タグ:タイの陰暦 ( 3 ) タグの人気記事
タイの旧正月と陰暦の月の進み方が合わないわけは?

今でもよく使われるタイの陰暦と
タイ正月のソンクラーン(4月)の月の進み方が合わない!


タイの陰暦は、4月でなく1月を年のスタート月に変えた
ことで、ソンクラーンからさかのぼったとみられたが、
これでもズレは埋めきれない。
さて?


もう一度、中国の陰暦のスタート月と、タイのそれとを
比べてみよう。


中国の陰暦では、二十四節気の雨水を含む月(今年は
新暦で1月28日が新月のスタート日)が、基本、正月になる。
いわゆる春節が旧正月である。
結果的に、タイの陰暦のスタート日は、これより3か月ほど早い。


インドからやってきたタイの陰暦のスタート日は違うわけだ。
前に述べたように、黄道が白羊宮へ入ってきた時が新年だから、
本来なら春分過ぎになる。それが、ソンクラーン(新暦4月)の時期。
でも、今のバンコク陰暦では、スタートは4月ではなく、前年11~12月と
およそ4~5か月もさかのぼっている。
春節よりも2か月早い新月の日だ。なぜ?



d0159325_23515180.gif




今年のタイの陰暦は、昨年の11月30日にスタートしている
(1年前は、12月26日が陰暦年初の日)。
タイの陰暦は、ちょうど年間で日暮れが一番早い時期
(12月初旬)の前後を起点にスタートしている。


昼の時間が夜の時間を上回ってくる春分過ぎが
インド占星術伝来の旧正月だったはずだが、
今では、中国の立春頃の春節に2か月先行する冬至前後が
タイ陰暦のスタート月となったようだ。


何が起こったのか?
どうもいろいろ調べてもわからない。
ここからは、推測になる。


季節感としては、前年末頃が、タイの陰暦年スタートと
しては、ちょうど良かったからではないだろうか?
タイの季節の移り変わりは、中国や日本の様な北方の
国々に比べれば、2~3か月ほど先行している。
3月、北方の国々で春を待つころは、すでに暑くなり始めている。
7~8月になるとタイでは雨期でもあり、すでに暑さはやわらぎ始めている。


しかも、11~2月は「寒季」ではあるが、そう寒くはない。
「冬至前後は、昼の時間が長くなり始めると言っても
まだまだ寒いから新春気分にはなれないよ!」という
北の国の人々とは、肌の感じ方が違う。
ここから日が長くなり始めるのかと思うだけである。


だから、タイの陰暦正月は11~12月になっても、感慨はなく、
「タイの旧正月のお祝いをこの時期に持ってこよう」などとは、
誰も思っていないだろう。
水を掛け合うには、朝夕20度を割る気候では、やはり寒いだろう(笑)。



d0159325_23531291.jpg





1年間を通し、花が咲き、果物が取れる南国タイランド。
春を待ちわびるという風景はない。
むしろ、ソンクラーンの4月、暑いけれど、じきに来る雨期入りを
待ち、ライチーや竜眼、マンゴーなどの果物が出回るのを
待つ季節。
新しく気持ちを変えるのにふさわしい「新年」なのかもしれない。
仏教行事で使われる陰暦と4~5か月ずれていようとかまわない。


ちなみに、先に触れた出生届には、生まれ年の干支が
タイでも書かれる。
その際、暦年ではなく、新しい干支は4月からだ。
まるで日本の入学の学年みたいだが、早生まれの人は、
前年の干支になるわけである。


中国の陰暦とタイの陰暦は、もともと暦の出所が違った。
インドシナ半島では、ミャンマー、カンボジア、ラオスが
タイと同じく4月なかばが旧正月である。
いずこも水掛け祭りだ。


ベトナムだけが、「テト」で知られるように、中国の春節の時期だ。
4か国の仏教が、セイロンから渡ってきた南伝仏教の
上座部仏教に対し(スリランカの旧正月も4月)、
ベトナムだけは、北伝の大乗仏教であることと関連しているのかもしれない。


タイにおける旧正月と陰暦の月の進み方が違うわけは、
最後は推測で終わったが、不思議な陰暦の話はこれで
終わりにしよう。


(おわり)
[PR]
by ucci-h | 2017-02-25 23:53 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイの旧正月ソンクラーンと陰暦の進み方が合わない!

タイの旧正月(4月)とタイの陰暦(バンコク暦)の暦は
月の進み方が合わない!?
どういうことだろう?


タイの旧正月(4月半ば)を起点に月を数えてゆくと、
タイの陰暦の月日の進み方と合致しない。


タイの万仏節も、5月頃の仏誕節も、7月頃の3宝節も、
そして10月頃のオークパンサー(出安居)も、11月頃のロイ・クラトーン(灯篭流し)も、
いずれもタイ陰暦の満月の月より、新暦ではひと月ちょっと先に来る。


例えば、今年の仏誕節は5月10日だが、
旧正月のほぼ一か月後だから旧暦2月というわけではなく、
旧暦6月の満月の日となる。



d0159325_2117816.gif




現在でもタイにおいて仏教の行事等でよく使われるタイの陰暦は、
1889年(明治22年)に近代化を図ったチュラローンコーン大王(ラーマ5世)が
新暦を公式に導入するまでは、公的な暦として唯一使われた(太陰太陽暦)。


新暦の当初の年初めは4月1日だった(これが謎解きのヒントになるか)が、
1940年、時のプビン首相により、翌年から1月1日となった。


仏暦(ポー・ソー)と呼ぶのは、年号の数え方が、釈迦の入滅年を起源としているので、
そう呼ばれる。旧暦ではない。新暦である。


仏暦は、西暦年号+543(暦と覚える)で求められる。
今年は、2017+543で、2560年である。
ちなみに、日本の人気番組「笑点」もあと数ヶ月で2560回となる(関係ないか)。


タイの陰暦は、仏教行事関係だけでなく、タイ人の日常の中に
生きている。たとえば、出生届を出すと、誕生年の陰暦も記され
(ほぼ1か月先の月になる)。誕生日も、西暦に加え、陰暦の上弦10日
生まれなどと書かれる。


タイの旧暦(陰暦)は太陰太陽暦だから、29日の月と30日の月がほぼ半分ずつ入り
(月の満ち欠けの周期はほぼ29.5日だから、小の月と大の月を交互に入れる)、
365日に届かない(年354~355日)分は、3年に一度ほど「閏月」が
挿入される。
またひと月は、出生届で触れたように、上弦15日プラス下弦14~15日から成り、
16日以降の日付はない。


タイの暦の陰暦から新暦への推移を見ていたら、
旧正月と陰暦の月の進み方が合わない理由が少し見えた気がした。
つまり、年初=1月というジョーシキが間違っていたようである。
タイの年初はかつては、4月だったのである(年度初めではなく暦年の
はじめである)。


1940年までは、4月が年初めだったので、
ソンクラーンの月が年初め、正月だったのである。
なので、1940年は、西暦で言えば、4月~12月
(タイの当時の新暦で1~9月になる)の9ヶ月で終え、
翌1941年から西暦と一緒にした。



d0159325_2118588.jpg




ソンクラーンの旧正月と、旧暦(陰暦)は別物ではないだろうか・・・と、
最初は考えたが、かつては、4月から1の月、2の月と
数えていたのである。


それが、仏暦(新暦)でJanuaryをタイではモッカラーコムと
呼ぶようになってから、陰暦(旧暦)でも、3か月ほど年初めが
さかのぼったのだろうか?


しかし、これでも、賢明な読者はご察知のように、ズレが残る。
旧暦正月も3か月ほどさかのぼったとしても、旧暦の新年は、
新暦1月頃からスタートすることになる。


でも、現在実際の仏教行事や祝祭日で使われている陰暦
(バンコク暦)の陰暦年初めは、今年の新月の日で見れば、
1月28日(春節と一致)ではなく、また新暦に近い昨年12月29日
でもなく、昨年11月30日が、陰暦1月のスタート日だったのである。


さて、3か月のさかのぼりでは、解消できないこのタイ陰暦の
正月の疑問は、いったいどう考えたら解けるのだろうか?


(というわけで、最終回は次回に延期)
[PR]
by ucci-h | 2017-02-24 21:20 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイの旧正月はなぜ一番暑い時期になったのだろうか?

前回、タイと日本・中国の旧暦にズレがあることを述べた。
同じ太陰太陽暦なのだから、ポイントは、いつを新年とするかにあるわけだ。
同じ陰暦(太陰太陽暦)といっても、日本や中国の陰暦と
タイの陰暦では、スタート時点が違うことになる。



日本の陰暦を見てみよう。中国と一緒だ。
中国の旧正月(春節)が、西暦の1月後半から2月前半に来るように、
日本・中国の年の始まりは、立春前後だ。



中国の陰暦だと、戦国時代にできたと言われる「二十四節気」中の、
雪が雨に代わり春の訪れを告げる「雨水」を含む月が1月だという。
雨水の24分の一の前の節気が立春だから、立春前後が新年となる
(必ずしも立春が正月ではなく、旧正月が春節と別に呼ばれるわけだ)。
雪が解けて春が来る。イメージしやすい。



またもっと古く、中国での紀元前の夏王朝時代から、
太陰太陽暦は、もともと寅の月を正月にした。
つまり、十二支の最初である子の月は、夜が一番長い
冬至を含む月とし、その2か月後の寅の月を正月とした。
なぜ、十二支の一番手である「子の月」を正月にしなかったのだろうか。



子の月や丑の月を正月とした王朝もあったようだが、
寅の月=正月で落ち着いていった。
やはり、その後に出てきた二十四節気で見られるように、
冬至を含む月より(そのあとに大寒、小寒がやってくる)、
それから2か月経た雨水の月の方が、北支では春がやってくる
気分で、年のスタート月にふさわしかったのだろう。


d0159325_0165475.jpg




これに対し、タイの旧正月は新暦の4月なかばだ。
ほんとうは日にちは毎年ずれるのだが、タイの合理性(?)で、
今は4月15日に固定されている(ソン・クラーン水掛け祭り)。
前回見たように、日本・中国と旧正月の時期が3か月近く違う。



タイの新年は、なぜこんな暑い時期になったのだろう?
タイの方が、日本や中国より、3か月近く季節の巡りは速いから、
本来なら、一番寒い(涼しい?)新暦12~1月ごろに
旧正月が来た方が、季節感は合う感じがするが・・・。



なぜタイは一番暑い時期を正月としたのだろう?


(続く)
[PR]
by ucci-h | 2017-02-19 00:17 | アジア的な生活 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース