近くで仰いで魅せられた大船観音

旅は、知識で得た旅先の‘実地確認’みたいなところがあるが、
実際に見て、想定を超えると、
それは‘旅の驚き’になる。



鎌倉の手前、大船に「大船観音像」がある。
JRに乗るときは、電車の窓から見て大船駅の確認になる。
今回、大船の友人たちと大船で飲む前に、
この観音様に上がってみた。



三大観音には入らない、昭和35年(1960年)に
完成した高さ25mの白い胸像だ。
4千万円余りかけて作られたという。



d0159325_1122773.jpg




そして、実際登って、間近で見て驚いた。
何ともふくよかでかわいらしいお顔をしてらっしゃるではないか!
惚れてしまった。
前から見ても、横から見ても素敵である。


観音菩薩は、慈悲を本誓とする菩薩である。
かつては観音信仰が盛んだったという
東南アジアの上座部仏教の国々からも
訪れる人が多いという。


d0159325_113117.jpg





観音様の美しさは、各国の人々を魅了する。
タイからの観光客にお勧めだ。
マー・ドゥー・カンノン・ナ(観音様を見にいらっしゃい)!
[PR]
# by ucci-h | 2017-05-04 11:03 | アジア的な生活 | Comments(0)
畳の生活は足腰が弱ってしまう!?

テレビを見ると、
足腰の痛みにはヒアルロン酸や
コンドロイチンの入った薬がいい
といった高齢社会のコマーシャルばかりだ。


日本では、歳を重ねると、
一日に座っている時間が
7時間以上になるそうだ。



d0159325_10131696.jpg



確かに、タイなどと比べると、
日本の生活は、家で座っている時間が多い。
ゴルフ、マッサージ、外食、散歩といった
外出活動が多いタイの生活に比べると、
日本では、テレビを見たり、ネットを見たり、
家での活動が多い。


タイは、床が冷たいタイルなので、
日本の畳のように床に座らない。
椅子に長く座らないように気を付けるだけだ。



日本で、座布団、座椅子、こたつに入っていると、
動くのが面倒になる。
座ったり、立ち上がったり、それなりの足腰の運動だが、
しだいに面倒になり、座りっぱなしになりがちだ。
足を動かす機会が減る。


外での活動機会の少なさと
家の中、畳の生活での座ることの多さ・・・、
日本にいると、心しないと、足腰が弱ってしまう。
[PR]
# by ucci-h | 2017-05-03 10:13 | アジア的な生活 | Comments(2)
母の足の爪

横浜に92歳になった母が独り暮らしをしている。
二か月ほど来て、親孝行のまねごとをする。



なお一人で何でもやれるが、去年に比べて、
気力が弱っている。



炊事や買い物、洗濯物干しなど手伝う。
その中で先日、足の爪を切ってやった。
歳をとると、かがんで足の爪を切るのがしんどくなる。



切ってやった。
少しおどろいた。
90を超えたのに、足も爪もきれいなのだ。



d0159325_1075248.jpg




母のかわいらしい小さな足をもう一度見て、
ひとりでにんまりしてしまった。
[PR]
# by ucci-h | 2017-05-03 10:08 | アジア的な生活 | Comments(0)
日本のテレビを見ていると平衡感覚が狂いそう

日本にいると平衡感覚がずれそうになる。
一方的なことをマスメディアが煽るので、いっそうだ。


たとえば、連日、北朝鮮の報道を繰り返している。
もちろん、テレビなどは煽情的にやるのが仕事だから、
まるで戦争前夜のように報じている。


視聴者が飽きないように、「これで、ますます緊張が増しました」と
最後に‘コマーシャル’を入れる。



d0159325_9552379.jpg




さらには、北朝鮮のミサイル発射訓練で、
東京の地下鉄が一時止まったというのには
口が開いてしまった。


政府のどこからの指令なのか知らぬが、
なにやら、政府も、共謀罪へのサポートや、
内政のつまづきを拭うために、朝鮮半島へ
関心を向けるよう図っていると勘繰りたくなる。


もし、政府が平和ボケの国民にカツを入れようと
危機感を伝えているなら、逆効果に終わりそうだ。
今回、何もなく過ぎて行ったら、いつか本当の危機が
やってきた時、不感症の訓練を受けていたことになるからだ。


日本のテレビを見ていると、何かバランス感覚が変になる。
[PR]
# by ucci-h | 2017-05-02 09:55 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
「私と仕事とどっちが大事なの!」
(「女の機嫌の直し方」より)


女性からは時折、どう応えようもない文句が出てくる。
これに対し、生真面目にその言葉面をとらえようとする
男は、返答に窮する。


答えようのない質問だと思ってしまう。
その言葉の裏にある真意を理解していないからだ。


例えば、こう言われたら、なんと答えたらいいだろうか?
「私と仕事とどっちが大事なの?」



d0159325_9523931.jpg




@@@@@


論理を尊ぶ男性脳は、「比べようがないものを言うなよ!」と
思って、「どっちも大事に決まっているだろう!」などと的外れな
答えを言ってしまう。
でも、女性は、比較の対象外だと知りながら、毒づいているのだ。



それの真意は?
専業主婦だって、亭主が仕事で頑張ってくれる有難さは
知っている。
また、仕事に割く時間が多く、自分にかまってくれる時間がないと
すねているわけではない。


男は勘違いしている。
仕事の大変さは、家で吐露しないのが男の矜持だと。
パートナーは、そうじゃなくて、旦那が仕事のことを話さないと、
彼の人生から締め出されているような疎外感を味わうのだ。
これが嵩じると、「あなたと一緒にいる意味が分からない」になっていく・・・。


男は、「そうね。君にさみしい思いをさせてごめんね」と言うべきだと。
少々面倒でも、時折会社の話もしてあげよう。
そして、パートナーに自分のパートナーシップがあるから、
仕事も頑張れるんだと、思わせてあげよう。
[PR]
# by ucci-h | 2017-04-30 09:53 | アジア的な生活 | Comments(2)
武田家終焉の地を行く

戦国時代、天下取りまでもう一歩だった
甲斐の武田家の最後は悲惨だった。


大御所の武田信玄亡き(1573年)後、
武田家第20代として家督を継いだ武田勝頼だったが、
長篠の戦(1575年)で織田・徳川連合軍に敗れ、
その7年後の天正10年、信長が本能寺で亡くなる3か月前、
天目山に敗走し、19歳の妻北条夫人、16歳の息子の信勝とともに、
命を絶った。



d0159325_12122484.jpg




今回の山行きは、このわずか最後は50人足らずとなった
武田家の逃避行の行程を追う形となった。


@@@@@


西方の勝沼方面から逃げてきた勝頼一行は、
大月の岩殿城をめざすが、小山田信茂の離反に遭い、
笹子峠を越えられず、ここ日川渓谷沿いを登り、
天目山上の武田家先祖の信仰の篤い
禅寺、栖雲寺(せいうんじ)を目指した。



d0159325_12131769.jpg




この天目山の上までたどり着き、
討死、ないし自刃したのかと思っていたが、
行く手を阻まれて山の上まで行けなかったのだ。
しかたなく、ふもとの田野まで戻って、
そこで、討死ないし自刃したようである。



d0159325_1214469.jpg




亡くなった場所の少し上に、
徳川家康がすぐに菩提寺を建て、いま「景徳院」と呼ばれ、
勝頼(享年37歳)、継室北条夫人(19歳)、嫡男信勝(16歳)の
墓が並んでいる。
春のおだやかなこぼれ日の中、静謐な丘の上の墓所だ。



d0159325_12145483.jpg




日川渓谷の水が下ってきたこの山間の
静かな地で、20代続き、風林火山の名を
轟かした武田一族が、信玄死してわずか9年で
この地で滅亡した。
何ともはかない武家の最後である。



d0159325_12153658.jpg




信玄の4男で家督を継いだ勝頼の評価は分かれるが、
財政をきつくし、税負担を増やし、最後には人心が離れて行った
ことをみると、大将としての器が足りなかったのかもしれない。



d0159325_12164259.jpg




四月半ばのこの時期、山間には、桜も残っており、
新緑の緑が目立ち始めていた。
天正10年3月11日、今でいえば1582年4月13日。
彼らも最後に桜を見たのだろうか?
[PR]
# by ucci-h | 2017-04-29 12:17 | アジア的な生活 | Comments(2)
男女会話のすれ違いの例(3)
男女会話のすれ違い例(3)

(「女の機嫌の取り方」より)

不公平に、‘えこひいき’で行かなくちゃ!



d0159325_9233843.jpg




男女脳それぞれの特性のひとつに、
男性脳は、客観的に公平を旨に考えようとするのに対し、
女性脳は、特殊的、個別で考える傾向が強いと言われる。



男はこの点を大きく見落としており、
たぶん決定的な「し損ない」を色々な場面でしているようだ。



男女は愛でつながっているが、これは、特殊でえこひいきで
なければいけないという。
そりゃあそうだが。



公平、公正であろうと思う男性脳は、
一部の女たらしを除いて、相手に対し不公正に
えこひいきをなかなかできない。



女性から、「あなたはただ寂しいから私と居るだけじゃ
ないの?」と言われたら、なんと答えるか?



そりゃあそうだよ、世の中に女はごまんといるんだから・・・、
なんて客観的に思ってはいけない。



ひとりじゃ寂しいからいっしょにいるのは当たり前の話。
「いや、他ならぬ君じゃなくちゃダメなんだよ」と
どれだけの男が言えるだろうか?
[PR]
# by ucci-h | 2017-04-28 09:24 | アジア的な生活 | Comments(0)
春の一日、日川渓谷天目山へ
「あれっ?こんな名前の駅あったっけ?」


春四月。
天気のいい日を選んで、新緑を見に行った。



d0159325_14135923.jpg




どこがいいか?
首都圏からは、中央線、山梨方面が便利だ。



笹子トンネルを抜け、勝沼の手前の「甲斐大和駅」から
日川渓谷を登り、武田一族終焉の地、天目山を
目指すことにした。



d0159325_141302.jpg




あれ?甲斐大和駅なんて昔からあったっけ?
昔、嵯峨塩鉱泉から大菩薩に登った時は、
たしか「初鹿野駅」で降り、車に乗せてもらった
記憶がある。



d0159325_14145156.jpg




調べたら、以前の初鹿野駅が甲斐大和駅に
名前が変わったのだという。
初鹿野は、その手前にある初狩と紛らわしいので
変えたそうだ。


@@@@@


春の晴天の中、結局甲斐大和駅から、途中
日川渓谷の「竜門峡」の遊歩道を歩き、天目山に登り、
帰りも駅まで新緑が気持ちがいいので、歩いて帰った。



d0159325_14155240.jpg




登り2時間半、下り1時間40分、計4時間強の
ハイキング登山だったが、
連休前の平日だったので、途中ハイカーにも熊にも会わない
桜と新緑の静かな渓谷登りだった。
帰りは、天目山温泉でひと風呂浴びた。



d0159325_14164076.jpg




途中の田野村にある「景徳院」が武田家終焉の地。
武田勝頼、最期の地の謎については、別途記そう。
[PR]
# by ucci-h | 2017-04-27 14:17 | アジア的な生活 | Comments(4)
男女脳のすれ違いの例(2)

男女会話のすれ違い例(2)

(「女の機嫌の直し方」より)


男性脳と女性脳のすれ違いでケンカ!



男性脳が、外へ出て狩りを行うなどの経歴から、
遠方の空間把握などに強く、
女性脳は、子育て、家を守ることから、
近いところの微妙な変化の観察力に強いことは、
良く知られている。


出会った翌日に、女性は相手の服装など細かく
覚えているが、男は、漠然としか覚えていない。



d0159325_1116518.jpg




カップルでドライブに行くとき、
男女脳の得意分野でのすれ違いから喧嘩が起こりやすい。


近いところ、目印の把握に強い女性脳は、
「そこのランドマーク(建物)を左に」と言うが、
男性脳の「そこ」は、何メートルかよと、疑問に思う。
距離にズレが出やすく、曲がりそこない喧嘩になる。


女性脳は左右の脳をつなぐ脳梁が太く、
左右の連携が良い。
ので、感じたことが言葉となって認識が早い
(だから、おしゃべりなのかもしれない)。
すぐに察して、臨機応変に対応するという。


男性脳は、脳梁も細く、左右の脳の連携をあまりせず、
それぞれの脳を鮮明に働かせ、空間認識に強い。
女性の脳の働かせ方とのプロセスがちょっと違う。


違うから、男女は一緒になり、またそれぞれ得意の
分野で協力できるのだが、男女の会話となると、
火星人と金星人の対話と思っていた方がいいのかもしれない。
[PR]
# by ucci-h | 2017-04-26 11:17 | アジア的な生活 | Comments(0)
うまい!鯛焼き

日本へきて、湘南台駅のそばで中学時代の
友人がやっている居酒屋「鳥海山」に
友人たちと集まった。


手ごろな値段でメニューが豊富なので
いつもお客で賑わっている。


途中、彼S君が、鯛焼きを買ってきてくれた。
これがうまい!
鯛焼きも久しぶりだが、こんなうまい鯛焼きは
最近食べた覚えがない。



d0159325_2312854.jpg




今から40年前、「泳げ鯛焼き君」がはやったとき、
不況の中、年賀状に描いたのを思い出した。


あんこの小豆はそう甘くなく、程よい。
また皮は、卵をたっぷり使っているというが、
ほどよい固さですっきりしている。



d0159325_232214.jpg




帰りに、駅前のその店「おめで鯛焼き本舗」で
おみやげに、ほかほかの鯛焼きを買っていった。
帰りの電車の中で、一匹こっそり食べちゃった!


d0159325_2325374.jpg

[PR]
# by ucci-h | 2017-04-25 23:03 | アジア的な生活 | Comments(2)
男女会話のすれ違いの例(1)

男女会話のすれ違いの例(1)

(「女の機嫌の直し方」より)


「駅の階段で転びそうになっちゃったのよ・・・」

女性脳は、以下の様な体験話をするが、男はあまりしない。
「けさ、駅の階段でこけそうになっちゃったのよ・・・」。



男性脳の受け止め方は、
転ばなかったんだから、いいじゃない。情報量ゼロだなと思い、
「で、ケガなかったんでしょ。いいじゃない」てな言い方をする。


女性はむっとする。
男が必要な“共感”をしてやれなかったからだ。
女性脳は、ヒヤッとしたなどのストレス信号を強く受け止める
(子育てなど安全志向の女性脳は、危険信号を強く残すそうだ)。



d0159325_1242223.jpg




共感を得ることにより、余剰な信号が沈静化するという。
男の適切な対応は、「そりゃあ、怖いよね」と、共感してやることだ。
「階段は気を付けて降りようね」などというアドバイスは、筋違いだ。



「頭が痛いの」と言われた時、
「薬飲んだ?」などと言わず、「それは、つらいね」と共感してやる
のがいいことと、共通している。



男は、問題解決のアドバイスに走らず、
共感してやることが、女性のストレス減衰になることを
知らねばならない。
男女脳の働き方の違いを知らねばならないそうだ。
[PR]
# by ucci-h | 2017-04-23 12:43 | アジア的な生活 | Comments(0)
千倉の「さざえの釜めしの素」はうまかった!

4月10日に訪れた南房総の千倉は、
早春の時期より寒かった。


が、収穫は、千倉漁協のそばの「潮風王国」で
買った「さざえ釜めしの素」。



d0159325_1421669.jpg




家で、コメを炊くとき上に入れ釜めしにしたが、
水加減も良かったせいか、うまい!


塩っぱくなく、ほのかに甘い。
さざえの薄切りなど、具もしっかり入っている。
値段も高くなかった(送ってもらうと送料やその他で倍以上になる)。



d0159325_143723.jpg




好きなカツオの酒盗とあわせ買ってきたが、
こんなにうまいのなら、もっと買ってくればよかった。
おススメだ。
[PR]
# by ucci-h | 2017-04-22 14:03 | アジア的な生活 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース