人気ブログランキング |
タイを97年の通貨危機以来の経済危機が襲うのだろうか?
タイをじきに、1997年のバーツ危機以来の
「パーフェクト・ストーム」が襲うかもしれない・・。

タイに20年以上在住し、97年の危機の時にも
「バーツのフロート化は危ない」と反対した、
ハナ・マイクロエレクトロニクス社の
財務担当役員であるテリー・ウィアー氏は、新政権の
経済政策の導入に対して、今回も警告している。

パーフェクト・ストームは、マサチューセッツ沖を
舞台にした、複数の嵐が融合し、漁船を遭難させる
2000年公開の映画のタイトルだが、
新政権による、最低賃金の大幅引き上げ、金利上昇による
借り入れコストの上昇、それにバーツ高による輸出競争力の低下
の‘3つの嵐’が融合すると、タイ経済は大きな暴風雨圏に
巻き込まれると言うものだ。

彼の警告に耳を傾けてみよう。
なかなか説得力のある話である。

ーーーーー

d0159325_13224381.jpg

経済危機は、10年以上するとやってくる。
そこからの回復と成長が、間違った信頼感を生む。
あとから振り返ると、間違った信頼感だったと分かるのだが・・。
最近の先進国の財政危機もその例である。

新しい危機は、違った装いでやってくる。
1997年のアジア通貨危機を振り返ってみよう。
時のタイ政府は、集中砲火を浴びたタイ・バーツを
管理的切り下げで対応することなく、フローティング制の
導入で逃げたため、一挙に防波堤を崩され、
結局、数百億ドルの外貨を失うことになった。
人々の生活水準は、10年以上前にさかのぼってしまった。

97年の危機も、現在の潜在的危機も、ともに静かにやってきているが、
対応によって、いずれも避けられる危機でもあるのだ。
現在の楽観論の大きな間違いは、
「政府が賃金を上げれば、タイ人は豊かになる」という誤解である。

かつて、いろいろな国でこのようなことが行なわれたが、
成功したためしはない。
結果はいつも、インフレないしハイパーインフレの進行であり、
その結果の経済の落ち込みである。
第1次大戦後のドイツ、近年のアルゼンチン、そして現在の
ジンバブエがいい例である。

世界的にインフレは、過去20年以上抑えられてきた。
時間がたったため、インフレの脅威は人々の心から忘れられている。
インフレという財産を危うくする脅威に対しては、
70年代、80年代と、金利を高くし、長期の努力が必要とされた。

賃金を上げるといっても、バーツは紙のお金に過ぎない。
そのものが富を生むものではないことが誤解されている。
通貨は、たんなる交換手段に過ぎない。

富を増やすものは、労働生産性の増加である。
より少ない労働で、モノやサービスを生み出せるようにすることだ。
私の家は、豪州でサトウキビ畑を経営しているが、
そこの生産性は、労働投入量と収穫量を計算すると、
労働者を多くつぎ込むタイのサトウキビ生産の45倍もある。
豪州の農作の時間給は11~20豪ドル(360~660バーツ)と、
タイのそれの時間当たり25バーツに比べて、名目的に高いが、
労働生産性を見れば、豪州のサトウキビ畑の労賃はタイよりも
安いということになる。

また、タイの最低賃金は、生計費に比して低いと言われるが、
私の職場を見ても、タイの労働者は、賃金だけでなく、その他の
手当て、残業代を手にしている。

タイにある多くの輸出企業は、タイ政府の投資奨励策と
競争的な労賃をたよって、タイにおいて建物や機械の
投資を行なってきた。これの回収には何年もかかる。
ここで、最低賃金が40~90%引き上げられると、企業は
だまされた気分になる。
だまされたと思った企業は、二度と戻ってこない。

d0159325_13235552.gif

ここ数年の輸出の好調で、タイの経済は強く、
貿易収支黒字は磐石だと思っている人がたくさんいる。
しかし、貿易黒字はたちまちに消える性質のものだ。
タイは石油の輸入額が多く、強い輸出と観光業がなければ、
経常黒字はたちまち消え失せるだろう。

賃金大幅引き上げは、賃金コストの上昇にとどまらない。
インフレを拡大し、その結果、金利上昇とバーツ高を
もたらす。タイ企業の国際競争力をいっそう削ぐことになる。
高インフレは、金利高をもたらし、短期の投機資金の
かっこうの投資先となり、バーツ高ももたらすからだ。
高金利は、借り入れの少ない一部企業を除き、
多くの輸出業者にパンチを与える。

タイの輸出企業の競争力が削がれることは、タイ経済にとって
一番の打撃になる。しかも、大幅賃金引上げは、
一過性ではない。高賃金を受け入れた企業は、
商品の価格を引き上げざるをえない。それを買う
労働者は、いっそうの賃上げを要求するようになる・・。
物価高の第2ラウンド、第3ラウンドが巡って来る。

政府は、労賃コストの上昇による企業へのダメージを
法人税の引き下げで補おうとしているが、これは
ミスマッチだ。
法人税引き下げで最も潤うのは、労賃上昇のインパクトの
最も少ない銀行や金融関係の企業だ。
労働集約型の多くの中小企業は、もともと利益レベルは低い。
法人税引き下げの減収分は、どこの税収源からやってくるのだろう。

タイに20年以上住み、97年のバーツ危機の記憶は
生々しい。再びタイの経済危機を見たくない。
タイが近隣諸国からの笑いものにされたくない。
そして、友人や部下のタイ人に97年のような苦しみに
あわせたくない。
今回の潜在的な危機は、政府の対応で避けられるのだから・・。

ーーーーー

まもなく新しいインラック政権が発足する。
企業経営者でもあったインラック新首相は、賛否の渦巻く中で、
どういった策を講じてくるのだろうか?
ウィアー氏の警告が杞憂に終わればいいが。

それにしても、タイの株式は、こういった心配の中でもなお堅調だ。
今のうちだから、為替益も狙っての短期資金が堅調さをもたらしているのか。
先々の悪いシナリオの心配は、いまだしていないということか。
それとも、うまく乗り切れることを見越しているのだろうか?
by ucci-h | 2011-08-01 13:28 | タイの政治・経済・金融・為替 | Comments(5)
Commented by muga at 2011-08-01 19:08 x
連日の内容の濃い記事、感謝してます。
>タイの最低賃金は、生計費に比して低いと言われる<
ガソリン値段からすると低いかもしれません。労働能力や食べ物値段からすると妥当なような気もします。給料が上がって同時に生産効率を上げようと、日本の様に「小うるさい事」を逐一告げると誰も残らないでしょうね。
現に私はそれで大失敗を何度か経験しています。
バランス良くなりたってる関係を崩すような一律政策は、正直言って大きなお世話だというのが本音のところです。
なんて話して尻叩こうかなっと!あぁ、気が重い(笑)

Commented by unknown at 2011-08-01 23:50 x
>97年のバーツ危機の記憶は生々しい。
もう少し庶民感覚での生々しさを伝えて下さい。
何でも、バーツ危機後はガソリン高で、街から自家用車がばたっと消えたとか聞きましたが、市場のモノがどうなったとか、銀行預金がどうなったとか?定期預金をやめて普通預金の100万バーツ以内にしておくべきか?金行でキン宝飾に替えとけばイザの時に役立ったか?Oビザの扱いには変化なかったのか?等々。
今度のアジア危機の時は同時に日本の経済・金融危機でもあると思います(日本の財政破綻発?)。多分、今度は円高の享受はなく年金族を強襲するでしょう。
銀行ATMの停止に備えて今、100バーツ札と10バーツ玉で数ヶ月分をタンス預金して、日本米や卓上ガスボンベ、レトルト食品、缶詰、飲料水の備蓄も始めていますw。
Commented by ucci-h at 2011-08-02 10:59
mugaさん >バランス良くなりたってる関係を崩すような一律政策・・・その通りですね。人間の一見小ざかしい政策は経済のバランスを崩しがちですね。がんばってください!
Commented by ucci-h at 2011-08-02 11:04
unknownさん バーツ危機の記憶云々は、記してあるように、ウィアーさんの言っている事です。私はというと、残念ながら、日本にいて、当時の銀行・証券の崩落を見ていましたね。どなたか、97年バーツ危機時の記憶を書き込みしてくれるといいですね。
Commented by くんたれ at 2011-08-03 00:50 x
あちこちで建設中のビル工事が中断しました。チェンマイならヒルサイド5の鉄骨は8-9年野ざらしでしたから、いまはもう強度はボロボロでしょうね。バンコクも同じ。プロンチットにあるデパートの住居部分も長い間鉄骨さらしてました。いまだに当時の残骸で建築がストっぷしたままのビルも高速からみかけます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
最新のコメント
https://yout..
by 芋田治虫 at 20:42
https://yout..
by 芋田治虫 at 14:07
ベトナムは、ワインが安く..
by ucci-h at 18:41
去年中部ベトナムに行きま..
by 銀ちゃん at 08:32
初めまして! 宅配..
by 食在清邁 at 18:31
異国でのお付き合い。特別..
by takeshi_kanazaw at 16:38
mugaさんも、カラオケ..
by ucci-h at 15:40
わ!、レパートリーが幅広..
by muga at 01:39
そうですね。たしかにタイ..
by ucci-h at 21:19
銀行の手数料はタイの銀行..
by 青木 at 16:03
まずぶつかるのが、短期滞..
by ucci-h at 19:49
日本の春を楽しまれていま..
by takeshi_kanazaw at 14:42
若いしまだまだ曲折がある..
by ucci-h at 09:57
素晴らしかったですね〜 ..
by muga at 10:38
この記事はバンコク・ポス..
by ucci-h at 10:57
コメントありがとうござい..
by ucci-h at 16:59
こんばんは、やってますね..
by muga at 22:16
タイ語の読み書きは、まる..
by ucci-h at 21:14
相変わらず熱心ですね!見..
by 摂津屋 at 07:02
そうですね。末子音です。..
by ucci-h at 20:14
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース