タグ:医師 ( 2 ) タグの人気記事
拡大するメディカル・ツーリズムに警鐘
日本は、厚生省の勘違いで、過去医者の卵が減らされ、
最近増やし始めたものの、不足している。
アメリカは、国民皆保険とはいかないが、オバマ政権の元で、
ややその方向に動いたので、アメリカに医者を取られるかもしれない。

イギリスは、かねてより、インドなどへ‘メディカル・ツアー’が
盛んのようだ。英国では、診察に、また入院に、長い時間
待たされるようになったので、インドへ治療にというわけだ。

アジア諸国の病院は、産油国や先進国の患者様、大歓迎だ。
メディカル・ツアーを推進している国は、シンガポール、マレーシア、
インド、そしてタイランドとある。
チェンマイの公立病院へ行けば3時間待ちが当たり前だが、
外国人向けのきれいな病院はほぼすぐに見てくれる。
外国人患者様、歓迎である。

当然、医療サービスをする側からすれば、高い額を請求
できるからだ。メディカル・ツアーを進めるために、
プロモーター、投資家、病院、医者、ホテルが組んでの
組織があると聞く。
メディカル・ツアーの市場規模は、年55億ドルになってきているという。

途上国の医療技術が上がるにつれて、メディカル・ツアーが
進むこと自体はいいことだ。
治療方法の違い、投薬量の違いや、言葉の問題はあるが・・。

しかし、このたび明らかになったシンガポールで起きた高額請求問題は、
メディカル・ツアーに警鐘を鳴らしている。
少なくとも、シンガポールでの治療に疑いが生まれてしまった。

d0159325_10374354.jpg

事は、2007年にさかのぼるが、
ブルネイの王室の女性患者(スルタンの義妹)が、7ヶ月間、
シンガポールの病院で、56歳の女医から肝臓移植の手術を受けたが、
その請求額が、2480万シンガポール・ドル(約16億円)の巨額にのぼったのだ。

いくら王室とはいえ、この請求額は法外だと訴えた。
医師は、「患者が承認した額だ」と言っているが、だから法外じゃないとは
いかないだろう。医師は、友好の記しとして、その後請求額を
1210万シンガポール・ドル(約8億円)に引き下げたが、
調査はなお終わっていない。

ちなみに、心臓バイパス手術の場合の相場は、
コンサルタント会社デロイトによると、
アメリカでは13万ドルだが、シンガポールでは2万3千ドルほど、
インドでは1万ドル、タイでは7千ドルだそうである。

とはいえ、患者は、旅立つ前から、途上国の医師、医療設備、技術を
信頼せざるをえない。
行ってから、やめたとはなかなかいかない。
場合によっては、ベッドの上での‘人質’になる。
金額だけでなく、注意が必要だ。

シンガポールの2012年までに100万人のメディカル・ツーリストを
扱うという計画に水が差されてしまった。
今後は、料金を含め、海外治療のガイドラインの整備が必要だろう。
タイは、5年間でメディカル・ツーリズムの収入を倍増させようと計画している。

メディカル・ツーリズム。
医は仁術ではなく、あきらかに算術である。
チェンマイの病院でも、手術でなくても、収入増を目指している。
投薬も日本の3倍だったりして、薬疹を起こしたりすることもあるから、
良く確かめないといけない。要注意である。
[PR]
by ucci-h | 2011-06-27 10:38 | アジア的な生活 | Comments(8)
医師不足に悩むタイランド
タイの病院は、買い手市場というか、
外国人でお金を持っている患者は歓迎される。
医療ビジネスは、外貨稼ぎビジネスにもなっている。

しかし、地方の公立病院(街中のタイ人向けの一般病院もそうだが)は
患者でいっぱいだ。
日本ほど高齢化は進んでいないものの、3時間待ちで、5分治療など
当たり前だ。

もっとも、タイ人には、タクシン時代から、30バーツ診断が
取り入れられているので、けっこう混んでいる(予算的裏づけは甘いようだが・・)。
まだまだ、暑いタイだが、ロビーにエアコンが入っていないところも
けっこうある。

そのタイで医師不足が進んでいる。
もともと、医師数は、不足傾向の日本の25万人(人口1000人当たりほぼ2人)
に対し、タイでは3万人ほど、人口1000人当たり0.5人ほどにしかならない。

医学部卒も、年に1200人ほど、ようやく厚生省の失策から回復し始めた
日本の8000人ほどに比べ、人口は半分なのに、少ない。

d0159325_1420449.jpg

絶対的不足と言うより、バンコク偏在、地方過疎の医師偏在が著しい。
バンコクでは、人口700人に一人近くの医師がいるのに、地方、ことに
東北部では、人口8000人にひとりという有様だ。
地方のコミュニティー病院では、フルタイムの医者は一人いる程度といわれる。

地方の医師不足は、どこでも同様な傾向があるが、
医学部卒で3年間のインターンに出るのに、地方を嫌うからだ。
地方での勤務をくじで引き当てた学生の親は、罰金を払ってでも
地方行きを拒むようだ。

家から遠すぎる、イスラム派の反乱が起きる土地で行きたくない等など・・。
2008年も、医学部卒の1189人のうち、3割に当たる356人が
地方行きを拒んだ。

地方勤務の医師を増やすプロジェクトは、実は2004年からある。
それは、地方出の優秀な学生をメディカル・スクールに行かせ、
修了後に地方の病院へ戻し、働かせるアイデアだ。

その土地出身の医師なら、その地で働くことをいとわない。
このプロジェクト、どこまで拡大できるのだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2011-05-24 14:23 | アジア的な生活 | Comments(4)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース