:06 | アジア的な生活 | Comments(0)
ビタミンCの宝庫フルーツ「グァバ」の味

南国で実る果物・・・グァバ。
タイではファランの名で市場に出回っている。
タイのファラン(グァバ)は、中がピンク色ではなく、
白いものがほとんどだ。




d0159325_2314066.jpg





グァバ・ジュースは、甘さも酸っぱさも抑えられ
すっきりしておいしいが、生食でグァバを食べると
ジューシーさに欠け、少しぱさぱさした感じで(味は
なしにリンゴを加えたような味)、めちゃおいしい果物ではない。



@@@@@



しかし、グァバは、果物の中でも栄養価の高さで知られている。
ビタミンA,C,E、それにミネラル類(カリウム及び銅)が比較的多い。
どのくらい多いのか調べてみた。



確かにビタミンAの前駆体であるβカロテンは、ピーマンや
ブロッコリー並みにあるが(100gあたり)、ニンジンには及ばない。
ビタミンEも、梅やマンゴーの方がずっと多い。
カリウムにしても、サツマイモやバナナの方が多く含む。



しかし、グァバの真骨頂は、ビタミンCの豊富さのようだ。
100gあたり220mgふくみ、レモンの倍以上だ。
ダントツのアセロラに次ぎ、柑橘類を上回って第2位の含有量だ。
ビタミン・ミネラルのサプリメント(一日量3粒)に含まれる80mgより多い。



@@@@@



ジューシーでないので食べ心地がいまいちと言ったが、
切ってしばらく置いておくと、ちょっと酸っぱいジューシーな
味になり、さっぱりした果物として食べれる。




d0159325_2313884.jpg




しかし、市販されているナム・ファラン(グァバ・ジュース)100%の方がうまい。
ほんとうに100%?水も蔗糖も加えていないの?
おそらく、生食よりもっと熟させてジュースにするから、
より甘酸っぱいジュースになるのだろうかな。
[PR]
by ucci-h | 2016-12-14 23:16 | タイでの食 | Comments(0)
恐るべき八角とシナモンの力


北タイに居て、チャーシューが売られていないので、
チャーシューを何回か自分で作ったが、
なかなか味のいいのができない。


そんな時、12月なので、テレビのみんなの料理で、
好きな栗原はるみさんの年末おもてなし料理で、
チャーシューの作り方をやっていた。


肩ロースの厚めのやつをフライパンで焼いて
20分ほどでできてしまう。
ミソは、たれに八角とシナモンを少しいれること。



d0159325_1413419.jpg




チェンマイでも、八角やシナモンといった中華食材は、
一袋40~50バーツ(120~150円)ほどで手に入る。



d0159325_1404957.jpg




食べてみて驚いた!
今までのチャーシューと味が全然違う。
うまい!後を引く。
栗原はるみさん、ありがとう!


豆板醤や豆鼓醤、XO醤などを日頃使っているが、
中華料理は奥が深い。
[PR]
by ucci-h | 2016-12-11 14:03 | タイでの食 | Comments(0)
ゴルフを再開して、10回コースに出て、改めて学んだこと

ゴルフを8か月ぶりに9月末に再開してから
2か月半経った。
この間練習場に行ったり、コースも10回ほど
回ったりして、ようやくゴルフの面白さも思い出してきた。


この間、あらためて学ぶことが多かった。



d0159325_15475790.jpg




①一番大事だと思ったのは、手首の柔らかさ。
手首が固くては、ごみを投げればわかるが、距離も方向も
ままならない。


②次がクラブのヘッドの重みを走らせて打つということ。
腕や腰にいくら力を入れても、ヘッドが走らないと、
ボールは思うように飛んでくれない。


③その他重心の移動など、いろいろあったが、きょうコースを回ってみて、
さらに一番大事なことを肝に銘じられた。
それは、練習場でならいろいろ考えて、試したらよいが、
コースに出たら、「考えないこと」が大事だ。


構え、アドレスから、テイクアウェイ、さらにフォロースルー、
いろいろ考えていたら、スイングのリズムが崩れ、スムーズさを失う。
ついつい作為的に打って、失敗する。


素振りして構えて違和感がなければ、そのまま素直に打つ。
無理な力を入れず、リズム良く振れば、クラブが仕事をしてくれる。
自分の本能とクラブの力を信ずるのがいい。


きょうは、何も考えず、スッと構えて、ゆったりズムで、
目標に向けて打った。
ボールも池にだいぶ入れたが、それでも45+41=86で回れた。
ともかくリズムよく、自分が気持ちいいショットを打てれば、
それでゴルフは楽しいのだ(スコアは運しだい)。
[PR]
by ucci-h | 2016-12-09 15:50 | ゴルフの工夫 | Comments(0)
北タイで健康茶に凝っている

いま健康茶に凝っている。
お茶が健康に良いことは知られているが、
本来の茶ノ木からのお茶(緑茶、ウーロン茶、紅茶など)だけでなく、
「茶外茶」であるその他のお茶も北タイでは多くリーズナブルな
価格で見つかるので、いろいろ試している。



ここまで、飲んでみているのは、以下の様なお茶である。

1.マルベリー(桑の葉)茶
2.霊芝茶
3.モリンガ茶
4.インカ茶
5.ステビア茶


@@@@@


1.マルベリー茶

マルベリー(桑の木)は、我が家の庭にもあり、
かわいらしい甘酸っぱい実をつけてくれるが、
乾燥させた桑の葉茶が売られている。



d0159325_1305689.jpg




マルベリーはミネラル分の多いお茶だが、
糖分の吸収を抑え、便通を良くするなどの効果もあると言われる。
緑茶のように毎日飲んでいるが、くせのないおいしいお茶である。



2.霊芝(レイシ)茶

これについては、別の記事で紹介したが、
この“まぼろしのきのこ”は、煎じて飲むと、
やや苦いが、気持ちの良い苦さである。


d0159325_12592119.jpg



霊芝きのこは、抗がん作用があり、また血圧低下に効くと
言われるが、このやや苦い飲み心地が、なぜか体に良い
感じを与えてくれる。
食前に軽く一杯飲んでいる。



3.モリンガ茶

このアジア原産の「ミラクル・ツリー」と呼ばれる
モリンガは、最近は日本でも有名になったようだが、
これも、ビタミン・ミネラルを多く含むと言われるので、
サプリメントよりもいいかもしれない。


そんなに高いお茶ではないが、こちらでは
ティーバッグに入って売られている。
生活習慣病を抑えるのに良いようだが、
この飲みやすいお茶は、なぜか強壮剤のようである。



4.サチャインチ・インカ茶

この南米原産のサチャインチは、
オメガ3・6・9(不飽和脂肪酸)を多く含むナッツ(種)である。
これが、ティーバッグ入りのお茶として売られている。
やや高めだが・・・。


豆由来のお茶(?)ということで、よくわからないが、
オメガ脂肪酸は青魚や亜麻仁油に含まれ、
血流を良くする成分。
飲み心地も悪くないので、ときどき飲み始めている。



5.ステビア茶

ステビアは、南米パラグアイ原産のゼロ・カロリーの甘味薬草として知られる。
血糖値を抑え、また活性酸素を抑える抗酸化物質も含むというので、
薬用効果も高いようだ。


d0159325_130122.jpg



甘味料としては砂糖状のパックとして売られているが、
あまりおいしい甘味とは言えない。
むしろ、葉と茎を乾燥させたステビアを煎じて飲んだ方が、
疲れた時に飲む“甘茶”としておいしい。



@@@@@



まだいずれも飲み始めて数か月だが、
マルベリー。モリンガ、霊芝は、体が充実する感じがする。
サチャインチとステビアはもう少し飲まないとわからない。


いずれにせよ、糖分、塩分、脂肪分の摂取の多い現代、
サプリを飲んで栄養のバランスを図るより、
これらのお茶を飲んだ方が、豊かな気分になれる。
もちろん、日本の緑茶も忘れないで・・・。
[PR]
by ucci-h | 2016-12-07 13:01 | アジア的な生活 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
最新のコメント
そうですね。末子音です。..
by ucci-h at 20:14
影武者の話。 タイ語で..
by takeshi_kanazaw at 10:09
文字を文法的に(構造的に..
by ucci-h at 20:35
うーん・・。 マイカオチ..
by takeshi_kanazaw at 21:03
パズルの解法をおぼえてい..
by ucci-h at 13:49
タイ語、本とテープだけ買..
by takeshi_kanazaw at 10:20
アルパインは、日本の悪し..
by ucci-h at 21:06
シーズンでの価格差が大き..
by じゃいあん at 00:37
とんでもない。大事なのは..
by ucci-h at 20:58
う~さんは英語ができるか..
by 銀ちゃん at 08:23
その3に記しますが、言わ..
by ucci-h at 19:46
ベトナムは、社会主義国で..
by ucci-h at 19:44
ハロン湾まで3時間半から..
by 銀ちゃん at 17:29
ベトナムも久しぶりに行っ..
by 摂津屋 at 13:31
お久しぶりです。 ベト..
by 銀ちゃん at 07:45
7-8月のオフシーズンが..
by ucci-h at 21:07
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース