タイの旧正月はなぜ一番暑い時期になったのだろうか?

前回、タイと日本・中国の旧暦にズレがあることを述べた。
同じ太陰太陽暦なのだから、ポイントは、いつを新年とするかにあるわけだ。
同じ陰暦(太陰太陽暦)といっても、日本や中国の陰暦と
タイの陰暦では、スタート時点が違うことになる。



日本の陰暦を見てみよう。中国と一緒だ。
中国の旧正月(春節)が、西暦の1月後半から2月前半に来るように、
日本・中国の年の始まりは、立春前後だ。



中国の陰暦だと、戦国時代にできたと言われる「二十四節気」中の、
雪が雨に代わり春の訪れを告げる「雨水」を含む月が1月だという。
雨水の24分の一の前の節気が立春だから、立春前後が新年となる
(必ずしも立春が正月ではなく、旧正月が春節と別に呼ばれるわけだ)。
雪が解けて春が来る。イメージしやすい。



またもっと古く、中国での紀元前の夏王朝時代から、
太陰太陽暦は、もともと寅の月を正月にした。
つまり、十二支の最初である子の月は、夜が一番長い
冬至を含む月とし、その2か月後の寅の月を正月とした。
なぜ、十二支の一番手である「子の月」を正月にしなかったのだろうか。



子の月や丑の月を正月とした王朝もあったようだが、
寅の月=正月で落ち着いていった。
やはり、その後に出てきた二十四節気で見られるように、
冬至を含む月より(そのあとに大寒、小寒がやってくる)、
それから2か月経た雨水の月の方が、北支では春がやってくる
気分で、年のスタート月にふさわしかったのだろう。


d0159325_0165475.jpg




これに対し、タイの旧正月は新暦の4月なかばだ。
ほんとうは日にちは毎年ずれるのだが、タイの合理性(?)で、
今は4月15日に固定されている(ソン・クラーン水掛け祭り)。
前回見たように、日本・中国と旧正月の時期が3か月近く違う。



タイの新年は、なぜこんな暑い時期になったのだろう?
タイの方が、日本や中国より、3か月近く季節の巡りは速いから、
本来なら、一番寒い(涼しい?)新暦12~1月ごろに
旧正月が来た方が、季節感は合う感じがするが・・・。



なぜタイは一番暑い時期を正月としたのだろう?


(続く)
[PR]
# by ucci-h | 2017-02-19 00:17 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイと日本・中国の旧暦は3か月近くもズレている!なぜ?

今週はじめの2月13日は、こちらタイの振替休日だった。
今年は、2月11日(土曜日)が、日本もタイも
休日だったが、タイでは土曜日に振替休日がつく。


日本は建国記念日だったが、タイは
マーカ・ブッチャー(万仏節)の日。


釈迦の入滅3か月前に、マガダ国の竹林精舎で
釈迦が説法をしたとき、1250人の弟子が知らせも
なかったのに集まった、奇跡の日と言われる。



d0159325_0255769.png




陰暦の満月の日だから、年によって日が変わる。
ちなみに、タイは祝日の多い日本をさらに上回る
年間17日ほどの祝日があるが、うち4日は仏教関係である。

http://uccih.exblog.jp/20687049/



ところで、万仏節は、タイの陰暦3月の満月の日と
ウィキペディアなどを見ると出ている。
11月ごろ行われるロイ・クラトーン祭りも(祝日ではないが)、
陰暦12月の満月の日と出ている。
つまり、タイでは陰暦の進行の方が、新暦より先に進んでいる
(ほぼ3年に一度、閏月の挿入で陰暦の日足らずは調整されるが)。


ここで、タイの陰暦に対する疑問が生じる。
日本の陰暦(ないし旧暦)は、同じくいわゆる太陰太陽暦
(月の満ち欠けの太陰暦に太陽の動きも加味した閏月を入れたもの)だ。
タイの陰暦も基本同じ太陰太陽暦である。


しかし、スタート時点が違うことになる。


たとえば、赤穂浪の討ち入りがあったとされる元禄15年12月14日は、
今の暦だと、1703年1月30日になる。
今の感覚だと、満月に近い雪の降るような寒い日になる。
タイとは反対に、新暦の方が、旧暦より進んでいるのだ。



同じ陰暦といっても、タイと日本・中国では、3か月ほどの
ずれがあることになる。
あれ?自分の勘違いかな??



そうでもなさそうだ。
たとえば、今年の11月3日は日本の文化の日。
日本の陰暦では9月15日の満月の日。
そしてこの日は、タイのロイ・クラトーン(灯篭流し祭り)。
タイの旧暦(ラタナコーシン暦)で12月登りの15日だ
(タイの旧暦のひと月は登り15日と下り15日でなる)。



確かに、3か月近く違っている。

はて、何が両国の陰暦の違いをもたらしたのだろう?

(続く)
[PR]
# by ucci-h | 2017-02-17 00:26 | アジア的な生活 | Comments(0)
生活のちっちゃな知恵:歯間ブラシがすぐなよっとならない

むかしは使わなかったが、今は朝晩
歯を磨くたびに、歯間ブラシを常用している。

むかしは、歯の間にブラシが入るなんてと
思っていたけれど、今では歯の間の食べかすを
除いてうがいしないと、歯をきれいにした感じにならない。

歯間ブラシは、いろいろ使ったが、
ワイヤー製よりも、ブラシがゴム製のものが、
ブラッシング効果もあっていい。

問題は、じきにプラスチックの茎の部分が
なよっとしてしまい、3~4回で使えなくなることだ。



d0159325_2014389.jpg



そしたら、ある日ふっとひらめいた。
そばに備え置いてあるトイレットペーパーの
ロールに、使った後の歯間ブラシを差しておくことだ
(こちらは洗面所とトイレが一体)。
ブラシの青い部分が隠れるくらいでいい。

すると、ペーパーが水分をすぐに吸収してくれるので、
ブラシの持ちが良い。以前の2~3倍の回数はしゃきっと使える。

なお、この記事のスポンサーに
販売元の小林製薬はなってくれないだろうな・・・(笑)。
[PR]
# by ucci-h | 2017-02-07 20:02 | アジア的な生活 | Comments(0)
鶏の唐揚げがカラカラ揚げになってしまった・・・

鶏肉のおいしいチェンマイで「鶏の唐揚げ」を食べたくなる。
でもチェンマイの日本料理店で鶏の唐揚げが美味しい店は少ない。
「ジガンティア」の鶏の唐揚げはおいしいが、ほかの店は
水分が多いのか、ぺったりと天ぷらみたいのが多い。



そこで、鶏のもも肉を買ってきて、自分で作ってみることにした。
結果は、写真のように、嗚呼、鶏の唐揚げがカラカラ揚げになってしまった(涙)。



d0159325_19574451.jpg




水分を少なくし、カラッと揚げるつもりが、
「過ぎたるは及ばざるがごとし」で、カラカラの揚げ過ぎになってしまった。
高温の油でカラッとというつもりが、油の温度が高すぎたようだ
(我が家のボンベでのLPガスは火加減が難しいというのは言い訳)。



もう一つは、揚げる前になるべく水分を減らしておこうと
鶏肉をオーブンで下焼きしたのは、たぶんやりすぎだろう。
クロもカラカラ揚げを平らげるのに手伝ってくれたが、
途中でそっぽを向かれてしまった・・・。



次回は雪辱戦だ。
鶏肉自体の味付けも、醤油・酒・ニンニクだけでなく、
少し味を出すため、醤(じゃん)なども加えてみたい。
[PR]
# by ucci-h | 2017-02-07 19:58 | タイでの食 | Comments(0)
10年間おいしい店ランキングトップの太ったおばさんの店

チェンマイのおいしい店のランキングを
毎年作っているが(スミマセン、公開していません)、
始めた10年前から今年まで、トップに居続ける
お店がある。



それは、タニン市場の食堂街の北よりにある
太ったおばさんの店。ここの肉野菜炒めライスが
10年経っても、おいしいままである。



d0159325_23382737.jpg




この店は、左右の店含め、3人の姉妹がやっている。
先代のおばさんが太っていたので、店の別名は、
「ルーク・パー・ウワン」(太ったおばさんの子供達)だ。



ほかの二人はそう太っていないが、自分の好きな真ん中の店の
おばさん(娘)は太っている。
コックさんは、痩せているより太っているほうがなんだか美味しそうだ。



お店の名は、「ラーナハーン・タームサン」(ご注文次第の食堂)
だから、頼めば、ガパオ・ライスでも、焼き飯でも、なんでも
大きな鍋でさっと作ってくれる。
馬鹿にしがちな「パット・マーマー」(即席めんのカナー采豚肉炒め)も
食べてみるとおいしい・・・。



みなうまいが、自分はいつも「パットパック・ルアム・ムー」
(肉野菜炒めライス)に行ってしまう。
色々な野菜が細い豚肉とともに、カキ油でアツアツに炒められたのが
いつもたまらないのだ。
なぜか、学生時代の中華食堂での肉野菜炒めを思い出す。



d0159325_23392088.jpg





「ピセット」(大盛り)で頼み、カイダーオ(卵焼き)を乗せてもらう。
昔と比べて少し高くなったが、それでも50バーツ(150円)だ。
10年前と比べ、おばさんの体型も、料理のおいしさも
変わっていないのがうれしい。



食後は、同じ食堂街で、タピオカ入りアイスコーヒーを買って
飲む。30バーツと安い。甘ったるくもなく苦くもなくおいしい。
最後に、ガキっぽく、残ったタピオカをストローで吸い出すのが楽しい。
[PR]
# by ucci-h | 2017-01-31 23:40 | タイでの食 | Comments(4)
ビーフシチューをタイで作ってみる

日曜の夜は、ビーフ・シチューを食べることにした。


リンピン・ストアで牛肉を買ってきて、
デミグラス・ソースを作って、煮て、食べることにした。

ちょうどNHKの「きょうの料理」で簡単な
ビーフシチューの作り方をやっていたので、参考にした。


赤ワインをどどっと入れるのが幸いして、
短時間でうまいソースがからんだビーフシチューを食べられた。

小麦粉をバターで絡めた「ブールマニエ」(絡めバター)が
ほどよいとろみを出してくれた。

トマトの味がやや酸っぱいので、チョコを少しだけ
多めに入れたのも味をまろやかにしてくれた。


タイの牛肉も、まだ固めだが、だんだん柔らかくなってきている。



d0159325_1374224.jpg




写真は、スープが少なく、ハッシュドビーフみたいだけど、
30分足らずで、別にフォンドボーなどの出汁を作らなくても、
おいしい味のビーフシチューができた。
[PR]
# by ucci-h | 2017-01-30 13:08 | タイでの食 | Comments(0)
クロ、ダッシュ!!

我が家のクロは、玄関わきのベッドで
昼寝をしているが、急に立ち上がり、
キャンキャンと吠え、ジャンプすることがある。



d0159325_10375143.jpg




網戸を開けてやると、脱兎のごとく飛び出していく。
そう、家の前に来たねこを追っかけるのだ。
クロの足は速いが、ねこにはいつも逃げられる。



d0159325_10385029.jpg




ときには、気丈夫な猫がいて、
う~っと身構える。
すると怖がり屋のクロは尻尾を巻いて、家に戻ってくる。



d0159325_10392456.jpg




しばらくして、また吠えて、さらなる勢いで飛び出していく。
今度は家の前にやってきた小鳥だ。
捕まえられるはずはなく、すぐ飛び立たれてしまう。




d0159325_1040825.jpg




こんなことを、毎日のように、飽きずにやっている。
アンポンタンなのか、懲りないのか、
それとも、いい日常運動なのか?
床を滑るような、そのダッシュぶりには、いつも笑ってしまう。
[PR]
# by ucci-h | 2017-01-29 10:40 | アジア的な生活 | Comments(0)
チェンマイでドライトマトを作ってみた

北タイでは、日光がほぼ一年中燦燦と降り注いでいる。
ドライ・フルーツや乾燥野菜を作らない手はない。


果物や野菜を天日干しで水分を減らすと、
その分甘味や酸味が凝縮して、見かけは悪くなるが、うまい。
さらに、日光により、ビタミンDやリコピンなどの栄養素が
増えるという。



d0159325_10323752.jpg




天日干しで、ドライ・トマトを作ってみた。
イタリア人は、8日もかけて干すという。
塩を少しふりかけ、2,3日、日光に当て干した。
水分が減り、たくさん食べれた。


ほこりに被らないよう、屋内でガラス越しに
日光浴させた方がいいかもしれない。
[PR]
# by ucci-h | 2017-01-29 10:34 | タイでの食 | Comments(0)
春節なのにチェンマイの道路は空いている!?

2017年は、1月27日(金)から2月2日((木)まで、
中国正月「春節」である。



d0159325_10291393.jpg




観光地チェンマイは、この週末、さぞや中国人観光客で
道路も混むかと思われたが、この土曜の夜は
むしろ普段より空いている。なぜか???


ゼロ・ダラー・ツアーの規制で中国人観光客が
減っているのかなと一瞬思ったが、空港には
多くの中国人観光客が来ている。


理由は、休む店や会社が多いからだ。
チェンマイには中華街はないが、
企業のオーナーには、華人系タイ人が多い。


タクシン・シナワトラ、CPグループ、ビッグCなどの
オーナーはじめ、“隠れ”華人が多い。
それで、休む華人系の会社が多いというわけ・・・。
[PR]
# by ucci-h | 2017-01-29 10:29 | アジア的な生活 | Comments(0)
一度に同じお椀が4つも出てくるタイの料理

一度に同じものが4皿も出てくる料理がタイにある。
日本のわんこそばみたいだ。


「クエティオ・ナムトック」・・・黒いスープの米麺である。
クエティオは、タイの主力麺でいろいろあるが、
この黒いスープの米麺はユニークである。




d0159325_217439.jpg




お店はチェンマイにいくつかあるが、
リング1のルアム・チョーク交差点の東南手前内側の
「ティー・ムアイ」(中華系の店)は、
昼時いつもタイ人で混んでいる。


最初は、あのスープの黒い色は、血が入っている
からと、敬遠していた。
しかし、気にしないで行って食べてみたら、
そのスープの甘酸っぱく辛い味に魅了されてしまった。



d0159325_218522.jpg




ナムトック・スープは、牛や豚の骨を煮出し、
湯通しした血を入れて仕上げるそうだ。


麺は、細いセンミーが、汁に良く絡んでいい。
牛肉の小片、牛肉のボール(ルークチン)が入っていて、
これにトンホーム(葉ねぎ)のアクセントが効いている。




d0159325_219431.jpg




一皿(一椀)は小さく、15バーツ。
4つ食べてちょうど良い。
「クエティオ・ルア」(舟の米麺)とも呼ばれるのは、
舟で少量提供されていたからだそうだ。


大皿で40バーツのものもあるが、不思議なことに、
小さい椀のほうがうまい。なぜだろう?
[PR]
# by ucci-h | 2017-01-22 21:10 | タイでの食 | Comments(0)
サパロット賛歌

北タイにいると、毎日のようにポラマイ(果物)を
食べているが、10年近く居て、一番おいしく
感じる果物は何だろうか?


実は、日本から見ると贅沢な話だが、
果物の王様、女王様と言われる、
マンゴー、マンゴスチンやライチーなどの
甘いトロピカル・フルーツは、食べ飽きている。


むしろ、最近では、なしやリンゴといった
温帯のフルーツを物色している。
チェンマイの市場には、昔と比べ、温帯の果物が増えた。


長年、いろいろな果物を食べてきて、
やはりこれだろうと思うのが、実はサパロット(パイナップル)
である(別に、ピコタローの「ペン・パイナップル・アップル・ペン」に
便乗しているわけではない)。



d0159325_1731895.jpg




パイナップルの特産地は、北タイのチェンラーイ近郊
(ちなみに、タイは世界一のパイナップル生産国)。
季節になると(ほぼいつもだが)街道沿いに売店が並ぶ。
また、田舎に行くと、栽培パイナップルで覆われたパイナップル山もある。


チェンマイの街の中でも切ったものが、一袋20バーツで売っている。
おいしくないものは、刺すような酸っぱさと果肉の堅さで食べれない。
うまいものは、これ以上の味の組み合わせがあるかと思うほど
甘味と酸味が芳醇だ。




d0159325_1732477.jpg




サパロットの凛とした堅さの中の柔らかさ、そして、
きりっとした酸っぱさの中の甘さ。
これほど刺激的な果物があるだろうか。
[PR]
# by ucci-h | 2017-01-21 17:33 | タイでの食 | Comments(0)
クムクムか、それともカムカムか?

テニスのグランドスラムのひとつ、年初の
全豪オープンが16日からスタートした。



d0159325_17242622.jpg




錦織選手が初日、3時間40分のフルセットの末勝った後、
翌日は、期待の星大阪なおみ選手が、タイの選手と対戦した。


タイに住んでいるので、バレーボールなどはついタイチームの
方を応援してしまうが、この試合は、たどたどしい日本語の
可愛いらしい大阪選手を応援した。
両者とも男勝りの強烈なショットでフルセットのいい試合だった。


それはいいのだが、タイの女子トップ選手の名を「クムクム」と
呼んでいるのがどうも違和感を感じて仕方なかった。



d0159325_17251771.jpg




彼女の名は、タイ語でลักษิกา คำขำ。ラクシカー・カムカムである。
英語で、kumkhumと書かれているので、クムクムとなるのだろう。
母音が代わっているだけでなく、カはともに有気音だから、khamkhamが
正しいのだろうが・・・。


タイ人は、人名を姓ではなく名で呼ぶ。しかもニックネームで。
きょうは惜敗したが、彼女をラックちゃんと呼んで、応援してやろう。


彼女は、23歳のトムボーイだが、3年前の全豪では、ペトラ・クビトバを
破っている。“スースー・ラック!”(ラック、がんばれ!)
[PR]
# by ucci-h | 2017-01-21 17:25 | スポーツ観戦 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース