タグ:タイ料理 ( 8 ) タグの人気記事
食べ残しの写真をアップしたワケ

なぜ、食べる前の料理じゃなくて、
食べ残しの料理の写真をアップしちゃったのか?
あまりにもおいしそうで、先に食べちゃった?



違います。

残念ながら、チェンマイのうまいもの屋で
上位にランクされていたこの店が、圏外に
下落したからです。



d0159325_23455812.jpg




以前トムヤム・スープの一番おいしい店として
紹介した、チェンマイ駅の先の「ナッタカーン」。

http://uccih.exblog.jp/23784199/



しかし、今回行ってがっかりしました。
まず、お客が以前ほど混んでいない。なぜ?



d0159325_2345650.jpg




写真左の「プラムック・パット・ナムプリック・タオ」は、
イカのコチジャン風味付けでおいしいのだが、
いつのまにか100バーツに値上がりしていた。
いくらシーフードでも、チェンマイの大衆食堂にしては高い。


真ん中の「トム・カー・ガイ」(鶏肉入りココナツスープ)。
いつものトムヤムに代わってたのんでみた。
味は甘めだがコクがあっておいしかったが、
中の鶏肉の貧弱なこと。鶏肉は安いのに、
骨と皮の小片ばかり。がっかりだった。


右側の、「カイティヤオ・ムーサップ」(豚の細切れ入り焼き卵)と、
「ネーム・サイカイ」(卵入り発酵生ソーセージ)の二つは、
油の入りすぎ。油の海だ。


残念。
[PR]
by ucci-h | 2017-03-04 23:46 | タイでの食 | Comments(2)
チェンラーイで知ったタイ料理がおいしい「カオトム」(おかゆ)の店

北の街チェンラーイは、チェンマイより一回り
小さな町で、素朴な街の感じがいい。


ただ、チェンマイのように、いろいろおいしい店が
並んでいないのが、少し寂しい
(チェンラーイ人は、あまり外食しないからとか・・・)。


でも、時折、おいしい店が見つかる。
今回は、タイ人に紹介されたカオトム(おかゆ)の店「PAR」。
久しぶりのおいしい店だ。
PARと言ってもゴルフ場とは関係ない。



d0159325_1432052.jpg




国道1号線の西側の南北へ伸びる道路上、
センタン入り口側の北方、街の中にある。
“中華風おかゆ”の店だから、おかゆは1バーツの付き物で、
いろいろな皿料理が出てくるが、どれもみなうまい。


カナー・ムーグロップ(カイラン采と揚げ豚の炒め物)、
パックブン・ファイデーン(空心菜の炒め物)など
定番の野菜炒めがうまい。



d0159325_145259.jpg




エビのブロッコリー炒めもうまい。
ヌア・パット(牛肉炒め)も、柔らかくておいしい。


タイ料理(ちょっぴり中華風)がおいしく、いろいろ
食べれる店だ。ビアシン(シンハビール)や
サンソム(タイの人気のあるラム酒、サトウキビから作られる)
などのお酒も置いてある。
[PR]
by ucci-h | 2017-01-04 14:05 | タイでの食 | Comments(0)
チェンマイで見つけたおいしいカオトム屋

新しい年、元日にパヤオ(チェンマイの東北東100km、

チェンラーイの南100kmにある)の湖畔の食堂の桟に

頭をぶつけて以来、クロもお腹を下したりで、

ろくなことがなかったが、いいことも巡ってきた。



ちなみに、パヤオ県は、古くから王国ができた地で、

チェンマイの3人の王様像にもパヤオのガムムアーン王

(13世紀)の顔も加わっている。

しかし、この静かな地は産業に恵まれず、

おととしまでタイで一番最低賃金が低い県だった。



@@@@@



いい事と言うのは、新年になって、

チェンマイでおいしいカオトム(おかゆ)の店を

見つけたことだ。



カオトムと言っても、タイ風の肉団子だけはいった

おかゆではなく、おかゆ(1バーツ)をベースに、

いろいろなおかずを取って食べる、中国風のカオトム屋だ。



近所にもいろいろカオトム屋があって、

さっぱりしたものを食べたいとき、時々行くが、

この店は、味といい、ボリュームといい、活気のある雰囲気といい一番だ。



@@@@@



カオトム屋といっても、中国風タイ料理のメニューも

豊富だから、ジャンルを超えて、チェンマイで屈指のおいしい

お店に入ってきそうだ。



トムチュー(薄味スープ)は、他の店と違い、

大根や白菜が多く入った、具沢山でおいしい。



パックブン・ファイデーン(空芯采炒め)も味がしっかりしている。

カオトムに入れる塩辛魚もほぐれて入れやすい。



@@@@@



そして、この店の特選品なのか、

カイトゥン(茶碗蒸し風の卵とじ)が、見かけがしゃれているだけでなく、

食べておいしい。中身のおいしい卵料理はうれしいものだ。


d0159325_01260446.jpg



お店は、夕方からだが、にぎわっている。

店の女の子たちも活気があり、可愛い。

オープン・キチンも活気がある。



場所は、スーパーハイウェイからメージョー交差点を

折れ、ミーチョーク・プラザに向かう1001号線を

500mほど行ったところの、左側にある。



右手にフォードの大きな青い看板が見えたら、

その先50mほどの左側に赤白の看板が見える。

店の名は、「クラーン・ビヤン」である。






[PR]
by ucci-h | 2014-01-16 01:28 | タイでの食 | Comments(2)
たけのこスープのおいしいお店(チェンマイおいしい店新編2)
チェンマイには、当然ながら、北タイ料理の店が多い。
ことに、リング1を中心にサンカンペーン方面にかけて、
北タイ料理のお店でうまいところがみつかる。


北タイ料理とは、何なのか?
バンコクの中央部やタイ南部の料理とどう違うのか?
これは、いろいろ言われるが、よくわからない。
チェンマイを中心とする北タイ地方でよく出てくる
タイ料理と思っている(定義にならないね、笑)。

@@@@@

北タイの料理屋でよく出てくるメニューを挙げておけば
イメージが出てくるかもしれない。
お米はカオニャオ(もち米)が多い。


もち米には、「ナムプリック」と「ラープ」が合う。
ナムプリックは、にんにくや唐辛子の野菜ペーストで
もち米にディップとしてつけて食べるとうまい。


ラープは、「ポッキーのラープ味」で知られるが、
肉類を唐辛子やミントと合わせた料理だ。これももち米に合う。


ラープは、ラオス料理と言われるし、近接したイサーン(東北タイ)の
料理でもあるが、北タイでも、ガイヤーン(鶏の焙り焼き)の店の
メニューにある。


チェンマイの店では、「ラープ・イサーン」とただのラープ(ヌア)と
2種類あったりする。
パパイヤサラダ「ソムタム」も、イサーン料理だが、いまや全国区だ。
ラープもソムタムも、なぜかイサーン風の方が洗練されていてうまい。


ラープも、ナムプリックも北タイ料理かどうか知らないが、
チェンマイには、割りにおいしい店が多い。

@@@@@

北タイ料理の店で、目立つメニューは・・・、


「ネーム」がある。
いわゆるチェンマイ・ソーセージともちょっと違った
発酵生ソーセージだ。これも酒のつまみにいい。

d0159325_20592175.jpg


ビルマ風のココナツを使わない豚肉と細切りしょうがカレーの
「ゲーン・ハンレー」。北タイ料理だろう。
たけのこスープの「ゲーン・ノーマイ」(ゲーンはスープ風の料理のこと)
など、ゲーン(スープ類)もいろいろうまい。


北タイといえば、カレー味硬軟麺の「カオソイ」が有名だが、
カオソイの店は、独立しているか、イスラム料理屋のメニュー、
観光客向けレストランのメニューに入っていることが多い。


北タイ料理専門の店に行くと、「ペーン・ノム」と呼ばれる、
牛の乳房の揚げ・焼き物や、「チン・ヌン」と北タイ語で
呼ばれる牛肉の蒸し焼き物など、珍しいメニューもあって
楽しい。

@@@@@

北タイ料理の話が長くなったが、チェンマイには、
観光客に有名な、市内の「フアン・ペン」(おいしいが、量がいかにも少ない)や
ちょっと気取った「ルアン・カムイン」などがあるが、
以前紹介したサンカンペーン方面の「フアン・チャイ・ヨーン」
(県外から多くの観光客も来る)以外にも、
リング1(内側環状線)沿いに、ランパーン出の「ラープ・ガイ」があり、
安くおいしく飲み、食べれる。


そして、今回、これも燈台下暗しだが、リング1を北西へ
ミーチョークの交差点を過ぎたあたりに、
おいしい北タイ料理の店「ラープ・トンヤーン」を見つけた。
道路沿いの隣の中古車展示場の前にいつも車が停まっている。

d0159325_2103720.jpg


フアン・チャイ・ヨーンほど混んではいないが、
昼から飲んでいる人も見かける。ここは、昼夜開いており、
ビールも置いてあるのだ。


ここのメニューは、高くはないが、おいしい。
ことに、ゲーン・ノーマイ(たけのこスープ)は、
あのフアン・チャイ・ヨーンに負けていない。
そう辛くなく、しょっぱくもなく、ほどよく気品のある味だ。

d0159325_2111760.jpg


店主のおばさんのサービスと
従業員の可愛い子たちのサービスもいい。


{追記}

この「ラープ・トンヤーン」おいしいのでいつも行っているが、
2014年7月、ネット上で、ここのかわい子ちゃん「ネーン」ちゃん(25歳)が
評判になり、遠方からも彼女目当ての客が増えるようになった。

もっとも、ネーン以外の2人も色白できれいだと思うけど・・。
先日も、男共の客が彼女を入れて,“記念写真”を撮っていた。
[PR]
by ucci-h | 2013-10-06 21:02 | タイでの食 | Comments(6)
タイ料理と日本料理の隠れた違い
タイ料理と日本料理のいちばんの違いは
何だろうか?

もちろん、味が違うし、食材も違う。
タイ料理は辛いものが多いし、日本料理は
しょっぱいものが多い。

タイ料理は、甘い、辛い、しょっぱい、酸っぱい、苦いの
5味がはっきりしているものがうまい
(ちなみに、辛いは味ではなく舌が痛くかんじることだそうだが)。

日本料理は、タイ人から見ると味が薄めに感じるが、
そのくせ、日本料理は、チェンマイではブームだ。

@@@@@

一番大きな違いを感じるのは、実はボリュームである。
タイ人は一日何回も食事するからか、一皿の量は少なめ
(タイ人は‘りす族’である。どこでもちょこちょこ食べている)。

日本へ行って、写真のようなボリュームのある日本の肉そば
など見たら、タイ人はびっくりすることだろう。

d0159325_2153192.jpg

(日本の出前の肉そばはボリュームたっぷりでおいしいしょうゆ味)

日本の出前の肉そばはボリュームたっぷりでうまい。
タイのラーメン「クエティオ」は、大盛りをたのんでもちょっとしかない。

d0159325_2154120.jpg

(チェンマイで一番おいしいと思われるワンタン、豚肉入り中華麺。多い方)
[PR]
by ucci-h | 2013-09-19 21:57 | タイでの食 | Comments(0)
タイ料理好き嫌い
チェンマイ便り⑦
タイ料理好き嫌い
2007年8月12日

こんにちは!!

きょう8月12日は「母の日です」。
日本は暑さの中のお盆休みでしょうか。
えっ、うそー。5月の第2日曜でしょうが!と言われます。
それは西洋の話。
ここタイでは、今の皇后がお生まれになったこの日が母の日なのです。
お母さんには、カーネーションでなく、ジャスミン(いい香りですね)を贈ります。




       ーーーーーーーーーーー

食べる話が2回続いたので、今回3回目で締めます。
今回は具体的なおいしい料理についてです(実際に食べていただけなくて、ゴメンナサイ)。

チェンマイには、中国料理店も、イタリア料理店も、アメリカ料理店も、フランス料理店も、日本料理屋もありますが、やはり中心はタイ料理です。
タイ料理も、バンコク料理、南部料理、東北イサン料理、そして北部料理、いろいろありますが、我々外国人には、そこまで細かく分けなくてもいいでしょう。

ここチェンマイでは、北部料理と、イサン料理が中心です。

イサンと言いますと、土地が貧しくゲテモノ的なものを食べているとのイメージがありますが、そうでもありません。けっこうおいしい料理があるのです。

私もタイ料理を語れるほど、あれこれ食べてきたわけではありませんが、
ここ5年ほどで食べた物の中から、おいしく感じたものをご紹介しましょう。
なお食わず嫌いで、食べていないものも多いでしょうが・・。

            ***

まず、東北料理でおいしいものと言えば、ガイヤーン(炭火焙り鶏)の3点セットでしょう。

ガイヤーンとは、焙り鶏。炭火であぶった地鶏にかぶりつくのです。
これと一緒に、カオニャオ(もち米ご飯)を食べます。もち米がおいしい。
そしてこれに、タイ女性が好きなソムタム(生パパイヤサラダ)を添えます。
ソムタムは、青パパイヤに、トマト、にんにく、いんげん、ライム、それにピーナッツや干しエビを加え、石臼でおばちゃんがついたサラダです。
甘辛く、少し酸っぱく、女性の美容には最適ですネ。
鶏がら大根スープをつけてもらうこともあります。

北タイ料理と言えば、カオソーイ(カレーかけ揚げ麺)が有名です。これはイスラムの影響ですか。
麺と揚げ麺にカレー汁をかけて肉や紫たまねぎを乗せたものです。
そんなにめちゃうまいものとも思えませんが、軽食にいいでしょう。

また、チェンマイでは、カオマンガイ(茹で鶏ご飯)が有名です。
これは、鶏汁で炊いたご飯(カオ)の上に、ゆでた鶏肉(ガイ)の刻んだものを乗せた屋台料理です。
やや甘い汁がかかっています。似たもので、鶏肉の代わりにアヒルの肉(ペッ)をのせたものもおいしいです。


d0159325_18361179.jpg


また、タイ人が好きで、至る所にあるのが、クエティオと呼ばれる汁麺です。
日本で言えばラーメンぐらいポピュラーです。
麺は白いお米の麺が多く、太さも、太いのから細いのまでありますが、みな歯ごたえがよいです。
この上に、つみれや肉や青菜がはいっています。
いいことは、一品の量が少ないのでいろいろ試せることです。
味を加えるのは以前申し上げた通りです。

もちろん、伝統的なタイ料理店にいけば、なかなかこったおいしい料理も食べられます。
こちらのスープで美味しいのは(トムヤムクンが有名ですが)、細長い鉄皿にプラチョーン(雷魚)を野菜で囲んで出てくるスープです。
この甘辛く、酸っぱい味は、まさにタイ料理。最高です。
魚もちっともくせがなく、トムヤムよりおいしい、少なくともあれほど辛くありません。
もちろん、グリーンカレー等もおいしいですよ。

            ***

最後においしいのは、カオトム(煮たお米)、つまりおかゆです。
これは、朝か夕方、屋台風の店で食べられます。
ポイントは煮具合と具です。
ひき肉をつみれ状にして入れ、半熟卵をかけたものが私どもの好物です。

食べ物のことは、いくら詳しく書いてもなかなか伝わりません。
みなさんは、どんなものが好きですか。
はじめてタイに来た頃はつまみ出していた香草パクチーも平気になってきました。

さて、あすは何を食べに行きましょうか。
皆様も、タイ料理を、本場のタイで味わってみてください。

ではまた。サワディ・カップ!
[PR]
by ucci-h | 2007-08-12 18:31 | タイでの食 | Comments(0)
ダイエット問答
チェンマイ便り⑥
ダイエット問答
2007年8月9日

こんにちは!!

前回のタイ料理でダイエット!では以下の質問をしました。

質問は、
タイでダイエットをできた秘訣は何でしょう?
以下の3つから一番近いものをお選びください、
というものでした。

①肉を極力減らし、野菜中心にベジタリアン的に食べている。
②朝食・夕食を軽食に抑え、昼食中心に食べ歩いている。
③食事は減らさず、ゴルフ、ジム、ウォーキングと精力的に体を使っている。

お寄せいただいたお答えは、②と③に分かれました。
さすが、皆さん鋭いですね。
正解は②です。
でも③の要素も入っているので、
「2.4」あたりが一番近いでしょうか。


d0159325_1745396.jpg



食事の中心は昼食においています。
朝・昼のカロリー摂取は、夜までにかなり費消できますから。
ホテルのランチ・ビュッフェ巡りにはまっています。
だって、120-150バーツで、
タイ・西洋料理(海苔巻も少し)を
見て選びながら食べられるのですから。

スープは、マッシュルーム・クリームスープがおいしい。
自分で作るサラダ(レタスがベース。オニオンとピーマンの輪切り、人参・キャベツの細切り、トマト、うずらの卵、コーンなどをのせる。ランチ・ドレッシング等をかける)。
メインは、チキンやポークの煮物。
あと、果物(すいか、龍眼、マンゴスチンやマンゴーなど)と紅茶を。

ふたりが気に入っているホテルは、
① パークホテル、②ランナー・パレス、③グランビュー、④エンプレス
といったところです。

朝食は、私はトーストとハムと卵焼きとジュース。
家内は、ヨーグルトで済ませます。

夜は、食べないわけではありません。
近所の屋台で、おかゆや肉野菜のぶっかけご飯。これが安くてうまいのです。
たまには、ムーカタ(肉野菜のジンギスカン鍋)なども食べにでかけます。




以上のように、②のコースは、あくまでダイエット・コースです。
もし、摂取カロリー=消費カロリーでよければ、③に近い動きになります。

ただし、③よく食べ、よく運動するは、言葉はいいのですが、
時折、錯覚を起こします。
食べ物でエネルギーを摂取するのは簡単ですが、
運動で消費するのは大変ですから・・・。

よくジムで、ランニング・ミルで走ると思いだします。
「10分走っても、コーラ1杯(100Kカロリー)飲めばおんなじ」と。
1時間歩いても(300Kcal)、ケーキ1個食べると(340Kcal)
おつりがきます。

もっとも、運動するのは、汗をかき、関節や筋肉を動かして、身体に気持ちいいからで、
カロリー消費だけではありませんがね・・。



というわけで、私たちは、おいしく食べるために、ゴルフに行き、
食べ歩き廻りでよく歩いています。

きょうは、きのう疲れたので、何もしないでお休み。
読書です。お昼寝も。

ではまた。サワディ・カップ!
[PR]
by ucci-h | 2007-08-09 17:42 | タイでの食 | Comments(0)
タイ料理でダイエット
チェンマイ便り⑤ タイ料理でダイエット
2007年8月2日

こんにちは!!

前回にタイ料理について触れました。

質問の、クエティオ(汁麺)についてくる調味料の、4つ目は何だったでしょう。
1に、辛い唐辛子。2に、酸っぱい酢辛子。3に、しょっぱい魚醤(別の酢の時もありますが)。そして、4つ目は、そうです、甘い砂糖です。

タイ在住の方々はさすがにご存じでしたが、実際入れている人は少ない。
「ええつ?ラーメンに砂糖なんて!」という声が聞こえてきそうです。
でも入れると全体の味をまろやかにしてくれます。隠し味というやつですね。
ぜひ、お試しを。世の中、食わず嫌いが多いですから・・。

タイ料理は、辛いだけでなく(もっとも辛いものは、マジ辛い)、5つの味が巧みに調和されている料理であることを申し上げたかったわけです。

北のチェンライにお住まいで、香木を集めていらっしゃるひーさんという方からお聞きすると、“香木”にも五味があるそうです。苦い香り、甘い香り、酸っぱい香り・・大地と菌が育てた大自然のハーモニーですね。

こちらのゴルフ場でお会いした韓国人の方が言っていました。「ロスアンゼルスに住んでいたんだけれど、こちらチェンマイにマンションを買いましたよ」と。その最大の理由は、「自分もやはり東洋人。アメリカのハンバーガーやポテトチップスもおいしいんだけれど、単調。やはり東洋の料理の方が、バライティーに富み、そして健康食なので」ということでした。




そうです。タイ料理は、健康食でもあります。

こちらのタイ料理は、野菜をたくさん食べます(男性が女性より短命なのは、単に女性より弱いくせに強がっているからだけではなく、多くの男性が野菜を嫌いだからです――筆者の説)。豚の焼肉を屋台でたのみますと、丼ぶりいっぱいの生野菜がついてきます(キャベツやいんげんや香草をむしゃむしゃお肉と一緒に食べます)。

日本人が野外で蚊に刺されても、タイ人は刺されません。パクチー(コリアンダー)はじめ香草をよく食べているからだそうです。

また、タイの人は、食事をめちゃ腹いっぱいに食べないようです。タイ人に一日何回食事するの、と聞くと答えは様々です。――「一日1回よ」。「一日2回よ」(まあ、3回が一般的なのでしょうが)。

タイの人は、私に名づけさせると、リス族です(山岳民族のリス族とは無関係です)。つまり、リスのように、ひまさえあればちょこちょこ食べているように見えます。少量を(断わっておきますが、けっして蔑視しているわけではありません)。実は、ここにダイエットのための隠されたヒントがあるのです・・・

d0159325_17304082.jpg



私たち二人のテーマが、「おいしく食べて、ダイエットに励もう!」というものです。この難しいテーマに二人で挑んでいるのです。こちらにきて、二人合わせてですが、4.5キロ減りました。おいしいものを食べ歩いてですよ!

さて、その秘訣は何でしょう?以下の3つから一番近いものをお選びください。

①肉を極力減らし、野菜中心にベジタリアン的に食べている。
②朝食・夕食を軽食に抑え、昼食中心に食べ歩いている。
③食事は減らさず、ゴルフ、ジム、ウォーキングと精力的に体を使っている。

答えは次回に。

ではまた。サワディ・カップ!
[PR]
by ucci-h | 2007-08-02 17:23 | タイでの食 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース