人気ブログランキング |
対バーツ円高の歩み、今どこに
6月にタイへやってきて、2度ほど、円をバーツに換えた。

1回目は6月半ばバンコクで。

1万円が、3,475バーツほどだった。


2回目は約ひと月後、先週、チェンマイで。

さらに円高場面で、1万円は3,573バーツにもなった。

さらに10万円あたり1000バーツ増えた計算だ。


1万円が3,500バーツレベルにもなるのはうれしい。

2年前の夏、1万円持って行っても3千バーツに届かなかった頃が

懐かしく感じられる。2,700バーツくらいしかもらえなかったなあ。



この2年間のピークからボトム圏まで、1年半で

バーツに対し円の価値が、1万円あたり2,410円から3,800円(TTS)へと、

6割近くも上がった勘定になる。


(TTSは、円から外貨への交換レート)


d0159325_20264187.jpg



景気は悪いし株価はなお安いが、

円高そのものは、タイで暮らすにはうれしい。

ただ、世界的低金利で、預金金利が1%台なのは、さみしい。



背景は言うまでもない。


①ドルに対する円高と、②投機の薄れとタイ経済の落ち込み、タイの政

情不安からのバーツ安との2重奏からだ。


ちなみに同期間、バーツはドルに対しても13.4%下がっている。

バーツに対する円高は、7割が円の対ドル高、3割ほどがバーツの対ド

ル安で説明できる。



この先どうなるのだろう?


米国経済が堅調さを取り戻すと、円高が薄れてくる。さらにタイ経済が

その恩恵を受けるようになると、バーツも魅力を取り戻す。


ちょうど株式市場の予測みたいなものだ。

米国経済の回復次第で、対バーツ円高は終わってゆくだろう。


でも、1万円が3,500バーツなら文句ないんじゃないの、みなさん?
by ucci-h | 2009-07-17 20:20 | タイの政治・経済・金融・為替 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース