タグ:ソンクラーン ( 9 ) タグの人気記事
タイの旧正月ソンクラーンと陰暦の進み方が合わない!

タイの旧正月(4月)とタイの陰暦(バンコク暦)の暦は
月の進み方が合わない!?
どういうことだろう?


タイの旧正月(4月半ば)を起点に月を数えてゆくと、
タイの陰暦の月日の進み方と合致しない。


タイの万仏節も、5月頃の仏誕節も、7月頃の3宝節も、
そして10月頃のオークパンサー(出安居)も、11月頃のロイ・クラトーン(灯篭流し)も、
いずれもタイ陰暦の満月の月より、新暦ではひと月ちょっと先に来る。


例えば、今年の仏誕節は5月10日だが、
旧正月のほぼ一か月後だから旧暦2月というわけではなく、
旧暦6月の満月の日となる。



d0159325_2117816.gif




現在でもタイにおいて仏教の行事等でよく使われるタイの陰暦は、
1889年(明治22年)に近代化を図ったチュラローンコーン大王(ラーマ5世)が
新暦を公式に導入するまでは、公的な暦として唯一使われた(太陰太陽暦)。


新暦の当初の年初めは4月1日だった(これが謎解きのヒントになるか)が、
1940年、時のプビン首相により、翌年から1月1日となった。


仏暦(ポー・ソー)と呼ぶのは、年号の数え方が、釈迦の入滅年を起源としているので、
そう呼ばれる。旧暦ではない。新暦である。


仏暦は、西暦年号+543(暦と覚える)で求められる。
今年は、2017+543で、2560年である。
ちなみに、日本の人気番組「笑点」もあと数ヶ月で2560回となる(関係ないか)。


タイの陰暦は、仏教行事関係だけでなく、タイ人の日常の中に
生きている。たとえば、出生届を出すと、誕生年の陰暦も記され
(ほぼ1か月先の月になる)。誕生日も、西暦に加え、陰暦の上弦10日
生まれなどと書かれる。


タイの旧暦(陰暦)は太陰太陽暦だから、29日の月と30日の月がほぼ半分ずつ入り
(月の満ち欠けの周期はほぼ29.5日だから、小の月と大の月を交互に入れる)、
365日に届かない(年354~355日)分は、3年に一度ほど「閏月」が
挿入される。
またひと月は、出生届で触れたように、上弦15日プラス下弦14~15日から成り、
16日以降の日付はない。


タイの暦の陰暦から新暦への推移を見ていたら、
旧正月と陰暦の月の進み方が合わない理由が少し見えた気がした。
つまり、年初=1月というジョーシキが間違っていたようである。
タイの年初はかつては、4月だったのである(年度初めではなく暦年の
はじめである)。


1940年までは、4月が年初めだったので、
ソンクラーンの月が年初め、正月だったのである。
なので、1940年は、西暦で言えば、4月~12月
(タイの当時の新暦で1~9月になる)の9ヶ月で終え、
翌1941年から西暦と一緒にした。



d0159325_2118588.jpg




ソンクラーンの旧正月と、旧暦(陰暦)は別物ではないだろうか・・・と、
最初は考えたが、かつては、4月から1の月、2の月と
数えていたのである。


それが、仏暦(新暦)でJanuaryをタイではモッカラーコムと
呼ぶようになってから、陰暦(旧暦)でも、3か月ほど年初めが
さかのぼったのだろうか?


しかし、これでも、賢明な読者はご察知のように、ズレが残る。
旧暦正月も3か月ほどさかのぼったとしても、旧暦の新年は、
新暦1月頃からスタートすることになる。


でも、現在実際の仏教行事や祝祭日で使われている陰暦
(バンコク暦)の陰暦年初めは、今年の新月の日で見れば、
1月28日(春節と一致)ではなく、また新暦に近い昨年12月29日
でもなく、昨年11月30日が、陰暦1月のスタート日だったのである。


さて、3か月のさかのぼりでは、解消できないこのタイ陰暦の
正月の疑問は、いったいどう考えたら解けるのだろうか?


(というわけで、最終回は次回に延期)
[PR]
by ucci-h | 2017-02-24 21:20 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイの旧正月は、インド占星術をベースに定められた!?

タイではなぜ暑い盛りの4月半ばを旧正月としたのだろう?

前回、タイの旧正月は、なぜ暑い盛りにスタートするのだろうか
という疑問を投げかけた。



d0159325_232384.jpg




さらにまた、賢明な読者ならお気づきだろうが、
この4月の旧正月は、タイの旧暦と合致せず、
旧暦の暦と4ヶ月ほどの差が開いてしまう。
どうしてなのだろう?


4月半ばを旧正月として数え始めると、
新暦11月半ばころのロイ・クラトーンは、旧12月でなくて、
旧8月となってしまうだろう・・・。でも、そうは数えない。
ロイ・クラトーンは、タイの陰暦12月の満月の日といわれる。


これはいったい何なのだろう?
この二つの疑問、つまり①なぜ旧正月は暑い4月に?と
②旧正月と旧暦が合わないのは何故か?が、
タイの旧暦の進行を見ていると、湧いてくる疑問だ。
今回は、暑い盛りの旧正月成立の謎を追ってみよう。



もともと、タイの旧正月ソンクラーンは、天文学で太陽のめぐる
黄道が、白羊宮(牡羊座)に来る時期として定められたようだ。
白羊宮が「黄道12宮」の第一とされているからだ。
なぜ12宮のうち白羊宮が第1なのか?
西洋占星術の「黄道12宮」が定まったと言われる古代バビロニアのむかし、
春分のときに太陽の黄道が通過する星座が白羊宮だったからだ。



d0159325_23241882.jpg




ここで季節性が顔を出す。
つまり、古代バビロニアの昔から、昼が夜より長くなり始める
春分の頃が年明けとして重要視されたのだろう。
それでは、タイの旧正月は、なぜ春分の日の頃に
ならなかったのだろう?


この背景は、細かい話になるが、
西洋占星術からインド占星術にわたる間での時間のズレにあるようだ。
タイは、インドからの影響が強い。


黄道が白羊宮に入る時期は、春分点をベースにした西洋占星術では、
今見たように3月21日ごろからだが、長い時間がたつと春分点と
星座の位置がずれてくる。


星座の位置をベースにするインド占星術の
「サイデリカル方式」によると、白羊宮入りは、今では新暦の4月なかばからの
一か月と、春分の時期より、ひと月近く遅くなるのだ。


このずれは、実際の黄道上の星座の位置は、長い年月、
すこしずつずれてきたからである。これを「歳差」と呼ぶようだ
(「歳の差なんて!」という男女の年齢差ではない・・・蛇足)。


つまり、太陽が白羊宮へ入ってくるのは、12宮の西洋占星術が
定まった紀元前の時代には、ちょうど春分の時期だったが、
今では、1か月近くずれて、4月半ばになっているというわけだ。


春分点は、星座に対して72年にほぼ一日分
ずれるというから、古代ギリシャ(前2世紀)の頃から見ても、
30日近くずれている計算になる。


なので、12宮の暦がインドからタイに入ってきたときは、
旧正月は、春分の日近くより、暑い盛りの4月半ば近くになったわけだ。


タイ正月は暑い盛り!
でも、暑さは、関係ないというか、無視されたのだろう。


ちなみに、近年でも、大学の学期を国際化するために、
タイでは、今までの5月~翌年3月の学期を、8月~翌年5月に
変えてきている。3~5月と一番暑い時期が夏休みだったのが、
国際化とは言え、この時期に学期が残ってしまって平気なのだろうか。
勉強に集中できるのか、余計な心配をしてしまう。


4月の一番暑い時期が年の始まり(旧正月)。
やや北の国々なら、大昔、春分過ぎの時期で、
「春が来た!春が来た!」で良かったのだろうが、
この常夏の国に来たときは、暑さの盛りになってしまった。


これを逆手にとってというか、
一番暑い時期の旧正月をソンクラーンの水掛け祭りとして、
無礼講で水を掛け合うお祭りにしてしまったところが、
災い転じて福となすといったタイ人の知恵なのだろうか。


もっとも、タイでは、春分の日(今の3月21日ころ)と
言っても、すでに暑い季節に入っているが・・・。



ここでまた疑問が湧いてくる。
前回見た立春の頃の中国の旧正月(春節)と、
この4月のタイの旧正月の関係はあるのだろうか?
かたや十二支に基づいて陰暦の月が決められ、
かたやインド占星術の12宮をベースに暦が定められた。


はて?
西洋起源の12宮と東洋の十二支はどこかで
つながっているのだろうか?
なぞは広まってゆく。


(もう少し続く)
[PR]
by ucci-h | 2017-02-20 23:24 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイの旧正月はなぜ一番暑い時期になったのだろうか?

前回、タイと日本・中国の旧暦にズレがあることを述べた。
同じ太陰太陽暦なのだから、ポイントは、いつを新年とするかにあるわけだ。
同じ陰暦(太陰太陽暦)といっても、日本や中国の陰暦と
タイの陰暦では、スタート時点が違うことになる。



日本の陰暦を見てみよう。中国と一緒だ。
中国の旧正月(春節)が、西暦の1月後半から2月前半に来るように、
日本・中国の年の始まりは、立春前後だ。



中国の陰暦だと、戦国時代にできたと言われる「二十四節気」中の、
雪が雨に代わり春の訪れを告げる「雨水」を含む月が1月だという。
雨水の24分の一の前の節気が立春だから、立春前後が新年となる
(必ずしも立春が正月ではなく、旧正月が春節と別に呼ばれるわけだ)。
雪が解けて春が来る。イメージしやすい。



またもっと古く、中国での紀元前の夏王朝時代から、
太陰太陽暦は、もともと寅の月を正月にした。
つまり、十二支の最初である子の月は、夜が一番長い
冬至を含む月とし、その2か月後の寅の月を正月とした。
なぜ、十二支の一番手である「子の月」を正月にしなかったのだろうか。



子の月や丑の月を正月とした王朝もあったようだが、
寅の月=正月で落ち着いていった。
やはり、その後に出てきた二十四節気で見られるように、
冬至を含む月より(そのあとに大寒、小寒がやってくる)、
それから2か月経た雨水の月の方が、北支では春がやってくる
気分で、年のスタート月にふさわしかったのだろう。


d0159325_0165475.jpg




これに対し、タイの旧正月は新暦の4月なかばだ。
ほんとうは日にちは毎年ずれるのだが、タイの合理性(?)で、
今は4月15日に固定されている(ソン・クラーン水掛け祭り)。
前回見たように、日本・中国と旧正月の時期が3か月近く違う。



タイの新年は、なぜこんな暑い時期になったのだろう?
タイの方が、日本や中国より、3か月近く季節の巡りは速いから、
本来なら、一番寒い(涼しい?)新暦12~1月ごろに
旧正月が来た方が、季節感は合う感じがするが・・・。



なぜタイは一番暑い時期を正月としたのだろう?


(続く)
[PR]
by ucci-h | 2017-02-19 00:17 | アジア的な生活 | Comments(0)
ソンクラーンの死者321名
けさ、3か月ぶりに日本に戻りました。



飛行機の中でタイの新聞を読んだら、
「ソンクラン」の事故の総括が載っていました。

ソンクランの3日間のお祭りでは、
たくさん死人が出ることで有名です。

d0159325_21162175.jpg


報道によると、6日間で全国の死者は
321名。


死者が一番多かったのがチェンマイで
けが人の数が一番多かったのがチェンラーイ
だそうだ。

やはり北タイが本場です。


もちろん、ソンクランの水掛けで
死ぬわけではなく、交通事故です。

酔っぱらい運転とスピードの出し過ぎが
主因である。



お祭りの時は気をつけましょう!
[PR]
by ucci-h | 2009-04-18 21:12 | チェンマイのお祭り | Comments(0)
ソンクラーン 本番体験記
サワディー・ピーマイ(新年おめでとう)!

4月13日、タイの正月である。
釈迦の誕生日をお正月にしたのかなと
思ったけど、太陽宮の動きで新年が4月13日になるとか。

報道によると、
「バンコクに非常事態宣言!タイでは13日から正月(ソンクラン)が始まったばかりで、
バンコク市内の行事はすべて中止され、観光業に影響が出ている」
事実関係は知らないが、
マスメディアのいかにも書きそうな調子。
ここチェンマイは一切関係なく、水掛け日和が朝から広がった。

午後遅く、ニマンヘミンのMさんのお店の前へ行ってみた。
DさんやNさんご夫妻が、水掛けをやっていた。
ニマンヘミンの交通量は普段より少ない。
みなさん、水の的中率が高い。
やはり、バケツでどさっと掛けるのが快感だ。

私は、途中から、お濠の周回コースへバイクで行く。
道や、前後の車から水が来る。
こちらも、左わきに抱えたバズーカ砲で乗りながら応戦する。
バランスが難しい。

道々、タイの国花ラーチャブルック(ゴールデンシャワー)が
見事な黄色い花をつけている。

d0159325_20123797.jpg

また、昨日とおなじ激戦区ロイクロー通りへやってきた。
ここが一番活気がある。
きょうはさすがに本番、お濠がプール状態だ。

バイクを置いて、ロイクロー通りを歩くと、
さすがに水を掛けられる。
普通の水はいいのだが、やはり氷入りは効く。
どさっとお腹にかけられると、ボクシングのボディブローを
食ったような感じだ。

バズーカで応戦する。
かれこれ2時間近く戦っていると、
さすがに日も傾いてくる。
氷水は寒くなる。

5時半ごろゴーイング・ホーム。
それでも、バイクに当たる風は、まるで
ドライヤーの風のよう。
温かみがある。

家に帰って、シャワーを浴びて人心地がつく。
ううん、やはりもっと強力な武器がほしい。
自分のおもちゃのバズーカ砲は知り合った女性にあげちゃった。

楽しかったな、水かけ祭。
[PR]
by ucci-h | 2009-04-13 20:07 | チェンマイのお祭り | Comments(0)
ソンクラン・イブ 水掛け実践編
というわけで、
午後、水合戦の最大の激戦地、
ターペー門はロイクロー通りへバイクで突撃。

お濠の周りの通りは、まだ前日だというのに、
もう車でいっぱい。
詰まっているから、水かけ放題、かけられ放題。

わがドリーム号は、この道を外れ、
裏からロイクロー通りに突入。

途中水をかけられるも、
うまく他車の陰に隠れて走るなどして
7回くらいかけられるも軽傷。

ロイクローのバービヤ前に車をとめて、
歩きに入る。左右前後に目をこらさないと
いつ大量の水を浴びせられるか分からない。

通りではバーガールが踊っている。
お濠の周りはビール販売禁止というやぼな案が出た
ようだが、これはつぶれて、ビールを飲んで
水を浴びて、踊っている。

d0159325_205347.jpg

結局、お濠あたりに数回往復するうちに、
10回ほど水をかけられた。

犯人は、主に西洋人が多い。
肉食のせいか、やたらと僕にかけたがる。

専守防衛ながら、ガンが必要だ。
大型ガン(早い話、水鉄砲)を買い求める。
これで、自分からはしかけないが、
殺気を感じた時は、先に打ってやるのだ。
正当防衛。

でも、水の入れ方が悪かったのか、
出てくるのはチョロチョロ。
嗚呼!

小さな子供が、小さなお椀で
水をかけてくれるのが一番可愛い。
暑い太陽のもと、まさにお祭りだ。

さて、いよいよ明日から本番だ。
武器を磨こう。
バイクから片手で打つ必殺の技を磨こう。
イヒヒヒ。

本番をお楽しみにね!
[PR]
by ucci-h | 2009-04-12 20:00 | チェンマイのお祭り | Comments(0)
早くも洗礼受ける、ソンクラン・イブ
4月のチェンマイは暑い。

1年で一番暑い。

だから今まで7年間、チェンマイに来たが、
4月は逃げていた
(4月は日本は花見の季節だし・・)。





だが今年は、チェンマイ4月初体験。

タイのお正月ソンクランの水掛け祭に参加するためだ。



ソンクランは明日13日から15日までの3日間だが、

すでに、きのうの土曜日から、水かけられ注意報は出ている。



きょうは、昼間近所のマッサージやへ。

普段はバイクで行くのだが、水掛け少年兵がバイクを標的に

するだろうから、歩いて10分ほど。


アパートを出ると、さっそく洗濯屋の前に

バケツをもった3人の少年兵がいた。

うまく気をそらし、事なきをえた。



マッサージの帰り、歩道に保護者付きの少年兵が3人。

しかもバケツだけじゃなく、ホースも持っている。

いやな予感。

d0159325_1958319.jpg


「まだだよ、まだだよ」と買い物袋を示しながら、
過ぎ去ろうとした。

しかし、7歳ほどの少女兵は許してくれなかった。
「ぎゃっ」右半身をホースでたっぷりとかけられた。


はやくも、洗礼を受けた。

ううむ、逃げていてはいけない。

歩いていくのが安全などと誰が言ったのだ!



こうなったら、今日明日、正々堂々と、バイクに乗って

神風魂で、ターペー門へ突っ込んでやる。



すでに戦いの火ぶたは切られたのだ。

今日の天気、からっとして見事に真夏日。

「水かけられ日和」だ。


この後の奮戦の模様をお楽しみに。
[PR]
by ucci-h | 2009-04-12 19:52 | チェンマイのお祭り | Comments(0)
ソンクラーン前夜、マンゴーレインの先駆け
It's raining!

明後日からのタイの正月ソンクラン(3日間)を控えての
きょう土曜日の午後、チェンマイに本格的な雨が来た。
うれしい!!

風が吹き、雷鳴が響き、道路に水たまりができるほどの
本当の雨だ!
ソンクランの水かけ祭より先に、天の水かけだ!!!

雨期(5月ごろから)の前の雨を、マンゴー・レインと
いうそうだ。
この雨でマンゴーが一気に熟すからという。

d0159325_19502397.jpg


ちなみに、タイのマンゴーの代表的な種類は
「ナムドクマイ種」というそうだ。
ナムドクマイ=花のしずく(マンゴーの形)、いい響きだな。

雨が降ると、気持ちもスーッとする。
雨雨降れ降れ! もっと降れ!

さて、日本茶でも飲もう!
ふ~っ。
明後日からの水かけ合戦に備えようっと。
[PR]
by ucci-h | 2009-04-11 19:42 | チェンマイのお祭り | Comments(0)
水かけ祭り「ソン・クラーン」の季節
いま私は寒い日本ですが、
タイでは明日からソンクラーン。
水かけ祭ですね。
タイのお正月。新年おめでとう!
暑い盛りのお祭りです。
肌寒い日本から、お祝い申し上げます!

チェンマイ在住の人から
以下のようなメールをもらいました。

東京では桜も終わったのではないでしょうか。
それにしても4月に暖房ですか。
こちらは、ずいぶん暑くなってきました。

4/13からソンクラーンですが、おそらく明12日から、
水かけは始まるでしょう。
4/15にはKさんが調達してくるトラックの荷台に乗って、
お堀の周りを廻って水かけを楽しむことにしています。

女性がいなくては面白くないと言うことで、
スナックに勤める若いタイ人女性3~4名にアルバイト料を払って、
更に夕食をご馳走する、と言う条件で、
同乗してもらうことにしています。

d0159325_1312065.jpg

チェンマイには10回近く行っていますが、
この暑い季節だけは避けてきました。
でも、楽しそうだなあ。
来年のソンクラーンは経験しようっと・・。

上の水かけの写真は、古川節子さんの傑作写真です。
チェンマイにいらっしゃる方、祭りの様子を
伝えてくださいね!
[PR]
by ucci-h | 2008-04-11 12:54 | チェンマイのお祭り | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース