チェンマイのフィットネス・ジムの良いところ
チェンマイのいろいろな施設やサービスの良いところは、
その時の使用料だけを払えばよく、基本料だの、入場料だの、
使わなくても取られる固定費がないことだ。

携帯電話は、プリペイド式だから、入金した分だけ使える。
毎月いくらの基本料などない。
ゴルフの練習場も、3箱100バーツでボールを買って打つだけ。
席料だの入場料だのない。

フィットネス・ジムもそうだ。
チェンマイには、ホテルや独立のフィットネス・センターがいろいろある。
今年8月から入って、行っているのは、ナイト・バザールのそばの
ホテル街にある「センタナ・ドゥワン・タワン・ホテル」のジムだ。

d0159325_2154423.jpg

ここは、古いホテルだが、ストレッチ・フロアー、マシーン室、
その他器具が揃っている。ロッカーにサウナもついている。
4階のジムの外側は屋外プールで、ドイステープの山も望め、
景色もいい。
入場者は西洋人。アジア人色とりどりだ。夕方は行かないので、
そう混んでいない。

料金は、1年会費だと9000バーツ、月当たり750バーツと割安だ。
月に7~8回も行けば、一回100バーツと、日本の公営ジムよりも安い
くらいだ。
数ヶ月海外へ行く時は、延長手続きを取れるようだ。

d0159325_21552617.jpg

フィットネス・ジムに日本で通うようになって、かれこれ15年になる。
昨年、今年と一軒家に移って、1年以上ご無沙汰してしまった。
これがゴルフでの背筋、腰の痛みの遠因だったかもしれない。
ジムに通うようになって、マッサージよりも体のストレッチ、手入れが
できていい。
ジムに行かないと、体がしっくりしない。

d0159325_2156108.jpg

ゴルフもようやく1年ぶりにフル・スイングできるようになってきた
(もっとも、完治したと思って、また痛むのは悲劇だから、少しずつ・・)。
ストレッチとマシーンが中心だが、股関節を開閉するマシーンがある。
これはいい。
普段使わない股関節の鍛錬ができる。

あすも、バイクに乗って、ジムに行ってこよう。
[PR]
by ucci-h | 2011-11-15 21:59 | アジア的な生活

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧