人気ブログランキング |
タイの‘30バーツ医療制度’に参加した私立病院の悩み
タイは、途上国の中でも国民医療では一歩進んだ国となっている。
2001年、タクシン政権により、いわゆる「30バーツ(90円)医療」が
導入され、人口6600万人の7割に当たる健康保険に入っていない、
4800万人を対象とする「ユニバーサル・ヘルスケア」
(全国民医療保障制度)が発足した。

公務員医療給付制度(対象760万人)や被用者社会保障制度
(対象民間企業従業員920万人)、また富裕層の民間医療保険
(約80万人)のいずれにも入っていない自営業者や農民、
貧困層に対する医療保障である。

健康維持は、国民の最低の生きるための権利だが、マイケル・ムーアの
アメリカの医療制度を描いた映画「シッコ」に見られるように、
これが保障されている国は少ない。
 「金のない奴は死ね 2008-4-22」
  http://uccih.exblog.jp/11115611

医療サービスの財源は、もちろん税金だが、登録患者一人当たり
年間1900バーツ弱(5500円ほど)の補助だから、国の負担は最大
年900億バーツほどになる。公務員医療給付の負担約140億バーツと
被用者保険料の国の負担分(保険料の3分の一)推定約50億バーツを
加えると、国民の医療費全体でGDPのほぼ6%、約5900億バーツに達するが、
そのうち、1100億バーツほどを国が担っていることになる。
医療支出は、国の財政支出の5~6%を占める。

ちなみに、日本の医療費の対GDP比率は9%ほどに上がってきた。
一人当たり年平均26万円だそうだから、国民健康保険も年18万円は払わされる。
タイの一人当たり平均の医療費は、年約9000バーツ、日本人の10分の一
ほどとなるだろうか。タイ人の場合、病院へ行かず、薬屋で
売薬を買って直しちゃうことが多い。ほんとうはこれも医療費に
入るのだが・・。

しかし、このユニバーサル・ヘルスケア制度も、その負担は大変だ。
タイには1000近くの公立病院、400近くの私立病院があるが、30バーツ・
診療は、主に地元の公立病院と提携して行なわれている。
昔なら病院へ来れなかった人たちが、病院やクリニックへ来るようになる。
従って、3時間待ちの5分診療などざらだ。ロビーにエアコンの入っていない
公立病院も多い。
 「医師不足に悩むタイランド 2011-5-24」
  http://uccih.exblog.jp/11115611

d0159325_11124084.jpg

そこで、この制度を管轄する「NHSO」(国立健康保障オフィス)は、
公立病院だけでなく、私立病院からもこの制度に入ってもらうことを
募っている。しかし、参加している私立病院は、全国で29に留まっている。
なぜだろうか?

モンクートワッタナ私立病院は、この4月にユニバーサル・ヘルスケアに
参加したが、患者の洪水に悩まされている。
昨年57000人だった患者の数が、今年は20万人を越えそうな勢いだという。

しかも患者の数が増えただけではない。
エイズや結核の重症患者が増え、長期の治療が増えている。
さらに、年配の患者や新生児は、直っても引取りに来られず、
病院に放置されている(タイらしい?)。
先のNHSOは、福祉当局に対し、放置患者の処置を相談している。

10代の妊婦には、出産所として使われるのが増えている。
新生児は、700グラムほどの未熟児が見られる。
これの育児も、病院のケアになる。

病院は、ユニバーサル・ヘルスケアに入ったのはいいが、
利益が少なくなり、何とか凌ぐ状況になっているとこぼす。
病院は、患者の増加に備え、すでに2億バーツを投じ、
ベッド数を150から250に増やしたが。

また、医療ミスに対する訴えが多いのも、ユニバーサル・ヘルスケアに
入るのを躊躇させるもうひとつの理由になっているという。
昨年、4つの私立病院が、患者の混雑を理由に、
ユニバーサル・ヘルスケアでの診療をやめたという。

タイには、きれいで高価な、主に外国人や富裕層向けの
「いらっしゃいませ」志向の病院と、貧困層や中間層を対象とする
30バーツ医療の混雑する病院が並立している。
金のあるものはきれいなすいた病院へ行き、金のないものは
待ち時間の長い混雑する病院へ行く、ということになる。
by ucci-h | 2011-08-01 11:13 | アジア的な生活 | Comments(2)
Commented by muga at 2011-08-01 13:09 x
>金のあるものはきれいなすいた病院へ行き、金のないものは
待ち時間の長い混雑する病院へ行く、ということになる。<

まったくそうですね。以前、やはり頭痛でスワンドークに担ぎ込まれた時はビックリしました。のた打ち回る私に対して30人程の順番待ちの患者さんの脇で「ここで待って下さい」と言われた時は流石に死を意識しました。他の病院に搬送してもらい一命は取り留めました(大げさかな?)。
逆にバンコクのBNHに担ぎ込まれた時は、高級ホテルの様なサービス(美しい看護婦さんを含む)に溜息が出ましたが、帰りの請求書を見て目ん玉飛び出ました。一泊二日で四万円弱だと記憶します。
美しい看護婦さんはいらないけど値段がほどほどで、しかも信用もある病院の乱立を熱望します。(無理か・・・)
Commented by ucci-h at 2011-08-01 13:50
mugaさん タイの病院の仕組みは、この国の所得格差の縮図ですかね。高級病院に入る患者などは金に糸目をつけない。普通の病院は、多くの患者を来た順番になるべく速く捌いて、効率と収益をあげる。国民皆医療のムリな点が露出していますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース