タグ:韓国 ( 9 ) タグの人気記事
日本とタイよりも倍近く‘近い’韓国・タイだが・・・

韓国とタイの間は、日本とタイの間より
倍近く、近い
(実際の直線距離は、3400km対4400km
ほどで、1000kmほどの差だが・・・)。


韓国とタイはビザ協定で、
ビザなしでお互い3カ月いられる。



d0159325_1228403.jpg




タイ人の日本行きは、15日まではビザなしに
なったが、タイ人の30日~90日の日本への
観光ビザ取得にはなお厚い壁が立ちふさがっている。


東北アジア方面から北タイの都チェンマイへの乗り入れも、
韓国の仁川はじめ、台北、香港、上海などからは
直通便があるのに、日本からだけはない。


仁川からチェンマイへは6時間でひとっ跳び、
時差が2時間あるから、韓国からだと見かけ上、4時間で来てしまう。
東京や大阪からだと乗り継ぎだから、丸一日かかってしまう。



d0159325_12275346.jpg




ハイシーズンになると、だから韓国からのツーリストが、
中国からの観光客と並んで目立つ。
かつてタイの公共の場で周りかまわず大声で話すのは
韓国人とひんしゅくを買っていたが、今では中国人の
目立つ言動がタイ人の目を引いている。


また、今は社会が混乱気味の韓国だが、
金大中時代から、韓流芸能の輸出に国として力を入れた。
タイの田舎へ行っても、よく見られるドラマは
わかりにくい日本のドラマではなく、
喜怒哀楽のはっきりした韓流ドラマである。


かつては焼き肉屋くらいしかなかった
チェンマイの韓国料理屋も、質量ともに増えた。
ベスト3をあげれば、あそことそことここだろう。
これはまた改めて・・・。


@@@@@


ところで、タイ人の韓国でのオーバーステイ
(不法滞在)が増え、問題になってきている。
オーバーステイ数は、57,000人ほど。
ちょうど、月々の韓国へのタイ人入国者数とほぼ同じだ。
数か月、韓国の農園業で働けば、いい収入になるからだ。
[PR]
by ucci-h | 2017-05-24 12:29 | エアライン・観光業 | Comments(0)
タイへの距離が日本より遥かに近い韓国
韓国は、日本より、はるかに、実際の距離の差以上に、タイに
近い国である。
ビザは相互協定があるから、韓国人もタイ人も90日以内なら
ビザなしで相互に入国できる。タイ人の入国にうるさい日本と
はるかな違いだ。

d0159325_13241756.png
d0159325_13231441.png




チェンマイ直行便もソウルからはあるが東京からはない。
大きな差だ。
日本は、経済的には、タイと一番近いのに、タイ人に対する
偏見のようなものが依然取れないでいるようだ。
もっとも、お隣りのタイ人家族は、先週1週間の日本旅行に
行って来た。

昨年のタイ人の韓国への訪問客数は30万人。日本への
21万5千人(震災のなかった2010年)を大きく凌ぐ。

また、観光立国タイへのアジアから、特に中国、韓国、インドからの
訪問客が増えている。

TAT(タイ観光庁)によると、
中国人は、昨年170万人。今年は200万人に達する模様。
ことに中国各地への航空便の乗り入れが、中国人のタイ訪問を増やす。
マレーシア人が統計上は、昨年240万人と一番多いが、隣国jなので陸路が多い。

d0159325_13254788.jpg

韓国人は、昨年103万人と100万台に乗せたが、今年は120万人を見込む。
TATは、韓国人客招致のキャンペーンを張っている。
チェンマイへの韓国婦人ゴルフ客も今年は5000人をねらっている。
タイのゴルフ場がどこも韓国人で混むはずだ。
韓国人の新婚客も30万人ねらっている。
また、タイ人ガイドが韓国語を話せるように、ソウルに要請していると言う
(日本語の需要は聞かないなあ)。

日本人客は、昨年110万人。今年は130万人をねらう。
インド人観光客も、今年は100万人台乗せをねらう
(インド人はあまりゴルフはやらないな)。

タイ全体では、外国人客の訪問者客数を、今年は1900万人と予想している
(ロシア人が、プーケットのギャングも含め、どこでも多くなったなあ
カンチャナブリでさえ、ロシア人観光客が目立った)。

観光立国をめざす日本は、震災復興を、観光客増のきっかけにして
ほしいものだ。日本に行きたいタイ人は多いのだから・・。
日本は、ほんとうに観光振興を目指しているのかなあ?
[PR]
by ucci-h | 2012-04-02 13:28 | エアライン・観光業 | Comments(5)
米韓自由貿易協定、EC韓FTAに次ぎ3月15日発効
アメリカと韓国との2国間自由貿易協定「KORUS FTA」が
両国議会の批准を得て、2012年3月15日より発効した。
EUと韓国とのFTAの発効が2011年7月1日だったから、
それに遅れるも、8ヵ月半後にはこぎつけたわけだ。
 「韓国とEUのFTAが7月1日に発効した 2011-7-7」
  http://uccih.exblog.jp/14016858/

d0159325_1242641.png
d0159325_118599.png

2007年に署名されたこの協定も、EUとの協定に抜かれたが、2011年遅くに
両国で批准され、署名から5年経った今、関税の8割が撤廃され、
米国農産品の3分の2の関税が撤廃される運びとなった。

EUとの協定で欧州ワインが安くなったように、米国との協定発効で、
カリフォルニア産のワインやオレンジ・ジュースが20%がた安くなるようだ。
韓国とアメリカの貿易量は880億ドルに上るが、このFTAの発効により、
米国の韓国への輸出額は100~110億ドル増加すると期待される。
韓国は、アメリカにとって第7位の貿易相手国である。

報道を見ると、韓国におけるFTA反対デモや、議会での野党の
催涙ガス騒ぎなどが目立ったが、議会での投票結果は、
米韓ともに賛成が圧倒的だった。

韓国でも、コメや牛肉の輸入拡大については
強い反対が存在する。
韓国政府は、これらの反対をどう乗り切ったのだろうか?
コメについては、当面FTAの協定外とすることをアメリカに認めさせた。
アメリカも、コメにこだわり全体の利益を損なうことを避けた。

牛肉輸入については、今後の課題とした。
狂牛病のおそれを持つ月齢30ヶ月以上の牛を入れるかどうか、
6ヵ月後に協議するようだ。韓国側は、米国産牛に対する
韓国民の信頼が回復するには3~5年かかろうと釘をさしている。

米自動車メーカーの“非関税障壁”へのコンプレインは
毎度のことで、聞き流されることになるのだろう。

日本と違って、韓国の行政の力は強い。
かつて、88年のオリンピック前の土地収用でも
“ごね得”を、遅くなるほど収用代金が減っていくやり方で
防いだことがあった。

韓国は国として、輸出、海外投資を、官民合わせて
国是としている節がうかがわれる。
貿易促進のためのFTAの推進なら、小さな農産物問題に
いつまでもこだわっていられないと言う国の意志が伝わってくる。

弱者に優しくあらねばならない?日本は、そのように
すんなりとは行かないのだろう。
[PR]
by ucci-h | 2012-03-26 01:14 | 中国・韓国そしてインド | Comments(0)
過去4年で円に対して半値近くになった韓国のウォン
日本で投資顧問の会社をやっている
友人のSさんが、最近「韓国の通貨ウォン安と日本の株安
の局面が一致している」という面白い紹介をしていた。

別に「ウォン安で韓国の輸出が伸びるから、日本の電機などが
やられる」というわけではなく、たまたま一致しているのだが、
韓国の通貨ウォンは、近年、アジア通貨危機や信用危機の度に
大きく下げてきている。

さらに、韓国の官民挙げての輸出戦略の意図的なウォン安が
それに拍車をかけているようだ。
韓国企業の積極果敢さについては、過去に記した。
 「KOREAばかりが目立つチェンマイ 2010-4-25」
  http://uccih.exblog.jp/11310228/

ウォンの対円レートを振り返ってみよう。
90年代初めは1円=5ウォンほどだったが、徐々に95年頃に
かけて、1円=8ウォンへウォン安となっていった。
それでも、韓国へ旅行に行くと、1万円は10万ウォンには
届かなかった。

d0159325_1556237.jpg

97~98年のアジア通貨危機で、ウォンは一気にウォン安に振れる。
10ウォンを超え、一時は14ウォンくらいまでウォン安になった。
その後、ほぼ1円=10ウォンで04年ころまで安定した。
1万円が10万ウォン、計算しやすかった。
05~07年にはウォンは1円=8ウォンくらいまで戻る。ウォン高だった。

しかし、08~09年のリーマン危機で、ウォンは大幅安に。
1円=8ウォンだったのが、1円=15ウォンまで、半値近くに下がった。
それでも、韓国人旅行者のチェンマイ訪問はあまり減らなかったが・・。
2010年から2011年始めにかけては、1円=13ウォンほどで小康状態。
2011年4月からここ10月までの半年、またウォン安。
1円=15ウォンほどの歴史的安値が今のウォン相場である。

ここ4年ほどで、円高もあるが、ウォンは円に対して、
半値近くになったことになる(ドルに対しては3割減)。
これでは、サムソンやLGの電機製品やヒュンダイの自動車も
がんばれるというものだ。

d0159325_1557614.png

(グラフは、ウィキペディア「大韓民国ウォン」より)

不思議なのは、これだけのウォン安にもかかわらず、
タイへの韓国人訪問者は減っていないことだ。いや増えている。
2008年のリーマンショックの後は、さすがに2年間減ったが、
今年は、100万人に乗せ、タイへの日本人旅行客を抜く勢いだ。
やはり国の経済発展の勢いといったものだろう。
 「再び増えだしたタイへの韓国人客 2011-3-2」
  http://uccih.exblog.jp/13027080/

タイのゴルフ場には、韓国人のゴルフ研修生がたくさん来て、
暖かい地での研修に暇がない。
日本からはほとんどみない。
これでは、海外で活躍する韓国人プロゴルファーに
ますます引き離されてしまうだろう。

タイへ来る韓国人の通貨の価値は
どう変わっているのか?余計な事ながらチェックしてみた。

リーマン危機の前は、1バーツ=29.5ウォンだった
から、1万ウォンで340バーツほどだった。
今は、1バーツ=38ウォンほど。
1万ウォンで263バーツほどにしかならない。
3年前のバーツに対して、ウォンの価値は4分の3ほどに
減ってしまったが、上り調子にある韓国人旅行者は
意に介さないようだ。
[PR]
by ucci-h | 2011-10-09 16:08 | 中国・韓国そしてインド | Comments(8)
興隆するアジアのメディカル・ツーリズム
韓国では‘プチ整形’は当たり前だと聞く。
また韓流スターのドラマはアジア中で広がっており、
アジアの女性の美容願望を刺激する。

中国人女性などが、韓流スターの写真をもって
「こういう感じに整形してください」と、韓国の美容整形院を
訪れることが増えていると、最近のロイター電は伝える。

韓国を訪れるメディカル・ツーリストの数は、
昨年は8万2千人に膨れ、7億ドルが落とされた。
3年前はわずか8千人だったので、3年で10倍の増えようだ。
来年には20万人、2020年までには100万人に達しようと
韓国政府は見ている。
韓国のプラスチック整形の費用は、アメリカのほぼ半分と言われる。

二重まぶたにしたい6歳の子供から、スキン・リフトをしたい
70歳の高齢者まで、お客の幅は広い。

アジアにおいて、メディカル・ツーリズムは一大成長産業に
なっている。数十億ドルの市場規模になってきている。
美容整形から心臓バイパス手術まで、年間100万人以上である。
価格が安いこと、待ち時間がないこと、さらに積み重ねにより、
技術に対する信頼が生まれてきた。

アジアのメディカル・ツーリズムには、当面年率15~20%の
成長が見込まれる。
2012年の市場規模は、44億ドルになろうと、
「メドスケープ・ニュース」では見ている。
世界、アジアにおいて、年寄り、肥満者、病気持ちの人口が
増えている。

自国の医療費が高いアメリカ人についで、最近は
中国人のメディカル・ツーリストが増えている。
今後5年、アジアで増加する高所得者のうち6割は
中国人と見られる。

d0159325_11504471.jpg

韓国のメディカル・ツアーは膨れ始めたが、
アジアの他の国、インド、タイ、シンガポール、
マレーシア、そして最近はフィリピンまでも伸びてきている。
整形外科や心臓手術分野で伸びている。

インドは、英語を一番の安心材料に伸びている。
昨年60万人が10億ドルをつかった。
(以前お伝えしたように)メディカル・ツアー向けの
専用ビザも出している。
 「メディカル・ツーリズム余話 2011-7-22」
  http://uccih.exblog.jp/14159627/

タイは、医療と癒し休暇の二重サービスで
患者・客を引きつけている。

シンガポールは、‘プレミアム’サービスで、アジアや中東の
スルタンやセレブを引きつけているが、がん治療や心臓手術を
武器に、中国人患者も視野に入れている。
来年には、100万人、30億ドルを目指している。

マレーシアも、昨年は40万人を受け入れた。
2020年には、190万人を目指している。
シンガポールの客も狙っている。
シンガポールよりおよそ3割医療費が安いからだ。

フィリピンも、安い治療費と英語を武器に、
アメリカ、カナダ、台湾の患者の増加を狙っている。
2015年までに100万人、10億ドルを目指す。

メディカル・ツーリズムの興隆は、
現地の医者が都会の私立病院に流れていって
しまうことや、医療ミス、フォローアップ・ケアの不足、
保険、規則、道徳的問題など、いろいろ問題を
抱えつつも、時代の流れになっているようだ。

沈滞する欧米先進国と、興隆するアジア経済の
対比のひとつの象徴となってきている。
[PR]
by ucci-h | 2011-10-09 11:51 | アジア的な生活 | Comments(8)
韓国とEUのFTAが7月1日よりスタートした
韓国とEU(欧州連合)とのFTA(自由貿易協定)が
7月1日より発効、スタートした。
4年前の2007年5月に、米韓FTA協議より1ヶ月遅れて
話し合いが始まったが、現在もなお政治的にもめている米韓協定を
抜いて、いち早くスタートにこぎつけた。

FTAと言っても、物の貿易の自由化だけでなく、
モノ、サービス、投資、ヒト、アイデアにまで及ぶ
広範なものだ。

EU(27カ国)と韓国は、年初に両国の協定を批准し、
この7月からのスタートとなった。
EUにとっては、はじめてのアジアの国との協定発効と
なるそうだ。
EUの駐韓大使は、「最初の大きなユーラシアの
自由貿易協定だ」と自賛している。

この結果、関税の70%が廃止され、5年後には、
98.7%までなくなる。
韓国の自動車部品、携帯電話や欧州の自動車部品、
工業機械そしてワインなどが輸入関税ゼロとなった。

d0159325_16414465.jpg

この結果、米国企業は、韓国市場、EU市場ともに
遅れをとりかねないと見られる。
韓国市場では、EUの輸出額は中国、アセアン、日本に次ぎ第4位。
アメリカが第5位である。EU・韓国の貿易量は昨年は
17%伸びて922億ドルに達した(未検証)。
またEUは、韓国への最大の投資家になってきているそうだ。

韓国はまた、インド、アセアンとFTAをすでに発効させ、
EUは、メキシコや南ア等と協定を結んでおり、
さらに、カナダ、インド、シンガポール、マレーシアと交渉している。
日本とは、この5月にFTAについて話し始めることを合意した。

日本とアメリカの自由貿易交渉は、多国間のTPP
(環太平洋パートナーシップ)のなかで行なわれることになっているが、
地震で先延ばしにされた。

EUと韓国の協定発効を受けて、アメリカによるTPPの推進力が
強まるのだろうか。
[PR]
by ucci-h | 2011-07-07 16:42 | 中国・韓国そしてインド | Comments(0)
アジアの証券取引所を抱え込む韓国の戦略
成長するアセアン(東南アジア)を中心に、
あらゆる経済分野で「グローバル戦略パートナーシップ」をもって、
日本を凌駕する韓国だが、資本市場(証券市場)の
標準トレーディング・プラットフォーム作りで、アセアンに地歩を築き、
韓国をアセアンの‘フィナンシャル・ハブ’にしようとしている。

1月11日にラオス証券取引所が開設されたのはお伝えしたが、
ラオス証取の49%の株式は、韓国証券取引所(KRX)の所有である。
そして、この7月に開設が予定されるカンボジア証券取引所の45%の
シェアもKRXが持つ。
さらに、ビルマの証券取引所の開設の援助もしようとネゴ中だと言われる。

また、韓国証取は、マレーシア証取のトレーディング・システムの入れ替を
手伝っているし、ベトナムの両証券取引所の同様なプロジェクトの遂行にも
選ばれている。さらにフィリピン証取とのIT連携も行なっている。
さらに最近では、モンゴル、ウズベキスタン、シカゴ商品取引所の契約まで
獲得している。

d0159325_1151593.jpg

KRXは、これらアセアンの証券取引所の開設や近代化で
すぐのリターンは求めていない。ラオス、カンボジアの両取引所の
開設に、ITハードウエアやソフト、運転資金の提供で、KRXは
1,880万ドルを注ぎ込んだが、4年以上先にリターンがあればいいと見ている。
カンボジア証取の運営資金だけでも200万ドル提供している。

それというのも、アセアンの証券取引所の運営だけでリターンを求めている
わけではないからだ。アセアンの証券取引所を韓国発のプラットフォームで
共通化し、東南アジアの証取を‘韓流’に抱えこもうとしているからだ。
ラオスやカンボジアの企業がこれから株式公開すれば、いずれ韓国証取にも
上場させ、韓国とアセアンとの「デュアル・リスティング」を狙っている。

ラオスの証取の開設に当たっても、2007年9月に話が生じて、わずか4年少しで
完成させてしまった。韓国はシステムを提供するだけでなく、運営ノウハウや
スタッフの無料教育までやっている。
ラオスの中央銀行総裁も、韓国の熱情とその技能には感心したと言っている。

韓国の証取システムがアセアンのデファクト・スタンダードになるかどうかは
まだわからないが、貿易から投資、さらに資本市場の抱え込みと、
そのアジアへの戦略的な動きには感心する。

東京証券取引所はどう対応しているのかしら、斉藤さん?
[PR]
by ucci-h | 2011-02-05 11:52 | 中国・韓国そしてインド | Comments(0)
タイの新しい「アジアの翼」
新しいタイ・韓国の合弁航空会社が出来るとか。

タイと韓国の接近振りを見るとありえないことではない。
名前は、「クリスタル・タイ航空」(CTA)。
資本金は2億百万バーツ。
49%を持つ韓国資本の名が出てこないところがにくい。
タイにおける第3位の航空会社を目指すという。
タイ側は輸送会社の出資。韓国側は名を明かしていないが、
韓国の旅行代理店に強い絆を持つという。

来月3日には、バンコクからインチョン(仁川)とムアン(務安、韓国西南部)への
処女飛行が行なわれるという。週2便の運行を予定している。
エアバスA320をリースするという。
3月には一回り大きいA330をリース、2機目のA320の導入を年内に予定している。

d0159325_11584247.jpg

将来は、タイ、韓国間だけでなく、インドのムンバイ、南インドのコーチン、
フィリピンのクラーク、スリランカのコロンボ、ブータンのティンプー、
デュバイやプーケットへの飛行も考えている。

スローガンは、「アジアの翼」。
レジャー客を主な対象に、安い運賃ながら、食事も出すなど
プレミアム・サービスを提供するという。

むかし、雲南省に二人の東洋人が生まれた。
一人は東へ向かい、日本人になった。
もう一人は南へ向かい、タイ人になったという神話がある。
もしかして、東へ向かったのは韓国人だったのかしら・・・。
[PR]
by ucci-h | 2011-01-30 11:59 | エアライン・観光業 | Comments(0)
韓国に引き離される日本
月曜日(2010年12月13日)のバンコク・ポスト紙の経済面の
最終ページ「アジア・フォーカス」の特集記事を見て驚いた。
高成長のASEANに「東アジア」が接近してきているという記事だが、
東アジアという小見出しなのに、JapanのJの字が記事中一箇所も
出てこない。すべてKoreaだ。

タイでは、韓流ドラマの人気が高く、山岳民族の村へ行っても
ビデオで韓国ドラマを親戚一同で見ている。
日本の「おしん」も月曜日の夕方、今でも通常のチャネルで放映されるが、
おしんは、いわば過去の時代のドラマ(27年前のドラマだ!)。
まるで、タイ人にとって、過去の日本、現在の韓国を象徴しているようだ。

3年前の2007年7月より韓国とASEANとのFTA(自由貿易協定)は
発効したが、その際、コメの問題でタイだけは参加しなかった。
しかし、昨年2009年2月より、タイも加わった。
韓国はコメなどの例外規定を2016-17年まで延ばさせることに成功した。

ちなみに、日本は現在、「環太平洋パートナーシップ」(TPP)による
自由貿易協定を打ち上げているが、膝元の農家の反対で躓いている。
農家への所得保障では日本の47%を上回る52%と高い韓国だが、
協定にこぎつけられ政治力は、‘ノー政’の日本をしのぐ。

韓国のASEAN10カ国地域への取り組みは、はんぱではない。
ASEANを韓国の生産・投資の「ハブ」にしようと構想している。
今年は、韓国の貿易相手国として、ASEANは、EUを抜き、中国に続く
第2位のパートナーとなる模様だ。

さらに時代は、商品やサービスの取引にとどまらず、
投資、観光といった交流が重みを増すようになってきた。
韓国政府は、ASEANとの案件を一箇所で処理する
「アセアン・コリアン・センター」(語呂がいい)を設立、
両方向の投資の相談から、韓流スターを交えての観光交流を進めるようだ。
日本には古く81年から「日本アセアン・センター」があるが、
これをまねするだけでなく、権限をはるかに拡大するもののようだ。

d0159325_1341172.jpg

今年のタイへの訪問客数では、韓国は110万人と日本を抜き、
3位になるところまできたようだ。
一方、韓国へのタイ人の訪問客数(主にツアー客)はいまだ19万人ほどだが、
今年はプラス40%と、主要国の中では一番の伸びとなっている。
そういえば、今年は韓国を訪れるタイ・カップルのコミカルなタイ映画が
ヒットしたっけ・・。

「これからはアジアの時代!」と政治家は抽象的なスローガンを口走るだけの
日本と、官民一体となって、着々と具体的な経済戦略を打っていく韓国。
このままでは、その差は開く一方だ。
[PR]
by ucci-h | 2010-12-17 13:42 | 中国・韓国そしてインド | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース