人気ブログランキング |
写真の全整理とチェンマイ紹介スライドショーの作成

PCを買い替えたのを機会に
たまった写真の整理を試みている。



写真は何千枚とってあるが、
ほとんどは、構図が悪かったり、光が不十分だったり、
はたまたピンボケだったりで、多くは要らない写真だ。
ただ、念のためないしは面倒だから取っておくことが多い。



今回は、全部に目を通し、
次のように、4段階で整理することにした。



① 要らない写真は惜しみなく積極的に削除する。
それでも、未練が残るものが多いので、4割ほどの削除にとどまったか?
残るは6割、6千枚ほど。



② 積極的に取っておきたい写真、構図がいい、光がきれい、
思いで深い場面など、今回はチェンマイでの過去16年間ほどの
いい写真(東南アジア各地も含めて)を選抜する。
1000枚ほどになった。



③ 残る5千枚ほどは、リムーバブルHDD(容量300GB)に残す。
ここで、リムーバブルHDDの大容量が助かる。
写真1枚が3MBとしても、5千枚で15GB。5%だ
(実際は、その他のファイルもあるので、50GBを食っているが)。
これは、徐々に削っていくと同時に、いずれ「日本でのいい写真選」を
ここから選んでいこう。



ここで、リムーバブルHDD及びグーグル・ドライブほか
クラウド・バックアップの容量を比較しておこう。

1.クラウドではないが(紛失するリスクはあるが)、
リムーバブルHDDが300GBで断トツ。
ともかく写真も含めこの大容量に入れておくと便利だ。

d0159325_16220755.jpg

2.グーグル・ドライブが、クラウドの中では、
容量15GBで最大。
現在いろいろな大きなファイルを入れて、5.2GBを使っているが
なお余裕がある。

d0159325_16221131.png

2-5.さらにグーグルにはグーグル・フォトが付いている。
無料で無制限、写真をバックアップできるからいい。
無料版だとある程度圧縮されるが、そう品質が落ちるわけではないので
便利だ。写真は全部これにバックアップしておく。

d0159325_16221409.jpg

3.マイクロソフトのOne Drive。容量は5GB。
中途半端な容量だが、写真を除く、文書のバックアップに使える。

4.文書の保存と言えば、Drop Boxがある。容量は
無料のベーシック版で2GBと小さい。
One Driveと、文書保存で共用する。

5.なお持ち運びに便利なUSBメモリー。
自分のものは、1GB容量。ちょっとデータを移すのに使っている。



話が、メモリー、クラウドの容量に飛んだが、
写真の整理のキモは、今回選び出した1000枚のチェンマイ及び
東南アジアの写真集の作成にある(1000枚はなお減らせる)。



PC上で、スライドショーで見てもらうのが一番いい。
ただし、ウインドウズ10では、写真が好きな順に動かして
並べられない。
数字、アルファベット、日本語の順に自動的に並ぶ。
そこで一工夫が必要になる。
写真の頭に数字のタグをつける。
頭の00から99までで、100種のタグが付けられる。
00は表紙関係、01は水掛祭り、02は花公園などなど。
99は、今回は使わない写真の倉庫。



00の後は、01から99までで、99枚の写真を
各カテゴリーに入れられる。9,900枚もの写真スペースは
十分なキャパシティーとなろう。
逆に言えば、そんなに多く取っておくことはない。


d0159325_16215848.jpg


さて、0001から始めて、0600のタイのフルーツまで来たぞ。
苦行ではなく、楽しみとして完成させていこう。
題して「チェンマイ紹介スライドショー」。
完成した時は、1000枚を割っているかな?

d0159325_16220484.jpg



# by ucci-h | 2019-05-10 16:25 | アジア的な生活 | Comments(0)
タイの新国王の戴冠式と日本の新天皇の即位式が期せずして同時期に

期せずして、2019年5月初め同時期に、タイ新国王の戴冠式と
日本の新天皇の即位式が行われた。



タイの新国王ラーマ10世の戴冠式は5月4(土)~6日(月)と、3日間かけて
行われた。式と行列と参賀が、折からの国花ラチャプルックが黄色に咲く中で、
王室のカラー黄色一色に包まれて行われた。

d0159325_22150929.jpg



前国王ラーマ9世の逝去から2年半も経っているし、
日本の前天皇退位による引き継ぎ同様、暗い面はなく、華々しく行われた。

d0159325_22151536.jpg



日本の新天皇の即位式も5月4日だった。
ただ日本の皇室の場合、パーティや行列は、秋10月に行われるようだ。

d0159325_22152402.jpg



報道の仕方にもよるのだろうが、日本の新天皇就任は
国民から暖かく迎えられた感じが出ていた。
タイの場合、やや控えめな淡々とした報道の感がした。

d0159325_22151956.jpg



なお、新国王は、戴冠式の3日前、以前から付き合いのある
スチダーさんと正式に結婚したと伝えられた。
スチダー王妃となる。二人の間に子供はない。
# by ucci-h | 2019-05-08 22:17 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
外国人訪問客になんとも遅れて見える日本の電話・WiFi事情

日本の観光地へ行くと、この春も外国人観光客であふれていた。
結構なことだが、あなたが一外国人になったとして、
短期に日本を訪問し、さて一番不便に思うことは何だろうか?
言葉の問題もあろうが、一番の問題は、日本の情報インフラが
短期滞在者に対して、とても冷たいことである。



私のような、半ば外国人になっている(海外住まいの方が長い)
人間にとって、短期の日本一時帰国は、やたらと無駄なコストが
かかるが、中でも、WiFi環境の不備、便利な携帯電話がないことで
いつも悩まされる。外国人の訪問者も同様だろう。

d0159325_18324320.jpg



具体的に見てみよう。
まず逆に外国に行ったとしよう。今では、その国で使える携帯と
スマホやPCを使うためのWiFiは、必須アイテムである。
ことに情報不案内の外国ではなおさらだ。



たとえば、マレーシアに入国したとしよう。
空港にSIMカードの売店があり、そこでパスポートを見せて短期利用の
その国のSIMカードを買い求め、自分のスマホに
入れ替えれば、それだけでその国で電話ができる。
もちろん、東南アジアの国々はSIMフリーである。
価格も、数百円~千円ほどで済む。

d0159325_18323835.jpg



WiFi環境は、ホテルをはじめ存在しているところが
多く、便利である。チェンマイなどでは街の安い食堂ですら
WiFiが飛んでいて利用できる。
日本では、WiFiが飛んでる店は、増えてきたが依然少ない。
中にはフリーワイファイと書いてあるのでやれやれと思うと、
キャリア系だけだったり、事前登録制だったり・・・。


d0159325_18322750.jpg


さて、翻って、日本に入ったらどうするか?
日本の電話代は高い。
外国人向けのSIMカードでも、期間によるが月6000円から
7000円する(電話付き)。
しかも、少しでも安くしようと国内用を探すと、
2年縛りとかを強制される。短期訪問者は数か月しかいない。
電話代だけで、月に3000円近くは覚悟しないと。



そして滞在家屋にインターネット回線がなければ、
月に3000~4000円、この分かかる。
多くはもちろん長期契約だから、短期のポケットWiFiで
使える通信用SIMカードを購入して、WiFi代わりに使う。
比較的安いSIMの場合、月2570円ほどで、25GB使える。
25GBと言っても家の中でのWiFi代わりでもあるので
注意して使わないと月後半速度制限に陥る。
一日800MBに限って、動画やダウンロードは極力やらない。
なお、音声通話を除き、縛りはないが、毎年新たに登録事務手数料
3665円(SIM発行手数料も含む)を取られる。



ドコモのスマホ用かけ放題で月に2916円ほど(ただし2年縛り)。
年に10か月は使わないと、番号保管料という休止料を
毎月432円とられるので(休止代も1回1080円とられる)、
年に2か月使って、年間11200円ほどの電話代となる。



ポケットWiFiというか、通信用SIMカードは、
2か月で5140円だが、毎年3665円の手数料をとられるので、
訪日一回当たり8800円ほど。2か月以上いることもあるから
ざっと1万円だ。

d0159325_18323398.jpg



日本に一時帰国すると、電話とSIMカードあわせて、
2か月ほどで2万円ほど最低かかることになる(年間の休止料なども含め)。
やはり海外から見たら異常に高い。

今後は、もっとも、スカイプやラインやメッセンジャーの利用を増やして、
何かといやらしいドコモの音声電話を切ってしまう手はある。
スカイプの電話番号で十分だ。これで日本の2か月間を半分以下にできるだろう。




短期訪問者の負担をはじいてみたが、最後に、
ずっと住んでいる土地での電話、WiFi負担を
日本とタイとで比べてみよう。

タイで暮らしていると、毎月携帯電話代は月々320バーツ
(約1060円ほど)。電話上限100分。
家庭でのインターネット回線接続(WiFi)が、月630バーツ
(約2080円)。
電話とインターネット合わせて、月3140円。
もちろん、縛りなどない。いつでも止められるし、休止もできる。



これに比べ、日本はどうなのだろう?
電話代だけでも、サービスに寄ろうが、2000円ほどは行くか?
インターネット回線契約も、3000~4000円?
合わせて、5000~6000円はかかるのだろう。いやもっと?



日本の通信サービスは、高いだけでなく、
サービスの融通性がなく不便だ。
もはやネット環境はパブリック・ドメイン(公共資材)の
はずなのに・・・。

羽田国際空港でも、裏技を使わないと、スムーズな空港の
WiFiが使えなかった。




# by ucci-h | 2019-05-08 18:39 | アジアの通信事情 | Comments(0)
チェンマイの食事宅配事情が飛躍的に便利に!

チェンマイの家庭への配送事情が、ますます便利になっている。
日本の宅配は、人手不足で大変だが、
こちらは、新たな安い配送サービスが広がっている。



d0159325_23155556.jpg

宅配便では、従来の「ニムシーセン(林時盛)」が、
60バーツ(約200円)で小口荷物の宅配を引き受け、
郵便局より便利だった。
今は、黄色い車の「ケリー(Kerry)」が、
なんと35バーツ(約115円)で、小口荷物を県をまたいだ別の家へ
1~2日で届けてくれる。

d0159325_23154995.jpg



タイは、道路事情が良いので、
陸送のポテンシャルは高い。
また、日本では荷物の増減の変化が大きいので、
到着3時間ほど前の電話での到着確認は
されないというが、こちらでは、到着時間を前もって
知らせてくれるので、再配達がない。



そしてここにきてびっくりしたのは、
食事の宅配だ。
食事の宅配といえば、以前はピザ屋が
40バーツ(約130円)ほどとって、バイクで
旗をひらめかせてやっている程度だった。



それが、この「グラブ・バイク」の
出現によって、様変わりとなる。
何せ市内配達なら、たった19バーツ(約65円)で
ほとんどの食堂のメニューを届けてくれるからだ。

d0159325_23153939.jpg



我が家は、サンカンペーン郡に入るが、
市の中心から8kmほどの郊外だから、
届けてもらえる。

しかも、グラブのアプリを使ってのオーダーだから、
「注文を受けて、食事が出来上がりました」などの
メッセージが入り、バイクが今どこを走っているかの
地図も見れる。
ドライバーの名前も見れる。
さらに、食事のうまさの程度もフィードバックできる。

d0159325_23214417.jpg



グラブは、まだタイではタクシーも含め、
正式には認可されていないようだが、
顧客の利便性を考えてのこのサービス、
これからの高齢化社会にもぴったりだ
(もっとも高齢者のウエッブ・リテラシーが
必要だが)。



d0159325_23154498.jpg

日本でも、ランチや夕食時に、
好きな店の好きなメニューをそのままの値段で
我が家にすぐに届けてもらえたらいいだろうな。
しかも、100~200円程度の安いバイク料金で。
人手が足りないかな。



# by ucci-h | 2019-05-06 23:25 | アジア的な生活 | Comments(1)
日本で薬屋に処方箋薬を買いに行ったら、想定の6倍もとられた!

日本で歯の治療を受け、
薬の処方箋をもらった。
治療は全額自費なので、
薬ももちろん自分払いだ。



薬は特別なものではなく、
化膿止めのセファム系抗生物質と
痛み止めの鎮痛剤。


d0159325_20313742.png


それぞれ、3日分、9錠ずつ。
ジェネリック薬なので、薬代を
計算してみたら、400円弱。
そんなもんだろう。



日本は医薬分業なので、
処方箋をもって、近くの夜まで
開いている薬屋に行った。
わざわざ、「当店はジェネリック薬を処方しています」
と宣伝している。


d0159325_20313156.jpg


薬を受け取りに呼ばれて、
請求書を見て、びっくりした。
4~600円ではなく、
2200円強なのだ。



内訳を見た。
薬そのものの点数は、確かに低いのだが、
なんと、管理料と技術料という費用が、これの何倍かの
点数で上乗せされている。



ふだん日本にいると、
保険適用で2~3割の負担で済むので、
薬代何百円かで納得してしまう。
内訳は見ない。



管理料と技術料、何なのだろう?
必要な薬を在庫管理しているというなら、
スーパーや食料品店だって同様だ。
技術料?すでに医者が決まった処方薬を書き出しているのだ。
特殊な薬でもあるまいし、何の技術料だかわからない。



翻って、タイの薬屋へ行くと、
処方箋薬なども、安く手に入って便利だ。
処方箋なしで買って飲んだから死んだとか
いう話は、寡黙にして聞かない。

薬屋さんも当然、アレルギーの有無、その他で
注意を払いよく聞きながら薬をくれる。
こちらにこそ、技術料を払いたいくらいだ。



日本という国は、行政が
なるべく国民にわからず、難しいようにさせておいて、
国民から薄く広くお金を吸い上げ、
監督業界との潤いを保っているようだ。
これでは、国民の医療費が高く、健康保険制度にも重圧だ。





# by ucci-h | 2019-05-06 20:33 | アジア的な生活 | Comments(0)
チェンマイの過去65年で一番の猛暑

ほんとの猛暑はこんなものなのかなと感じる。
2019年4月末に戻ったチェンマイは、
戦後気象庁創設以来、65年で一番の
長い暑さとなっているという。


d0159325_11574264.jpg


原因は、エルニーニョの発達というが、
原因次第でどうなるというものではない。
モーターサイに乗って風を切ると普段は
その分、涼しい。
ところが、今回は、熱い空気の塊に包まれる
といった感じだ。



エアコンはつけっぱなしだが、
寝るとき、28-29度に設定しても
涼しく感じるくらい、外気温との差がなお大きい。
昼間、チェンマイは39~40度まで上昇する。
書斎は狭いので、なんと30度の設定で涼しいのだ。


d0159325_11582214.jpg


普段なら、5月も、日本のゴールデンウイーク明けあたり
から雨が降り、雨期の訪れを告げ、気温もようやく
ピークアウトしてくる。
今年は、雨がほとんど降っていない。
従って、喉をやられる。乾燥もしているからだ。



早く雨が降り、
この歴史的な暑さに終わりを告げてほしい。



# by ucci-h | 2019-05-06 11:59 | アジア的な生活 | Comments(0)
NTTドコモの金取主義と低生産性
NTTドコモの金取主義

たまに日本に戻ると、いろいろ変わった体験を
するが、今回のドコモの金取主義にはまいった。

d0159325_11214469.jpg



何にでも手数料を取る。
しかも、説明を客にわからないような専門語を
使って、お任せにさせる。



今回は特にひどい目にあった。

日本に来て、短期のSIMカードを入れたスマホ
(音声通話はない)と、ドコモの通話のできる
小型携帯を持っていたが、
2台も持つのは面倒なので、スマホのほうに
ドコモの電話機能も移管してもらうことにした。



鶴見のドコモショップに行ったが、
ここでマニュアル人間の権化のような姉ちゃんに
当たったのが運の尽き。
タイでなら、SIMカードのディバイス間移行は、
カウンターですいすい、しかも無料でやってくれる。
ドコモでは2000円かかると電話で聞いていた。しかたない。

d0159325_11245324.jpg



ドコモショップでは、テーブルに着席。
いろいろ聞かされる。
それはいいが、いざ移行となると、
FOMAで移すか、Xi(クロッシー)でやるか聞かれる。
こちらは日本にもいないし、通信方式の違いはわからない。



相手が言うには、
FOMAでなら2000円。Xiでなら3000円という。
FOMAでできるならそのほうが安いしいい。
両者の違いを聞いても説明はないし、推奨もない。
しかも、FOMAでダメで、クロッシーでやるなら、
手数料は上乗せされる、とギャンブルを迫られる。



「確かにできるのか?」「実績はどうなのか?」
聞いても、「お客様の自己責任です」というばかり。
“他人責任”色の強いこの国で、自己責任という言葉が出てきた!




何のアドバイスもないので、自己責任でFOMAで
たのんだ。結局FOMAではだめだった。
スマホにはXiが向いているようだ。
そして、賭けに負け、いやいや3000円を上乗せ払いさせられた。
「あなたは説明が不十分、責任者を呼んでくれ」と言うと、
「私は規定通りの説明を申し上げています」ときた。
これも、マニュアル通りなのだろう。




結局、5000円を払って、スマホに移行した。
「お客様のスマホは、ドコモでお求めになられたものではありませんので、
動作保証はできません」と、出来ないときの殺し文句も用意されていた。
ディバイスと通信料分離の時代に、なお機器一体にしがみついている。




こんなことで、多くのショップと要員を用意し、
インターネットでできるはずのサービスを制限し、
この会社は人手等資源の無駄遣いをしている。
生産性が低いはずだ。
ドコモの金取主義は内部の人間も認めているのだから間違いない。
ほどほどあきれ、日本の企業経営に失望して、帰途に就いた。





# by ucci-h | 2019-04-28 11:25 | アジアの通信事情 | Comments(0)
テニス貧困国ニッポン
テニス貧困国ニッポン


5月末のフレンチオープンに向かって
テニスのクレーコート・シーズンが始まった。



4月下旬の今週は、
男子はマドリード(グレード500)、
女子はシュトゥットガルト(プレミア470)で
行われている。


ちょうどタイへ戻ったので、
こちらのケーブルテレビで、木曜日の2回戦以降を
見ている。

d0159325_13160862.jpg



今年は、男子は錦織、女子は大坂と
日本のベストテンプレーヤーがいるので楽しい。
ことに、金曜日の女子は、大坂が準々決勝で
第3セットでベキッチに1-5と敗北直前から逆転勝ちした。

d0159325_13161439.jpg



ところで、日本にいたらこのテニスが見られただろうか?

木曜日の錦織戦は、こちらの時間で午後4時ごろから。
我が家のケーブルテレビで見れた。
日本のガオラは、この日午後9時半からの中継だったので
ライブは見れなかった(野球をやっていた)。



シュトゥットガルトの大坂は、午後6時半ごろから。
こちらも同じケーブルテレビの別のチャネルで見れた。
日本だとインターネットのダゾーンに入っていないと
女子テニスは見れないようだ。



金曜日もしかり。
午後7時過ぎから錦織戦、
8時過ぎから大逆転の大坂戦を続けて見れたが、
日本では、ガオラで錦織、ダゾーンで大坂戦と
なったのだろう。
日本では、テニスツアーは、一般の視聴者の目には触れず、
テニス好きが別に契約してかろうじて見れるというのが
日本の状況だ。



日本に滞在していて思った。
毎週テニスが見れるこちらの環境に比べ、
トッププレーヤーが二人も出ているのに、
通常のテレビ放送のない日本では、
テニスが遠いものに感じられるな、と。



# by ucci-h | 2019-04-27 13:17 | スポーツ観戦 | Comments(0)
羽田発24時間遅延の稀有な体験


飛行機には百何十回と乗っているが、
こんな体験は初めてだった。
しかも日本で。



羽田から夜行便でチェンマイに戻る。
今回はK/L経由のエアアジアを利用。
帰りの日程がはっきりしないとき、
片道切符のLCCは便利だ。
価格は、荷物代など加えると、たいして安くもないが。



日曜夜、23時45分の定刻を迎えても、搭乗できない。
しかもゲートを145番から131番に変更させられる。
変な感じだ。
その間、何の説明も電光掲示板の表示もない。不安になる。



後から分かったのだが、タイヤ機材の不良で、
これを交換するのに時間がかかった。
最初は、02:00発に延期。
出ない。次に08:30に。翌朝も出ない。
さらに14:30となる。




つまり、空港の待合ロビーで一夜を明かすことに。
毛布と食事券の支給を受ける。
ロビーの椅子では、寒くもなかったので、
アイマスクと耳栓が効いて、横になってよく寝られた。

d0159325_16214879.jpg




さらに出発予定は、19:00に。
これではK/Lに着くのは真夜中の1時になる。
LCCは到着地のホテルは手配しない。
さらに、ついに出発予定は0:30とEメールで来た。



翌朝着くのはいいが、これでは、この日の通常便
(23:45発)に抜かされることになる。
さすがに、「それはないだろう!遅延は順送りにせよ」と
係員に言った。



結局、これより前倒しの22:30で出ることになった。
実際、離陸したのは23:45頃。
24時間のディレイとなった。
定刻便とほぼ同時出発になったのかな?

d0159325_16215442.jpg



タイヤ部品を羽田で手当てできないので、
バンコクから成田に輸送。
通関後、陸路で羽田まで運んだというから、
時間もかかった。



3食分6000円分のミール・クーポンを
もらったので、羽田空港で3回食事ができた。
さらに、事後、エアアジアから空路費用分の
クレディット・アカウントをもらったので、
その料金分、90日以内なら飛行機に乗れる。



まあ、翌日無事に着き、航空会社から賠償の
形が出たので、急ぎの客じゃなかったので、
稀有の体験、良しとしよう。

もっとも、当初のスタッフの対応の悪さは、
十分改善の余地がある。



# by ucci-h | 2019-04-26 16:23 | エアライン・観光業 | Comments(0)
落ちたカラオケの歌唱力

カラオケルーム

ここ2~3年、帰国するとカラオケルームに行くのが
習慣になった。


d0159325_21104625.jpg

もちろん、2時間400円と安いのもびっくりだが、
あのDAMの採点が面白く、チャレンジングだからだ。


昨年は、94点台を筆頭に、90点以上が
69曲中36曲もあって、うれしかった。


今年はこの勢いで、95点以上を目指したが、
90点台すら少ししか出なかった。
80点台が多かった。


考えたら、我が家にカラオケセットがあるのに、
この一年、ほとんど歌ってこなかった。
うろ覚えのところを直さなかったのはもちろん、
自分のものにする歌を作らなかった。


向こうへ戻ったら、さっそく練習しなくちゃ!
タイ語やゴルフ、筋トレだけでも大変なのに、
またひとつ、いい年をしてチャレンジ種目が増えてしまった。



# by ucci-h | 2019-04-19 21:12 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
横浜のストロベリーパークを覗く
横浜の大桟橋からベイブリッジの向こう側を見ると、
四角く白い煙突が2本立っているのが見える。


d0159325_17235934.jpg

東電横浜火力発電所である。
そしてここに、1年前から「ストロベリーパーク」ができたと
聞いたので、行ってみた。


d0159325_17232180.jpg

鶴見の大黒町。
発電の熱で、いちごの温室を1年中キープしているそうだ。
子供連れが多いが、そう混んではいない。


d0159325_17234130.jpg

イチゴ摘みには、前日までに予約とのこと。


2階にブッフェ式のレストランがある。
今回は食べなかったが、いろいろあっておいしそうだ。


d0159325_17242834.jpg

工場地帯の隠れたオアシスだ。
同じくレストランのあるキリンビール横浜工場も近い。




# by ucci-h | 2019-04-14 18:05 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
春の女子プロゴルフトーナメントは華やかでいい

平成最後の4月初め、
母の田舎静岡県菊川を訪ねた際、
近くの袋井市にある葛城ゴルフ倶楽部で
開催されている女子プロのトーナメント
(ヤマハ・レディース4日間)の初日に行ってみた。


d0159325_13241784.jpg


葛城ゴルフ倶楽部は井上誠一の設計になる
コースで、レイアウトもコースの手入れもきれいだった。


今年の春は寒い日が続き、また
遠州の空っ風が強く、初日スコアを伸ばせない
選手が多かったが、やはり上位には韓国勢が顔を出していた。
日本の選手も今年は開幕以来勝っているので、
ぜひ頑張ってほしい。


桜はまだ4分咲きほどだが、最終日の日曜日には
満開に近くなるだろうか?


d0159325_13243125.jpg


女子プロのトーナメント観戦は、数年前のタイ・パタヤでの
サヤム・カントリーでのホンダLPGA以来だが、
女子ツアーはウエアも色とりどりで華やかでいい。
ことに最近は、20~24歳の若い女子選手が多く、
活気があっていい。


出場120名の選手の中に、タイの選手が一人いるのを見つけた。
サランポーン・ランクンという19歳の選手。
今年の日本での賞金ランキングで12位につけている。
「スースー・サランポーン!(がんばれランクン)」と
応援に行こうとしたが、早い組でちょうど上がった後だった。残念!


明日5日あたりから、少し暖かくなりそうだ。





# by ucci-h | 2019-04-14 13:31 | スポーツ観戦 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新のコメント
死ねや。
by a at 21:37
え?
by a at 21:36
初めまして! 宅配..
by 食在清邁 at 18:31
I wrote her ..
by buy generic viagra at 19:11
https://clck..
by ArabekWef at 12:30
異国でのお付き合い。特別..
by takeshi_kanazaw at 16:38
mugaさんも、カラオケ..
by ucci-h at 15:40
わ!、レパートリーが幅広..
by muga at 01:39
そうですね。たしかにタイ..
by ucci-h at 21:19
銀行の手数料はタイの銀行..
by 青木 at 16:03
まずぶつかるのが、短期滞..
by ucci-h at 19:49
日本の春を楽しまれていま..
by takeshi_kanazaw at 14:42
若いしまだまだ曲折がある..
by ucci-h at 09:57
素晴らしかったですね〜 ..
by muga at 10:38
この記事はバンコク・ポス..
by ucci-h at 10:57
コメントありがとうござい..
by ucci-h at 16:59
こんばんは、やってますね..
by muga at 22:16
タイ語の読み書きは、まる..
by ucci-h at 21:14
相変わらず熱心ですね!見..
by 摂津屋 at 07:02
そうですね。末子音です。..
by ucci-h at 20:14
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧