開始後1年経ったダウェイ・メガプロジェクトだが・・・
開発サイン後14ヶ月経った現在のミャンマー「ダウェイ経済特区」
の開発の状況を、ロイター電が伝えている。

この総額500億ドル(4兆円)にのぼる、“インドシナの新グローバル・ゲートウェイ”
となる新しいメガプロジェクトは、お伝えしてきたように、
タイ最大の建設企業「ITD」が仕切っている。
 「ダウェイ臨海工業地帯開発の概要が明らかに 2011-12-30」
  http://uccih.exblog.jp/15191723/

2つのゴルフ場やホリデー・リゾートも含まれるというこのメガプロジェクトは、
最初のインフラ建設のために85億ドルの資金が必要とされるが、
その出資者はまだ出揃っていない。
マレーシアのペトロナスや日本の三井、三菱、住友といった商社、韓国の
ポスコ等と話し合っているようだ。

d0159325_1062929.jpg

最初のエネルギー源となる火力発電所の建設でつまずいた。
石炭火力の計画が1月10日環境面への考慮から、
ビルマ政府によりキャンセルされた。
 「年初出てきたのは石炭火力発電所キャンセル 2012-1-13 」
  http://uccih.exblog.jp/15263790/

担当するタイのラチャブリ電源開発社は、4月末までに燃料タイプを
決めることになっているが、
ミャンマー政府は天然ガスを50kmのパイプラインで引いてきて
ガス火力を望んでいるようだ。

「重油燃焼がいいのではないか」と言っているタイ最大のエネルギー企業
PTTとPTT開発は、相変わらず、ダウェイ開発に対して重い腰を上げない。
ダウェイはミャンマーのためより、タイに対するメリットが大きいが、
何か理由があるのだろうか。
いずれ出てくるのだろうが・・。

d0159325_1072240.jpg

現在、ダウェイの現場では、臨海地帯に足場が組まれ、掘削機が据え付けられ、
作業建屋ができ、準備作業が始まっているが、まだ大々的な工事はスタートしていない。
資金や協力企業が十分整っていないのだろう。
しかし、開発会社「DDC」(ダウェイ開発。ITDの子会社)に、ミャンマーの資本家ザウザウの
「マックス・ミャンマー・グループ」が4分の一出資しているという。

ミャンマー政府の腰の入れ方も、今ひとつだ。
ダウェイは、ヤンゴンよりもバンコクに近い(300km)。
ミャンマーは、ダウェイよりも、ヤンゴンに近いティラワ、またパイプラインの
起点のチャウピューの2つの経済特区を優先しているように見える。

ダウェイ開発は、32,000人の住民の立ち退きも含む大プロジェクトだ。
インフラの建設にも3年は要すると見られる。
まだまだ超えなければならない課題は多いようだ。

まずは、インフラ建設のための出資者の出揃いと
火力発電所プランの決定が注目される。
また、その前提として、ミャンマーの民族闘争が収束することだ。
[PR]
by ucci-h | 2012-02-16 10:08 | ミャンマー・ラオス・カンボジア | Comments(1)
Commented by くんたれ at 2012-02-16 12:07 x
ミャンマーの民族紛争は南部海岸部のダウェイ当りでもテロをやっているのでしょうか。また、南部タイではイスラム問題になっていますが、ミャンマーにももちろんムスリムがいるはずですが、彼らは過激なのでしょうか。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧