タグ:タイの果物 ( 2 ) タグの人気記事
サパロット賛歌

北タイにいると、毎日のようにポラマイ(果物)を
食べているが、10年近く居て、一番おいしく
感じる果物は何だろうか?


実は、日本から見ると贅沢な話だが、
果物の王様、女王様と言われる、
マンゴー、マンゴスチンやライチーなどの
甘いトロピカル・フルーツは、食べ飽きている。


むしろ、最近では、なしやリンゴといった
温帯のフルーツを物色している。
チェンマイの市場には、昔と比べ、温帯の果物が増えた。


長年、いろいろな果物を食べてきて、
やはりこれだろうと思うのが、実はサパロット(パイナップル)
である(別に、ピコタローの「ペン・パイナップル・アップル・ペン」に
便乗しているわけではない)。



d0159325_1731895.jpg




パイナップルの特産地は、北タイのチェンラーイ近郊
(ちなみに、タイは世界一のパイナップル生産国)。
季節になると(ほぼいつもだが)街道沿いに売店が並ぶ。
また、田舎に行くと、栽培パイナップルで覆われたパイナップル山もある。


チェンマイの街の中でも切ったものが、一袋20バーツで売っている。
おいしくないものは、刺すような酸っぱさと果肉の堅さで食べれない。
うまいものは、これ以上の味の組み合わせがあるかと思うほど
甘味と酸味が芳醇だ。




d0159325_1732477.jpg




サパロットの凛とした堅さの中の柔らかさ、そして、
きりっとした酸っぱさの中の甘さ。
これほど刺激的な果物があるだろうか。
[PR]
by ucci-h | 2017-01-21 17:33 | タイでの食 | Comments(0)
北タイの果物ラムヤイ(ロンガン)の中国への輸出が増大する
ラムヤイ(ロンガン)は、北タイで最も食べやすく、
さっぱりとおいしい果物である。

d0159325_1330082.jpg



ラムヤイは、英語ではロンガン(竜眼)と呼ばれる。
皮をむくと、中の果肉に目玉のような種が含まれているからだ。
6~7月の雨季になると、街に出回る。

少し前に出るリンチー(英語でライチー)に似た
球状の果物だが(見かけはリンチーの方が土色の
ラムヤイよりいい)、味はリンチー以上にいい。

d0159325_13521069.jpg



@@@@@


タイと中国が、貿易面や人の行き来の面で、
急速に近づいている。
チェンマイなど北タイの街は、中国人の観光客で
一杯だ。

そして、中国向けのタイ産果物の輸出が伸びる中で、
ロンガン(ラムヤイ)の輸出も伸びている。

d0159325_1353372.jpg


先月、南中国に位置する広西省(正式には広西チワン族自治区)の
輸入業者へ、来年にかけて17.4万トンのロンガン、
額にして108億バーツ((400億円近く)の輸出が決まったと伝えられる。
広西省は中国でのロンガンの産地である。


@@@@@


北タイはラオスを通じて中国南部と地続きであり、
物資や人の交流が増してきている。

ロンガンはおいしい果物だが、豊作になると値下がりが
著しく、生産者は泣く。
キロ10バーツ(36円ほど)を割ると、
政府が救済に入る。

中国向けに平均キロ62バーツほど(運賃が含まれるが)で売れれば、
ロンガン生産者への助けになる。
17.4万トンの内訳は、乾燥ロンガンが12.8万トン、4.6万トンが
生フルーツだ。


@@@@@

タイでは北タイ中心に、年間のロンガン生産高は
90万トンほどに上がってきている。輸出向けが
半分近くだが、中国への17.4万トンの輸出は大きなものになろう。


中国とタイとの結びつきがますます強まりそうだ。
[PR]
by ucci-h | 2014-12-11 13:55 | 貿易・直接投資の動き | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース