タグ:ビザ ( 10 ) タグの人気記事
日本とタイよりも倍近く‘近い’韓国・タイだが・・・

韓国とタイの間は、日本とタイの間より
倍近く、近い
(実際の直線距離は、3400km対4400km
ほどで、1000kmほどの差だが・・・)。


韓国とタイはビザ協定で、
ビザなしでお互い3カ月いられる。



d0159325_1228403.jpg




タイ人の日本行きは、15日まではビザなしに
なったが、タイ人の30日~90日の日本への
観光ビザ取得にはなお厚い壁が立ちふさがっている。


東北アジア方面から北タイの都チェンマイへの乗り入れも、
韓国の仁川はじめ、台北、香港、上海などからは
直通便があるのに、日本からだけはない。


仁川からチェンマイへは6時間でひとっ跳び、
時差が2時間あるから、韓国からだと見かけ上、4時間で来てしまう。
東京や大阪からだと乗り継ぎだから、丸一日かかってしまう。



d0159325_12275346.jpg




ハイシーズンになると、だから韓国からのツーリストが、
中国からの観光客と並んで目立つ。
かつてタイの公共の場で周りかまわず大声で話すのは
韓国人とひんしゅくを買っていたが、今では中国人の
目立つ言動がタイ人の目を引いている。


また、今は社会が混乱気味の韓国だが、
金大中時代から、韓流芸能の輸出に国として力を入れた。
タイの田舎へ行っても、よく見られるドラマは
わかりにくい日本のドラマではなく、
喜怒哀楽のはっきりした韓流ドラマである。


かつては焼き肉屋くらいしかなかった
チェンマイの韓国料理屋も、質量ともに増えた。
ベスト3をあげれば、あそことそことここだろう。
これはまた改めて・・・。


@@@@@


ところで、タイ人の韓国でのオーバーステイ
(不法滞在)が増え、問題になってきている。
オーバーステイ数は、57,000人ほど。
ちょうど、月々の韓国へのタイ人入国者数とほぼ同じだ。
数か月、韓国の農園業で働けば、いい収入になるからだ。
[PR]
by ucci-h | 2017-05-24 12:29 | エアライン・観光業 | Comments(0)
ビザなし滞在者への運用強化とタイ入管がアナウンス
タイ王国には、日本など主要国の旅行者は、
ビザなしで30日間までステイできる。
さらに韓国及び南米4ヶ国のタイとのビザ協定を
持っている国の人は90日までと長い。

d0159325_201195.jpg


そして、滞在が長くなり期限を越える場合は、
隣の国へ一度出国して、新たに再入国して
滞在を延長することが行なわれる。

d0159325_2034776.jpg


隣国からの陸路での再入国でも、
今は再びなお30日(以前5年間は15日)居られるわけだが、
これの繰り返しに対し、2014年5月12日より、
入国管理局の取締りが厳しくなると、5月8日にアナウンスされた。


@@@@@


タイは観光立国のため、ビザなしの外国人入国者でも
旅行客として、30日の滞在を認めている
(日本は、2013年7月からようやくタイ人に対し
ノービザ15日滞在を許可したが・・・)。


短期滞在者でなくても、主に西洋人が多いが、
ビザなしでタイに長く滞在し、退職者暮らしを送ったり、
または外国語の教師として働いている者も多いそうだ。


数ヶ月以上、ないし数年以上滞在する外国人に
対しては、ツーリスト・ビザや、NI(ノン・イミグラント)ビザが
奨められているが、タイと言うお国柄か、
ノービザでの数次入国者に対しては、運用が比較的緩やかだった。


@@@@@


しかし、タイで滞在する不良外国人や貧窮外国人も多くなってきた。
入国管理局も、警察の上からの要請で、取締りをしっかりやるよう
今回のアナウンスになったと思われる。
入国管理官の汚職防止も理由だと言われる。


5月12日からすでに陸路の入管で、3ヵ月後の8月12日からは
空路の入管でも取り締まられるという。


@@@@@


もっとも、これがセーフでこれがアウトと言う
はっきりした決まりはないので、
依然ケース・バイ・ケースの運用となるのだろう。


1~2度の再入国はいいが、短期間で3~4度目は、
何らかのビザを取らないとダメと言うことかもしれない。
実際どの程度厳しくなるのかはわからない。


西洋人がよく見る「タイビザ・ドット・コム」では
ちょっとした騒ぎになっている。
近隣ビエンチャンなどのタイ大使館はビザの
発給でごったがえし、ストップするのではないかと
心配する人もいる。


数ヶ月の滞在者ならツーリスト・ビザを取り、
1年単位の滞在者ならノン・イミグレ・ビザを取るのが
すじだが・・・。


@@@@@


タイ貢献党の経済失政で物価は上がり、道路は混み、
景気は悪くなり、タイは暮らしにくくなったが・・。


{追記}

今回の措置に実施については、韓国人の不法滞在に対する
タイ警察の報復的措置という面もあると見られている。
韓国人はビザなしでも長くいられるので、そのまま住み着き
レストランなど仕事をしてしまうケースが多いようだ。


不法労働は、タイ人の仕事を奪うものと、この国でもうるさい。
「タイから強制送還される韓国人は年間20人しかいないのに、
韓国から強制送還されるタイ人の数は年間8000人もいる」と
タイ警察の上層部の人は言っている。


d0159325_21441415.jpg

(写真は、バンコク・ポスト紙より)
[PR]
by ucci-h | 2014-05-17 20:05 | アジア的な生活 | Comments(2)
急増しているタイ人の日本観光旅行
前回、タイは4月~5月の暑い盛りに
休日が多いことを紹介した。

 「タイの国民の祝日は年間何日あるか? 2014-5-9」
  http://uccih.exblog.jp/20687049/


そして、この暑い時期には、タイ国内では
プーケットやサムイ島の海浜に旅行に多く行くが、
昨年7月日本へのビザが免除になって、
海外では、ロンドンやK/L、ソウルを凌いで
涼しい日本への観光熱が盛り上がっている。

 「今やタイ人観光客が日本へ行き日本人よりお金を落とす時代 2013-5-6」
  http://uccih.exblog.jp/18705310/

d0159325_14115389.jpg



直近の数字はまだないが、
今年1~3月でも日本へのタイ人旅行客の数は
13.2万人と昨年から64%も増えている。
今年年間では、50万人を優に超えそうだ。
3月に浅草へ行ったら、靴の店はタイのおばちゃん達で
ごったがえしていた。



@@@@@


日本への旅行を増やしているのには、
3泊4日で2万バーツちょっと(65000円ほど)の
安いパッケージツアーが競っていることが大きい。
これには、LCC(格安航空)とチャーター便の力が大きい。

d0159325_1414811.jpg


他の外国でなく、厳しく内容がチェックされがちな
日本旅行だから、いわゆる「ゼロ・ダラー・ツアー」
(名目は激安にして、現地で高いものを買わせる)はないようだが、
かつての一部の人しか行けなかった頃の4万~10万バーツ
(12~30万円)レンジからは様変わりだ。


ツアー関係の会社によれば、
タイ人のパッケージ客は扱いやすいとのことだ。
観光地に連れて行き写真を撮らせ、あとショッピングに連れて行けば
満足してくれるという。


タイ人旅行客は、あまり人の話を聞かないので、
歴史的な経緯など難しい話は必要ないと、なかば冗談に言っている。


@@@@@


日本の観光振興にもけっこうなことだ。
タイにおける中国人の振る舞いに悪評が立つような
ことが、日本でのタイ人に立たなければいい。
[PR]
by ucci-h | 2014-05-15 14:16 | エアライン・観光業 | Comments(0)
タイ人の訪日ビザ免除に対するこちらタイでの反応
タイ人に対し、日本への訪問15日間に限り、
ビザが免除になり、2013年7月1日より実施された。

観光後進国の日本が、2030年3000万人の訪日客獲得をめざし、
ビザの条件を緩和する措置だが、けっこうなことである。
2012年の外国人訪日者数は837万人と、依然1000万人にも
届いていない。

d0159325_12481661.jpg

@@@@@

タイからの訪日ビザの取得は面倒で、
東北アジアへ行きたい金持ちのタイ人は、
90日までビザなしで行けるビザ相互免除協定を結んでいる
韓国の方へ流れる。

日本のビザ免除相手国が64カ国なのに対し、
韓国のそれは、110カ国に及ぶと言われる(未検証)。
韓国はロシア、インド人に対する条件も緩めている。
またタイでもそうだが、韓国の文化的プロモーションは
K-ポップスの人気歌手を使ったり、大変盛んである。

d0159325_12495651.jpg

それでも、日本への興味は、日本料理や雪祭りで高いから、
タイ人の高所得者は、それでも日本へ行き、日本人より多い
一人1回当たり13万円のお金を落とすと言う。

タイ人の訪日客数は、2012年26万人に達し、オーストラリア人を上回り、
国別地域別では、韓国・中国・台湾・香港・アメリカ人に次ぎ第6位になっている。

2013年も1~5月の政府観光局(JNTO)の推計によると、
推定累計値で、円安バーツ高の追い風もあり、
タイからの訪日者数は、18万人強と、前年同期比+53%の
増加を見せている。

年後半のビザ免除の効果も合わせると、2013年は40~50万人と、
昨年の香港からの訪問客数(48万人、第4位)の水準に及ぶかもしれない。

@@@@@

こちらタイでは、もちろん日本のビザ免除の措置を歓迎している。

一方で、この結果、15日を過ぎて不法滞在のタイ人の数が増えると、
ニュージーランドのように、再びビザ免除を取り消されかねないとの
心配も政府筋からは出ている。
また、タイ人が日本への観光旅行を増やすと国内旅行が減るのではないかと
心配する観光業者もいる。

タイ人の日本での興味は、秋葉原の電気街や銀座のデパートなど
モダンなものに対してが多い。

d0159325_1249190.jpg

タイは貧富の差が大きい。
我家のお隣のお金持ちは、今週もまた香港に旅行に行っている。
海外旅行は年何回かに及ぶ。
一方、月収1万バーツ(3万円)未満の労働者には、
海外旅行はまだまだ夢の話だ。

タイの所得層を5つに(所得者を20%ずつに)分けると、
やや古い2008年の国連開発計画の調べだが、
タイの上位20%が全所得の55%を占めており、
下位40%の所得層は、全体の12%しか得ていない。

 「世界最高のレベルをキープするタイの所得格差 2011-12-18」
  http://uccih.exblog.jp/15126498/

@@@@@

日本のビザ免除は訪日客を増やすだろうが、
日本で働きたいというタイ人のニーズとは無関係である。
ビザ免除は日本の経済成長をちょっぴり助けようが、
労働力の減少⇒外国人労働力の活用、という
構造的な問題解決の助けには、当たり前だが、ならない。
[PR]
by ucci-h | 2013-07-08 12:50 | エアライン・観光業 | Comments(2)
自称‘ビザの達人(見習い)’、ビザ取得の落とし穴に嵌まる(その3完結編)
ようやく年金証明をとってその足で、入管に駆けつけたがダメ!
「まだ午後2時前なのにどうしてなの?」
「ここに張り紙してあるように、今日の受付は満杯なんです。
明日朝来てください!」

翌朝、朝早く8時半に行く。3度目の入管通い。
待合所はファランでいっぱいだ。
待たされるかもしれないな、いやな予感。

受付のお兄さんのところで書類をチェックされ(今は
ここで事前審査を受ける)、コピーの追加を2つ求められる。
コピーを追加して持っていくと、「224番」の受付番号札をくれた。
「午後来てください」
えっ、まだ朝8時半なのに・・・
聞いてみたら、この季節ファランの出入国がとても多いとのこと。
ハンドンで近くだからいいけれど、
遠い人だとたいへんだ。

午後1時前、はやめに行き前の席にどかっと座る。
もう4度目の常連なのだとでかい顔をする。
午後は、222番からビザの延長受付が始まった。
ふたつのデスクで処理するが、審査なので少し時間がかかる。
3番目に呼ばれ、女性の審査官が、年齢や金額をチェックしていく。
365日間滞在の理由に「ゴルフをしたり釣りをしたりショッピングを・・」と
書いたが、「リタイアだからいらないのよ」とやんわりホワイトインクで消される。

1900バーツ払って、別室での受け取りとなる。
ここも昨年と違って、こちらは複数人が待って、順に受け取る。
ようやく1年ビザを手にして裏ドアから出る。
ついでに、忘れないうちに、リエントリー・パーミットの
マルチプルをとっておく。
これには、3800バーツかかるが、1年間何回も自由に出入国できるので
面倒がない。

今回は、証明書のこともあり、4回の通いとなった。
永住ビザでなくともよいが、免許証みたいに5年、10年ビザがあったらなあ。
まあ、無理か。
今回は、Tさん、Sさん他こちらに在住の方々のお世話になりました。
ありがとうございました。

(今回は完結)

d0159325_2028168.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-09-24 20:23 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(2)
自称‘ビザの達人(見習い)’、ビザ取得の落とし穴に嵌まる(その2)
さて、先週は、預金残高証明で1年ビザが取れなかったことを
お話しました。

そこで、今のビザが24日に切れる前に、タチレク(メーサイ)かビエンチャンに
一度出国することを考えました。
メーサイの場合は、ビザが取れないので、ビザなしで2ヶ月引き伸ばすことになります。
複数回行くのはいやですね。
ビエンチャンの場合、ビザを取りに行ったことがないので、
短期間でうまく取れるのか少々不安です。
どちらに行きましょうか?

週末、もうひとつのアイデアが浮かびました。
「そうだ、預金証明がダメなら、年金証書証明があるじゃないか!」
2年前から、報酬比例部分だけでなく、基礎部分ももらうようになったので
何とか間に合うだろう。
しかし、証書は日本においてきてあるし、郵送が間に合うか
微妙なところです。

領事館に電話で聞いてみました。
「これこれの事情なんですが、年金証明書を作ってもらえる方法はありませんかね?」
「年金証書と、最近の振込み通知書をFAXで送ってもらってください。
そしてあとから原本を郵送してもらい持ってきてください」
FAXでやってくれるので助かりました。

日本に連絡すると、折からの秋の連休で家人は不在。
娘に頼んで、なんとか週末、タイの友人の家にFAXしてもらう。
月曜日は、日本は休日だが、チェンマイの領事館はオープン
(このへんはサービスが良い)。
月曜の朝申請し、火曜の午後受け取りに行く。
原本を後日提出する旨の誓約書をつけて。英文証明書1通、620バーツ。

火曜の午後1番で英文証明書を受け取る。
幸い、今のレートでバーツ表示も。80万バーツ超えていたので
ほっと一息。
その足で、入管に。
受付のシステムも昔と変わっている。
受付番号をもらいに、受付係へ行くと・・・
きょうはもうダメと。
えっ、まだ2時前なのにどうして???

次回で完結。

d0159325_21221297.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-09-23 21:24 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(2)
自称‘ビザの達人(見習い)’、ビザ取得の落とし穴に嵌まる(その1)
1年ビザ(Oビザ)の期限が、9月24日に迫ったので、
先週、チェンマイのトーモー(入管)にビザの延長に行った。

住所証明も、健康証明も要らず、お金があることだけ
見せればいいことは、昨年確認済みだ。
http://uccih.exblog.jp/11237982/
こちらの銀行で、80万バーツ以上の残高証明を作ってもらい、
先週、トーモーに行った。

アプリケーションを書いていたら、
先に証明書類を見せろという。
自信満々で、昨日現在80万バーツを超える銀行証明をみせる。
さらに、通帳も見せろというから、これも用意のとおり見せた。

そしたら、なんと、これではダメだという。
「えっ、どうして?」
「3ヶ月前にも80万バーツないとダメです」
「そんなの聞いてないよ。今現在80万あるんだからいいじゃないの」
「3ヶ月前にもないとfダメなのです」

実は、4月に急遽クルマを買ったため、
預金を取り崩したのだった。
それを補うべく、今回お金を入れたのだが、それではダメだという。
「4月にこちらで車を買ったのだから、
自分の預金は継続しているのだから、半年前には80万バーツ以上
あったのだし、いいじゃない」
とは、言っても、形式審査の入管のこと、ダメはダメという。

そして、「メーサイへ行って時間つなぎをしなさい」と言う。
2ヶ月たてば、8月はじめの預金残が3ヶ月前になるからだ。
でも、メーサイへ行ったのじゃ、観光ビザも取れないし、
ノービザになるだけだ。しかも数回行かなければなるまい。
3年間続けてきた1年ビザの延長をまた白紙から始めねばならない。

実は今週からコン・ケーンへ行く予定だったので、
足を伸ばして、ビエンチャンまで行って観光ビザを取る手はあるが、
面倒くさい。

嗚呼、どうしよう?
うわさによると、人から金を借りて、一時的に今現在の預金残の
ハードル越えをはかる外国人が居るとの通告から、2年ほど前から
2時点確認に変わったようだ。
いつも定期預金で持っていたので知らなかった。

さあ、自称‘ビザの達人’どうしよう?
何かいい知恵がないかなあ?

次回に続く・・・

d0159325_17483570.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-09-22 17:49 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(4)
イミグレで1年ビザの更新
年に一回の1年ビザの更新期が来た。
トーモー(イミグレ)は、税務署みたいなもので、
この国に滞在する限り、折に触れ行かねばならない。

こちらもだんだん知恵がついてきて、
こなし方が巧みになるものの、敵は変幻自在のトーモー。
さて、今回はこちらの思惑通りすーっと行くだろうか?

まず、1年のノン・イミグレビザに必要な書類は?
銀行残高の証明書、これは間違いない(80万バーツ以上)。
いっしょに通帳も持って行ったな。

住居証明と健康証明は必要だったっけ?
免許の更新とこんがらがっているな。
マンションのマネージャーに聞いたら、住居証明いるという。
じゃあ、作っといて!

イミグレへ電話して聞いてみる。
ようやくつながった。
住居証明、いらない!
健康証明もいらない(それはそうだろう。病気じゃだめって
ことはないはずだ)。
銀行残高証明だけね。

念のためマンションで作ってくれた住居証明を持って、
きょうは午後出発。
銀行で残高証明書を作ってもらう。
バンコク銀行の中が模様替え。
相変わらず、時間をかけて作ってくれた(100バーツ)。

空港のそばのイミグレーションへ。
雨の後、まあまあのこみ具合。

まずは戸惑う。
手順がないからだ。

申込書は言わないとくれない。
でもこれをもらって安心してはいけない。
2番の窓口の台帳に名前を書いておかないと、
いつまでも呼ばれないからだ。
申請理由は、「ゴルフをプレーするため」と書けばいい。

申込書に記入し、どうせなので、パスポートも3ページ
コピーしておいた。
実際は、通帳も5ページ分コピーさせられたし、
パスポートは古いビザのページも2ページ、コピーさせられた。

d0159325_14491682.jpg

しばらくして呼ばれ、1900バーツを支払い、
奥の署長室に通される。
署長は、去年までのこわもてさんとは代わっていた。
「この国に居させていただくということかな?
それとも、お金を使ってこの国にタンブンしてやるということかな?」
などと考え、頬笑みをたたえて、署長さんの仕事ぶりを見る
(まあ、いさせていただくのだ。署長さんはこちらを見ないよ)。

100バーツのおつりがホチキスで留まった
領収書とともにビザをいただく。これであと1年OK。

おっと忘れていた!
ついでに、マルチプル・リエントリーの手続きも
しておかなくちゃ。
ビザというものは、いったん出国するとみな無効になっちゃうからね。

3900バーツを払って、これで1年間出入り自由。
シングルエントリーは1000バーツだから、
年に4回以上出国するならマルチの方がいい。
面倒くさくないし・・。

全部でかかった費用が5900バーツ。
まあ税金みたいなものだ。月あたり500バーツだ。

以上、今回の顛末。
過去の分も、参考になる。

なにせ、タイにいると、キー・キアット(面倒くさがり屋)の
キー・ルーム(忘れん坊)になるもんで、備忘録がいい。
いや、もうタイにいなくても、キーキアットのキールームだ。
[PR]
by ucci-h | 2009-09-17 14:40 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
せっかくの1年ビザを無駄にするところ
帰国を前に、先週、1年ビザの延長を行ないました。
預金残高が80万バーツあるのでセーフでした。

でも、何か足りない感じ・・・。
そうだ、「リエントリー・パーミット」が
いるんじゃなかったっけ!?

ビザというものはどんなビザでも、
いったん出国しちゃうと使えなくなる。

で、きょうイミグレ(入管)へ。
混んでいるといやなので11時頃行く
(あまり遅くても午後に回される)。

幸い、4×6の写真も念のため持って行った。
申請書に必要だった。
リエントリー・パーミットは1番の窓口で
すぐに受け付けてもらえた。


1年に2回以上出入りするなら、
「マルチプル」。3800バーツするが、
出入国いつでも自在は便利だ。
まあ、税金みたいなものだと思っています。

d0159325_2334141.jpg


イミグレの手続きは、ときおり変わる。
昨日よかったのが、きょうはだめとか。

10月に人事異動があるようなので、
それ以後、やり方が変わるかな?
やっかいにならないように!

ビザの申請の失敗や注意点、去年書いた。
自分自身で見直して役に立ちました。

備忘録として、その都度書いていこう。
[PR]
by ucci-h | 2008-09-08 22:53 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
失敗しつつビザ取得の達人に近づく
壁に掛けたカレンダーの
15日の所に、「滞在90日目」と
大きく丸がしてあります。

そう、長期ビザを持っていても、
滞在90日を超える場合は、
イミグレ(トー・モー)に行って
延長手続きをしなければなりません。

で、けさパスポートを持って、
赤バスをつかまえて行きました。
最初の赤バス、「100バーツ」と
高めに言うから、「マイ・アオ(いらない)」
「じゃ80」というけど遅い。
相場はせいぜい60だ。

別の赤バス。「タオライ?」(いくら?)
「50バーツ」「OK」
感じのいい運ちゃんだ。

トーモー(イミグレ)まで20分。
「待っててくれる?」「どのくらい?」
「20分くらいだと思う(ここらが微妙)。
あとエンプレス・ホテルへ行く!」
「OK。60バーツ」待ち料こみだな。「OK」

トーモーの受付場所が変わっていた。2月11日からは
VISAの受付場所と一緒になってしまった
(遅くならなければいいが・・)。
幸いすいていた。

なじみの係官「これは延長やらなくていいです」
「えっ??」
「1月14日に一度出国して入国していますね。
だから4月14日までOKです」
そう言われりゃそうだ。1月にマレーシアに行っている。
最初は、出国のこと、予定表になかったのだ。

d0159325_22274965.jpg


長期ビザをこちらですぐにひとりで取得し、
ビザの延長をおこない、
マルチ再入国パーミットもこの前取得し、
そして、今回はできそこないだが、
ますますビザの達人になってきた。
おっと、威張るのは、次回に長期ビザ2年目をとってからだ。

もっともビザの発行手続きなどいつも変わるから
要注視!
えっ、長期ビザに健康証明書いらないってうわさ?
うそ。


すぐに街へリターン。
時間ができたのでガート・スワン・ゲーオの
センタンへ。
運ちゃん、60と言ったのに50しかとらなかった。

こういう小さな心意気がうれしい。
タイ人にはある。
名刺貰っておけばよかったな。
ひいきにしたい。
[PR]
by ucci-h | 2008-02-13 22:16 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース