近くて遠い‘北タイの奈良’ランパーン
先週末、ランパーンへ行ってきました。

ランパーンは、チェンマイの南100キロほどに位置する古い街です。

観光としては、花馬車が有名です。


行きは列車、帰りはバス。

行きの列車、チェンマイ→ランパーン片道2時間20分。

電車賃は、いくらだと思いますか?

たったの23バーツ。60円ほどです。

1時間当たり10バーツと安いなあ!

エアコンないけど、座席はしっかりで、風が快適。

座席番号が手書きなのが泣かせる。

列車は、ランパーンの山の中を走っていくので時間がかかる。

でも、今年バンコクからチェンマイまで13時間乗ったので、

2時間ちょいはノープロブレム。

列車の中でビールの売り子も来たよ。

前の座席に座った3歳くらいの女の子が可愛い。

でも、連れのおばあちゃん、お菓子をあげすぎ。太るよ。


列車は、定刻より60分きっちり遅れて出発。


ランパーンは、近くて(チェンマイより南南東へ100キロほど。

工業団地ランプーンの70キロ先)、

遠い街だ。あまり用がないからみな行かない。

街の中を走る花馬車が名物くらいか(写真とりそこなった)。

昔、チーク材の集散地だったので、馬が多いとか・・。


ランパーンは、いい土が取れるので、

陶磁器の産地。赤いまたは白い鶏が描かれたお茶碗がシンボルだ。


素敵なコーヒカップが130バーツで売っていた。


d0159325_129286.jpg


ランパーンにも、タノン・コン・ドゥーン(日曜マーケット)が

あった。

道沿いの建物には古い建物が多い。


町並みは、チェンマイより、いっそう古く落ち着いた感じだ。

チェンマイが京都なら、ランパーンは奈良か!

(ちょっと、無理やりだけど)


お寺は、タイならどこへ行ってもある。

ここでは、ふたついいお寺がある。

「ワット・プラタート」は北タイで最も美しいと言われ、

確かに優美だが、残念ながら仏塔が修理中だった。



面白いのは、「ワット・プラゲーオ」。

ランパーンは、11世紀にモン族が築いた街

(このあたりは、映画「ナレスワーン大王」に出てくる)。

18世紀のビルマの侵攻に対し、敵の大将を撃ち殺した英雄、

ナーンティップチャーンと、

昔、エメラルド入りのスイカを献上し、無実の罪で処刑された

ナーン・スチャダー婦人の像があります。



旅行ガイドブックみたいになっちゃったので、もう終わり。

帰りのバスは1時間半でチェンマイへ。67バーツ(約180円)でした。

でも旅行社が、切符を過剰販売。

席がなくなり、運転手の横のVIP席に座れました。


あっ、近くのゾウさんの病院に行く時間がなかった。
[PR]
by ucci-h | 2009-10-12 11:48 | チェンマイ近郊お勧め所 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧