タグ:タイ人 ( 18 ) タグの人気記事
アジアの街角から第3回 脱ぎ散らかされた履物
タイ人の生活感覚、やや大げさに言うとタイ人の
人生哲学は、履物の脱ぎ散らかし方に見られるかもしれません。


タイ人の家は日本と同様に、土足は脱いで家の中に入ります。
その際日本人ですと、きちんと履物を揃えて上がります。
タイ人はそんな手間はかけず、まさに脱ぎ散らかして上がります。
場合によっては靴やサンダルが裏返しにひっくり返っていますが、
おかまいなしです。


d0159325_14292855.jpg



物事をきちんとしておかないと気がすまない日本人から見ると
なんともだらしなく見えます。
我々は家や学校で、履物をきちんと揃えることを学習させられましたから・・。


@@@@@


タイ人が何事にもだらしがないわけではありません。
むしろ見かけを尊ぶ彼らは、日本人がアイロンのかかっていないシャツや
ズボンをはいて外出しているのを見ればまゆをひそめます。
下着にまでもアイロンをかける国ですから・・。


履物を揃えないことは、単なる習慣の違いとも言えましょう。
しかし一事が万事、そこにはタイ人の人生哲学が表れているとも言えます。


彼らに聞いてみましょう。「なぜ履物をきちんと揃えないの?」
答えは理屈っぽく言うとこうです。
「また履くときに、どうせ揃えざるを得ないでしょう。
どちらの状態でも結果的に大差はないでしょう。
なぜ脱ぐときにいちいち揃える手間を取らなければいけないの?」
と言うことになりましょう。


@@@@@


確かに履くときは揃えなければ履けません。
脱いだとき揃えておくか、履くときに嫌でも揃えるかの違いでしょう。
彼らからすれば、脱いだとき揃えておくメリットが見えないのです。


こうなると、効率性の議論ではなく見た目のよさの議論になります。
日本人が揃えておくのは、その間見た目が整っているからです。
効率性よりも美観の問題になります。


@@@@@


ここでまた、タイ人は美観を尊ばないわけではありません。
乱雑に散らかしておいても支障がなければあまり気にしませんが、
道路や木々は通行に関係しますので、比較的きれいに手入れがされています。


日本人は、秩序だった整然とした状態が好きです。
高校野球の入場行進など指先まできちっと伸ばしていますね。
ドイツ人が尊ぶ「オルトヌング」(英語のOrderに当たる秩序の意味)を
日本人は好みます。


これに対して、タイ人はあまり秩序だっているとか気にしないようです。
タイ人だけではありませんね。
アメリカの野球のベンチの中はごみだらけで平気ですし、
インド人は、仕事の仕上がりでも、結果さえ良ければ途中経過は
どうでもいいと言い切ります。


@@@@@


タイ人の靴の脱ぎ散らかしを見てだらしがないと思うより、
あまり几帳面に細かいことを気にしない、おおらかな人達なんだなと
思った方がよさそうです。
あまり人生を楽しむのに影響ないことはどうでもいいのです。



人生全般、あまり面倒なことは避け、気持ちの良いことを楽しむのが
彼らの人生哲学ですから(当たり前のこと?)、
脱ぎ散らかした靴も履けば左右きちんと揃うということでしょう。


(このシリーズは、2013年9月から2015年4月まで、20回にわたり、
雑誌「経営財務」のコラムに連載されたものです)
[PR]
by ucci-h | 2015-06-10 14:31 | アジア的な生活 | Comments(0)
「アジアの街角から」第1回 : 「私は怠け者だから・・・」
在職中は生き馬の目を抜くニューヨークのウォール街で
働いていた筆者が、今は北タイのチェンマイで、犬や鳥や虫を相手に
リタイア生活を営んでいます。
人生は思いもかけない面白いものです。


海外でその国の人に囲まれ暮らしたり働いたりしてみると、
それぞれの土地の習慣や価値観の違いに触れ、
びっくりしたり、またあらためて、当たり前に思っていたニッポン人の
価値観を異なものと見直したりすることになります。
「アジアの街角から」と題して、現地で感じた異文化とそれへの対応を
お伝えしたいと思います。

d0159325_19181426.jpg



@@@@@


現在住んでいるタイはアセアン(東南アジア諸国)の中心に位置し、
ご存知のように、日本からの企業も多く進出しています。
今は新興経済成長地域として注目されるアセアン諸国ですが、
日本国内では、仕事でも旅行でも、欧米へ行くことに比べ、
アジアへ行くのは一段文化や生活水準の低い国へ行くという
イメージがなお強いですね。


事実、欧米の方が文化や経済がすでに発展し、
アジア諸国はいまなお成長盛りなのですから、
そう見えるのはいたしかたのないところです。
イタリアやフランスに旅行に行くのにはなんでもなくても、
タイへ旅行に行くとなると、トイレや衛生状態はどうかと
心配して躊躇する人もなお多いようです(タイのトイレ事情は、日本と
同じく、旧式のトイレを探すのがだんだん難しくなりましたが)。


@@@@@


こうした南の発展途上国に駐在やロングステイで来る人は、
こちらの人の生活テンポとの違いにまずは戸惑います。


南の常夏の国ですから、こちらの生活テンポはゆっくりですし、
ことに働きに来た人は、日本の職場の時間重視が頭に
染み付いていますから、タイ人の行動がなんともかったるく、
場合によっては、タイ人がどうしようもないなまけものに見えてきます。


こちらで暮らしてみると判るのですが、そうてきぱきと
働いたり暮らしたりする必要もあまり感じられないのが事実です。
この国では、飢え死にも凍死のリスクもほとんどありませんし・・。
さらに上座部仏教が広まっている国ですので、
現世であくせく働いて出世しようと言う気概も薄いのかもしれません。


@@@@@


第1回ですので、日本では考えられないタイ人の
言葉を紹介しておきましょう。
「キー・キヤット(怠け者」という言葉が日常でよく使われます。
「自分はキー・キヤットだから、今日はやらない」という
言い訳が、十分通用する社会なのです。
日本で、何かしない言い訳に、「私は怠け者だから・・」とは
さすがに言えませんね。


日本やアメリカには、「今日できることは明日に延ばすな」という
格言がありますが、もしタイ人が似たような言葉を作るとしたら、
「明日できることは今日やるな」ということになるのかも知れません。


仕事場ではまどろっこしい面がありますが、
生活面ではこういうゆるやかさもいい面があります。
またそう思った方が暮らしやすくもなります。
それについては、次回にお伝えしましょう。


(このシリーズは、2013年9月から2015年4月まで、20回にわたり、
雑誌「経営財務」のコラムに連載されたものです)
[PR]
by ucci-h | 2015-05-26 19:19 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイ人を“幸せにする”5つのこと
タイの軍事政権は、発足後1ヶ月経った。
国内のプラユット司令官人気は高い。
それだけ、クーデター以前の政治対立、
経済不振が嫌気されていたということだろう。


軍事政権は、「幸せを取り戻そう!」の
スローガンの下、ワールド・カップのサッカー全試合を
フリー・テレビで見れるようにしたり、
人気映画「ナレスワン大王その5」を
6月15日に無料で見られるようにしたり(もっとも1回きり
だから入りきれなかったが・・)、国民に楽しみを提供している。

d0159325_14234210.jpg



6月20日付の雑誌「GURU」は、
この「幸せを取り戻そう」に乗って、「こういうことが
いつもあるようになれば、我々は幸せなんだがなあ!」と
15のことを挙げている。
我々外国人もそう思われることがあるので、
うち5つを紹介しよう。

d0159325_14243537.jpg



@@@@@


1.コンビニや銀行、ファーストフード店の列を無視して
入ってくる人間がいたら、店員が列の後ろにつくように
言うようになってもらいたい。


タイ人は、いさかいを嫌うので、その分遠慮がちなところが
多い。列を乱す人間を看過しがちだ。
もっともアルバイトの店員に(銀行員も?)、
そういうことを言えるように教育しているだろうかな?


@@@@@


2.交通違反の際、その場で警察官がわいろを
取れるようになって欲しい。その都度、警察署まで行く
手間を省いて欲しい。


タイの交通違反の現場では、たとえヘルメットなしの
200バーツほどの軽微の違反でも、チケットをもらい
免許を預け、近くの警察署に行って罰金を払い、
免許を取り戻さなければならない。


警官の賄賂取得を防ぐ仕組みになっているが、
違反者には面倒な手間となる。
わいろで済ませたほうが、警官の給料アップも防げると
いうわけだが、さて?


@@@@@


3.レストランに行ったとき、ウエイトレスがすぐに
席に来て、注文を取るプレッシャーを減らすべく、
ちょっとメニューを選ぶ時間的余裕を与えて欲しい。


タイ人でもこう感じるとは面白い。
私も最初の頃は、ウエイトレスがメニューをくれると
同時に、すぐにそばに立つので、「3分ほどくれ」と
言ったものだ。


今は、ウエイトレスが、1分でも2分でも待ってくれるのは
王侯気分でうれしく感じるようになったが、
人によっては、やはりメニューを選ぶプレッシャーを
感じるようだ。


しかし、ウエイトレスの仕事は、お客の注文をウエイトして
給与をもらっている。彼女等にとっては、待つのが仕事である。
待たないのは、仕事をサボっていることになるのかもしれない。


@@@@@


4.ギャンブルをオープンに出来るようになったら幸せだ。


タイでは、宝くじと競馬以外のギャンブルはご法度だ。
だから、闇での、カジノやサッカーくじがはやる。
隣国にはすべてカジノがある。


闇のギャンブルを取り締まっても、改善はない。
タイは、公営ギャンブルを増やすだろうか?


@@@@@


5.アルコール飲料を一日中買えるようにして欲しい。


タイでは法律で、アルコール飲料は、朝11時から午後2時までと、
午後5時から夜中の12時まで(一日計10時間)しか買えない。


スーパーで朝早くビールをカートに入れて、レジで返したり、
昼食後の買い物で、まだ2時になっていないか時計を見たりで
めんどうくさい。


この規制で、アルコールの消費が抑制されているとも
思えないが、なにせ“罪悪税”を背負うアルコール飲料のこと、
規制緩和の名分が見つかりにくい。
[PR]
by ucci-h | 2014-06-26 14:25 | アジア的な生活 | Comments(2)
急増しているタイ人の日本観光旅行
前回、タイは4月~5月の暑い盛りに
休日が多いことを紹介した。

 「タイの国民の祝日は年間何日あるか? 2014-5-9」
  http://uccih.exblog.jp/20687049/


そして、この暑い時期には、タイ国内では
プーケットやサムイ島の海浜に旅行に多く行くが、
昨年7月日本へのビザが免除になって、
海外では、ロンドンやK/L、ソウルを凌いで
涼しい日本への観光熱が盛り上がっている。

 「今やタイ人観光客が日本へ行き日本人よりお金を落とす時代 2013-5-6」
  http://uccih.exblog.jp/18705310/

d0159325_14115389.jpg



直近の数字はまだないが、
今年1~3月でも日本へのタイ人旅行客の数は
13.2万人と昨年から64%も増えている。
今年年間では、50万人を優に超えそうだ。
3月に浅草へ行ったら、靴の店はタイのおばちゃん達で
ごったがえしていた。



@@@@@


日本への旅行を増やしているのには、
3泊4日で2万バーツちょっと(65000円ほど)の
安いパッケージツアーが競っていることが大きい。
これには、LCC(格安航空)とチャーター便の力が大きい。

d0159325_1414811.jpg


他の外国でなく、厳しく内容がチェックされがちな
日本旅行だから、いわゆる「ゼロ・ダラー・ツアー」
(名目は激安にして、現地で高いものを買わせる)はないようだが、
かつての一部の人しか行けなかった頃の4万~10万バーツ
(12~30万円)レンジからは様変わりだ。


ツアー関係の会社によれば、
タイ人のパッケージ客は扱いやすいとのことだ。
観光地に連れて行き写真を撮らせ、あとショッピングに連れて行けば
満足してくれるという。


タイ人旅行客は、あまり人の話を聞かないので、
歴史的な経緯など難しい話は必要ないと、なかば冗談に言っている。


@@@@@


日本の観光振興にもけっこうなことだ。
タイにおける中国人の振る舞いに悪評が立つような
ことが、日本でのタイ人に立たなければいい。
[PR]
by ucci-h | 2014-05-15 14:16 | エアライン・観光業 | Comments(0)
韓国ドラマと日本料理
タイでは韓国ドラマやKポップスが盛んである。
まあ、Kポップスは韓国の‘文化輸出戦略’の
一環かもしれないが、韓国ドラマは、北タイの山岳民族の
家庭でも見られているほど、タイ人は韓国ドラマが
好きである(日本でも韓流の人気は根強いようだが)。

d0159325_23472610.jpg

テレビでも、日本のドラマは日中韓のドラマが
交互に登場する「アジア・チャンネル」で少し顔を
出す程度だが、韓国のドラマ、ポップスの専門
チャンネルは、ケーブル局の「ツルー・ビジョン」の
中に、3つ、4つとある。
日本のNHKは別途970バーツ(3000円近く)払わないと
見れないのに・・。
チャンネルを回すたびに、彼我の差にがっくりくる。

昔は、「おしん」や「一休さん」といった日本のものが
タイでは人気だったが、今は、「ポチたまペットの旅」
(先代のだいすけ君は食べ過ぎて死んじゃったけど)や
「欽ちゃんの仮装大賞」が、地元局に組み込まれて、
時折タイ語で見れる程度だ(おしんと一休さんは根強く今もやっている)。
日本がどうということでなく、世界に共通する面白さが受けている。

タイ人に聞いてみた。
「日本のドラマは見ないで、どうして韓国ドラマを見るの?」と。
すると、「日本のドラマは、はっきりしないで、ぐちぐち展開する。
じれったい。物足りない。韓国ドラマは、喜怒哀楽がはっきり
していて、シャープで快い」という答えが返ってきた。
タイのうらみやいさかいの多いソープドラマに韓流ドラマは似ている。

ふと、これは食事にも似ているなと感じた。
日本料理は、ふだんの生活レベルではタイ人には
あまり受けない。味が「チューチュー(うすい、はっきりしない)だ」と
言われる。タイ料理は、「甘い、辛い、しょっぱい、酸っぱい、にがい」の
5つがはっきり入っているのが、うまいということになる。
もっとも、タイでは、今やすしを筆頭に日本食がはやっているが。
‘旨味’は意識されない国だが、イノシン酸のうまみが受けてきたのか。

d0159325_23481930.jpg

ドラマや食事なら、「物足りない、あいまいだ」と言われても、
文化の違いだからいいだろう。
しかし、これが政治やコミュニケーションの国際交流だと困る。
日本人の多くは英語を話さないのではなく、
はっきり物事を表現する外国語が苦手なのだろう。
国内の身内同士では、ほのめかしを言って、その場の空気や
気持ちを汲み取ってもらえばいいのかもしれないが、
国際舞台ではそうはいかない。
言葉は短くても、はっきり言わないと理解されないし、嫌がられる。
[PR]
by ucci-h | 2013-03-17 23:48 | アジア的な生活 | Comments(4)
自国の作家の名前をあまり知らないタイの人たち
タイは教育が遅れていると言われるが、
その程度がどうなのかは知らない。

ただ、日本の子供なら多くが「世界文学全集」などに
目を通しているが、どうもタイ人を見ていると
あまり世界の文学を読んでいるように見えない。

それは、図書館の利用状況にも表れている。
以前、本をあまり読まないタイ人のことについて触れたが、
読書習慣が少ないように見える。

 「タイ人は本を読まない!? 2011-1-31」
  http://uccih.exblog.jp/12790194/

チェンマイの図書館は、セントラル・デパートのそばの四つ角に
あるが、あまり利用されていないし、蔵書も少なそうだ。

8月31日付の「GURU」のカバー・ストーリーで
タイ人の読書のことが載っていた。
ちょうど、2013年がユネスコにより、バンコクが「世界のブック都市」に
指定されたからだが(世界の都市を持ちまわっているようだ)。

GURUが調べた統計数字は面白いので紹介しておこう。
出所は、タイ国家統計局とユネスコである。

まず、本を何冊くらい読むかである。
過去半年での統計は以下のようになっている。

 34%・・・1~3冊
 25%・・・4~6冊
 22%・・・7~10冊
 12%・・・10冊以上
 7%・・・ゼロ

まあ、本といってもカートゥーンや雑誌が含まれるのか分からないが、
平均すれば、半年で4~6冊、年に8~12冊ほどになるから、
悪い数字ではない。

1日平均、一人(6歳以上)何時間くらい本を読んでいるかとなると、
2011年には35分。2008年の39分より減っている。
コンピュータ・ゲームなどの影響もあるのだろう。

そして、余暇の時間に国民の何%が本を読むかとなると、
2011年で68.6%だ。3人にひとり近くは本を読まない。

「5人タイの作家の名前をあげよ」という問いに対しては、59%しか
答えられなかったという。
ショッピングセンターの名前5箇所は、99%が答えられたが・・。
「タイ国立図書館」(1905年設立)がどこにあるかを知っている人は、50%だったという。

d0159325_10271764.gif

従って、本の発行点数も、タイは13607点(2009年)と、
ベトナムの24589点やインドネシアの24000点と比べても、
それらの55%ほどと少ない。

そして、地元の図書館を利用した人の割合は?
2011年には、わずか14.2%だったそうである。

タイの教育省も読書の習慣づけに力を入れているようだが、
「世界こども文学全集」ではないが、読書の習慣は、
子供のころの家庭からだろう。

日本も今は、読書といえば雑誌やまんがなど手軽なものが多いが、
世界の文学を広く知っていることは、世界のトップクラスだろう。
もっとも東南アジアの文学は、日本では、歴史書や音楽、映画同様少ないが。

GURUはタイ人に本を読ませるための、冗談半分のアイデアを載せている。

1.「インテリジェント・サイン」と呼ばれる高速道路上の
大きなディスプレイに有名な引用句などを載せて、読書に目覚めさせる。
バンコクは渋滞が多いからちょうどいいという。

2.男子トイレの前の壁に、同様に読めるカード(張替え可能)を
貼り付ける。用を足しているときに読ませる
(映画館のトイレには、予告編の案内が張ってあるが・・)。

3.横断歩道のゼブラ・ゾーンの白い線の上に
「トワイライト・サガ」や「ハリー・ポッター」の名せりふを書いておく。
待っている間に読むだけでなく、もともと横断歩道を使わない人が
使うようになる(チェンマイの横断歩道は車は止まってくれないので気をつけよう)。

4.緑色の交通標識が数多くあるが、
必ず、最寄りの大きな図書館への案内標識を作ろう。

5.ツイッターの利用者は、必ず140文字以上を使うようにさせよう。
[PR]
by ucci-h | 2012-09-08 10:28 | タイ人と日本人 | Comments(4)
月々の収入では通常経費しか賄えないタイ人
タイ人を見ていると、よく安い給料で高い車が買えるなと思う。
家は、借りるより買うほうが自分のものになるからと、月々の
支払額もあまり考えずに、買ってしまう人間もいる。
途中手放す人間もけっこういるはずだ。

あまり明日のことは考えないタイ人気質だといってしまえば、
その通りだが、月々の支払いは必ずやって来るから、
明日のことは分からないとも言えないだろう。
私のような小心者だと、月々の負担を計算してしまう。

9月30日に発表された、ABAC(アサンプション大学のことか)の
世論調査によると、入るより出るほうが多いタイ人の生活収支ぶりが
示されている。
8月15日から9月末まで、18歳以上全国2764人を対象に
行なわれた調査だ。

それによると、調査対象の2764人の平均月収は、11300バーツ
(約33000円)。物価が平均日本の3分の一だと言っても、
日本で言えば、11万円くらいの収入の感覚だ。多い収入ではない。
一日450バーツくらいの収入の計算になる。

一方、支出となると、月平均9198バーツ。2100バーツの黒字だ。
しかし、この支出はもっぱら通常経費。
通常支出が、収入の8割に達しているので、
特別な支出となると、闇ローンなどで借りることになるという。

通常支出9198バーツの内訳は以下の通り。
①食費5222バーツ(57%)。一日平均174バーツとなる。
②運賃3790バーツ(41%)。
バス代やモーターサイのガソリン代だろうか。多い。
③映画などの娯楽費1417バーツ(15%)。
あれ、100%を超えちゃった。まあご愛嬌。

d0159325_2127316.jpg

いずれにしろ、飯を食べて移動するだけで、
これでは給与が消えてしまう。
車や家と言わず、衣料品や家具などはどこから出るのだろう?

3000~5000バーツの月収層だと、
平均6522バーツ(19000円ほど)使うというから、
最低このくらいはタイで暮らすには金がかかるということだ。
3000バーツ以下の人も6513バーツは使っている。

調査では、4分の一が、この5000バーツ以下の
低所得者だった。
最低賃金一日300バーツが言われているが、月7500バーツ
だから、物価に比べ、水準自体は高いものではないだろう。

月75000バーツ(約22万円)以上の高所得者になると余裕があり、
月々の支出も平均34471バーツ(約10万円)。
収入の半分以上が残る。
しかし、75000バーツの高所得となると、調査対象の5%、
人口の10%にしかならないという。

調査対象の4分の3、76%は、月収15000バーツ
(約43000円)以下である。
この層のうち、76%は貯蓄高ゼロである。

こういう調査を見ると、タイ貢献党の賃金引上げ政策、
ポピュリスト的政策がうなずけるが、問題はそのやり方であろう。
[PR]
by ucci-h | 2011-10-03 21:28 | アジア諸国の賃金 | Comments(6)
健康に良いタイ人の6つの習慣
バンコク・ポスト紙が毎週金曜日に別刷りで
発行する「GURU」には、ときどき、タイ人の面白い習慣に
科学的メスを入れながら、なおかつユーモラスにコメントする
特集があって面白い。

8月26日号には、「タイ・ウエイ」(タイ人のやり方)として、
6つの習慣を掲げ、面白いコメントをつけているので紹介しよう。

ーーーーー

議会が始まったが、タイ貢献党の支持者は、
インラック新首相の車のナンバーの下2桁の番号の
宝くじを買い、見事的中させた。グッド・ラックである。
もし外れていたら、インラック首相は弾劾されただろうか?

タイ人の以下の6つの習慣は、科学的にも支持されるものだ。
今後も続けよう!

1.ゴシップ(噂話)好き

自分のことを棚にあげて、人のうわさばかりするのは好ましくないと
思われがちだが、実はいい行為である。
昨年英国スタッフォードシャー大学が行なった調査によると、
噂話は、仲間、社会の連帯感を強め、また楽しい行為であるとのことだ。
ことに、他人の悪口を言う噂話は、他人のまずい行為を楽しむ
こととなるので、愉快になるという。

まあ、あまり悪口ばかりだと聞きづらいけど、
ああでもない、こうでもないのうわさはいいのでしょうね。

2.コメを食べる

パンと比べた時、カロリーが同じなら一緒と思われるが、
今年の5月の韓国食品研究所の調査によると、
コメの方が健康的とのことである。
食事後の運動の実験では、米食の方が、パン食よりスタミナが切れるまでの
時間が長かったという。
また、高血脂症をもつハムスターに対する8週間の実験では、
コメを食べたハムスターの方が、コレステロール値が下がったという。

朝はパン、夜はお米でいいと思うけどね。
それぞれ、うまいから。

3.トイレでしゃがむ

トイレはしゃがんでするより、座ってするほうが近代的だと思われているが、
健康面では逆である。
2002年のイランの放射線学者の調査では、しゃがんでするほうに軍配が
上がった。
座ってするのは、緊張と未達成感を招くのに対し、
しゃがんでするほうが、心地よく、効果的だとの結果が出た。

また1997年のイスラエルの医学雑誌によれば、
しゃがんでするほうが、痔の予防になるとの結果が出ている。
その他の研究でも、しゃがんでするほうが、骨盤の角度がリラックスして良く、
大腸の動きに良い圧力を加えられると出ている。

確かに太古より野原でしゃがんでするほうが自然だな。
明日から、便座の上にしゃがんでしようかな?
西洋便座が出た頃、そうしていた人がいたな・・。
でも危ないから、ややしゃがみ風に座ることにしよう。

d0159325_2327320.jpg

4.辛いものを食べる

タイのカセサート大学と日本の京大・近大の共同研究によると、
トムヤムクンの中には、他の食べ物に比べて、がん細胞の成長を阻止する
成分が、100倍多く含まれているという。
2001年の調査では、ハーブやスパイスを多く摂るタイ人の消化器系がんの頻度は、
他の国の人間よりずっと低いことが見つかっている。
米国がん研究協会の調べでも、辛味のもと、カプサイシンががん細胞や白血病細胞に
有効に闘えることが知られている。

さらに、豪州のタスマニア大学の研究によると、
辛いものは、安眠を招くのに効果的だと発見されている。
カプサイシンが、脳内の眠りをつかさどる神経に働きかけて、
眠りを容易に導くからだと言われる。

辛いものを食べると頭から汗が出るけれど、
タイではうまいから食べます。
マイケル・ジャクソンも、催眠注射にたよらず、
トムヤムを食べてれば良かったのになあ。

5.履物を脱ぐ

日本人は、家に入るのに履物を脱ぐのは慣れているが、
西洋人はときどき戸惑うようだ。
しかし、履物は実は細菌の巣なのである。

2008年のアリゾナ大学の研究によると、まっさらな靴を履いて、
2週間後を調べたら、靴には、42万ものバクテリアが付着していたという。
肺炎や血流疾患、呼吸器疾患を招く種類のバクテリアである。
履物には、公衆トイレや動物の糞などから大腸菌やEコリー(O157)などが
付着し、大部分が屋内の床やカーペットに移動すると見られます。

日本語の‘土足’禁止は大きな意味がありますね。

6.微笑み

タイ人が微笑むのは、どう対処したらいいのか分からない時や、
ともかく微笑んで潤滑油を注ぐ時が多いようだが、
理由はどうあれ、微笑まれるのは、いいものである。

コロンビア大学のスティビッチ教授によると、
微笑みは、する人にとって、免疫系を活発にし、前向きの気持ちにさせ、
ストレスを減らし、血圧を下げ、さらに他人の感じ方を良くすると
多くのプラスを持つという。
また、微笑みの多い女性ほど、より幸せになれるという研究もあるそうだ。

微笑みは、人と人との潤滑油。
大いに微笑みましょう。
[PR]
by ucci-h | 2011-08-28 23:28 | アジア的な生活 | Comments(4)
「タイ人のことをほんとうにわかっているの?」
タイ人のビジネス・コンサルタントが、
やり手のファラン(外国人)新社長に、
「あなた、ほんとにタイ人をわかっているの?」と
せまる面白い対話が新聞に載っていたので、
ご紹介しよう。
Markが新社長、Kがタイ人コンサルタントである。


M「自分は、組織、システム、プロセス、人々を全部いっぺんに変えたい。時間がないの
  だ」
K「どうしてそんなに急ぐの?」
M「前の社長はタイ人で、遅くて、社員に良い顔ばかりしていて、競争に遅れをとってしま
  ったからだ」
K「マーク、ぼくはこの仕事やめるよ。きっと大きな抵抗が起きると思うよ」
M「どうして?」
K「あなたはタイ人を理解していないと思う」
M「そんなことないさ。私はアジアで10年間も働いてきた。
  アジアとタイ人についてはよく理解しているつもりだよ」
K「自分は、タイに51年いるよ。でもタイ人を理解したとは思っていないよ」
M「おう!あなたがもしタイ人を理解していないなら、どうやってぼくを助けられるの?」
K「マーク。繰り返していうけれどね、あなたはタイ人をわかっていないよ。
  もし、今の数分僕らが話したことを振り返れば、その意味がわかると思うけど」

M「・・・・・」
そして・・・


M「あっ!そうか自分はずいぶんアロガント(傲慢)なんだ。
  10年いたのでアジアやタイ人を理解したと言うなんて。
  あなたは、ずっとタイで暮らしてきたのに、タイ人を理解しないと言う。
  とてもハンブル(つつましやか)なんだ。恥ずかしいよ」
K「悪く感じることはないよ。
  あなたは、ほかの外国人より賢いと思うよ。
  もし変えたいなら、4ついっぺんに変えるのじゃなくて、代わりにどうしたらよいと
  思う?」
M「人々から変えるかなあ」
K「そうだね。
  もし、早めにスムーズに変えたいなら、タイ人にそうさせることだよ。
  もしあなたが自分自身で変えようとがんばったら、最初は速いとみえるけど、多くの人
  がやめ、サービスが滞るよ」
M「どうやって始めよう?」
K「どう思う?」

d0159325_122188.jpg

M「タイ人の間に信頼を築くことが最初かなあ?」
K「そうだね。
  信頼は、2つの要素から来るよ。
  ケアリング(思いやり)とその人のコンピタンス(力量)だね。
  もしあなたが人々に気を配っているとわかれば、みなあなたを良い人だと思うよ。
  そして、あなたが力量があるとわかれば、あなたの判断や行動を信頼するね。
  あなたは、すでに力を発揮してきているでしょ?力量を見せつける必要はないよ。
  でもケアリング(思いやり)はどうなの?
  前のところでは、社員はあなたをどう見ていたの?」
M「どこでも、最初の数ヶ月は、ぼくのことを怖がっていたね。
  気を配っていないと見たね。
  でも、しばらく働いているうちに、リーズナブルで思いやりある人だと見られたよ」
K「それは大事なポイントだよ。
  最初の数ヶ月怖れさせないで、最初からあなたがリーズナブルで思いやりある人間だ
  とわからせることはできないのかい?」
M「最初からもっと彼らのことを学ぶことだね」
K「グッド!そこでどうやるの?」

M「たぶん最初の月は、部下やパートナーや顧客や競争相手のことを学ぶことかな。
  スタッフに会って、自分自身のこと、自分の経験を話してみるよ」
K「ちょっと待って!
  学ぶというのはいいけれど、自分を話すと言うのはロジカルじゃないよ。
  今言ったことを考えてみて」

M「・・・・」
そして、笑う。


M「うん、間違いだ。
  自分は、彼らのことを学ぶと言ったんだ。
  そして、自分のことも話すと言った。
  彼らのことを学ぶなら、彼らの言うことに耳を傾けるべきで、自分のことを言う必要は
  ないんだ。君の言うとおりだ」
K「彼らのことを学びたいなら、それぞれの人バックグラウンドや好みの話し方、価値観や
  強さと弱さ、家族やさらには趣味、好きなスポーツなども聞いてみることだよ」

以上。
[PR]
by ucci-h | 2011-06-03 12:08 | タイ人と日本人 | Comments(2)
3周年記念アンコール記事特集 その3.「タイ人ってどうして?」
タイに暮らしていて、
タイ人の考え方や行動パターン、
わからないことが多い・・。
ようやく、少しずつ慣れてきました。

アンコール記事の第3回は、
2年近く前に、タイ語の先生とかわした
{タイ人ってどうして?」。
少しばかりタイ人の考え方が
わかりました・・。
すこしばかり。

 ----------

タイ人のオイちゃんは僕のタイ語の先生。

タイ語と英語と、それと日本語ができて、
ガイドと通訳(翻訳も)できる才女。
フェーン(恋人)はアメリカ人。

週一のタイ語レッスンも、今回は、帰国するので今週でおわり。
で、きょうはタイ語に英語も交えての自由対話。

テーマは「タイ人ってどうして・・・?」

なお、Uが私で、Oがオイさんです。

d0159325_17273179.jpg

U「日本の友達と話をしていて出てくるのは、いつも
タイ人ってわからない!共通の疑問があるんだけれど・・。
タイ人って、できないことをYesって言ったり、
約束を平気でキャンセルしたり、平気で遅れてきたり、
どうしてなの?
南国だから?
それともぼくらあまりレベルの高い
タイ人と会ってないから?
日本人や外国人に対してだけそうなの?」

O「いいえ。タイ人同士でもそういう人が多いわ」

U「聞いたんだけど、最初からノーと断っちゃ悪いと
思って、とりあえず、Yesって言うんだとか?」

O「そういう面もあるけれど、あまり考えないで
返事するのが多いわ」

U「でも約束すっぽかしたりばかりしていると、
ゴーホーク(うそつき)ってなって、まわりの評判落とさないの?」

O「あまり考えてないわね。あまり人のこと気にしないし・・」

U「日本だと、人に迷惑をかけるなとか、
他人のことを考えろって教わるけど、
そういうこと教わらないの?」

O「親はこどもに何も言わないし、
学校でも、進学率は70%くらいだけど、
しつけなんか教えないわ」

U「親は、こどもを猫っ可愛がりが多いんだってね。
バンコクで、お偉いさんが、バカ息子の悪行を
帳消しにしたりするニュースがあったりするね。
王様は何か言わないの?」

O「王様は言うわよ。ちゃんと他人のことも
考えなさいとか。でも3日たつと元に戻っちゃうわ」

U「仏教的教えが社会に浸透しているとかないの?」

O「仏教は行事だけっていう面が強いわね。
ブッダの教えを学んでいるのは、むしろ外国人ね」



U「約束を破ったり、結果うそをついたりで、
相手に迷惑をかけるというか、相手が困ることを気にしないの?」

O「あんまり気にしないわね。マイペンライだわ。
そんなこと文句言ったら、気にするなと言われますよ。
ことに若い人は自分のこと、自分がサヌークでいたい
ことしか考えていないので、人のことなんかどうでもいいのよ」


U「ふ~ん。ああ、この前習ったワイルン(若者)・トーン・プラーイ(先っぽの時期)、つまり20-25歳の若い人のことね。
マジに付き合うなっていうことね。人のこと考えないから」


O「私やあなたは、アメリカ人や日本人をいろいろ知っているから
なにそれと思うけど、タイ人の多くは気にしないのよ」


U「そう言えば、外国に行ったら、ありがとうとごめんなさいだけは
覚えろと言うけれど、コップンカ(ありがとう)はまだしも、
コートー・ナカ(ごめんなさい)は、タイ人はあまり言わないね」


O「よく言うのはファラン(西洋人)ね。タイ人はあまり言わないわ」

U「どうして?」

O「コートー(罪を引き受けるの意)なんて言うと、
自分が相手より下に立つみたいで気色悪いのよ」

U「へ~。実るほど首を垂れる稲穂かな、なんて表現ないんだ」

O「タイ人って、ほら、プライドがとても強いでしょ」


U「約束やぶったときのいいわけのセリフがほぼ決まってるね。
マイサバイ(体調が悪い)とか、
カップ・バーン(家に帰ったの)とか、
ひどいのになるとトーラサップ・メダイ(電話が不調)だもんね。
電話は関係ないですよね」

O「そのとおりよ。良くご存じね」


U「でも、ろくに考えないで返事するから約束破りに
なるんでしょ。でもYesって言った時は、半分くらい
約束守るつもりはあったんじゃないの?」

O「そうよ」

U「じゃあ、なぜ?」

O「その時になると、めんどうくさいと思うことが
多いのよ。タイ人は基本、めんどうなこと、ナー・ラムカーンは嫌いでしょ」


U「そうだね。何か話をすると、今すぐにのことだと思われるものね。
タイ人と話していて、あまり明日のことは言わなくなりますね。

明日はとなると、答えはおおかたマイ・ルー(知らない)だものね。

明日はあまり考えていないみたい。上座部仏教の今を生きるを
実践しているわけでもないでしょうが・・。

タイ語に時制がないのもうなづけちゃったりして・・」

O「あまり先のこととか考えない人が多いです」

U「そうだね。言っちゃ悪いけど、基本キー・キアット(怠け者)
だね。まあ、苦労したり、勤勉に努めなくても食っていけるしね」

O「マイペンライは、度量の広さと言うより、
いい加減に、適当にやろうぜの合言葉なのよ」

U「なるほど」

O「最後に、タイ語の復習よ。次の2つの表現の意味は?
キットゥング・コンウーンと
グレーンチャイ・コンウーンよ」

U「キットゥングは、会いたい、人恋しい、miss youだよね。
グレーンチャイは、たしか、遠慮するだね。
コンウーンは他人でしょ。
あれ、あれ?」

O「キットゥング・・・は、他人について考える
Think about others.
グレーンチャイ・・・は、他人を考慮する
Consider others.
タイ人に足りないところね」

U「なるほど。勉強になりました!」
[PR]
by ucci-h | 2010-07-20 17:23 | タイ人と日本人 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース