人気ブログランキング |
衝撃的な本!「FACTFULNESS」
アドラー心理学の「嫌われる勇気」以来だろうか、
衝撃的な本「FACTFULNESS」に出会った。


衝撃的な本!「FACTFULNESS」_d0159325_13064639.png

ファクトフルネスとは、事実に満ちた事といったような
意味だが、スウェーデンの公衆衛生のハンス・ローズリング博士の
ファクト・ファインディングを、彼の死後2018年に息子夫妻がまとめたものだ。


衝撃的な本!「FACTFULNESS」_d0159325_13071094.jpg

何が衝撃的だったかというと、
冒頭に出てくる世界の状況の三者択一の13問である。
13問のうち、自分の正解は、地球温暖化に関する1問だけだった。
12問も間違えた!


衝撃的な本!「FACTFULNESS」_d0159325_13065620.jpg

世界の三大陸に暮らし、調査の仕事をし、世界のデータにも強いと
うぬぼれていた自分が、チンパンジーの正答率33%
(三者択一をあてずっぽうに選ぶ)を大きく下回ってしまった。
自分だけではない。世界の有識者の正答率も
チンパンジー以下というのである。


衝撃的な本!「FACTFULNESS」_d0159325_13070399.jpg

この本は、日本でも2000円ほどでけっこう売れているようだが、
私は、チェンマイ空港のアジアブックス書店で、廉価のペーパーバック版を
運よく見つけ、これを読んだ。


内容は、読んでもらえばいい。著者の直面したいろいろなエピソードも
面白く紹介されている。


なぜこうまで間違えるのかの分析が面白い。
世界の経済・社会・保健の情報は、主にマスメディアから
入ってくる。

マスメディアは、刺激的な、ショッキングなことを伝えて
視聴率を稼ぐ。
犬が人間を咬んでもニュースにならないが、人間が犬を噛めば
ニュースになる。

今回の武漢発の新型コロナウイルスも新型ゆえ
大きなニュースになっている。
毎年流行するインフルエンザはおなじみなので、
日本だけでも年間1000万人ほどが感染し、
直接原因で1000人ほど、間接原因とすると1万人ほどが
死亡するが、大きく膨れないとニュースになりにくい。



毎日のように刺激的なニュースやワイドショーに接していると、
いつかまれなニュースが日常の起こり事となってしまう。
また、自分の頭の中にも退屈な日常を脱したく、刺激的なニュースを
求める受け入れ態勢があり、頭にしみ込みやすい。


どうやら、ニュースと事実、ファクトを分別する知恵が必要なようだ。


世界は、思ったより進歩している・・・
この本からのメッセージでもある。




# by ucci-h | 2020-02-03 13:10 | アジア的な生活 | Comments(0)
コロナウイルスの広がりの思わぬインパクト!?
コロナウイルスが広まると、我々の生活が楽になる!?

などと言うと、顰蹙を買う噴飯ものだが、この謎かけには
一理ある。


武漢発コロナウイルスの広がりにより、中国人を中心とする
タイ訪問の旅行者も減ってきている。

このため、観光収入が大きいタイの経常黒字の拡大にも
歯止めがかかるかとみられる。
そのため、為替市場では、さすがにずっと強かったタイ・バーツ
が反落している。


ここ半年間で、1万円に対して2900バーツから2750バーツほどまで
切りあがっていたバーツ高が、ここにきて一挙に2850バーツまで
下がった。

コロナウイルスの広がりの思わぬインパクト!?_d0159325_17593624.png


バーツ高に悩むタイ当局も一安心だし、
物価のアップとバーツ高に苦しむタイ在住の日本人にも
干天の慈雨である。
だからといって、もちろんコロナウイルスによる旅行者減を
歓迎できるわけはない。


チェンマイでは、PM2.5の悪化とウイルス騒ぎで
マスクが手放せなくなっている。

この新型コロナウイルス騒ぎ、早めに収束してほしいものだが・・。




# by ucci-h | 2020-01-31 18:03 | アジア的な生活 | Comments(0)
久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(3/3)
3日目は、グラブで呼んだタクシーで、
北パタヤの林で囲まれたホテルに泊まってみた。


ここからは、少しなお北に歩けば、もう北パタヤの
境の目印となるターミナル21がある。
むかしこの辺りの海辺のホテルに投宿したが、
以前の面影は残っている。



久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(3/3)_d0159325_23544340.jpg

パタヤは、観光地だけあっていろいろな娯楽施設が
あるが、今回は、南パタヤのロイヤルガーデンプラザの
東端にある「リプリーズ・ビリーブイット・オアノット」に行ってみた。

久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(3/3)_d0159325_23545548.jpg

アメリカの冒険家ロバート・リプリーの収集した博物館は
世界中に多くあるが、この“信じられないような”博物館は面白い。
ネットで3つのアトラクションの見れる割引チケットを買って行ってみた。

久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(3/3)_d0159325_23544975.jpg


博物館自体も面白かったが、
手探りで光の明滅する迷路を歩くアトラクションがスリリングだった。



帰りは、チェンマイへ戻る夕方の便。
なんとこれが、ウタパオ空港の最終便である。

さらに興味深かったのは、翌日の便だが、イルクーツク行き便があった。
あのシベリアのイルクーツクと結ばれている。

やはり、ロシアとパタヤの縁は切れない。

久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(3/3)_d0159325_23542689.jpg

もっとも直行便ではないが、
シベリアのマイナス14度から、ここパタヤの30度に飛んで来たら、
人生観も変わるだろうかなと思った。


久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(3/3)_d0159325_23552930.gif

(パタヤ南北比較の旅終わり)



# by ucci-h | 2019-12-25 23:59 | アジアのリゾート | Comments(0)
久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(2/3)
2日目は、ジョムティヤンから、ソンテウとバイタクを乗り継いで、
南パタヤのプラタムナック通り、ナイトマーケットの前に新しくできた
ホテルに。

久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(2/3)_d0159325_23411963.jpg

サービスは良くないが、施設が新しく、部屋の中に大きなバスタブもあり
気持ちがいい。


ここ南パタヤの突き出た辺りの南側は、正確にはまだジョムティヤン地区の北端にあたり
少し北へ行き、ビッグブッダを越えていけば、パタヤの街だ。

プラタムナックのナイトマーケット近くに泊まるのは初めてだったが、
驚いた。


久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(2/3)_d0159325_23413533.jpg

ホテルからちょっと足を延ばして、パタヤ・ウォーターパークの先の
砂浜に行ったら、甲羅干ししているのがほとんどロシア人!

ホテルの横の通りの飲食店街は、ロシア語の看板がそこかしこに!
ここは黒海か!?

久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(2/3)_d0159325_23414491.jpg


昼はここの飲食店で、夜はホテルの部屋から眼下に望む
ナイトマーケットで食事をして合点がいった。

久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(2/3)_d0159325_23415679.jpg

屋外のナイトマーケットの席もロシア人で満席だった。

久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(2/3)_d0159325_23420459.jpg

パタヤのくせに、値段も安いのだ。

タイ料理も、チェンマイに引けを取らない安さとボリュームでうまい。


もちろん、いかやエビと言った海産物は豊富だ。

久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(2/3)_d0159325_23421134.jpg

プラタムナックのナイトマーケット周辺はパタヤの穴場的存在である。


あすは、北パタヤまで足を延ばしてみる。



# by ucci-h | 2019-12-25 23:47 | アジアのリゾート | Comments(0)
久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(1/3)
2019年12月はじめ、久しぶりにパタヤへ行ってきた。


久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(1/3)_d0159325_23255039.jpg

パタヤは、過去何度か行ったが、ゴルフをやるか、
バービアの女の子を探しに行くしかなかった。


海はそうきれいでもないし、浜辺は毎年削られているという。
でも、長い海岸線、家族連れでも、静かな海や
バカ高くないシーフードがあるはずだ。


今回は、数年前に新しく開港したウタパオ国際空港を
実際使ってみて、南から北へパタヤのホテルがどんなものか
あらたに試してみることにした。


ねらいは、かつてゴルフ旅行の起点として泊まった
ジョムティアン海岸である。そこから北パタヤまで泊まり
歩いてみることにした。



かつての海軍基地だったウタパオ空港は、
タイ東部7県のひとつ、南の海に面したラヨーン県に
入ったところにある。

ちなみに、ラヨーン県の北側にあるチョンブリー県には、
日本企業の多いシーラチャー郡やレムチャバン港、
そして南に下って歓楽街パタヤがある。
ウタパオ空港のあるラヨーン県はさらにその南だ。


ウタパオ空港は周りにほとんど何もない地方空港なので、
パタヤへの足がどうなっているのか少し心配だった。
しかし、空港の外側にミニバスのチケット売り場があった。
パタヤ市街まで一時間ほど、ひとり150バーツは安く快適だ。


30分ほど待ったが、ミニバスでパタヤへ北上、
我々は、一番南にあるジョムティアン海岸のホテルを
予約してあったので、一番最初に降りた。
40分ほどで着いたろうか。

久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(1/3)_d0159325_23265341.jpg


ここジョムティアン海岸は、パタヤの街の喧騒に
比べれば、静かでいいところだ。
ホテルの住所は、パタヤの南の突き出たサタヒープ岬のある
サタヒープ郡に入っている。

久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(1/3)_d0159325_23265991.jpg


パタヤの街の南ウォーキングストリートの西に突き出たあたり
(ビッグブッダがある)より南がジョムティアンビーチ地帯と
いうことになる。


そして、パタヤの街は、南北5~6kmほどしかないが、
北パタヤ、南パタヤとパタヤクラン通りをはさんで呼ばれている。
2日目は南パタヤ、3日目は北パタヤまで足を延ばしてみる。



ジョムティアンは、もう10年ぶり以上の来訪になったが、
ホテルや施設の数は増えているのだろうが、
やはりパタヤに比べれば静かでよかった。


久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(1/3)_d0159325_23270768.jpg

浜辺のレストランで昼も夜も食べたが、
エビやオイスターといった海鮮料理、ボリュームもあって
おいしかった。雰囲気もバリ島並み。
プーケットのように観光客向けのバカ高い値段ではないのが良い。


久方振りのパタヤ、南北海岸を比較してみる(1/3)_d0159325_23271458.jpg

あす、あさってと北上してみる。



# by ucci-h | 2019-12-25 23:34 | アジアのリゾート | Comments(0)
三浦半島横断山歩き
日本で、亡き母の灯明守りでいる間、
台風の合間を縫って、三浦半島の山歩きに出かけた。


半島の最高峰(といっても、242mだが)大楠山に登り、
三浦半島を歩いて横断することにした。

三浦半島横断山歩き_d0159325_20182345.jpg


三浦半島横断山歩き_d0159325_20123148.jpg

新逗子からバスで、半島西海岸の前田橋でおり、
前田川渓谷沿いに遊歩道を登り、
そこから大楠山に登った。
バス停からゆっくり歩いて1時間半ほどだった。

三浦半島横断山歩き_d0159325_20125326.jpg


大楠山の周りには何もないので高さの割には海の展望がいいが、
周りの樹々でややさえぎられる。
三浦半島横断山歩き_d0159325_20132140.jpg


三浦半島横断山歩き_d0159325_20131150.jpg



帰りは、葉山国際ゴルフ場に沿って、
東側に下っていく。
衣笠、横須賀方面へ。
わりに時間がかかった。
計2万歩強、16kmほど歩いた計算だ。


山歩きのあとは、温泉で汗を流したい。
三浦半島の温泉は、今回調べて分かったが、
廃業したところが多い。


帰りは、衣笠駅から徒歩15分ほどの
佐野登り雲温泉に浸かった。
露天風呂もあり、ゆっくりできた。

三浦半島横断山歩き_d0159325_20133463.jpg


日本は、山と温泉がいい。



# by ucci-h | 2019-10-12 20:20 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
母の死
母の死


母が亡くなってひと月たった。

九月初めの朝、チェンマイの入管でビザ更新の手続きを
していた時、日本から電話があった。
母が危篤だと。

翌日早朝の飛行機で日本に戻った。
8月から入院中の母は、その後1週間頑張ってくれた。
9月12日穏やかに95歳で旅立った。

母の死_d0159325_19393586.jpg


2019年、令和元年の秋は、暑くまた大型台風が来た年と
しても記憶に残ろう。


その後、通夜、葬儀を行ない、
役所への手続その他で、四十九日まで追われる。

母の死_d0159325_19394983.jpg


親が亡くなり、あらためて感じる。
さて自分の残りの人生、どうやって過ごそうか?
やはり強靭な体作りが基本となるなと感じた。






# by ucci-h | 2019-10-12 19:43 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島

「タイのモルジブ」とか、「タイの最後の楽園・秘境」とか
喧伝されるリペ島は、アンダマン海に浮かぶ
タイの最南端の小さな島である。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_19011148.jpg



ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_19010432.jpg

どのくらい小さいかというと、東西3km、南北1km程度、
島中歩けてしまうという小さな島だ。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18531158.jpg




タイの島々は、多くがリゾート地だが、
大きさでトップ3はどこだろうか?

一番大きいのは、プーケット島だ。
543㎢(淡路島593㎢の92%の広さ)のこの島だけで県を成している。
人口も40万人に及ぶ。
タイで一番物価の高い県だ。


2番目に大きいのが、タイランド湾西部、
スラタニー沖に浮かぶサムイ島。229㎢。人口7万人近く。
山あり滝ありの変化に富む島で、欧米人中心に年間100万人が訪れるが、
空港がバンコクエアウエイズの所有であることが有名。

サムイ島の北には、それより小さめだが、
おそらくタイで4番目の大きさのパンガン島(125㎢、人口1万人)が浮かび、
さらにその北には、2014年英国人男女の殺人事件や
2017年のベルギー人女性自殺事件で有名になった
より小さなタオ(亀)島(21㎢、2000人ほど)が横たわっている。



3番目が、カンボジアとの国境のトラート県にある
チャーン島(象島)。213㎢。22万人が住んでいる。
交通がやや不便だが、最近人気が出てきているようだ。




ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_19010068.jpg

さて、リペ島は、タイの最南部アンダマン海沖の
タルタオ諸島の端にある小さな島である。
ここには、タルタオ島という一番大きな島(100㎢くらいあろうか)や、
リペ島の北のアダン島(15㎢くらい)というリペより
大きな島もあるが、海と砂浜の美しさから、リペ島がリゾート地となったようだ。


オフシーズン(5月~10月の雨期)にボートが通っているのは、
リペ島だけのようだ。



タルタオ島は、タイで5番目くらいの大きさになる
起伏に富んだ大きな島だ。ランカウイ島のすぐ北に位置する。
かつて戦時中、政治犯の収容所として使われたという。
ジャングルに覆われた、名前の意味する原始的な島のようだ。



リペ島のすぐ北にある島がアダン島だが、ここは
リゾート地というより、公営のバンガロー、テントのある
トレッキングの島である。




リペ島は、小さな島だが、もうマレーシアに近い。
実際、マレーシア領の自然の素晴らしい(素晴らしかった?)ランカウイ島から
北西へ40km。ハイシーズンにはランカウイからもフェリーが出ている。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18530658.png



ランカウイ島は、380㎢と、サムイ島より大きい
(南側のペナン島(295㎢)より少し大きいことになる)。
人口は65,000人ほどが住んでいる。
2008年に訪れ、自然を満喫できたが、それから11年、
かなり開発が進んでいるのだろうか?

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18533023.jpg




雨期なので、雨風が強い日に島へ行ってもしかたないので、
ボートやリペのホテルは、前日まで予約しなかった。
いろいろ聞いて、また天気予報を一応見て、OKそうなので、
前日に行くことに決めた。


なお、タイ最南部の雨期は、北のチェンマイなどとは少し違うようだ。
チェンマイは、5月から10月までの雨期、雨量は各月比較的平均しており、
(8~9月がちょっと多い)、また南部でもプーケットなどは各月平均してよく降る。

しかし、ハートヤイでは、10~12月、雨期の終わりにたくさん降る。
サムイ島と同じパターンだ。
リペ島のあるサトゥーン県も、9~10月に多い(幸い8月初めの今回は晴天に恵まれた)。
先月行ったベトナムのダナンの9~11月集中に似ている。

同じ東南アジアでも気候の変化は一様ではない。




ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18531780.jpg

ハートヤイからは、半島をミニバスで2時間近くかけて
西海岸のパクバラ埠頭まで横断し、
そこからスピードボートでリペまで1時間半かけて
(実際に走っているのは70分ほど)渡ることになる。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18532453.jpg

ミニバス+スピードボートで、ハートヤイ⇔リペ島の
往復(片道4時間)1200バーツ(約4000円強)と高くない。
朝9時にハートヤイを出れば、パクバラ11時半のボートに乗り、
午後1時にはリペ島のサンライズ・ビーチの桟橋に着ける。



パクバラ桟橋からのスピードボートは、50人乗りほど。
3基のエンジンで波しぶきをあげながら、西へ走る。
途中、左側にタルタオ島の大きな島影が見える。
その向こうは、もうマレーシアのランカウイ島のはずだ。
途中、小雨や波しぶきで顔が濡れた。



ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18533905.jpg

リペ島は小さな島だが、東側にサンライズ・ビーチ、
北側にサンセット・ビーチ、南側にパタヤ・ビーチ(なぜか
パタヤの名が付けられている)と3つの砂浜がある。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18535346.jpg

コッテイジ式のパタヤビーチに面するホテルに泊まったが、
たしかに、コバルトブルーの海はきれいだ。
砂浜も真っ白で豊かな砂がある。
オフシーズンだからか、人が少ないのもいい。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18534932.jpg


オフシーズンなので、リペ島はすいていた。
島に住む人は2,000人ほどだというが
(桟橋のそばに小学校があった)、
ハイシーズンには一日5,000人のお客が訪れるという。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18540627.jpg


小さな島には、パタヤビーチからサンライズビーチ方面に向かって
「ウォーキング・ストリート」があり、セブンイレブンも一軒あり、
お土産屋やレストランが並んでいるが、この時期、
シャッターの降りた店もあり、閑散としていた。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18535775.jpg


面白いのは、ホテルからウォーキング・ストリートへ行くのに
島の真ん中の道(田舎道)を行くのではなく、
砂浜沿いを数百メートル歩いて行くのだ。
満潮の午後は、波間を歩き、干潮の夜は、砂浜を踏みながら
歩いて行った。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(5/完) リペ島、タイ最南端の小さな島_d0159325_18534417.jpg


リペ島。
確かにコバルトブルーの海と白い砂浜はきれいだ。
しかし、最後の秘境とか言った風情はもうない。
コンパクトな海浜リゾートの島である。
ホテルの設備も悪くない。
行くのにやや不便なのが人混みを抑えているか。


自分の行った海浜リゾートでお気に入りは、
クラビ(ピピ島も含む)、サムイ島である。
これにリペも加わるかもしれない。
最悪はプーケット。物は高いし、俗化し過ぎている。



(その5終わり・完)




# by ucci-h | 2019-08-16 19:14 | アジアのリゾート | Comments(0)
ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街

ハートヤイの街からロットゥー(ミニバス)に乗って
海辺の街ソンクラーにやってきた。
冷房の効いたミニバスで1時間ほど。
34バーツ(120円ほど)は安いものだ。


ソンクラー郡は、ハートヤイ郡の人口の半分以下しかないが、
以前に触れたように、ソンクラー県の県庁所在地である。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_21284741.png


ソンクラーの地名は、シンガポールと同じく、サンスクリット語の
シンガラ(獅子の意味)からきている。シンハビールもそう。


ハートヤイの街が、20世紀初め、客家出身の謝枢泗(しゃすうし)に
よって開発されたのに先行して、ソンクラーの街は、18世紀末、
福建出身の華僑、呉譲がアユタヤ王朝滅亡と同時期にこの地の
国主となり、力を蓄えていったが、20世紀初めのチャクリー改革
(中央集権化)でソンクラー郡となった。


なお、ソンクラーは、この5月に98歳で亡くなった
タイ政界の大立て者、プレーム枢密院議長の出身地でもある。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_21281826.jpg


ソンクラーの街は、海沿いの街だが、北端は同時にタイ最大の湖、
ソンクラー湖の南端にも挟まれている面白い地形だ。
ソンクラー湖は、南北に3つの部分でつながっているが、
総面積は1040㎢と、琵琶湖(670㎢)の1.55倍に及ぶ。ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22452098.png>



ソンクラーの街で面白いのは、海沿いの旧市街の街並みである。
海沿いと言っても、海水の流れ込む西側のソンクラー湖沿いだが。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22480945.png


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22455477.jpg

この旧市街には色とりどりの古い建物が残されているが、
また建物の壁にはいろいろな絵が描かれており面白い。
散策するのによい。何かきっかけがあれば観光ブームの地に
なるかもしれない。
ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22460886.jpg

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22460230.jpg


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22461506.jpg

帰りは、東側に歩き、ちょっと広い通りに出れば、
ハートヤイへ帰るミニバスが拾える。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22462045.jpg



また、ソンクラーでは、北方のタンクアンの丘に
チェンマイのドイステープのようなケーブルカーで登れば、
海と湖とソンクラーの街が一望できる。
ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_21274339.jpg

そしてそこから下り、東へちょっと歩けばサミラー・ビーチ。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22471534.jpg


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22472642.jpg

田舎風のきれいな海を見ながら、海鮮料理が食べられる。
イカの天ぷらがうまかった。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22473244.jpg


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(その4)ソンクラーは一日過ごせる海辺の街_d0159325_22473808.jpg

ソンクラーでは、グラブでタクシーを呼んだが、
なかなか見つけてもらえず、しかもあまり安くない。
むしろ行きずりのソンテウを捕まえたほうが
安くて早かった。



ソンクラーは、見るもののあまりない街と聞いていたが、
けっこう一日楽しかった。
時間があれば、泊まるのもよい。


ハートヤイへ戻って、明日は、雨期ながら、天候も大丈夫なようなので、
マレー半島の付け根を西側に横断し、アンダマン海のリペ島に行ってみる。



(その5に続く)




# by ucci-h | 2019-08-15 22:56 | アジアのリゾート | Comments(0)
ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街
ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅行記は、
その1では、チェンマイとハートヤイなどを含め
タイの大都市の人口比較に、
その2では、ソンクラー県が入り口になるタイ深南部
紛争の歴史を見るのに、パタニー王国にまでさか上って終えた。



ようやく3回目にして、現代のハートヤイ、ソンクラーの
街に入れる。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街_d0159325_19123154.jpg


ハートヤイは、タイ南部の大きな街だが、
人口構成的に面白い街でもある。
マレーシアに近いタイの南部なので、イスラム系の人が多い。
4人に一人がムスリムだと言われる。
そして、華人系。鉄道を起点に華人が作った商都である。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街_d0159325_19121766.jpg


ハートヤイは以前は小さな村だったが、1920年代、
タイの国鉄の南本線が建設されるにあたって、
物資および人の集散地として大きくなったという。
客家出の華僑、謝枢泗(しゃすうし)が、ハートヤイの
街づくりの立役者だった。



タイ国鉄の南本線は、バンコクのトンブリー駅から、
マレーシア国境に近いナラティワット県のスンガイコロック駅
まで、1143kmと長い。深南部の3県をまたいでいる。
北本線のバンコク・チェンマイ間751kmをしのぐタイの最長路線だ。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街_d0159325_19131742.gif


バンコクから928kmのハートヤイ駅は、マレーシアと
つながる分岐駅となっている。
ハートヤイ駅から西南にわずか45kmで、マレーシア側の国境の駅
パダンブサールとつながり、ここからマレーシアの西海岸線を
930kmほど走り、マレー半島南端のシンガポールにつながる。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街_d0159325_19133325.gif


チェンマイの駅が少し街の中心から外れた所にあるのに対し、
ハートヤイ駅は街の中心にある。
駅を中心に物資の集散地として栄えてきた街という感じがする。


ハートヤイの街は確かに、小バンコクと言われるように、
大きな街だが、工業立地が少ないせいか、
何か少し停滞した感じ、よく言えば古いタイの街が
残っているという感じがする。
レストランの冷房化率、通りの車の混雑度、10年前の
チェンマイといった感じだ。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街_d0159325_19122355.jpg


人口も増えていないのではないかと、少し統計を見たら、
ハートヤイ郡の人口は、2014年からここ数年減ってきている。
少なくとも、増えていないようだ。



しかし、旅行者にとっては、このゆったりした
やや古い感じが何とも言えない。
街中は、チェンマイと違って、歩ける距離だが、
なにかなつかしい昔日のにおいがする。
物価も、チェンマイには少し及ばないが、高くない。



ムスリムの人が多く、また華人文化の影響の多い街は、
中国風寺院が多く、モスクも見られ、多文化を感じさせる。
レストランでは、以前、マレーシアのコタキナバルで食べた
「バクテー」(骨肉茶)がおいしかった。
この町のバクテーの店は、ディムサム(飲茶)と一緒に出すので
物珍しかった。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街_d0159325_19123782.jpg



商都といった趣なので、特に観光名所はないが、
最後の日に、バイタクに乗って、街の北東6kmほどの
丘にある「ハートヤイ市民公園」へ行って、
町全体を展望することにした。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街_d0159325_19124535.jpg


しかしここで、思わぬ山歩きをさせられることになった。
ふもとの公園は、大きな池があり、市民の憩いの場所だ。
しかし、聞いていたケーブルカーの駅が見当たらない。
何人かに聞いて歩いて行ったが、ケーブルらしきものも見えない。



グーグルマップを見ると、山の上の方にケーブル駅とか出ている。
結局車道を汗をかきながら小一時間登って、頂上の見晴らし台に着いた。
ハートヤイの街が180度展望出来た。渡る風が気持ちよい。
ケーブルカーとは、ふもとから山へ登るものではなく、
頂上からもう一つの峰へ渡る最近できた山上のケーブルカーだった。
先入観が理解を誤らせた。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街_d0159325_19125005.jpg


下りの階段のわきには、鐘馗様や布袋様の
大きな立像が並んでいた。そして中国寺院。
ここは、やはり中華系の文化の地なのだ。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街_d0159325_19125968.jpg



ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(3) ハートヤイというまったりした街_d0159325_19130407.jpg

ハートヤイに一泊した翌日には、
湖と海に挟まれた海辺の街、
ソンクラーに行ってみることにした。
ロットゥー(ミニバス)で1時間ほどで行ける。
ソンクラーも何もない港町と聞いていたが、
行ってよかった。



(その4に続く)



# by ucci-h | 2019-08-15 19:21 | アジアのリゾート | Comments(0)
ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ
タイの深南部の暴動の根っこ


ハートヤイのあるソンクラー県は、タイの深南部3県、
マレーシアとの国境のパタニー、ヤーラ、ナラティワット3県への
入り口である。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_00231934.gif


タイ深南部3県は、ソンクラー県の南部3郡とも合わせ、
今でも外務省の「渡航安全ページ」では、
渡航「危険レベル3の渡航中止勧告」地域になっている。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_19245078.png


今回訪れたハートヤイ郡、ソンクラー郡など含めた
大部分のソンクラー県も、「危険レベル2の不要不急の渡航は
止めてください」、になっている。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_00314244.jpg

今回、不要不急の旅行で行ってきたが、街は落ち着いていた。
他の都市より、空港や道路、デパートの入り口チェックが
目立った程度だ。バンコク(レベル1)の方が、よっぽど危ない。
だいぶ安全になったと肌で感じたが、外務省は保守的な
スタンスを継続しているのだろう。



実際、ハートヤイの街でも、2012年4月に町の中心にある
33階建てのリーガーデンズプラザで地下駐車場での
車両爆弾事件があり、3人が死亡、23人が負傷した。
それから7年たっている。



タイの深南部での反政府暴動は、2000年代に入って表面化し、
歴代タイ政府の頭痛の種だった。
最盛期は、2006~7年。年間770人以上、一日平均2.12人以上の
死者が出ていた。
タクシン政権末期から、プラユット・クーデター政権の頃である。



2004年から2015年までの12年間で、バンコクポスト紙によれば、
15,374件(一日平均3.5件)の反政府暴動が起こり、
死者6,543人(一日平均1.49人)、負傷者11,919人を出している。
最大の被害者は、タイ人側ではなく、現地に住むイスラムの住民たちであった。




タイの深南部は、13世紀ごろ成立したイスラム系の「パタニー王国」の地
であった。タイでスコータイ王国ができたころだ。
建国の君主であるスルタンのイスマイル・シャーが「パタ・ニー!
(土地の言葉で、この海岸!)」と叫んだので、パタニー王国になったそうだ。
スコータイ王国、続くアユタヤ王国へ朝貢していた。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_19303112.jpg


16世紀末から17世紀半ばまでの4女王の時代が
パタニー王国の最盛期。
中国への交易地として、華人の商人が増え、栄えた。
しかし、4代目の女王の死後、混乱期に入る。


そして、1688年、以前からマレー半島に眼をつけていた
シャムのアユタヤ朝(この世紀のはじめ、ナレスワン大王が
ビルマから覇権を奪回)に侵入される。
これが、現在のタイ領の始まりか。



1767年、アユタヤ朝がビルマの逆襲により滅びると、
パタニー王国も独立を取り戻すが、その後タクシン王が
ビルマをやっつけ、現在のチャクリー王朝(バンコクのラーマ王朝)に
つなぐと、1785年、再びシャムの傘下に入ることになる。



1826年に結ばれたイギリスとシャム(ラーマ3世)の「バーニー協定」
(英麺戦争下、対ビルマ協力)で、シャムは、イギリスにパタニー及び
北マレーの他の4州が自国のものであることを認めさせた(イギリスは
ペナン島を正式に獲得)。
イギリスは18世紀末よりマレーに食い込んでいたが、この2年前に
オランダとの協定でマレー半島を自国の植民地にしていた。



そして、現代タイの骨格を作ったラーマ5世(チュラロンコーン大王)に
よる19世紀末の中央集権制度化のもとで、この地の王も廃止され
シャムの1州となった。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_19393703.png

他のマレー4州(ケランタン、トリンガヌ、ケダ、ペルリス)は、
その後アヘン戦争などで力を増したイギリスとの
の「バンコク協定」(ラーマ5世晩年の1909年)により、
シャムの独立を維持すべく、イギリス領マラヤに割譲される。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_19363688.gif



600年ほども続いてきたマレー最古のイスラム王朝であるパタニー王国も、
1902年に消えたわけだが、
この王国は、南のマレー領のクランタン州と言葉も共通で血縁もある。
いわばこのバンコク協定により国境で切り離されたわけであり、
これが20世紀以降のタイ離脱反乱の元となる。

中東などでもそうだが、大英帝国の勝手な植民地の国境の線引きにより、
その後に大きな禍根を残す例となった。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_20181746.png



第2次大戦の日本軍の英領マレーへの進駐が、この深南部反乱を
いっそうこんがらがらせることになる。

タイ、マレーへの日本軍の進撃に対して、
軍事力の少ないマレーのイギリス軍は、マレー人の
人力、インテリジェンスを活用しようとし、南タイの
反乱分子に約束する(タイは最初枢軸側日本に付いた)。
「英軍を助けてくれれば、戦後、タイ領からの離脱を手助けする」と。
1943年の“紳士協定”である。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_19433234.jpg


しかし、戦後、この約束は反故にされる。
文書のない口約束であり、しかも英国中枢の意思とは別の
現地の司令官との約束だったからと。
タイ領内のマレー人は、イギリスに裏切られたかっこうになる。



戦勝国側についたのに、イスラム・マレー人がその後も南タイ領から
離脱できなかった大きな背景は、戦後の東南アジアにおける
共産勢力の拡大があった。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_19524806.jpg

これを抑えるために、タイはマレーと対共産という協調路線を取り、
南タイのイスラム圏に対するマレーシアからの吸引は抑えられた。
もともと、マレーは連邦スルタン国家であり、首都クアラルンプールの
タイ深南部に対する意識は、マレー北部の州のそれに比べれば薄い。



1957年のマレーシア独立後、60年代~70年代と
タイ深南部でも自主独立の機運が盛り上がり、
武装組織も複数できて、分離独立運動が活発化した。
しかし、80年代以降は、タイ政府の軍を核にした処々の懐柔政策により、
安定していった。



これを壊したのが、2000年代初頭首相になったタクシン政権だった。
治安権限を軍から自分の出身である警察に切り替え、強硬策で
深南部に臨んだため、治安は悪化したといわれる。
イスラム過激派と結び付けたり、麻薬撲滅と絡めたりして
イスラム住民の反発を買った。



2000年代に日常茶飯事だった暴動が、
ここ数年、2016年以降、少なくなってきている。
死者数だけ見ても、以前の年平均545人以上から、
2016年116人、2017~18年も減少と、減ってきている。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_20020291.jpg

なぜか?
マレーシア政府も乗り出してきたことや、タイが
タクシン派から軍事政権になったことや、市内の検問が
厳しくなったことなどもあるが、
タクシン時代の挑発、強硬策のもたらした対立激化が
緩んできたからだろう。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島への旅(2) タイ深南部の暴動の根っこ_d0159325_20015271.jpg


この先はわからないが、タイ政府もこの地への開発・投資を
活発化させる意向であり、2000年代の殺し合いは
当面下火になりそうだ。



タイの深南部の問題でその2は終わってしまった。
次回その3では、ハートヤイ、ソンクラーの現代を
記したい。


(その3に続く)




# by ucci-h | 2019-08-14 20:12 | アジアのリゾート | Comments(0)
ハートヤイ、ソンクラー、リペ島、タイ南部への旅(1) タイの大都市比較

2019年8月はじめ、タイの深南部の入り口に位置する
ハートヤイ(日本ではハジャイと書かれることが多い)へ
行ってきた。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島、タイ南部への旅(1) タイの大都市比較_d0159325_00314244.jpg


ハートヤイは、チェンマイ(タイ北部)からバンコクをはさんで、
同じ距離ほど(ちょっぴり長い)南に行ったところにある。
チェンマイからバンコクまで直線距離で700km近くだが、
ハートヤイへは、バンコクからでも900kmあるという。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島、タイ南部への旅(1) タイの大都市比較_d0159325_00222766.gif


合わせて1600kmほどの距離になるが、
日本列島で言えば、北海道の室蘭あたりから、
東京を経て、九州の佐賀市あたりまで行く計算だ。


もっとも、チェンマイからの飛行機でハートヤイまで
直通。2時間弱で行ってしまう。
ちょうど先月訪れたベトナムのダナンへ行くのと同じ時間で
行ける。



チェンマイもハートヤイもタイでは、
バンコクに次ぐ大きな都市のひとつに数えられるが、
実際どのくらいの人がいるのだろう?



タイの77の県のうち、主要県の人口ランキングを見ると、
首都バンコク府が突出して多い。

バンコク府だけで、現在推定900万人ほど。
近隣の5県を加えた首都圏となると、
1600万人と、タイ全土の現在の推定人口6900万人の
23%に及ぶ。

さらに経済規模で見ると、バンコク周辺部でタイ全土の
GDPの47%を占め、さらに拡大している。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島、タイ南部への旅(1) タイの大都市比較_d0159325_00131696.png

なお、首都圏の近隣5県とは、北から
パトゥムタニ、ノンタブリ、ナコンパトム、
サムートプラカン、サムートサコンの5県である。
いずれの県も人口は100万から200万人に及ぶ。


ややこしい県名だが、パトゥムやパトムは市、ブリは町。
タニは蓮の花、ナコンは最初、
海に面する2県のサムートは、太洋である。
プラカンは砦、サコンは湖だという。



バンコク府をタイの人口1位の府県とすれば、
2位、3位、4位、5位の県はどこだろう?


首都圏のその他の県では、
スワンナプーム空港のあるサムートプラカン県が210万人、
バンコク府の北のノンタブリ県が155万人、
さらに北のパトゥムタニ県が150万人、
首都の西方、第3の空港の予定されるナコンパトム県は110万人、
魚の街サムートサコン県は98万人ほどと多い。


なお、バンコクの東、パタヤ特別市(推定人口35万人)を
含むチョンブリ県(シラチャーなど30万人)も155万人を抱えるが
(やや北にある古都アユタヤ県は80万人ほど)、
ここはバンコク首都圏に近い。


バンコク首都圏を人口トップグループとすれば、
2位以下の地方の県はどこになるだろうか?



ここで候補に挙がってくるのが、
北のチェンマイ県、
北東部のナコンラチャシマ、ウドンタニ、コンケーン、ウボンラチャタニ
のイサーン(タイ北東部)のビッグ4。
南部のナコンシタマラート、ハートヤイ市を含むソンクラー県、となる。
現在の推定人口で探ってみよう。
地名によく出てくるナコンとは、サンスクリット語から来た市の意味である。



なお、市ではなく県単位で比べるのは、
チェンマイのように、市外が市に近く通勤圏になっているからである。

チェンマイ県全体では、175万人の人口になる。

チェンマイ県は、25の郡(アンプー)に分けられるが、
近隣の郡を含むチェンマイ都市圏だと、10年前は80万人ほどだったが、
今は115万人と100万人を超えるようだ。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島、タイ南部への旅(1) タイの大都市比較_d0159325_00212298.jpg

お堀の周辺の狭いチェンマイ市(ムワン)だけだと、25万人ほどだが、
例えば私の住むサンカンペーン郡(チェンマイの中心からわずか8km、8万人)
などを入れると、115万人ほどとなる。



チェンマイ県を175万人とすると、他の県はどうだろう?


人口200万人を超える第2位の県は、ナコンラチャシマ(コラート)である。
このイサーン地方への入り口の面積も最大の県は、人口260万人を超える。


第3位は、以外にもタイの東端、南ラオスと国境を接する
ウボンラチャタニである(バンコク首都圏を除く)。人口190万人。
第4位にも、東北部の大都市コンケーンが県人口180万人で入る。

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島、タイ南部への旅(1) タイの大都市比較_d0159325_00215705.gif

こう見てくると、イサーン地方(タイ東北部20県)は、
面積が広いだけでなく、人口も計2225万人と、
タイ総人口の3分の一を占める一大地方だとわかる。

もっとも経済は農業主体の貧しい地方が多く、
一人当たりの総生産額は、バンコク首都圏の6分の一しかない。
経済格差は広がっている。
各地への出稼ぎなどが多いわけだ。



そして、第5位に175万人のチェンマイが入ってくる。

第6位が、ラオスのビエンチャンに近いウドンタニで、
160万人。ウドンタニの意味は北方の町。ここもイサーンだが、
ベトナム戦争中、小パタヤとして米軍が駐在して賑わった街だ。

第7位には、フットボールが強い、ブリラム県。159万人。
ナコンラチャシマに近いここもイサーンだ。


第8位には、ナコンシタマラート(155万人)。ようやくタイ南部の県が出てきた。
今回行ったハートヤイのあるソンクラー県の北側の県。
かつて山田長政が左遷された南部の街だ。

第9位が、バンコクの東にあるチョンブリ、154万人。
第10位は、シーサケット、147万人。ウボンラチャタニの西側だ。
そして第11位が、今回行った人口142万人のソンクラー県となる。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島、タイ南部への旅(1) タイの大都市比較_d0159325_00124276.png


こう見てみると、バンコクを除いた10県のうち、
実に人口の多い6県が、タイ東北部、イサーンにある。
残る4県が、北のチェンマイ、中部のチョンブリ、
南のナコンシタマラートとソンクラー県ということになる。



チェンマイは第5位、ソンクラーは第11位となる。
繰り返すが、厳密な意味での都市圏の人口比較は難しい。
あえて都市圏単位で見れば、バンコクが900万人。
チェンマイが115万人。ナコンラチャシマも同程度だろう。
ウボンラチャタニの都市圏人口も100万に行くのだろう。
コンケーンの街も大きな町なので、これに近いだろう。


チェンマイ首都圏は、100万都市圏の一つで第2グループに
あるといってもいいのだろう。
ハートヤイはソンクラーと別の行政区分になるが、
合わせれば2つの町で60万人ほどになる。
100万人都市圏に次ぐタイ南部の中心地となる。


ハートヤイ、ソンクラー、リペ島、タイ南部への旅(1) タイの大都市比較_d0159325_00231934.gif


ハートヤイのあるソンクラー県はちょっと変わっている。
県庁所在地は、人口の一番多いハートヤイではなく、海辺に近いソンクラーである。
ハートヤイ郡の人口は40万人。ソンクラー郡の18万人の倍以上ある。


ハートヤイは、「大きな浜」の意味である。
それなのに、ハートヤイは海辺から20kmも離れている。
海辺の町がソンクラーである。
もっとも、ハートは、浜ではなく、マハート(パンの木)がなまったものとの説がある。


ソンクラーという地名は、タイ正月のソンクランに似ている。
もっともタイ語で書けば、ソンクランは、クラがgraであるのに対し、
ソンクラーのクラは、khlaで違っている。ソンは一緒。



第一回目は、ソンクラー、ハートヤイへ入る前の
導入部として、タイの主要県の比較を行なった。
ソンクラー県は、5~6年前までは内紛の絶えなかった
深南部3県パタニー、ヤーラ、ナラティワットへの
入り口である。
深南部の危険度は減ったのだろうか?

ハートヤイ、ソンクラー、リペ島、タイ南部への旅(1) タイの大都市比較_d0159325_00230688.gif


(その2に続く)


# by ucci-h | 2019-08-10 00:34 | アジアのリゾート | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索
最新のコメント
https://yout..
by 芋田治虫 at 20:42
https://yout..
by 芋田治虫 at 14:07
ベトナムは、ワインが安く..
by ucci-h at 18:41
去年中部ベトナムに行きま..
by 銀ちゃん at 08:32
初めまして! 宅配..
by 食在清邁 at 18:31
異国でのお付き合い。特別..
by takeshi_kanazaw at 16:38
mugaさんも、カラオケ..
by ucci-h at 15:40
わ!、レパートリーが幅広..
by muga at 01:39
そうですね。たしかにタイ..
by ucci-h at 21:19
銀行の手数料はタイの銀行..
by 青木 at 16:03
まずぶつかるのが、短期滞..
by ucci-h at 19:49
日本の春を楽しまれていま..
by takeshi_kanazaw at 14:42
若いしまだまだ曲折がある..
by ucci-h at 09:57
素晴らしかったですね〜 ..
by muga at 10:38
この記事はバンコク・ポス..
by ucci-h at 10:57
コメントありがとうござい..
by ucci-h at 16:59
こんばんは、やってますね..
by muga at 22:16
タイ語の読み書きは、まる..
by ucci-h at 21:14
相変わらず熱心ですね!見..
by 摂津屋 at 07:02
そうですね。末子音です。..
by ucci-h at 20:14
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース