人気ブログランキング |
実業界からは厳しい評価の民主党の経済政策
議会が解散され、いよいよ7月3日に総選挙が行われる予定だ。
現民主党政権の経済政策については、先日学会からは及第点が出されたが、実業界の評価は厳しいものがある。

傘下に7000社を抱える「FTI」(タイ産業連盟)のマナポン副会長の評価は厳しい。
以下のように伝えられる。

何も記憶に残る政策がなかった。良い結果をもたらした経済政策が何もなかった。
為替については、何もなされず、産業界の努力で、バーツ高を凌いだ。
新政権は、バーツの安定化を目指すべきだ。

諸々の価格に対する補助金政策はやめるべきだ。自由市場の真の価格を消費者は知らなくなる。
政府は、公設市場を作り、そこで低所得者向けに安い物品を売らせるべきだ。
でないと、スーパーマーケットで高いものを買わされる羽目になる。

最低賃金の大幅な引き上げもやめるべきだ。
政府が打ち出すことでなく、委員会で粛々と検討し、進めるべきことだ。

金利が上がってきたが、政府は、中小企業に対する割高な金利を低くし、
中小企業を支援する政策をとるべきだ。

d0159325_1251085.jpg

輸出企業を代表する「TNSC」(タイ全国出荷者協議会)のパイブーン会長も言っている。
民主党の政策は、出だしは良かったが、期待に応えるものではなかった。
連立政権の他の党の意見に引きずられた。
単独政権だったら、ましだったかもしれない。

FTIのパユンサック会長は、会長職からか、少しかばっている。
金融危機から抜け出せたのは評価できる。
その他は、散発的なばらまき社会政策が目立った。
試験は通ったが、もっとよりよく出来ることはたくさんあった。

実際、民主党の経済政策は、ポピュリスト的なバラまきばかり目立った。
財源の打ち出の小槌があるように見えた。
いよいよ総選挙。経済状況はなお民主党に追い風のように見えるが、
政策のなさは、選挙でどう響いてくるのだろうか。
もっとも有権者の多くは、バラまきを好むだろうが・・・。
by ucci-h | 2011-05-12 12:51 | タイの政治・経済・金融・為替 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース