タグ:男性脳 ( 6 ) タグの人気記事
「なんでわかってくれないの!?」

女性からの殺し文句への応え方(3)

(「女の機嫌の直し方」より)


「なんでわかってくれないの!」



多くの場合、これは、少しの変化も見逃さず、察することが得意な
女性脳が、察することができない男性脳の働きに傷ついたとき、
出てくる不満だそうである。


なぜなら、察することは、自分を大切に思ってくれていることと
イコールになっているからだと。


例えば、
ゴホン、ゴホンと咳をしながら炊事をしていた時、
夫が気づいてくれない時などだ。


「どうして、咳が出るのに気付いてくれないの?」と言うと、
男は、「えっ、つらいなら言えばいいじゃん!」と言いがちだという。


「言えばいいのに」という男の無邪気な返答は、
察することを放棄したということになるから、
‘私を大切に思っていない’につながり、より女性脳を
傷つけてしまうそうだ。



d0159325_8445480.jpg




「お母さまの前で、なんであんなことを言ったの!?」などと
言われたら、言い訳などしないで、「君の気持に気づかなくってごめん」
というべきである。


それが、「なお察したい」という気持ちを伝えることで、
相手を大切にしている“アイラブユー”のメッセージと
なるのだそうだ。


(終わり)
[PR]
by ucci-h | 2017-05-07 08:45 | アジア的な生活 | Comments(0)
「あなたって、どうしてそうなの?」
女性からの殺し文句にどう応えられるか?(2)

(「女の機嫌の直し方」より)


「あなたって、どうしてそうなの!?」


これは、女性が何回か言ったのに、男がいつも
やってくれなかった時などに出てくる、不満の常套句。


こういう時、「ごめん、ごめん」とただ謝るのはダメだそうである。
女性脳が求める“共感”に響いていないからだ。
謝らないよりましだけれど、ちっとも気持ちに沿って謝っていないからだ。


「君にいやな思いをさせてごめん」と言うと、
女性脳は少し納得するという。
「わかっているのなら、なぜするの?」と追い打ちをかけられたら、
「自分でも嫌になる。不器用でごめんなさい」と初期消火に努めるのがいいという。



d0159325_7582082.jpg




これと、似たケースが、待ち合わせに遅れてきたとき。
「ごめん、ごめん」はいいけれど、「出がけに部長に呼び止められちゃって」
などの言い訳は無用。相手の気持ちに沿っていないから・・・。
正解は、「心細かったでしょう、ごめんね」である。


さらにしゃれた謝り方は、「あなたのような人をこんな所に20分も待たせて、
どうしよう。ごめんなさい」だそうである。


男たるもの、相手の特別の女性脳の沿うように、謝るべきという
ことになる。
「君は特別なのだ!」を心から外してはいけない。


「あなたと一緒にいる意味がない!」と
最後通牒を突き付けられた時に、一緒に居たいなら、
即座に、君は特別なのだを突き返さないといけない。


「馬鹿なこと言うなよ!一緒にいるだけで意味がある」
だけでは、「なんで?」と問い返される。
このあとに、つけるセリフが必要だ。
「そんな女はお前だけだ」と。


さて、土壇場で、シャイな男は言えるかなあ?
[PR]
by ucci-h | 2017-05-05 07:58 | アジア的な生活 | Comments(2)
「私と仕事とどっちが大事なの!」
(「女の機嫌の直し方」より)


女性からは時折、どう応えようもない文句が出てくる。
これに対し、生真面目にその言葉面をとらえようとする
男は、返答に窮する。


答えようのない質問だと思ってしまう。
その言葉の裏にある真意を理解していないからだ。


例えば、こう言われたら、なんと答えたらいいだろうか?
「私と仕事とどっちが大事なの?」



d0159325_9523931.jpg




@@@@@


論理を尊ぶ男性脳は、「比べようがないものを言うなよ!」と
思って、「どっちも大事に決まっているだろう!」などと的外れな
答えを言ってしまう。
でも、女性は、比較の対象外だと知りながら、毒づいているのだ。



それの真意は?
専業主婦だって、亭主が仕事で頑張ってくれる有難さは
知っている。
また、仕事に割く時間が多く、自分にかまってくれる時間がないと
すねているわけではない。


男は勘違いしている。
仕事の大変さは、家で吐露しないのが男の矜持だと。
パートナーは、そうじゃなくて、旦那が仕事のことを話さないと、
彼の人生から締め出されているような疎外感を味わうのだ。
これが嵩じると、「あなたと一緒にいる意味が分からない」になっていく・・・。


男は、「そうね。君にさみしい思いをさせてごめんね」と言うべきだと。
少々面倒でも、時折会社の話もしてあげよう。
そして、パートナーに自分のパートナーシップがあるから、
仕事も頑張れるんだと、思わせてあげよう。
[PR]
by ucci-h | 2017-04-30 09:53 | アジア的な生活 | Comments(2)
男女脳のすれ違いの例(2)

男女会話のすれ違い例(2)

(「女の機嫌の直し方」より)


男性脳と女性脳のすれ違いでケンカ!



男性脳が、外へ出て狩りを行うなどの経歴から、
遠方の空間把握などに強く、
女性脳は、子育て、家を守ることから、
近いところの微妙な変化の観察力に強いことは、
良く知られている。


出会った翌日に、女性は相手の服装など細かく
覚えているが、男は、漠然としか覚えていない。



d0159325_1116518.jpg




カップルでドライブに行くとき、
男女脳の得意分野でのすれ違いから喧嘩が起こりやすい。


近いところ、目印の把握に強い女性脳は、
「そこのランドマーク(建物)を左に」と言うが、
男性脳の「そこ」は、何メートルかよと、疑問に思う。
距離にズレが出やすく、曲がりそこない喧嘩になる。


女性脳は左右の脳をつなぐ脳梁が太く、
左右の連携が良い。
ので、感じたことが言葉となって認識が早い
(だから、おしゃべりなのかもしれない)。
すぐに察して、臨機応変に対応するという。


男性脳は、脳梁も細く、左右の脳の連携をあまりせず、
それぞれの脳を鮮明に働かせ、空間認識に強い。
女性の脳の働かせ方とのプロセスがちょっと違う。


違うから、男女は一緒になり、またそれぞれ得意の
分野で協力できるのだが、男女の会話となると、
火星人と金星人の対話と思っていた方がいいのかもしれない。
[PR]
by ucci-h | 2017-04-26 11:17 | アジア的な生活 | Comments(0)
男女会話のすれ違いの例(1)

男女会話のすれ違いの例(1)

(「女の機嫌の直し方」より)


「駅の階段で転びそうになっちゃったのよ・・・」

女性脳は、以下の様な体験話をするが、男はあまりしない。
「けさ、駅の階段でこけそうになっちゃったのよ・・・」。



男性脳の受け止め方は、
転ばなかったんだから、いいじゃない。情報量ゼロだなと思い、
「で、ケガなかったんでしょ。いいじゃない」てな言い方をする。


女性はむっとする。
男が必要な“共感”をしてやれなかったからだ。
女性脳は、ヒヤッとしたなどのストレス信号を強く受け止める
(子育てなど安全志向の女性脳は、危険信号を強く残すそうだ)。



d0159325_1242223.jpg




共感を得ることにより、余剰な信号が沈静化するという。
男の適切な対応は、「そりゃあ、怖いよね」と、共感してやることだ。
「階段は気を付けて降りようね」などというアドバイスは、筋違いだ。



「頭が痛いの」と言われた時、
「薬飲んだ?」などと言わず、「それは、つらいね」と共感してやる
のがいいことと、共通している。



男は、問題解決のアドバイスに走らず、
共感してやることが、女性のストレス減衰になることを
知らねばならない。
男女脳の働き方の違いを知らねばならないそうだ。
[PR]
by ucci-h | 2017-04-23 12:43 | アジア的な生活 | Comments(0)
男女の会話はすれ違う!

男と女の会話はすれ違う。



たとえば、女性が「どうも頭が痛いの!」と言ったとき、
たいていの男は(私も含め)、「薬飲んだの?クリニックに行ったの?」、
または、「夕べ遅くまで何してたの?」と、解法を求めて問いがちだ。



実は、これが女性脳の期待にちっとも沿っていない。
このことを、問題解決志向型の男性脳は気づかない。
共感志向型の女性脳の期待する言葉は、
「おや、それは大変だね。大丈夫かい」という共感の言葉なのであるが・・・。



日本に来て、面白い新刊本が見つかった。
黒川伊保子という女性の人工知能(AI)開発者が書いた
「女の機嫌の直し方」(集英社インターナショナル新書)という本だ。
女性脳と男性脳の機能、志向傾向の違い、比較論が小気味いい。



d0159325_9231160.jpg




男性脳を讃えながらも、女性脳への理解不足を
鋭く突いている。
具体的な会話例が、現実的で、なんとも面白い。
次回に紹介しよう。



女性が困って話しかけてきたとき、
共感が欲しいのに、つい対応策を与えようとしてしまうのが、
問題解決に走る男性脳のすれ違いの主因だ。



私も、「私が欲しいのは、気持ちを察してもらうことで、
アドバイスを求めて言っているのではないのよ!」と
以前、言われたものだ。
[PR]
by ucci-h | 2017-04-21 09:24 | アジア的な生活 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース