タグ:上座部仏教 ( 2 ) タグの人気記事
近くで仰いで魅せられた大船観音

旅は、知識で得た旅先の‘実地確認’みたいなところがあるが、
実際に見て、想定を超えると、
それは‘旅の驚き’になる。



鎌倉の手前、大船に「大船観音像」がある。
JRに乗るときは、電車の窓から見て大船駅の確認になる。
今回、大船の友人たちと大船で飲む前に、
この観音様に上がってみた。



三大観音には入らない、昭和35年(1960年)に
完成した高さ25mの白い胸像だ。
4千万円余りかけて作られたという。



d0159325_1122773.jpg




そして、実際登って、間近で見て驚いた。
何ともふくよかでかわいらしいお顔をしてらっしゃるではないか!
惚れてしまった。
前から見ても、横から見ても素敵である。


観音菩薩は、慈悲を本誓とする菩薩である。
かつては観音信仰が盛んだったという
東南アジアの上座部仏教の国々からも
訪れる人が多いという。


d0159325_113117.jpg





観音様の美しさは、各国の人々を魅了する。
タイからの観光客にお勧めだ。
マー・ドゥー・カンノン・ナ(観音様を見にいらっしゃい)!
[PR]
by ucci-h | 2017-05-04 11:03 | アジア的な生活 | Comments(0)
「上座部仏教の国に住んで想うこと」 象のごとく歩め
「森の中の象のごとく歩め」


上座部仏教の国に暮らして、感ずることをキーワードにして連載してきましたが、これでおしまいです。
最後は、タイらしく、地上最強で、最もやさしい動物、チャーン(象)さんに登場願いましょう。


象と言えば、ここ北タイは、象の本場です。チェンマイのすぐ北、メーサでは、象のショーが見られます。あの大きなお鼻、じゃないお口で絵筆をとって、繊細な花の絵を描くのを見るのは、なかなか感激ものです。

昨年夏、「ねえ、チェンマイって何か面白いものあるの?」と期待をせずに来た下の娘が、帰る時は、「また友達と来るわ!」と喜んでいたのも、あの象さん達の鼻にやさしく巻かれたからでしょう。

メーサ以外でも、北に行けば、チェンダーオに象の訓練所がありますし、南に行けば、ランパーンに象の病院もあります。




象はやさしい動物です。
数年前、私の友人でタイ好きの男が、よせばいいのに、鞍なしの象、しかも象使いが乗る前方に乗って、落ちてしまいました。
結構高い所からです。肋骨と腕を折っただけで済みましたが、その時の象さんの反応です。
あの優しい目にうっすらと涙を流し、彼を慰めてくれたそうです。
やさしいですね。


日タイ合作映画、象使いを目指した日本の少年の物語「星になった少年」を思い出します。
北タイの象の森が美しく描かれていました。



上座部仏教の経本の中にある「森の中の象のように一人歩め」とは、どういうことでしょう?

象は強いので、森の中でも一人、いや1頭でも臆さず、堂々と歩んでいきます。


d0159325_21233740.jpg


仏教で言っている意味は、以下のようなことです。
けっこう人間の器を大きくしないと、象のように歩めそうもありません。


人は、柔軟な心を持ち、物事にとらわれず、世の中で言われることを鵜呑みにせず、自由な気持ちで生きるのが最高であると説かれます。

でも、世の中周りはそういう人ばかりではない。むしろ、そうじゃない人が多い。するとそこから軋轢が生じ、自由な心で生きづらくなります。多少は周りに合わせなくてはいけません。そうしないと、KYなどと意味不明な事を言われます。


ここで、どう考え、どう行動するかです。
何かをするにあたって、人の賛同を得て、同じ方向に歩めればいいですが、そうじゃない時どうするかです。
ふてくされるか?皮肉屋になるか?さみしく思うか?怒るか?

いずれにせよ、良き感情が生まれにくいシチュエーションに陥ります。
ここが人間の器を試される時です。


上座部仏教は、怒ることはもちろん、饒舌だったり、皮肉ったり、品の悪い言動を戒めています。
これらの言動は“悪”なのです。なぜなら、仏教にとって、人間を不幸にする言動が、悪と定義されるからです。


人は人。自分は自分。時には、和して同ぜず。

堂々と、森の中の象になったつもりで、自分の心に忠実に生きたいものです。

義理がある、しがらみがある、相手の顔が立たない、その場の空気が許さないと言った、世間体ばかり考えていると、自分が結果、“悪”人になってしまうだけでなく、世の中も良くならないでしょう。

森の中の象のように一人堂々と、歩みたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に付け足しを。

大河ドラマ「篤姫」には、「刃を突き付けたら、別の所から刃が出てくるぞ」など、いい言葉がたくさん出てきますね。

あの篤姫のストレート直球勝負で、人生を生きたいものです。

(おしまい)
[PR]
by ucci-h | 2008-07-24 21:12 | 上座部仏教の知恵 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース