欧州政治家の先見性のなさが、ユーロ危機を泥沼に持ち込んでいる
ユーロ危機は、今までレスキュー・パッケージ「EFSF」の
拡大を渋っていたドイツ議会が、9月29日(木)に、
523対85の大差で、拡大を承認する決議をしたことで、
いったん明るさが見えた。

しかしその後、ギリシャに対し10月の80億ユーロの支援を決めるトロイカ隊
(EU、欧州中銀、IMF)が、ギリシャの財政赤字は予想を超えており、
さらなる精査が必要と1ヶ月棚上げしたことから、世界の株式やユーロや
欧州の債券は再び値下がりしている。

昨年来ギリシャが、緊縮プランを敷き、財政赤字の縮小を目指した方策は、
経済の縮小をもたらし、かえって事態を悪化させると思われたが、
現にそうなってきている。
ギリシャ経済は、今年5.5%縮小した後、来年もさらに2.5%のマイナスと
見られている。
公的債務残高のGDP比は、今年が162%、来年が173%と、
ひとりぬきんでている。

欧州の政治家の無責任さと経済音痴と小手先の策へのこだわりが、
ギリシャの経済・金融状況をいっそう悪化させ、泥沼に追い込んでいる。

今、トロイカが病人ギリシャに対してやっていることは、こういうことだ。
「はやくベッドから出たいだろう。それにはこの高価な食べ物が必要だろう。
しかしそのためには、少しは自分自身でもスリム化運動をしてくれなくちゃ。
おんぶにだっこで助けるというわけにはいかないんだ(本音は、お前が
倒れると、他の患者にも移っちゃうから困るんだ)」。こうして、病人は
無理なスリム化をやらされ、ますます体力が落ちていっている状況だ。

d0159325_19504645.jpg

人間ではないのだから、国の債務が返済不可能になったら、
さっさとデフォルトして、倒れてしまい、そこから立ち上げることだ。
「“ヘヤー・カット”が21%では、少ない」とか債務の目減りを受け入れ
始めているのが現実ではないか。
私の金融関係での経験からも言えることだ。
かつてデフォルトしたアルゼンチンは、地球上から姿を消しただろうか。

困るのは、今のような無駄な努力を長きに渡って行ない、
解決を引き延ばしても、何のメリットもないことだ。
ギリシャの国民はいっそう困窮を余儀なくされ、他の国々にも
及んでいく。
株式や債券、為替市場は、不透明を嫌うから、この間下げ続ける。
いいのは、インフレの芽や原油価格が押さえ込まれることぐらいだろう。

ギリシャの‘救済’とは、どうなったら救済したと言うのだろう。
他の国の債務問題もあり、EFSFも4400億ユーロが少しばかり
増えただけではまた足りなくなり、4~5兆ユーロ必要とも言われる。

ユーロ債務問題の‘解決’を目指すという言葉がよく聞かれるが、
解決とは何だろうか。
問題はすでに存在し、大きくなってしまったのだから、
消したり、元に戻したりはできない。
砕いて、問題の塊を小さくしてしまうことしかないだろう。

これが、過去2000年世界を引っ張ってきた欧州の没落なら
もっと静かに沈んでいってほしいものだが、
歴史はそうもいかないのだろうか・・。
[PR]
by ucci-h | 2011-10-04 19:53 | 日本・米国・欧州

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧