ピントがずれている日本のTPP反対議論
日本からのTPP反対といった報道を見ていると
ピントがずれているのではないかと感ずる。

たしかに、農協、農水族が、まるで日本の稲作が
壊滅するかのような危機感で煽っているのは、
既得権益を守るためで、よくわかる。

実際はそんなことはなく、農政の生殺し(非専門の兼業農家
を生かしておくこと)が、日本の恵まれているはずの
稲作の活気を削いでいる。

判らないのは、今さらここに来て「拙速は避けるべし」
などといった慎重論だ。
震災を理由に、議論を半年も放って置いて、
拙速もなにもないものだ。

すでに11月のハワイでのAPECを控えて、
アメリカ中心に舞台裏ではつめが進んでいるはずだ。
知的所有権の認定期間をアメリカ流にしようか、どうしようかとか。

d0159325_17145713.jpg

TPPは、協議に参加するのにオープンな機構である。
参加もしないで、決まりそうなことに、被害者意識を高めているのは
最悪である。
早めに参加して、言いたいことを言わないで、仮にわが国に不利なように
決まって、参加国だけで通商が拡大していった時の日本の責任は
誰が取るのだろう?

日本より農業の保護率が高いと言われる韓国も参加しそうだし、
‘中国囲い込みのアメリカ主導によるTPP’という俗なうわさと
違って、中国も事務レベルで協議に入ってきているようだ。

どうするの日本は?
洪水でやられたタイの日本企業は、タイが参加していけばOK
なのだろうが・・・。

 参考ブログ:「先延ばしされたTPP,アジア諸国では? 2011-5-21」
  http://uccih.exblog.jp/13623598/
[PR]
by ucci-h | 2011-10-27 17:15 | 貿易・直接投資の動き

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧