タイ語読み書き60時間集中講座(4) ーー言葉は音楽であるーー
タイ語読み書き60時間集中講座(4)
ーー言葉は音楽であるーー


タイ語の発音は難しいと言われる一番のものは、
「声調」、つまり音の高低である。
d0159325_14035641.jpg


その言葉が、
①中ほどで平らな音なのか(ミディアム・トーン -、または平声 → )、
②低いままでいるのか(ロウ・トーン ` 、または低声 ↓ )、
③ちょっと上がった後、山型に下がるのか(フォーリング・トーン ^ 、または落声 ⤵ )、
④高いままなのか(ハイ・トーン ’ 、または高声 ↑ )、
⑤低い位置から上げるのか(ライジング・トーンv 、または昇声 ⤴ )、
戸惑うことが多い。


たとえば、有名なのがタイ語の「マー」である。
「来る」のマーは、中ほどの音程の平声である。
「まー、いいでしょう」のマーである。
(マーのMは、低子音字グループにはいるが、
長母音がつくと、中子音字グループと同じく、中ほどの平声)。

「馬」のマーは、低子音を高くする「マイトー ้ 」 という声調符号が
頭についているので、音が高いままになる。
「ま~!、なんていうことを!」のマーである。
声調符号については後で触れる。
d0159325_20244462.jpg
「犬」のマーは、頭にHにあたる高子音字หが
つき、高子音字グループに変わってしまうので、
低い位置から上げるライジングの発音(⤴)となる。
「まー、いいでしょう」を大阪弁風に手をこすりながら
発音すると、犬のマーに近いのかな?
d0159325_20243998.jpg
@@@@@


文法で説明すると面倒くさくなるが、音から覚えるのが
一番でしょう。
これは、声調符号の順序と一致するが、
平声・低声・落声・高声・昇声の順で、
自分の好きな音を例にリズムよく覚える。


例えば、今出てきたマーを例に並べれば、
「マー→、マー↓、マー⤵、マー↑、マー⤴」となる。
マーの子音・母音の音は難しくないので、声調に集中できる。
d0159325_14023184.jpg
ここで、では普通の人の声でどのくらいの周波数の変化なのか
ちょっと調べてみた。
近似値だが、男声はふつうに「あ~」というとき、270ヘルツ前後、
音階で言うとC4、つまりハ長調の「ド」(262Hz)近辺が多いそうだ
(女声は男声より1オクターブ近く高いB4,つまり「シ」の音494Hzあたりが
多いそうだが、ここでは男声を例に見てみる)。


タイ語の平声を実際測ってみたら、ほぼ300Hzくらいで、
ハ調のドレミの「レ」の音(D4,294Hz)に近く聞こえた(上記のドに近い)。
「レ→」を平声、下がって「ラ↓」(220HZ)を低声、
上がって「ソ⤵ミ」(392⤵330Hz)を落声、
また上がって「ソ↑」(392Hz)を上声、そして「ド⤴ミ」(262⤴330Hz)を昇声とすれば、
おおよそ200~400Hzの周波数帯の中でメロディーが奏でられる。
これは、男声の話す周波数帯とほぼ一致している。
d0159325_21521601.jpg
ちょっと極端かもしれないが、
「 レ♩→ ラ♩(下のラ)↓ ソミ♫⤵ ソ♩↑ ドミ♫⤴ 」と、
メロディーで覚えるとよい。


文字から入っていくと、混乱することが多い。
まずは、音を耳に入れ、実際口に出し繰り返す。
そのあとで、「なるほど文字ではこう記すのか」と
確認するのがタイ語の学習にはいいと思う。


@@@@@


今回の読み書き講座は、やさしい発音から入っていけるのがいい。
中子音に長母音をつけるだけでなく、翌日には
短母音をつけて学習した。
長母音と短母音の記号の違いを、
何回も読むうちに文字で確認できる。


例えば、イッิとイーี。ウッึとウーื(これは口を横に開いてのウ)。
いずれも三日月で、棒が一本付いたり、2本ついたり、丸が付いたり、
最初は混乱する。どれが長母音だったっけと思う。
でも、以下のように書かれているのを何回も読んでいくうちに
見分けがついてくる。


「ติตี ปึปื ติตี ปึปื」は、‘ティッティー、プップー’の繰り返しだ。
ิ が短いイッ。ีが長いイー。
ึが短いウッ。ืが長いウー(横に開いたウ)と自然に覚えていく。
そして、音のリズムと合わせて覚えられる。


中子音を根幹にすると、
短母音は低声、長母音は平声なので、
リズムよく読むうちに自然に音も身についてくる。


たとえば、リズムよく、「ダッダー」、「ティッティー」、
「プップー」などとやっていると、自然と「低音+中音」で
リズムが奏でられる。
言葉は音だなと改めて思い知らされるのがいい。
d0159325_22253194.jpg


そして、これが短い文につながっていく。
たとえば、「カニがカラスを見るだろう」は、
「プー・チャ・ドゥー・ガー」( ปู ขะ ดู กา )だが、
「長母音・短母音・長母音・長母音」のつながりは、
自然に、「平声→・低声↓・平声→・平声→」と発音されていく。


@@@@@


もうひとつついでに、“ゴーガイ”子音42文字の覚え方。
タイ人と綴りを確認するとき、同じ「コーkh」の音でも、
「コーカイ(卵のコー」(ข)か「コークワイ(水牛のコー)」(ค)か
確かめて、文字を確認する。


これは、小学生のように、繰り返し書くしかない。
その際、発音しながら書くのがいいことを思い知った。
例えば、最初のゴー・ガイ(鶏のゴー、ก)は、
左をゴーと言いながら書き上げ、ガイで上から右に
下ろしてくる。これもリズムよくやると覚えやすい。

d0159325_21514686.jpg



言葉は音であることを、読み書きの講座で
知るのは楽しい。


(5へ続く)



[PR]
# by ucci-h | 2017-10-01 22:04 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイ語読み書き60時間集中講座(3) ーー文字は正しい発音の“保証書”ーー
タイ語読み書き60時間集中講座(3)
ーー文字は正しい発音の“保証書”ーー


言葉は、そもそも音から発生している。
タイ文字は13世紀にできたと言われるが、
発音があったところに、それに対応する文字ができたはずだ。


ところでタイ文字の綴り方は、韓国語と似ている。
つまり、子音に母音記号が上とか下とか横にくっついて
一塊の文字を形成する。
たとえば、g+アーで、 กาガー、「カラス」となるわけだ。

d0159325_19513523.jpg

タイ文字は、13世紀、スコータイ王朝第3代王のラームカムヘーン王に
よって作られたといわれる。ちょうど蒙古が日本へ来襲した鎌倉時代の頃だ。
韓国の文字、ハングルが、李朝第4代王の世宗王によって
創設されたのが15世紀半ば、室町時代半ばの頃だから、
タイ文字の創生は、ハングルより200年近く早かった。

d0159325_19521515.jpg

今回のタイ文字の読み書きの学習をやっていくと、
まず音ありきで、こういう文字がついてきたのかという
ことが見えてくる。
これはタイ文字を覚える上で、素晴らしいことだ。
なぜかというと、自分の発音を文字が“保証”してくれるからだ。


具体的にはどういうことか?
最初に覚える7つの中子音を例にとってみる。


@@@@@


タイ語は中国語と同様、息を吐きだす有気音と
吐き出さない無気音がある。
同じ「カ」(khaとga)や「チャ」(chaとja)や
「タ」(thaとdta)や「パ」(phaとbpa)でも違う。


ところで、最初に習う「中子音」と呼ばれるものは、
すべて無気音である。上のアルファベット表記でいえば、
ga,ja,dta,bpaである( กะ จะ ตะ ปะ)。


ちなみに、母音記号のことにちょっと触れておけば、
最初に出てくるア、イ、ウを短母音と長母音で記しておけば、
アーイーウーなる。
このウは口を丸めた(ウはもう一種口を横に張ったがある)。


タイ語の母音記号は、長短合わせて32もあるから、徐々に覚えていこう。
内訳は、基本的な母音が長短9つずつで18。
これに10個の二重母音のようなものが加わり、
そして古語の母音文字が4つ。計32と数えられるが、
基本的なものから徐々に覚えていったらいいだろう。

d0159325_19575576.jpg

そして、中子音に長母音がついたもの、
たとえば、「ガー กา」(からす)とか「ディー ดี」(良い)とかは、
みな声調が平声、つまり中ほどの高さとなるのだ。
覚えるのに、発音が楽だ。


この中子音に短母音がつくと低声になる。
のちに5つの声調について述べるが、
ここでは、1番目の平声に続いて、2番目に低声があると覚えればいい。
発音してみると、これまた、これが自然なのだ。
例えば、「島」のゴッ↓เกาะや「蹴る」のテッ↓เคะ
「未来助詞」のジャ↓จะなど低声である。

d0159325_20290282.png

だから、「中子音+短母音」に「中子音+長母音」を
くっつけると、子供の言葉遊びのように、
音が自然に出てくる。
中子音に付く場合、
短母音は低声、長母音は平声なので、
リズムよく読むうちに自然に音も身についてくる。


たとえば、リズムよく、「ดะダッ↓ดา ダー→」、「ติティッ↓ตีティー→」、
ปุプッ↓ปูプー→」などとやっていると、自然と「低声+平声」で
リズムが奏でられる。
言葉は音だなと改めて思い知らされるのがいい。

d0159325_19573623.jpg

タイ語を習うとき、無理に、声調表や声調符号に従って、
音を上げ下げする。
これは、本末転倒。
自然に音を出しながら、それに文字がついてくるのを確認する。
そうやっていくのがよさそうだ。


(その4に続く)



[PR]
# by ucci-h | 2017-09-30 20:24 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイ語読み書き60時間集中講座(2) ーー自然な発音を文字で表すと?--
タイ語読み書き60時間集中講座(2)
ーー自然な発音を文字で表すと?--


読み書き講座の最初は、7つの中子音と
3つの長母音(アー、イー、ウー)を
組み合わせたものだが、これが巧みなスタートだった。
というのは、自然にタイ語の音に入れるからだ。


タイ語には、日本の「あいうえお表」のような
「ゴーガイ表」がある(母音は除く42字の子音表である)。
不思議なことに日本のあいうえおと順番が似ている。

d0159325_14030275.jpg

日本のあいうえお表は、横に「(あ)かさたなはまやらわ」(K,S,T,N,H,M,Y,R,W)
の順だが、タイ語のゴーガイ表に出てくる子音は、ほぼ
K,G,Ch,S,D,T,N,P,M,Y,R,L,Wといった順で42子音が出てくる。
日本語の濁音は点が付くのであいうえお表には出てこない。
また、タイ語は母音なしの子音だけだが、同じ音に複数の文字がある。


同じアジアの言語なので、どこか起源的に共通点があるのか?
サンスクリット語やパーリ語の構造についてはよく知らないが・・・。
でも、このタイ文字ゴーカイ表に沿って最初から丸暗記するのでは、面白くない。


この42の子音のうち、7つ(普段あまり使わない2つを加えると9つだが)の
「中子音」を基本的なアー、イー、ウーの3つの長母音と組み合わせ、
まず「ガー」とか「ディー」とか「プー」とか読んで、書いて、覚えていくのだ。


@@@@@


このやり方は、うまくできている。
7つの中子音(他には、10の高子音と、23の低子音があるが)を
使い長母音と組み合わせ、基本的な音を繰り返しのリズムで、
覚えていく。しかも声調は平声なので、音の上げ下げを気にしなくていい。
言葉は音である。
読み書きは、発音が正しくあってのものだ。
というか、もともと音である言葉を、字で正確にバックアップしていくのだ。


タイ語を始めるとき、タイの小学生が習うような
ゴーガイ表を前にして、動物などの名を例にした覚え方は
わかるが、これを頭からやるのでは面白くない。
「ゴーガイ↓(鶏・ガイのゴーก )、コーカイ↓(卵・カイのコーข )、
コークワイ(水牛・クワイのコーค )・・・」と、覚えてゆくのだが・・・。

d0159325_14023184.jpg

おとなは系統だった覚え方の方が良い。
まず、基本的な7つの「中子音」に出演してもらう。
ก/k จ/j ด/d ต/dt บ/b ป/bp อ/oh

ところでゴーガイ表を見たとき、42の子音が、
なぜ、「高子音」、「中子音」、「低子音」と3種類に
分かれているのかとまどう。
赤緑青で色分けしてあるが・・・。


そもそも、母音じゃあるまいし、子音に高いも低いも
ないだろうと思う。


タイ語のいろいろな教材を見ても、この子音の3種類の
高中低という区別を合点させてくれるものはない。
先生も含めタイ人に聞いても、要領を得ない
(いつかわかったら記したい)。

d0159325_14035641.jpg

あえて、解釈を試みる(こじつける)なら、
中子音グループは、g,j,d,t,p,といった空気が一緒に出ない「無気音」グループ。
開いた母音で発音される限り、スタンダードな平声で発音される。
だから、中子音グループ?


高子音グループは、k,ch,p,f,s,tなどの音だが、
「有気音」グループ。ことにk,t,pといった破裂音は、空気を伴って
発音しないと中子音グループのg,t,pと間違われ、直される。


例えば、同じ‘ペット’でも、「アヒル」のペットは、中子音(無気音)のป (d)pなので、
空気を伴わずに、低声で発音される( เป็ด )。
「からい!」のペットは、高子音の พp(h)なので、
空気を伴って低声で発音される( เพ็ด )。
ふつう日本語風にそのままペットと言ったら、からいに近く聞こえるだろうか。

d0159325_14112038.gif


もうひとつtの音もそう。
同じ‘タオ’でも、「亀」のタオは、中子音の ต (d)tなので、空気を伴わず
タオเต่า と低声で発音されるが、
同じタオでも、「タオライ(いくら?)」のタオは、有気音t(h)なので
(低子音グループのทtだが)、空気を伴って発音される( เท่าไร )。
d0159325_14115375.gif

@@@@


高子音グループは、開いた音で行くときは、有気音が尻上がりとなる。
カー⤴ ขา(脚)、ハー⤴ หา(探す)、ピー⤴ ผี(お化け)、フ―⤴ หู(耳)、ホア⤴ หัว(頭)、
カーオ⤴ ขาว(彼、彼女)、トゥー⤴ ถือ(持つ)、マイ⤴ ไหม(新しい)など、
みな尻上がりの言葉である。
従って、高子音グループ?

d0159325_14213820.jpg

同じカーでも、カー⤵と落ちれば、下にある「価格」になるし、
ハーも落ちれば、数字の「5」(ハー⤵)になる。
ピーは、これも落ちれば、ピー⤵(年)になるし、
カーオも落ちれば、「入る」のカーオ⤵に、
マイは落ちれば、「否定」のマイ⤵へと変わる。


ついてに、低子音グループ。
このグループは、長母音が付いて閉口音(k,t,p)で終わるか、または
声調記号の一つであるマイエーク記号(|)が付くかすると、音が落下する。
たとえば、プー(ト)⤵ พูด(話す)、カー⤵ ค่า(価格)、ピー⤵ พี่(年)、ポー⤵ พ่อ(父)、
チュー⤵ ชื่อ(名前)、チャイ⤵ ใช่(はい)、タオ⤵ เท่า(等しい)など
いずれも落声の言葉である。


従って、低子音グループと覚えるか?


のちのち、タイ語の5種類の声調(平声→、低声↓、落声⤵、高声↑、昇声⤴)
の学習へ行くと、同じようなつづりでも、また同様な声調符号のつきかたでも、
この3つの子音グループごとに、上がり下がりが違うことが
わかる。事後的にグループを確認できるわけだ。
いまはタイ語の子音は3つのグループに分かれるという
ことだけ覚えておけばいいだろう。


タイ語の読み書きを覚えること、
なんとなくパズルを解いていく気持ちになる。


(その3に続く)



[PR]
# by ucci-h | 2017-09-29 14:23 | アジア的な生活 | Comments(2)
タイ語読み書き60時間集中講座(1) ーー国際色豊かな少人数タイ語教室ーー
タイ語読み書き60時間集中講座(1)
ーー国際色豊かな少人数タイ語教室ーー


近くのパヤップ大学の「国際言語センター」で、
外国人のためのタイ語講座が年に6回ほど
開かれる。


d0159325_22400771.jpg

8つのコースから、自分に見合ったコースを
選択し(事前に相談・テストをしてくれる)、
週4日間×5週間=20日間の集中教室だ。
月曜から木曜まで一日9時からお昼までの3時間ずつ。


昨年出席しようと思ったが、都合が合わず、
今年に延びた。
1コース8千バーツ(2万6千円ほど)かかるが、
自分のタイ語を頭の中で整理するのに
ちょうどいい機会だと思った。


新学期は、8月末からだと思っていたが、
ネットで確認したら、8月21日(月)から。
申し込んでいなかったが、この月曜日の朝、
いつもクロを散歩に連れて行く郊外のキャンパスに
早めに行ってみた。

d0159325_22253194.jpg

そしたら、希望の「タイ3」(タイ語の読み書きコース)は、
残念ながら15人定員埋まっているという。
「タイ5」なら空いているというが、こちらは
タイ語の新聞を読んだりの応用コースだ。


タイ語読み書きの整理と基礎固めをしたいので、
やはり「タイ3」がいい。
今回はダメか、11月の次回にしようかと思ったが、
思い立ったが吉日、話をして、初日の教室を
のぞかせてもらうことにした。


結果、自分を加えて12人だったので、ジャー先生は
受け入れてくれた(そののち15人に)。
そして、20日間にわたるタイ語教室がスタートした。


教室の生徒の顔触れは、チェンマイらしく、
国際色豊かだ。計15人の内訳は・・・、


アメリカ人3人、イギリス人3人、日本人は私も入れて3人。
カナダ人2人、中国人2人、そしてドイツ人1人、フランス人1人の15人。
男9人、女6人だ。

d0159325_22425630.jpg

タイ語のレベル、タイ滞在年数、年齢、
みなまちまちだ。その中で、自分はみな上の方だ。
レベルはみな違うが、15人と多くないので、なんとかやっていけそうだ。
ジャー先生(女性)も教え方が上手だ。


初日は、自己紹介のあと、簡単な会話を練習、
そして主題の読み書きに入ったが、
最初は、7つの中子音と3つの長母音を
組み合わせたものだ。
これがうまいスタートの切り方だった。


(その2に続く)



[PR]
# by ucci-h | 2017-09-28 22:44 | Comments(2)
パッション・フルーツ・ジュースが最高!

パッション・フルーツ・ジュースを
飲んだことはありますか?
パッション・フルーツと言っても、
南国の情熱の果物という意味ではなく、
花の形が十字架に似ているので、受難の意味とか?
d0159325_17513695.jpg


タイ語では、「サォワロット」。さわやかな感じがする。
パイナップルのサッパロットと間違わないように。
こちらでもそう出回っている果物ではないが、
ムアンマイ市場などに行くと、この季節、店の隅っこに見られる。
d0159325_17505557.jpg


このジュースが最高。パッション・フルーツ・ジュース。
ジュースのお店でも売っているが、ほかのジュースより値段が高い。
もっとも市販のものは、味が少し薄い。
サワロットを買ってきて、皮をむき、ジューサーにかける。
添加するのは、はちみつとヨーグルト。
こうして作った自家製パッション・フルーツ・ジュースが最高。
d0159325_17515870.jpg


グレープ・フルーツを濃くしたような酸っぱさに
甘みが加わり、なんとも濃厚なおいしさだ。
のどにいい刺激で、飽きることなく何杯でも飲める。
d0159325_17521394.jpg


南国独特のフルーツ・ジュースと言えば、
グァバ・ジュース(こちらでは、“西洋人”と同じ発音のファラン)もあるが、
これはみずみずしい甘さだが、パッション・フルーツは濃厚だ。
南国の果物が乾いた体にしみいる。





[PR]
# by ucci-h | 2017-09-27 18:00 | タイでの食 | Comments(0)
国際的なマイノリティーは、日本と米国のはざまでとまどう!?(ちょっとおおげさ)

今月はじめ、こちらチェンマイで米国年金の
証明が必要になって、はじめて
24時間営業のムアンマイ市場
(野菜果物市場)のそばにある
米国領事館を訪れた。


日本の年金の証明書は日本領事館で
作ってくれるが、米国年金の分は
(わずかながら、米国年金もうけている)、
「米国領事館でやってくれ」という。
たらいまわしではなく、まあまともな対応だ。


ところで、米国領事館は「米国市民向けの
サービスをする」とうたっている。
少し心配しつつ、セキュリティーの厳重な
米国領事館へ行ってみることにした。


まず、ホームページであたっておいてよかった。
週二回、火曜日と木曜日だけサービス。
しかも、アポをネット上で申し込んでおく
必要がある。
アポなしでそのままいったら、門前払いを食う。


木曜日の朝、8時という早い時間にアポを取った。
入口で携帯など預けさせられ、中に入って順番を待つ。
自分の順番が呼ばれ、用件を言って、用紙に記入する。
そして、一枚50ドルという高い証明代金を払う。


d0159325_21150447.jpg



ところが、ここで問題が。
そう用紙は、米国市民用だから、米国パスポート番号などを
記入するようになっているのだ。
係のお姉さん、「米国市民じゃないから、証明書を
出すのは難しい。代金はリファンドする」ときた。


想定内なので、ここから粘る。
「米国の社会保障の証明がここ領事館でできなくて、
どこでできるの?」「日本の領事館でやってください」
「それはもう問い合わせ済み。なんなら、もう一度
電話で確認するよ」と時間稼ぎ。


そして、協力をしてもらうべく、訴える。
「私は以前米国で働き、米国の経済成長にいささか
貢献したつもりだ。その結果として、社会保障の
ベネフィットも得た。米国領事館は、米国社会保障受給者が
困ったときに助けないのか?」


日本領事館への電話は朝早すぎたのか、つながらなかったが、
戻ってみると、お姉さんが、用紙を日本人用に作り直してくれて、
これに書けと渡してくれた。
それに記入すると、宣誓をしたうえで、サインとシールを押され、
それが証明書となった。


この例はやや特殊だが、タイと日本、さらに米国と
国際間のはざまで暮らしていると、いろいろ国際マイノリティーと
してこなさなければならない面倒なことも出てくる。
まあ、ボケ防止と思って何事も前向きにやっていこうと思った。


[PR]
# by ucci-h | 2017-09-26 21:17 | アジア的な生活 | Comments(0)
ランパーンの山の上にある3つのお寺をはしごする(2/2)
ランパーンの山の上にある3つのお寺(後半)


8月末の日曜日。夜半は雨期なので激しく雨が降ったが、
目的地はそう降っていないということで、
メイン・イベントのランパーンの北方60kmチェーホム郡、
ジェーソン国立公園に近い山の上800mにある
お寺に行くことにする。


d0159325_13584849.jpg



お寺の名は、「プラプッタバート・プーパーデーン」と長い。
まだ出来て10年も経っていない新しいお寺だが、タイ人の
人気目的地10選に入っているという。
外国人はまだほとんど来ない。


d0159325_13593282.jpg



なにせ断崖の山の上に、仏塔など建てたのだから
壮観な景色だ。

d0159325_141337.jpg



@@@@@


新しい舗装道路ができていたので、そこを通って
駐車場へ。
そこからソンテウ(乗り合い小型トラック)に乗り合わせて、
3kmほど山道の急坂を行く。
崖際をスピードを上げて走るので何ともスリリングだ。


d0159325_1424886.jpg



ソンテウを降りると、そこから山道を1kmほど、
30~40分ほど歩く。
階段がついているが、崖の急坂だ。
頂上には、チェディ(仏塔)が並び、休憩所もある。
よく、こんなところの仏塔を作ったなと驚き入る。


d0159325_1433637.jpg



@@@@@


頂上からのパノラマの景色は素晴らしい。
ずっと下にソンテウの駐車場が見える。
また、ランパーンの緑豊かな景色が180度広がる。


d0159325_1443752.jpg



下りは、滑るところもあり慎重に下りたが、
一緒に行ったクロも喜んで緑の中を上り下りした。


d0159325_1453298.jpg



帰りは、少し北へ行ったジェーソン国立公園の
温泉に入り、汗を流してランパーンに帰った。
ジェーソンからはそのままチェンマイ方面へも帰れる。


d0159325_1461099.jpg



(ランパーン山上の寺の旅 おわり)
[PR]
# by ucci-h | 2017-09-03 14:07 | チェンマイ近郊お勧め所 | Comments(0)
ランパーンの山の上にある3つのお寺をはしごする(1/2)
ランパーンの山の上にある3つのお寺(前半)


チェンマイの南90kmにあるランパーンは、
同じ北部の街でも、花馬車と陶磁器で知られる
古い町だ。山が多いこの県には、
美しい山上の寺院が散在する。


ということで、8月雨期の週末、
ランパーンのタイの知人の所を訪ね、
3日間で、3つの山上の寺院を訪れた。


@@@@@


金曜日の夕方は、ランパーンの街から
さらに南へ、発電所とゴルフコースのある
メーモーからさらに20kmほど行ったところ(メータ郡)。
それほど丘の上ではないが、田んぼの上に
竹を組んだ長い橋を渡っていくお寺を訪ねた。


d0159325_13431396.jpg

d0159325_13444824.jpg



ここのバンブー・ブリッジ(北タイ語でクワテ)、ちょうど
メーホンソンのスートンペーにある田んぼの上の長い竹の橋と同じで、
けっこう歩きでがあり楽しい。2~300mはあるだろうか。
良い足の運動になる。
お寺「ワット・プラタート・サンドーン」は地味だったが・・・。


d0159325_1344429.jpg



@@@@@


土曜日には、街から比較的近い(ここもメータ郡)、
25kmほど西へ行ったお寺へ行った。


d0159325_13463128.jpg



お寺の名前は、丘の上にある「プラタート・ドイチャーン」。
タイ人は“パイ・ティアオ・ワット”(お寺へ
遊びに行く)と言うが、このお寺へ行くと
その意味が実感できる。


d0159325_13493339.jpg

d0159325_13503441.jpg



駐車場から、ソンテウ(乗り合い小型トラック)に
乗って、5分ほど、山を登ってお寺へ行くのだ。
ここのお寺は、新しく美しい
(タイでは古寺よりも新しい寺の方が好まれる)。
また、マリア風の彫像もありちょっと変わっている。


d0159325_13514961.jpg



そして、お寺の美しさに勝るとも劣らないのが、
この寺から俯瞰するランパーンの自然の緑の美しさだ。
ちょうど、ラオスの古都ルアンパバーンの丘に登って
自然を見下ろしたのと似ている。
北タイの自然の美しさが改めて目に染みた。


日曜日には、山上の断崖に建つチェーホム郡の
お寺に行くが、天気が心配だ。


(後半へ続く)
[PR]
# by ucci-h | 2017-09-03 13:53 | チェンマイ近郊お勧め所 | Comments(0)
首都ハノイとハロン湾の旅(その6/最終回)
首都ハノイとハロン湾の旅(その6)
ーー中国、フランス、アメリカと戦ってーー


4日目の朝は、ハロン湾ホンガイの街から
快適なバンで3時間ほどで、ハノイの街へ帰れた。

大劇場前で降り、昼の腹ごしらえ。
ちょうど横の公園際のカフェ風の店
「ダイハイ」がおいしそう。


d0159325_2115969.jpg



食べているのを見ると、フォーのほかに
鍋物がある。
この牛肉の入った鍋物を頼んだ。
熱くて量が多いが、うまい。

鍋の名は聞きそこなったが、
台湾の火鍋や、タイのタイスキに比べても
スープの味の良さで劣らない。昼から食べ過ぎた。


@@@@@


午後、3つの博物館を巡ることにした。

①大劇場裏の「歴史博物館」
②その隣の「革命博物館」
そして、タクシーに乗って「ホアロー収容所」だ。
いずれも、戦争に絡んでいるのがベトナムの歴史だ。


歴史博物館は、面白かった。
ことに13世紀の蒙古襲来など、この国が
近代の西欧からの侵攻だけでなく、古くから
常に中国からの侵攻、支配にさらされてきた
歴史が感じられた。


d0159325_2174078.jpg



なにせ、10世紀に独立王朝ができるまで、1000年の
長きにわたって、中国の支配下にあった国だ。


d0159325_2182658.jpg



13世紀の蒙古来襲では、ビルマのパガン王朝は攻め込まれ
衰亡につながったのに対し、ベトナムの場合は、
時の陳朝は、これを撃退している。


@@@@@


しかし、その後は王朝が移り行く中で、
南北に長いベトナムの統一は難しかったようだ。
最後は、19世紀初めからの阮(グエン)朝(首都フエ)だが、
日本の終戦まで150年近く続いた。

しかしこれも、ペリーの日本来航の5年後(1858年)に、
フランス・スペイン連合艦隊のサイゴン攻略により、
その後80年間に及ぶフランスの植民地とされてしまった。


@@@@@


革命博物館は、元税務署だった建物の部屋ごとに展示されて
いるが、ドキュメント中心で、あまり面白くなかった。


フランスが政治犯などの収容に使い、また
ベトナム戦争では、アメリカ軍パイロットを収容したという
ホアロー収容所。


d0159325_2161723.jpg



フランス語で「メゾン・セントラル」(中央の家)と書かれている。
またアメリカ軍からは、「ハノイ・ヒルトン」と呼ばれたとか。


d0159325_214417.jpg



ギロチンで、宗主国フランスが反乱分子を処刑した
首の写真とか展示されているが、薄暗い監獄だ。
もっとも戦争の残酷さについては、ホーチミン市の
戦争証跡博物館の方が、ベトナム戦争のひどさをより訴える。


d0159325_214563.jpg



@@@@@


ベトナムを回ると、いたるところ戦争の跡が表れる。
しかし、この国は、中国、フランス、アメリカという大国に
攻め込まれるも、結局は退けてきた。
大した国である。

しかし、残念なのは、そのせいもあり
近代の発展が遅れてしまったことだ。
儒教や社会主義の影響はどうだったのだろうか。
しかし、人口も若い。今後が楽しみな国である。


@@@@@

最後に、ベトナムの文字について一言。
今回もハノイの古い寺社など回って思ったこと。
漢字文化圏のベトナムだが、現在のアルファベット表記
(クオック・グーと呼ぶそうだが)はずいぶん得だと思った。
一応読めるのだ
(ついでに、通りの名と番地が順番に店に明記されているのもいい)。


d0159325_2195042.jpg



ベトナム語の7割が漢字語と言われる。
お土産に買った「忍」の短冊。ベトナム語でNianである。
ベトナムでも、13世紀の陳朝で「チュノム」と呼ばれる、
漢字の偏や旁から作ったベトナム文字が発明されていた
(13世紀にできたタイ文字、15世紀にできたハングルに比べられる)。


しかし、17世紀にフランスの宣教師によって考案された
アルファベットを用いたクオック・グー(国語?)
が利便で効率的なことから普及、戦後正式に採用された。


@@@@@


夕方は、ハノイのイタリアンをおいしく食べた。
翌朝には、バンコク経由チェンマイ行きの便に乗った。


d0159325_213534.jpg



(終わり)
[PR]
# by ucci-h | 2017-08-20 21:11 | ベトナム・フィリピン・ネシア | Comments(0)
首都ハノイとハロン湾の旅(その5)
首都ハノイとハロン湾の旅(その5)
ーーハロン湾の地元の街はとても良かったーー


ハノイの東方170kmにあるハロン湾は、
“海の桂林”と呼ばれるが、湾内に多くの石灰岩の岩山が
島のように連なっている。


d0159325_21121235.jpg



通常は、クルーズ船で観光するのだが、
最低4時間はかかるし、海中の石灰岩の海上からの
景色なら、タイのクラビなどで堪能してきている。


そういうわけで、クルーズ船に乗らないで、
山に登って、上からハロン湾と屹立する石灰岩の島々を
俯瞰することにした。


d0159325_2124246.jpg



泊まるホテルのある東方のホンガイの街は、
市場もあり地元民の街。
西方の観光ホテルの多いバイチャイの街とは好対照だ。


d0159325_2113564.jpg



地図を見ると、海のすぐそばに、“電報山”のような
急峻な山がある。ここから、ハロン湾を俯瞰できると聞いた。
雨模様の夕方、ホテルから歩いてこの山に登った。


d0159325_21142551.jpg



入口が、お店の横の細道を入っていくのでわかりにくい。
聞いて、入っていった。
最初は階段が続き、最後は石山をよじ登っていく。
30~40分はかかったろうか?
蒸し暑いので、シャツはびっしょり。


d0159325_21154677.jpg



山の上からのハロン湾の眺めは素晴らしい。
自分が仙人にでもなったような気分だ。
汗びっしょりになって登った甲斐があった。


d0159325_2119545.jpg



@@@@@


夕食は、地元の街だからあまりすてきなレストランは
ないと聞いた。
それでも、バイチャイと双立する街だ。
親切そうなドアマンのお兄ちゃんに、どこかシーフードを
うまく食べさせる店はないか聞いた。


d0159325_2134375.jpg



即座に「フォン・ドゥエン」という答えが返ってきた。
タクシーでワンメーターの距離。街の真ん中。
2階建ての大きな建物だ。一階にはいけすもある。


d0159325_2163752.jpg



2階へ通されたが、ウエイトレス達は笑うばかりで
英語が通じない。グーグル辞書で、エビだのイカだのを探す。
そこへ、親切なお姉さんがやってきてくれた。
私と向かい合って席へ座り、注文をメモしてくれる。


d0159325_2151551.jpg



なにか、昔シンガポールのホテルで部屋でチェックインして
くれたようなVIP扱いのようでうれしい。

結局、かにスープ、エビのフライ、そしてイカの
和え物を頼んだが、みんなボリュームもあり
うまかった。かにスープは絶品。
いかの柔らかさは、さすがに港町だ。


d0159325_2153861.jpg



@@@@@


わずか、一晩の滞在だったが、ここハロン湾の
ホンガイの街を気に入った。
ホテル「City Bay Palace」も新しくきれいで気持ちがよかった。


d0159325_214206.jpg



あすは、午前中にハノイに戻り、博物館めぐりをし、
最後の晩、ベトナム料理やイタリアンを食べてみよう。

(その6に続く)
[PR]
# by ucci-h | 2017-08-19 21:25 | ベトナム・フィリピン・ネシア | Comments(0)
首都ハノイとハロン湾の旅(その4)
首都ハノイとハロン湾の旅(その4)
ーー同じ10ドルのハロン湾への足も雲泥の差ーー


ハノイからハロン湾行きのミニバス。
結果から言うと、これがひどい運ちゃん、つまり
運送会社だった。


西洋人、中国人、韓国人など、ホテルを回って
拾うのはいいが、定員以上に詰め込んだようだ。
街を出るまで、1時間近くかかるだけでなく、
自分の隣の補助席まで使って客を乗せた。
幸い隣に座ったのは若い西洋人の女性だからよかったが・・。


d0159325_11543415.jpg



途中、ガソリンスタンドに寄り、給油。
隣の女性が「トイレに行かせて」と運ちゃんに頼むが、「ノー」の
一言。たぶん、途中の休憩所(お土産屋)でとまるだろうから、
すぐだと思ったが、ノーの一言はないだろう。
「車の中でさせちゃうよ」と言ってやりたかったが・・。


@@@@@


そのあと、自分からも「次、早めにトイレへ停まって」と
言ってやったが、休憩所でもひと悶着。
下ろした場所とバスが待っている場所が違うことは
往々にあるが、もちろん、この北島三郎似の運ちゃん
「20分」というだけで、どこで待ってるとも言わない。


土産屋で用を済ませ、待ち合わせ時間にバスを
裏側で見つけたが、運ちゃん汗を流し怒ったような顔で
バスの窓ガラスをたたいたりしている。
どうやら、バスの中にキーを忘れたらしい。まったく!
結局、予定よりさらに2~30分遅れて、なんとか出発。

もちろん乗員数の確認などやらない。
なんとか無事着ければ、良しとしよう。


@@@@@


なんとか無事に、ハノイの東170kmのハロン湾へ
つごう4時間かけて、クルーズ船の出るトゥアンチャオ島の
船着き場まで到着した。

たいていの客はクルージング込みのツアー客である。
ホテルを別に取ってある自分は、
たまたま同じホテルへ行くカナダ人カップルと
タクシーの相乗りで、
東部ホンガイのホテルまで行った。

d0159325_115778.jpg

d0159325_1254057.jpg


@@@@@


交通の様子を長々書いたのは、
ハロン湾への足は、ローカルバスか、ツアーバスか
選択が難しいからだ。公共バスはターミナルまで行き、時間が
不安なので、結局ホテルの紹介によるツアーバスを足にした。


帰りの足はどうしよう?
ツアー客の帰りのバスに同乗するので、
ホテルでは、翌日の帰りは、午後の便しかないという。

昼にはハノイへ戻りたいので、帰りのバスは予約しないで行った。
午後しかハノイへ戻るバスがないないってことはないだろう。
どこかに午前便があるはずだ。

結局これが正解。
帰りにホテルで呼んでくれたバン(11人乗り)は、近代的で豪華、快適。
同じ10ドルで雲泥の差。


d0159325_11583145.jpg



翌朝の出発時間9時は、30分ほど遅れたが、
3時間ほどで、ハノイの中心部へ戻れた。
途中、市内から80km地点から60kmほどは、片側3車線の
ハイウエイができており、4時間でなく、3時間で帰れた。

街の中心部の大劇場の前で降りた。
この日の午後は、ツアーで回れなかった博物館めぐりをするために。


@@@@@


ハロン湾での観光と食事については次回に。

(その5に続く)
[PR]
# by ucci-h | 2017-08-16 12:06 | ベトナム・フィリピン・ネシア | Comments(2)
首都ハノイとハロン湾の旅(その3)
首都ハノイとハロン湾の旅(その3)
ーーベトナム経済と為替はどうなってる?--


ハロン湾の旅を記す前に、この6年での
ベトナム経済の変化を少しばかり。


ベトナムは、高インフレ、財政赤字の多さ、
銀行の不良貸し付けや国営企業の非効率性の問題など、
高い成長ポテンシャルを持ちながらも、経済問題を抱えていたが、
それでも、ここ5~6年、6%に達する経済成長を示してきている。


5~6年前400~500ポイントほどで低迷していた株価も、
2016-17年と上昇。800ポイント近くへ上がってきている。
過去2007年の高値は、1170ポイントだった。
時価総額450億ドル(5兆円)ほどの小さな市場だが。


d0159325_2241201.png

(出所:SBI証券)

経済は成長しているが、通貨ドンの下落もあり、ドル表示の
一人当たりGDPは、2137ドル(2016年)と、
世界135位にとどまっている(タイの半分以下)。


@@@@@


ベトナムの通貨はドンだが、日本円1円がいま205ドンほど。
つまり、1万ドン札の価値は、50円ほどでしかない。
1000ドン札は5円だ。
ゼロを二つとって、半分にして円換算するが、
補助通貨のコインがなく、お札ばかりなのはかえって気持ちがいい。


6年前は、たしか円高だったので、1円が265ドンもして、
ベトナムがめちゃ安かった。今の200ドンほどが計算しやすい。

もっとも、通貨ドンは、米ドルに対しては下がり続けている。
5~6年前の1ドル=21000ドンが今はさらに、22700ドンほど。
10年前の16000ドンに比べれば、3割も下がっている。
ドン安もあって、ベトナムの経常収支はここ5~6年黒字化している。


d0159325_2242989.png

(出所:XE通貨)

チェンマイはアジアの街の中でも、比較的物価の安い方だ。
ベトナムも、今回旅してみて、もちろん外国人観光客用価格はあるが、
総じて、チェンマイに負けないほど、物価は安い。
また、ビールだけでなく、ワインやチーズ、牛肉などが、
フランス文化を受け継いで、タイと違って安く多くあることが、
なんともうれしい。


d0159325_22434889.jpg



@@@@@


3日目の朝、予定のピックアップ時間より30分ほど遅れて
ハロン湾行きのミニバスがホテルの近くへやってきた。
10分や15分遅れなら慣れているが、30分遅れとなると
置いてきぼりにされたかと心配になるが、帰りのバンも
30分は予定より遅かった。

ベトナムでは30分遅れは当たり前と腹をくくっておいたほうが良い。

こうして、10ドル払って、ハロン湾行きのミニバスに乗ったのだが・・・。

(その4に続く)
[PR]
# by ucci-h | 2017-08-15 22:47 | ベトナム・フィリピン・ネシア | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース