人気ブログランキング |
タイの電力供給事情
北タイ、チェンマイでは雨が降り続いている。
強い雨、弱い雨、夜から、朝から、夕方から降っている。
台風の影響のようだが、街は水びだし。
きのうピン川をを見に行ったら、あと20~30センチしか
余裕がない。
きょうは、幸い晴れ間が覗いているが・・。

日本の夏は酷暑のようだが、節電で大変だろう。
日本では、福島原発事故後、電力会社の地域独占
システムに対する批判が出たが、当面ことは沙汰やみに
なりそうである。
ものが基幹産業だけに、安定供給と競争導入の
天秤ばかりが難しいようだ。

タイも、電力市場にプライバティゼーションとか自由化とか
の議論は出ているが、今のところ国の3社による
供給体制を維持している。

発電・送電は「EGAT」(タイ発電公社)が担い、
販売に当たる配電は、首都圏をカバーする「MEA」(首都圏電力公社)と
その他地域をカバーする「PEA」(地方電力公社)の2社が担っている。
MEAの電力配電の全国シェアは、70%に達する。

2000年代初めEGATの民営化が企てられたが、成功せず、
代わりに公民連携のIPP(独立電力会社)が発電シェアを増やしている。

さて、タイの電力事情だが、
今年は涼しい夏季、そして雨季なので、上半期の電力需要は抑えられている。
MEAの上半期の販売量は、218.5億KWHと、昨年同期より3.5%の
下落となった。
年間では、昨年の450億KWHから、3.1%増の464億KWHの需要が
見込まれているが、これを下回ることになるだろう。

昨年のバンコク首都圏を中心とする電力需要は、輸出・建設ブームで、
前年よりも7.8%も増加した。
MEAは、バンコク、ノンタブリ、サムート・プラカンなど、首都圏350万家庭、
1500万人に電気を供給している。

d0159325_15311928.gif

上半期の平均気温は、暑かった昨年より平均3度も低かったというから
大きい。エアコンの稼動が減った。
また、3月の日本の震災で、部品の供給が途切れ、電器・自動車業界の
操業が落ちたのも、電力需要低下に寄与した。

ピーク時の発電レベルも、7850メガワットと、昨年のピーク8070メガワットを
2.7%下回った。

地方の73県をカバーするPEAの状況もこれに近いだろう。

MEAの上半期の売上げは、743億バーツ、純益は36億バーツだった。
年間では、1509億バーツの売上高、61億バーツの純益が見込まれている。
うち20億バーツが、政府の電気代補助プログラムに提供される。
また、MEAの来期の投資額は、230億バーツの予定。
It関連の整備や電線地中化に当てられる。

MEAの数字を東京電力と比べると面白い。
東電の前年度の販売電力量は、2934億kwh(+4.7%)。
MEAの販売電力量のほぼ6.5倍だ。
しかし、電力の売上高となると、5兆646億円にのぼる。
MEAのほぼ12倍近くとなる。

KWHあたりの売価を弾いてみると、
MEAが、平均3.25バーツ(9.5円)/kwhなのに対し、
東電は、平均17.26円(5.9バーツ)/kwhとなる。
電気の単価は、1.8倍と2倍近く違う。
たった1.8倍とも思えるが、これは、家庭用だけではなく、
工業用、運輸用等すべて含めて平均した数字である。
家庭用だけなら、もっと開きがあるのではないだろうか。
やはり日本の電気は高いなあ。
by ucci-h | 2011-08-04 15:32 | 一次産品の市況 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース